このキーワード
友達に教える
URLをコピー

さよなら!_街の恋人たちとは?

この記事の参考文献は、一次資料や記事主題の関係者による情報源に頼っています。信頼できる第三者情報源とされる出典の追加が求められています。(2020年4月)
【「さよなら! 街の恋人たち」】

サニーデイ・サービスシングル
【初出アルバム『24時』】

B面
黄昏
3月29日のバラード
【リリース】

【規格】
12cmCDシングル
【録音】
サウンド・アライブ(深沢)
スタジオ・テイク(幡ヶ谷)
ジャンル
ロック
【時間】

レーベル
RHYME / MIDI
作詞・作曲
曽我部恵一
プロデュース
曽我部恵一
サニーデイ・サービス シングル 年表
NOW
(1997年) | さよなら! 街の恋人たち
(1998年) | 今日を生きよう live for today
(1998年)

24時 収録曲
 | さよなら! 街の恋人たち
(1) | 果実
(2)

24時 収録曲
シルバー・スター
(6) | 黄昏
(7) | 経験
(8)


EANコード

EAN 4988034500320

さよなら! 街の恋人たち」(さよなら まちのこびとたち)は、1998年5月27日に発売されたサニーデイ・サービス通算9作目のシングル。

解説

「さよなら! 街の恋人たち」は、アルバム『24時』からの先行シングル。ミュージック・ビデオが制作され、後にコンプリート映像集『TEENAGE FLASHBACK 1995-2000』に、初公開となる30分のムービー・バージョンと共に収録された。この曲はサウンド・アライブにて、1998年2月17日曽我部恵一のアコースティック・ギターとボーカル、田中貴のベース、丸山晴茂のドラムス、高野勲のエレクトリック・ピアノ、新井仁のアコースティック・ギターによる一発録りのベーシック・トラックを録音。第3テイクがベストとされたが、ボーカルとアコースティック・ギターを同時に録音したため、間奏部で曽我部がした咳払いを取り除くことが不可能となってしまった。それでもこれがOKテイクとなり、咳払いはそのまま生かされることとなった。その後、このテイクに田中・新井・高野によるコーラスのダビング、アコースティック・ギター・ソロのダビングを経てラフミックスが作成された。翌2月18日にハーモニカおよび丸山・曽我部の2人によるボンゴがオーバー・ダビングされ、第1ミックスが作成された。シングルに収録されたのはこの第1ミックスで、アルバム『24時』には、3コーラス目の曽我部によるコーラスを差し替え、丸山のボンゴのみを抜いた第2ミックスが収録された。

「黄昏」はサウンド・アライブにて3月20日、埋もれていたタイトルのない新曲を“とりあえず”という形でレコーディング。曽我部のエレクトリック・ギター、田中のベース、丸山のドラムスのベーシック・トラックに曽我部のファズ・ギター、アコースティック・ギター、ボーカル、コーラス、田中のエレクトリック・ピアノを重ね、丸山のタンバリン、3人の手拍子が加えられたが、この際タンバリンとハンド・クラップはフェンダーのリバーブBOXとVOXのアンプを通して録音された。この日のうちに最終ミックスが完成したが、4月2日に「黄昏(バージョン2)」のレコーディングが再度行われた。曽我部のエレクトリック・ギター、田中のベース、丸山のドラムスでリズム・トラックをレコーディング。第4テイクに曽我部のアコースティック・ギター、ボーカル、コーラスがダビングされ、シングルのバージョンとはテンポもアレンジも大きく変わったものになった。その後、丸山のタンバリンと3人のハンド・クラップを入れて、ミックスを開始。ステレオ・ミックスが完成したが、シングル・バージョンに比べ迫力に欠けたため、後日再度モノラル・ミックスが作られることに決定した。翌4月3日に再度ミックスされたが、「黄昏(バージョン2)」は数日後ボツとなり、結局シングルに収録されたバージョンに音を加え、ミックスを施すことにより、アルバム『24時』にも収録する方針が取られた。

「3月29日のバラード」はアルバム未収録曲。3月29日にスタジオ・テイクにて曽我部のエレクトリック・ギター、田中のベース、丸山のドラムスでリズム・トラックをレコーディング。第1テイクでOKとなった。これに曽我部のボーカルと田中のコーラスがダビングされ、最後にありとあらゆる方法で歪ませたエレクトリック・ギターが曽我部と田中により何種類かダビングされた。この日のうちに最終ミックス2種類が完成した。後にミディ在籍時の楽曲を網羅した完全生産限定コンプリート・ボックス・セット『­“MIDI” COMPLETE BOX』の「アルバム未収録曲集II」に収録された。

初回限定デジパック仕様。ジャケットでメンバーが立っているのは東京・神田神保町の三鈴堂眼鏡店の前。

収録曲

(全曲 作詞・作曲:曽我部恵一)

  1. さよなら! 街の恋人たち (5:17)
  2. 黄昏 (3:07)
  3. 3月29日のバラード (4:25)

クレジット

レコーディング・メンバー

さよなら! 街の恋人たち

ボーカル、アコースティック・ギター / 曽我部恵一
ベース、コーラス / 田中貴
ドラムス、ボンゴ / 丸山晴茂
アコースティック・ギター、コーラス / 新井仁
エレクトリック・ピアノ、コーラス / 高野勲

黄昏

ボーカル、エレクトリック・ギター、アコースティック・ギター / 曽我部恵一
ベース、エレクトリック・ピアノ / 田中貴
ドラムス、タンバリン / 丸山晴茂

3月29日のバラード

ボーカル、アコースティック・ギター / 曽我部恵一
ベース、コーラス / 田中貴
ドラムス / 丸山晴茂
アコースティック・ギター、コーラス / 新井仁
エレクトリック・ピアノ、コーラス / 高野勲

スタッフ

WRITTEN & PRODUCED by 曽我部恵一
TRACK 1&2 RECORDED & MIXED by ヨッシー吉満 at サウンド・アライブ(深沢)
ASSISTANT ENGINEER : 伊藤優子
TRACK 3 RECORDED & MIXED by 谷栄治 at スタジオ・テイク(幡ヶ谷)
MASTERED by 上田佳子 at Bunkamura スタジオ(渋谷)

SLEEVE DESIGNED by 小田島等 at FDデザイン(下北沢)
PHOTO by 岡村マキ

MANAGER : 大塩実穂

EXECUTIVE PRODUCER : 大蔵博

サニーデイ・サービス : 曽我部恵一、田中貴、丸山晴茂

リリース日一覧

【地域】
【リリース日】
【レーベル】
【規格】
カタログ番号
日本 | 1998年5月27日 (1998-05-27) | RHYME / MIDI | CD | MDCS-1011

脚注

注釈

  1. ^ 24時1998年7月15日発売 MIDI CD:MDCL-1332
  2. ^ 『TEENAGE FLASHBACK 1995-2000』 2008年12月3日発売 MIDI DVD:MDBL-1003
  3. ^ 『­“MIDI” COMPLETE BOX』 2002年7月24日発売 MIDI 12CD:MDCZ-9001/12

出典

  1. ^ 『24時』初回特典 “『24時』レコーディング日記”
サニーデイ・サービス

【旧メンバー】
  • 片山紀夫
  • 児玉清
  • 丸山晴茂

  • シングル

    【アルバム】
    オリジナル

    ライブ

    ミニ

    ベスト

    リミックス

    ボックス・セット


    【映像作品】
    • TEENAGE FLASHBACK Vol.1 (1996年4月20日)
    • TEENAGE FLASHBACK Vol.2 (1998年3月18日)
    • TEENAGE FLASHBACK 1995-2000 (2008年12月3日)
    • サニーデイ・サービス in 日比谷 夏のいけにえ(2017年12月25日)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2020/06/30 19:14

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「さよなら!_街の恋…」の意味を投稿しよう
    「さよなら!_街の恋人たち」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    さよなら!_街の恋人たちスレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「さよなら!_街の恋人たち」のスレッドを作成する
    さよなら!_街の恋人たちの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail