このキーワード
友達に教える
URLをコピー

きさらぎ賞とは?

【開催国】
日本
【主催者】
日本中央競馬会
【競馬場】
京都競馬場
【創設】
1961年2月19日
【2017年の情報】

距離
芝1800m
格付け
GIII
【賞金】
1着賞金3800万円

【出走条件】
サラ系3歳(国際)(特指)
負担重量
別定
【出典】

きさらぎ賞(きさらぎしょう)は、日本中央競馬会(JRA)京都競馬場で施行する中央競馬重賞競走(GIII)である。

競走名の「きさらぎ(如月)」は、陰暦の2月を表す異称。

正賞はNHK賞。 JRAの重賞でレース名が平仮名なのは当競走とみやこステークスの2つのみである。

概要

1961年に創設された、4歳(現3歳)馬限定の重賞競走。1962年の第2回より(NHK賞)の副称がつけられている。

創設時は中京競馬場の砂1200mで施行。その後は砂1700mへの変更を経て、1971年から1986年までは中京競馬場・芝1800mで施行していた。1987年からは京都競馬場・芝2000mに変更され、1991年から京都競馬場・芝1800m(外回り)で行われている。

格付表記は2007年に日本がパートI国に昇格した際「JpnIII」に変更、2009年から国際格付の「GIII」に変更された。

外国産馬は1972年から出走可能になった。1996年には特別指定交流競走に指定され、地方競馬所属馬の出走が可能になったほか、2009年には国際競走に指定され外国馬の出走も可能になった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳

負担重量:別定

賞金

2017年の1着賞金は3800万円で、以下2着1500万円、3着950万円、4着570万円、5着380万円。

歴史

歴代優勝馬

優勝馬の馬齢は、2000年以前も現行表記に揃えている。

コース種別を表記していない距離は、芝コースを表す。

【回数】
【施行日】
【競馬場】
【距離】
【優勝馬】
【性齢】
【タイム】
【優勝騎手】
【管理調教師】
馬主
第1回 | 1961年2月19日 | 中京 | 砂1200m | スギヒメ | 牝3 | 1:14.2 | 諏訪眞 | 諏訪佐市 | 小杉咲枝
第2回 | 1962年2月18日 | 中京 | 砂1200m | ライジングマサル | 牡3 | 1:14.7 | 吉永猛 | 渋川久作 | 小林策郎
第3回 | 1963年2月10日 | 中京 | 砂1200m | アイスブルー | 牡3 | 1:14.2 | 武邦彦 | 武輔彦 | 仙石襄(ジョー・エス)
第4回 | 1964年2月9日 | 中京 | 砂1200m | フラミンゴ | 牝3 | 1:13.2 | 吉永正人 | 松山吉三郎 | 中内佐光
第5回 | 1965年2月28日 | 中京 | 砂1700m | ダイコーター | 牡3 | 1:47.5 | 栗田勝 | 柴田不二男 | 橋元幸吉
第6回 | 1966年2月27日 | 中京 | 砂1700m | タイシユウ | 牡3 | 1:47.8 | 瀬戸口勉 | 上田武司 | 中山芳雄
第7回 | 1967年2月19日 | 中京 | 砂1700m | シバフジ | 牡3 | 1:48.7 | 四位満教 | 浅見国一 | 内芝伝一
第8回 | 1968年2月18日 | 中京 | 砂1700m | マーチス | 牡3 | 1:46.0 | 武邦彦 | 伊藤修司 | 大久保常吉
第9回 | 1969年2月16日 | 中京 | 砂1700m | タカツバキ | 牡3 | 1:46.7 | 田口光雄 | 松田由太郎 | 若林重造
第10回 | 1970年2月8日 | 京都 | 1600m | タニノムーティエ | 牡3 | 1:42.4 | 安田伊佐夫 | 島崎宏 | 谷水信夫
第11回 | 1971年2月21日 | 中京 | 1800m | ヒカルイマイ | 牡3 | 1:50.1 | 田島良保 | 谷八郎 | 岸根蔵之助
第12回 | 1972年2月20日 | 中京 | 1800m | ヒデハヤテ | 牡3 | 1:52.1 | 福永洋一 | 伊藤修司 | 伊藤英夫
第13回 | 1973年2月11日 | 中京 | 1800m | クリオンワード | 牡3 | 1:50.7 | 安田伊佐夫 | 栗田勝 | 樫山純三
第14回 | 1974年2月10日 | 中京 | 1800m | キタノカチドキ | 牡3 | 1:50.2 | 武邦彦 | 服部正利 | 初田豊
第15回 | 1975年2月9日 | 中京 | 1800m | スリーフラム | 牡3 | 1:51.4 | 稲部和久 | 諏訪佐市 | 永井商事(株)
第16回 | 1976年2月8日 | 中京 | 1800m | スピリットスワプス | 牡3 | 1:49.8 | 中野栄治 | 荒木静雄 | ローヤル(株)
第17回 | 1977年2月13日 | 中京 | 1800m | リュウキコウ | 牡3 | 1:48.9 | 久保敏文 | 久保道雄 | 三好笑子
第18回 | 1978年2月12日 | 中京 | 1800m | インターグシケン | 牡3 | 1:52.1 | 武邦彦 | 日迫清 | 松岡正雄
第19回 | 1979年2月11日 | 中京 | 1800m | ネーハイジェット | 牡3 | 1:52.3 | 岩元市三 | 布施正 | 内海都一
第20回 | 1980年2月10日 | 中京 | 1800m | ノトダイバー | 牡3 | 1:50.1 | 加用正 | 北橋修二 | (有)能登
第21回 | 1981年2月8日 | 中京 | 1800m | リードワンダー | 牡3 | 1:48.9 | 田島信行 | 服部正利 | 熊本芳雄
第22回 | 1982年2月14日 | 中京 | 1800m | ワカテンザン | 牡3 | 1:49.2 | 小谷内秀夫 | 戸山為夫 | 小塚美近
第23回 | 1983年2月13日 | 中京 | 1800m | ニホンピロウイナー | 牡3 | 1:50.1 | 武邦彦 | 服部正利 | 小林百太郎
第24回 | 1984年2月12日 | 中京 | 1800m | ゴールドウェイ | 牡3 | 1:49.4 | 田島良保 | 日迫良一 | 小林廣仲
第25回 | 1985年2月10日 | 中京 | 1800m | イブキカネール | 牡3 | 1:51.9 | 出口隆義 | 内藤繁春 | (有)伊吹
第26回 | 1986年2月9日 | 中京 | 1800m | フミノアプローズ | 牡3 | 1:50.8 | 丸山勝秀 | 土門一美 | 谷二
第27回 | 1987年2月15日 | 京都 | 2000m | トチノルーラー | 牡3 | 2:04.6 | 蛯沢誠治 | 栗田博憲 | 早乙女光男
第28回 | 1988年2月14日 | 京都 | 2000m | マイネルフリッセ | 牡3 | 2:04.3 | 武豊 | 中村均 | (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
第29回 | 1989年2月12日 | 京都 | 2000m | ナイスナイスナイス | 牡3 | 2:03.6 | 丸山勝秀 | 長浜博之 | 誓山正伸
第30回 | 1990年2月11日 | 阪神 | 2000m | ハクタイセイ | 牡3 | 2:04.1 | 須貝尚介 | 布施正 | 渡辺重夫
第31回 | 1991年2月10日 | 京都 | 1800m | シンホリスキー | 牡3 | 1:48.2 | 南井克巳 | 岩元市三 | 林幸雄
第32回 | 1992年2月16日 | 京都 | 1800m | ヒシマサル | 牡3 | 1:48.5 | 田島信行 | 佐山優 | 阿部雅一郎
第33回 | 1993年2月14日 | 京都 | 1800m | ツジユートピアン | 牡3 | 1:48.1 | 田原成貴 | 伊藤修司 | 辻俊夫
第34回 | 1994年2月6日 | 阪神 | 2000m | サムソンビッグ | 牡3 | 2:07.4 | 田所秀孝 | 鹿戸幸治 | 田中由子
第35回 | 1995年2月5日 | 京都 | 1800m | スキーキャプテン | 牡3 | 1:47.6 | 武豊 | 森秀行 | (有)社台レースホース
第36回 | 1996年2月4日 | 京都 | 1800m | ロイヤルタッチ | 牡3 | 1:48.2 | O.ペリエ | 伊藤雄二 | 太田美實
第37回 | 1997年2月2日 | 京都 | 1800m | ヒコーキグモ | 牡3 | 1:49.1 | 松永幹夫 | 谷潔 | 小田切有一
第38回 | 1998年2月8日 | 京都 | 1800m | スペシャルウィーク | 牡3 | 1:51.3 | 武豊 | 白井寿昭 | 臼田浩義
第39回 | 1999年2月7日 | 京都 | 1800m | ナリタトップロード | 牡3 | 1:49.1 | 渡辺薫彦 | 沖芳夫 | 山路秀則
第40回 | 2000年2月13日 | 京都 | 1800m | シルヴァコクピット | 牡3 | 1:48.0 | 武豊 | 安田隆行 | 金子真人
第41回 | 2001年2月11日 | 京都 | 1800m | アグネスゴールド | 牡3 | 1:47.9 | 河内洋 | 長浜博之 | 渡辺孝男
第42回 | 2002年2月10日 | 京都 | 1800m | メジロマイヤー | 牡3 | 1:47.6 | 飯田祐史 | 田島良保 | (有)メジロ牧場
第43回 | 2003年2月16日 | 京都 | 1800m | ネオユニヴァース | 牡3 | 1:49.6 | 福永祐一 | 瀬戸口勉 | (有)社台レースホース
第44回 | 2004年2月15日 | 京都 | 1800m | マイネルブルック | 牡3 | 1:48.0 | 藤田伸二 | 田村康仁 | (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
第45回 | 2005年2月13日 | 京都 | 1800m | コンゴウリキシオー | 牡3 | 1:48.5 | 藤田伸二 | 山内研二 | 金岡久夫
第46回 | 2006年2月12日 | 京都 | 1800m | ドリームパスポート | 牡3 | 1:47.4 | 安藤勝己 | 松田博資 | ジョイ・レースホース(株)
第47回 | 2007年2月11日 | 京都 | 1800m | アサクサキングス | 牡3 | 1:48.8 | 武幸四郎 | 大久保龍志 | 田原慶子
第48回 | 2008年2月17日 | 京都 | 1800m | レインボーペガサス | 牡3 | 1:48.8 | O.ペリエ | 鮫島一歩 | 吉村敏治
第49回 | 2009年2月15日 | 京都 | 1800m | リーチザクラウン | 牡3 | 1:48.9 | 武豊 | 橋口弘次郎 | 臼田浩義
第50回 | 2010年2月14日 | 京都 | 1800m | ネオヴァンドーム | 牡3 | 1:48.6 | M.デムーロ | 藤原英昭 | 小林仁幸
第51回 | 2011年2月6日 | 京都 | 1800m | トーセンラー | 牡3 | 1:47.6 | M.デムーロ | 藤原英昭 | 島川隆哉
第52回 | 2012年2月5日 | 京都 | 1800m | ワールドエース | 牡3 | 1:47.0 | 小牧太 | 池江泰寿 | (有)サンデーレーシング
第53回 | 2013年2月3日 | 京都 | 1800m | タマモベストプレイ | 牡3 | 1:48.9 | 和田竜二 | 南井克巳 | タマモ(株)
第54回 | 2014年2月9日 | 京都 | 1800m | トーセンスターダム | 牡3 | 1:47.6 | 武豊 | 池江泰寿 | 島川隆哉
第55回 | 2015年2月8日 | 京都 | 1800m | ルージュバック | 牝3 | 1:48.6 | 戸崎圭太 | 大竹正博 | キャロットファーム
第56回 | 2016年2月7日 | 京都 | 1800m | サトノダイヤモンド | 牡3 | 1:46.9 | C.ルメール | 池江泰寿 | 里見治
第57回 | 2017年2月5日 | 京都 | 1800m | アメリカズカップ | 牡3 | 1:50.1 | 松若風馬 | 音無秀孝 | 谷掛龍夫
第58回 | 2018年2月4日 | 京都 | 1800m | サトノフェイバー | 牡3 | 1:48.8 | 古川吉洋 | 南井克巳 | (株)サトミホースカンパニー
第59回 | 2019年2月3日 | 京都 | 1800m | ダノンチェイサー | 牡3 | 1:49.0 | 川田将雅 | 池江泰寿 | (株)ダノックス
第60回 | 2020年2月9日 | 京都 | 1800m | コルテジア | 牡3 | 1:48.3 | 松山弘平 | 鈴木孝志 | 前田幸治

参考文献

脚注・出典

注釈

  1. ^ 公式の競馬番組表や重賞競走一覧では「きさらぎ賞(NHK賞)」と表記しているが、JRAのホームページでは(NHK賞)が省略されている場合もある。
  2. ^ 当時の格付表記は、JRAの独自グレード。

出典

  1. ^ 中央競馬全重賞競走成績集
  2. ^ 重賞競走一覧(レース別・関西) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 4. 2017年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月6日閲覧。
  3. ^ 平成29年第2回京都競馬番組 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2017年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月6日閲覧。
  4. ^ レースについて:きさらぎ賞 今週の注目レース”. 日本中央競馬会. 2017年2月6日閲覧。
  5. ^ 第2回 京都競馬成績集計表 (PDF)”. 日本中央競馬会. pp. 499-500 (2007年). 2016年2月1日閲覧。(索引番号:04071)
  6. ^ 第2回 京都競馬成績集計表 (PDF)”. 日本中央競馬会. pp. 493-494 (2009年). 2016年2月1日閲覧。(索引番号:04071)
  7. ^ 重賞競走一覧(レース別・関西) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 4 (2015年). 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月1日閲覧。

各回競走結果の出典

外部リンク

中央競馬重賞競走(2020年)
GI | 
平地 | 

障害 | 


GII | 
平地 | 

障害 | 


GIII | 
平地 | 
2010Happy Mail