このキーワード
友達に教える
URLをコピー

しるし_(Mr.Childrenの曲)とは?

【「しるし」】

Mr.Childrenシングル
【初出アルバム『HOME』】

B面
ひびき
くるみ -for the Film- 幸福な食卓
【リリース】

【規格】
マキシシングル
ジャンル
J-POP
ロック
【時間】

レーベル
トイズファクトリー
作詞・作曲
桜井和寿
プロデュース
小林武史
ゴールドディスク


【チャート最高順位】

  • 週間1位(2週連続・通算3週、オリコン)
  • 2006年11月度月間1位(オリコン)
  • 2006年度年間7位(オリコン)
  • 2007年度上半期16位(オリコン)
  • 2007年度年間31位(オリコン)

  • Mr.Children シングル 年表
    箒星
    (2006年) | しるし
    (2006年) | フェイク
    (2007年)

    HOME 収録曲
    SUNRISE
    (11) | しるし
    (12) | 通り雨
    (13)

    B-SIDE 収録曲
    my sweet heart
    (8) | ひびき
    (9) | くるみ
    -for the Film- 幸福な食卓

    (10)

    【ミュージックビデオ】

    Mr.Children「しるし (Short Ver.)」 - YouTube

    しるし」は、Mr.Childrenの29枚目のシングル2006年11月15日トイズファクトリーより発売。

    目次

    • 1 概要
    • 2 チャート成績
    • 3 収録曲
    • 4 テレビ出演
    • 5 カバー
    • 6 注釈
    • 7 収録アルバム

    概要

    前作から約4ヶ月ぶりの発売。15thシングル「終わりなき旅」以来14作ぶりに桜井がジャケットを飾った(アルバムを含めると9thアルバム『Q』以来)。ジャケットの桜井は胎児をイメージしており、主題歌である日本テレビ系ドラマ『14才の母』でも番組宣伝や、オープニングなどでこの胎児のイメージが使われていた。アートディレクターは丹下紘希

    チャート成績

    オリコンチャートで5thシングル「innocent world」から25作連続初登場1位を獲得し、松田聖子(24作)を上回りB'z(38作、当時)に次ぐ歴代2位(現在は3位)を記録した。

    前作までとは異なり、本作の発売時はテレビ番組への出演が非常に多く、特にテレビ朝日系『ミュージックステーション』にはスーパーライブも含めると3度も出演した。

    発売日と集計期間の関係上、オリコンでの2006年度の年間チャート(2005年12月5日付 - 06年12月18日付)では7位(2007年度は31位)となり、2006年1月から12月までで集計された『COUNT DOWN TV』(年越しプレミアライブ 2008 - 2009での再発表時)や『ミュージックステーション』での2006年度の年間ランキングでは2位となった。

    2007年1月15日付のオリコンチャートで7週ぶりに1位を獲得。シングルの1位返り咲きは、5thシングル「innocent world」と、6thシングル「Tomorrow never knows」に続いて3作目で、松田聖子、中森明菜サザンオールスターズに並び、シングル返り咲き1位作品数の歴代1位タイ記録となった。4週以上空いての返り咲き1位は、2006年1月16日付に修二と彰が「青春アミーゴ」で達成して以来1年ぶり。また、25thシングル「掌/くるみ」以来となる10週連続トップ10入りを記録した。

    収録曲

    1. しるし
      日本テレビ系ドラマ『14才の母』主題歌。
      演奏時間はMr.Childrenのシングルでは最長の約7分12秒。
      桜井はこの曲について「両極の物語の中心にある『愛』とかいうもの、それを実感してもらえたらと願っています。最高のラブソングができました」とコメントしている。
      歌詞について桜井は、恋愛中の男女のこととも別れてしまったカップルのことともどちらにも解釈できるものにしたと語っている。
      ミュージック・ビデオには桜井のみ出演している。監督は丹下紘希。CMでは桜井のみのバージョンとメンバー全員が出演しているバージョンが存在する。ちなみにこのPVは「SPACE SHOWER Music Video Awards 07」で「BEST VIDEO OF THE YEAR」と「BEST GROUP VIDEO」の2つの賞を受賞した。この2つの賞の受賞は「SPACE SHOWER Music Video Awards 04」での「くるみ」以来。ミュージック・ビデオは2012年5月10日発売の『Mr.Children 2005-2010 』の初回限定盤、2018年3月21日発売の『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』に収録されている。
    2. ひびき
      • 作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children
      桜井によると自転車に乗っているとき、頭に浮かんだらしい。
      タイトル候補に「クラッカー」や「響き」があったが、最終的に鈴木英哉の一言で「ひびき」に決定した。
      後にカップリング集アルバム『B-SIDE』のプロモーション用にミュージック・ビデオが作られ、ミュージック・ビデオには2ndアルバム『Kind of Love』、3rdアルバム『Versus』が登場している。監督は窪田崇。2014年に開催されたファンクラブ限定ツアー「Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー」の直前に行われた「会員が最もライブで聴きたい曲」では12位に選ばれた。
      制作時に桜井がコーラスを入れたくなって歌っていたところ、小林から「初期のミスチルっぽいね」と言われた。
    3. くるみ - for the Film - 幸福な食卓
      • 作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children
      松竹系映画『幸福な食卓』主題歌。
      25thシングル「掌/くるみ」に収録されている「くるみ」を2005年に披露されたライブバージョンを基に録り直した曲で、当初は「箒星」のカップリング曲候補であった。
      原曲よりキーが半音下げられており、最後はフェードアウトせずに終了する。
      『B-SIDE』のライナーノーツによると、桜井がオリジナルバージョンの歌い方を気に入らなかったため、録り直されたとのこと。
      FM802の特設ホームページで当曲を使った特別映像が公開されていた。

    テレビ出演

    番組20周年を記念したスペシャルで、トリとして曲を披露した。
    発売日の出演。曲の披露は無く、メンバーが本作収録の3曲をそれぞれ解説した。
    桜井が最後のサビで歌詞を間違えてしまうハプニングがあった。
    スーパーライブでは、2003年の「くるみ」以来2度目となるトリとして曲を披露した。
    フェイク」「彩り」と、シングルでは最大のヒットとなった「Tomorrow never knows」と共に披露された。
    桜井が作詞家阿木燿子と対談した。「彩り」とテレビでは久々となる「Mirror」と共に披露された。
    「彩り」と共に披露された。

    カバー

    注釈

    1. ^ 撮影の際はエキストラの老人や赤ん坊の登場するシーンも撮られたがカットされ、曲に込められたメッセージを感じてもらいたいという理由で桜井のみの出演に変更された。
    2. ^ 映画「Mr.Children REFLECTION」 劇場公開パンフレット
    3. ^ TSUTAYA HOTPAPERより
    4. ^ 上野優華が歌う「しるし」カバーが週間USEN HIT J-POPランキングで配信スタートからわずか2週で第1位を獲得!、エンタメウィーク、更新日:2017年9月25日。

    収録アルバム

    Mr.Children(カテゴリ)
    桜井和寿 - 田原健一 - 中川敬輔 - 鈴木英哉
    シングル | 
    CD | 
    1990年代 | 
    92年 | 
    1.君がいた夏 - 2.抱きしめたい

    93年 | 
    3.Replay - 4.CROSS ROAD

    94年 | 
    5.innocent world - 6.Tomorrow never knows - 7.everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-

    95年 | 
    8.【es】 〜Theme of es〜 - 9.シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜

    96年 | 
    10.名もなき詩 - 11.花 -Mémento-Mori- - 12.マシンガンをぶっ放せ -Mr.Children Bootleg-

    97年 | 
    13.Everything (It's you)

    98年 | 
    14.ニシエヒガシエ - 15.終わりなき旅

    99年 | 
    16.光の射す方へ - 17.I'LL BE


    2000年代 | 
    00年 | 
    18.口笛 - 19.NOT FOUND

    01年 | 
    20.優しい歌 - 21.youthful days

    02年 | 
    22.君が好き - 23.Any - 24.HERO

    03年 | 
    25.掌/くるみ

    04年 | 
    26.Sign

    05年 | 
    27.四次元 Four Dimensions

    06年 | 
    28.箒星 - 29.しるし

    07年 | 
    30.フェイク - 31.旅立ちの唄

    08年 | 
    32.GIFT - 33.HANABI

    09年 | 
    -


    2010年代 | 
    10年 | 
    -

    11年 | 
    -

    12年 | 
    34.祈り 〜涙の軌道/End of the day/pieces

    13年 | 
    -

    14年 | 
    35.足音 〜Be Strong

    15年 | 
    -

    16年 | 
    -

    17年 | 
    36.ヒカリノアトリエ - 37.himawari


    コラボレーション | 
    奇跡の地球(桑田佳祐&Mr.Children)


    配信限定 | 
    花の匂い - fanfare - かぞえうた - hypnosis - REM - 放たれる - here comes my love


    アルバム | 
    CD | 
    オリジナル | 
    1.EVERYTHING - 2.Kind of Love - 3.Versus - 4.Atomic Heart - 5.深海 - 6.BOLERO - 7.DISCOVERY - 8.Q - 9.IT'S A WONDERFUL WORLD - 10.シフクノオト - 11.I U - 12.HOME -13.SUPERMARKET FANTASY - 14.SENSE - 15.[(an imitation) blood orange] - 16.REFLECTION - 17.重力と呼吸

    ベスト | 
    Mr.Children 1992-1995 - Mr.Children 1996-2000 - Mr.Children 2001-2005 - Mr.Children 2005-2010

    カップリング集 | 
    B-SIDE

    企画盤 | 
    LAND IN ASIA - 1/42


    配信限定 | 
    Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25 - Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25


    映像作品 | 
    ライヴ | 
    regress or progress '96-'97 tour final IN TOKYO DOME - Mr.Children TOUR '99 DISCOVERY - Mr.Children Concert Tour Q 2000-2001 - Mr.Children CONCERT TOUR POPSAURUS 2001 - wonederful world on DEC 21 - Mr.Children Tour 2004 シフクノオト - MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I U" 〜FINAL IN TOKYO DOME〜 - Mr.Children "HOME" TOUR 2007 - Mr.Children "HOME" TOUR 2007 -in the field- - Mr.Children Tour 2009 〜終末のコンフィデンスソングス〜 - Mr.Children DOME TOUR 2009 〜SUPERMARKET FANTASY〜 IN TOKYO DOME - Mr.Children TOUR 2011 "SENSE" - Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field- - MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012 - Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour - Mr.Children REFLECTION{Live&Film} - Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 - Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25 - Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸

    ドキュメンタリー | 
    【es】 Mr.Children in FILM - regress or progress '96-'97 DOCUMENT - Mr.Children / Split The Difference - Mr.Children、ヒカリノアトリエで虹の絵を描く

    ミュージック・ビデオ | 
    music clips ALIVE - Mr.Children MUSIC CLIPS 1992-2017 Thanksgiving 25


    映画 | 
    【es】 Mr.Children in FILM - Mr.Children / Split The Difference - Mr.Children REFLECTION

    書籍 | 
    【es】 Mr. Children in 370 DAYS - Mr.Children 詩集「優しい歌」

    関連項目 | 
    エンジン(烏龍舎) - トイズファクトリー - ロボット - ap bank - THE WALLS - Bank Band - Reborn-Art Session


    MVA BEST VIDEO OF THE YEAR受賞曲
    1990年代 | 

    2000年代 | 
  • 00「STAY AWAY」(L'Arc〜en〜Ciel)
  • 02「traveling」(宇多田ヒカル)
  • 03「東京」(桑田佳祐)
  • 04「くるみ」(Mr.Children)
  • 05「GALAXY」(RIP SLYME)
  • 06「JOY」(YUKI)
  • 07「しるし」(Mr.Children)
  • 08「花の名」(BUMP OF CHICKEN)
  • 09「モノノケダンス」(電気グルーヴ)

  • 2010年代 | 
  • 10「FAST CAR」(安室奈美恵)
  • 11「アルクアラウンド」(サカナクション)
  • 12「バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」(サカナクション)
  • 13「つけまつける」(きゃりーぱみゅぱみゅ)
  • 14「予襲復讐」(マキシマムザホルモン)
  • 15「Liberty&Gravity」(くるり)


  • オリコン月間シングルチャート第1位(2006年11月度)
    2005年 | 

    2006年 | 
  • 1月 SNOW! SNOW! SNOW!(KinKi Kids)
  • 2月 衝動(B'z)
  • 3月 サヤエンドウ/裸足のシンデレラボーイ(NEWS)
  • 4月 Real Face(KAT-TUN)
  • 5月 Dear WOMAN(SMAP)
  • 6月 抱いてセニョリータ(山下智久)
  • 7月 SIGNAL(KAT-TUN)
  • 8月 4 hot wave(倖田來未)
  • 9月 タイヨウのうた(Kaoru Amane)
  • 10月 ありがとう(SMAP)
  • 11月 しるし(Mr.Children)
  • 12月 僕らの街で(KAT-TUN)

  • 2007年 | 
  • 1月 100万回のKISS(GLAY)
  • 2月 フェイク(Mr.Children)
  • 3月 Flavor Of Life(宇多田ヒカル)
  • 4月 (コブクロ)
  • 5月 BRAND NEW SONG(KinKi Kids)
  • 6月 喜びの歌(KAT-TUN)
  • 7月 FREAKY(倖田來未)
  • 8月 Hey! Say!(Hey! Say! 7)
  • 9月 Happiness()
  • 10月 SUPER LOVE SONG(B'z)
  • 11月 旅立ちの唄(Mr.Children)
  • 12月 Keep the faith(KAT-TUN)

  • 2008年 | 
  • 1月 吾亦紅(すぎもとまさと)
  • 2月 LIPS(KAT-TUN)
  • 3月 Step and Go(嵐)
  • 4月 羞恥心(羞恥心)
  • 5月 DON'T U EVER STOP(KAT-TUN)
  • 6月 キセキ(GReeeeN)
  • 7月 One Love(嵐)
  • 8月 I AM YOUR SINGER(サザンオールスターズ)
  • 9月 truth/風の向こうへ(嵐)
  • 10月 The Birthday 〜Ti Amo〜(EXILE)
  • 11月 Beautiful days(嵐)
  • 12月 White X'mas(KAT-TUN)

  • 2009年 | 
  • 1月 愛のままで…(秋元順子)
  • 2月 ONE DROP(KAT-TUN)
  • 3月 Believe/曇りのち、快晴(嵐/矢野健太 starring Satoshi Ohno)
  • 4月 THE MONSTER 〜Someday〜(EXILE)
  • 5月 恋のABO(NEWS)
  • 6月 明日の記憶/Crazy Moon〜キミ・ハ・ムテキ〜(嵐)
  • 7月 Everything(嵐)
  • 8月 イチブトゼンブ/DIVE(B'z)
  • 9月 そっと きゅっと/スーパースター★(SMAP)
  • 10月 MY LONELY TOWN(B'z)
  • 11月 マイガール(嵐)
  • 12月 はつ恋(福山雅治)

  • 1960後
  • 1970前
  • 1970後
  • 1980前
  • 1980後
  • 1990前
  • 1990後
  • 2000前
  • 2000後
  • 2010前
  • 2010後


  • オリコン週間シングルチャート第1位(2006年11月27日,2007年1月8日-1月15日(合算週)付・通算3週)
    オリコン週間シングルチャート第1位(2006年)
    1月 | 

    2月 | 
  • 6日 衝動(B'z)
  • 13日 ソメイヨシノ(ENDLICHERI☆ENDLICHERI)
  • 20日 Mr.Traveling Man(TOKIO)
  • 27日 ワールドアパート(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

  • 3月 | 
  • 6日 SEASON'S CALL(HYDE)
  • 13日 YES!(EXILE)
  • 20日 Startin'/Born To Be...(浜崎あゆみ)
  • 27日 サヤエンドウ/裸足のシンデレラボーイ(NEWS)

  • 4月 | 
  • 3日・10日・17日 Real Face(KAT-TUN)
  • 24日 ゆるぎないものひとつ(B'z)

  • 5月 | 
  • 1日 Dear WOMAN(SMAP)
  • 8日・15日 旅人(ケツメイシ)
  • 22日 チャンピオーネ(ORANGE RANGE)
  • 29日 きっと大丈夫()

  • 6月 | 
  • 5日 milk tea/美しき花(福山雅治)
  • 12日 抱いてセニョリータ(山下智久)
  • 19日 SPLASH!(B'z)
  • 26日 グッデイ!!(V6)

  • 7月 | 
  • 3日 BLUE BIRD(浜崎あゆみ)
  • 10日 The Rainbow Star(ENDLICHERI☆ENDLICHERI)
  • 17日 箒星(Mr.Children)
  • 24日 Deep in your heart/+MILLION but -LOVE(堂本光一)
  • 31日 SIGNAL(KAT-TUN)

  • 8月 | 
  • 7日 夏模様(KinKi Kids)
  • 14日 アオゾラペダル(嵐)
  • 21日 DIRTY OLD MAN 〜さらば夏よ〜(サザンオールスターズ)
  • 28日 ガラナ(スキマスイッチ)

  • 9月 | 
  • 4日 宙船/do! do! do!(TOKIO)
  • 11日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2019/08/25 13:58

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「しるし_(Mr.Childr…」の意味を投稿しよう
    「しるし_(Mr.Childrenの曲)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    しるし_(Mr.Childrenの曲)スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「しるし_(Mr.Childrenの曲)」のスレッドを作成する
    しるし_(Mr.Childrenの曲)の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail