このキーワード
友達に教える
URLをコピー

みんなのうたとは?

【みんなのうた】

【ジャンル】
音楽番組
【出演者】
(曲紹介)井上あずみ
過去にNHKアナウンサー
【オープニング】
ハーモニー
【エンディング】
ハーモニー
【製作】

【放送分】
5分
【制作】
NHK

【放送】

【音声形式】
ステレオ放送
【放送国・地域】
日本
【放送期間】
1961年4月3日 -
【放送時間】
放送時間を参照
【回数】
1300回以上
NHKみんなのうた公式サイト
【みんなのうた】

【ジャンル】
音楽番組
【放送期間】
1961年4月3日 -
【放送時間】
5分
【放送回数】
1300-
【放送局】
NHK
【パーソナリティ】
(曲紹介)井上あずみ
過去にNHKアナウンサー
【公式サイト】
公式サイト

みんなのうた』は、日本放送協会(NHK)がテレビラジオの各チャンネル(日本国外向けのチャンネルを含む)にて放送している、日本の5分間の音楽番組

目次

  • 1 概要
  • 2 視聴者層
  • 3 放送曲の特徴
    • 3.1 洋楽曲
    • 3.2 アニメ番組の主題歌起用
    • 3.3 『少年ドラマシリーズ』の主題歌起用
    • 3.4 NHK全国学校音楽コンクール課題曲
    • 3.5 東日本大震災復興関連
    • 3.6 同名異曲
  • 4 映像
    • 4.1 ハイビジョン制作
    • 4.2 実写映像
  • 5 発掘プロジェクト
  • 6 歌い手
  • 7 主な作品のエピソード
  • 8 番組構成
  • 9 不適切映像問題
  • 10 派生番組・枠外の放送
    • 10.1 みんなのうた特別番組
    • 10.2 初回放送前に放送されたみんなのうた
  • 11 出版物
    • 11.1 テキスト(雑誌)
  • 12 関連商品
    • 12.1 楽譜
    • 12.2 CDアルバム
  • 13 放送時間など
    • 13.1 備考
  • 14 みんなのうた放送曲一覧
  • 15 アニメーター一覧(50音順、イラストのみも含める)
  • 16 脚注
  • 17 参考文献
  • 18 関連項目
    • 18.1 NHK関連番組
    • 18.2 子供向けのオリジナルソングを複数制作しているNHK教育番組
  • 19 外部リンク

概要

テレビ版・ラジオ版ともに1961年4月3日に放送開始(「おお牧場はみどり」が最初の曲)され、2011年4月には放送開始50周年を迎え、『おかあさんといっしょ』『きょうの料理』『きょうの健康』などとともにNHKを代表する長寿番組として広く親しまれている。これまでに1400曲を超えるが紹介、放送された。ちなみに番組テーマ曲は変わったが、タイトルロゴは内幸町時代のスタート当時から全く変わっていない。

基本的に5分の放送枠で2分強の曲(オリジナル曲、または『みんなのうた』用に編集された既存の曲)を2曲放送するが、1997年からは5分弱の曲を1曲だけ放送するパターンが加わった。2009年現在、新曲の放送枠は2系統あり、過去に放送した曲を再放送する枠も3系統ある。その他に、テキストでは紹介されないテレビ単独の再放送枠が2系統ある。新曲・再放送曲ともに、2か月ごとに差し替えられていく。一種のヘヴィー・ローテーションである。

放送枠は多数ある(詳しくは#放送時間等を参照)。5分間のミニ番組のため、緊急ニュースなどのプログラム変更で休止となったりすることもある。

テレビ番組版は1971年4月1日に全放送曲がカラー化され、1981年4月の放送からNHK総合テレビNHK-FMラジオにてステレオ放送が開始された。(テレビ版では番組最後に一時フェードアウトされることもあった)現在は、AMラジオ放送とNHKワールド・プレミアムNHKワールド・ラジオ日本を除くすべてのメディアにてステレオで放送されている。

この番組からは「山口さんちのツトム君」「サラマンドラ」「切手のないおくりもの」「ビューティフル・ネーム」「一円玉の旅がらす」「WAになっておどろう 〜イレアイエ〜」「おしりかじり虫」といったヒット曲も生まれた。特に「山口さんちのツトム君」や「切手のないおくりもの」などは100万枚を突破した。

2011年7月12日、『クローズアップ現代』で「“みんなのうた” が見つめた50年」と題しての特集が行われた。

視聴者層

以前は童謡風の歌のほか、10代の少年・少女の心理を歌ったものも多かった。1970年代には子供への認知度は高く、フジテレビの『ひらけ!ポンキッキ』とともにテレビでの子供向けの歌の発信源の双璧であった。また他のテレビの歌と違い、学校行事などでも大々的に歌われた。

放送曲の特徴

初期は既存の童謡や、外国の民謡を日本語に解釈させた作品が多かったが、1970年代後半頃からはこの『みんなのうた』のために書き下ろされたオリジナル曲が中心となっている。

ただし、1997年以降の5分1曲枠が設定されるまでは5分枠につき2曲放送に固定されていたため、1曲あたり130秒から160秒程度までという時間尺が課せられていた。このため、ニューミュージック系のアーティストが歌唱する楽曲を中心に、1コーラスのみ放送(2コーラス目以降をカット→エンディング)させたり、『みんなのうた』用に時間を短縮させた独自のオープニング・間奏・エンディングに編曲し直すなどの措置が取られていることが多い。コーラスをカットした場合、日本放送出版協会(NHK出版)刊行テキストの歌詞掲載ページには該当部分を括弧で囲い、「放送では時間の都合上、★印の部分は省略いたします。」との断り書きが記されている。

番組向けに書き下ろされた楽曲の音楽出版(版権)のほとんどは日本放送出版協会が保有している。一方、ニューミュージック系アーティストのオリジナル曲でCD発売を前提に取り上げられる場合は、そのアーティスト(歌手・作家)が普段属する音楽出版社が出資を行い製作に関与するなどして、そこが有しているケースが多い。再放送に当たっては音楽出版社に版権料を支払う必要があるため、日本放送出版協会が権利を有しない楽曲については再放送される割合が少ない。番組のテキスト・楽譜書の譜面下に版元のクレジットが掲載されている。

洋楽曲

1960年代〜1970年代にかけては洋楽ポピュラー・ソング(ビートルズの「オブラディ・オブラダ」やカーペンターズの「シング」など)や日本国外のミュージカルの曲に日本語の歌詞を付けた作品が数多く存在した。

これらは管理楽曲の一種である「管理楽曲(外国曲)」に該当し、楽曲ごとに日本で版権を有する音楽出版社を通じて作曲家へ期間に応じた放送許諾料を支払う必要がある。このため、後述の楽譜集では重版時に許諾契約終了のため掲載が見送られたり、特集番組で取り上げられる程度に留まっている。

アニメ番組の主題歌起用

1980年代では当時放送されていたNHKのテレビアニメの主題歌を、「みんなのうた」の曲として放送していた。

『少年ドラマシリーズ』の主題歌起用

1970年代から1980年代では当時放送されていた『少年ドラマシリーズ』の主題歌も紹介されていた。

NHK全国学校音楽コンクール課題曲

2008年8月に初回放送されたアンジェラ・アキによる「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」は、同年度のNHK全国学校音楽コンクール・中学校部門の課題曲としてアンジェラ自身が提供した曲のセルフカバーだが、未来の自分に宛てた手紙を読んで、多感だった時期を回想する、という着眼点と共に、コンクールの課題曲を一般に広く注目させ、反響の大きさからCD(特にCMも関東地方を中心にスポットで流しているが)の発売を急増させる効果も生んでいる。同曲は日本郵便の「未来の自分に手紙を書こう」キャンペーンのCMソングにも使われた。「手紙―」以降、NHK全国学校音楽コンクール・中学校部門の課題曲は当該年度の8月から9月にかけてこの番組で紹介され続けている。(例外として2017年度の課題曲「願いごとの持ち腐れ」は4-5月に紹介された。)

東日本大震災復興関連

東日本大震災からの復興を通して、命の尊さやたくましさを歌った曲を紹介。アーティストとともに被災地の小学校に通っているの子供たちが一緒になって合唱しているのが大きな特徴である。

同名異曲

下記のように過去の楽曲と同じタイトルの楽曲も幾つか存在し、公式では歌い手および初回放送年などを表示して区別している。

映像

テレビ放送では楽曲のイメージに沿った実写映像もしくはアニメーションが放送され、番組の大きな特徴となっている。1980年代までは実写映像とアニメーションや挿し絵(スライド)の割合が半々程度であったが、1990年代以降はアニメーションや挿し絵の比率が増加している。

実写映像では、1990年代(「雪は旅人」「はるか」など)までは歌にちなんだフィルム撮影の風景映像が用いられる作品もあったが、1980年代以降は楽曲のイメージに即したプロモーションビデオ風の短編作品に仕上げられているものが多い。また少数ではあるが#歌い手自身が出演するケースもある。

アニメーションでは、楽曲向けに作られた映像が歌詞と連携して小刻みに場面が進む作品がほとんどだが、1曲5分の楽曲ではその時間尺に収まるショートストーリー風の作品もある。

コンピュータグラフィックス(CG)を効果的に用いた作品も数多く見かけられている。CGを使用した最初の作品はスキャニメイトを用いた「算数チャチャチャ」であるとされる。1994年度(-1996年度まで)のオープニング・クロージング映像には3DCGが用いられた。2000年には全編3DCGでキャラクターがパラパラを踊る「アキストゼネコ」が放送されている。

1990年代以降はアニメーションないし3DCGと実写をクロマキー合成させた楽曲も放送された(「おばけといっしょ(水木しげるのアニメーションに歌手が実写合成)」「WAになっておどろう」など)。「ヒピディ・ホプディ・パンプ」(1998年12月)では、日本では未だ1台しか導入されていなかったモーション・コントロール・カメラで3DCGキャラクターの動きを実演させたものを収録し、出演者とクロマキー合成を行っている。

ハイビジョン制作

1996年以降は、BSデジタル放送(2000年12月1日)と地上デジタル放送(2003年12月1日)の開始を見越して、NHK-BS9(ハイビジョン実用化試験放送)での送出向けにハイビジョン(MUSE方式)での制作が実写作品を中心に始まった(『おかあさんといっしょ』なども同時期より一部HV制作されている)。みんなのうたの映像がハイビジョン(MUSE)制作されるようになったのは1996年4月以降のことで、「父さんの背番号」「星空のオルゴール」などがみんなのうた初のハイビジョン映像の楽曲である。地上アナログやBSアナログでの本放送時はSDダウンコンバートされた。

ハイビジョン制作された作品は、現在の再放送時もしくはNHKアーカイブスの公開ライブラリーにおいて16:9映像の視認でハイビジョン制作が確認できる。

一方で、2005年頃までアニメーション系を中心とした一部作品は制作機材の都合上か従来通り標準画質(525i)で制作されており、ハイビジョン放送時はいわゆるピラーボックス処理により1125iへアップコンバートされ、4:3の標準サイズで両端が黒帯またはオリジナルのサイドパネルが表示される。

実写映像

 | 
この節には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2009年10月)

ここでは特に1970年代の作品について挙げる(それ以降、今日に至るまで多く実写も用いられている)。日本各地の風物を歌った歌や10代の心理(友情・希望など)を歌った歌に多く用いられた。前者は「宗谷岬」「ボクたち大阪の子どもやでェ」など、後者は「それ行け3組」「ありがとう さようなら」「天使の羽のマーチ」「最後のシュート」などが代表的である。特に前者については単なる名所紹介に留まらず、当該地域の生活文化(子供たちや大人の生活)の紹介にもなる映像が多かった。大人でも、当該地域の出身者などに、郷里を懐かしむために好まれた。2007年2・3月の歌として流れたGacktの「野に咲く花のように」では長崎県の長崎県立長崎北陽台高等学校提供の写真が使われ、後日、同校の卒業式にGackt本人が訪れこの曲を歌いNHKのドキュメンタリー番組などに取り上げられるといった、この番組から生まれたエピソードもある。

発掘プロジェクト

NHKアーカイブス」を参照

番組が紹介した約1300曲(2012年現在)の内、1961年から1982年に放送された約500曲ほどはNHKに映像・音声のマスターテープ(ビデオテープフィルムオーディオテープ)が現存していない(音声のみ現存し映像が欠落しているパターンを含む)。当時は放送局用ビデオテープ(2インチVTR)が高価で貴重であったうえ、著作権法の縛りで番組の資料保存が自由に行えなかったこと、加えて放送時間が概ね5分と短かったことから、放送終了後に他の番組で上書き使用され、アーカイブされなかったためである。当番組が楽曲を現存されるようになったのは1983年以降である。なお、番組の保存状況についてはホームページ、またはNHKアーカイブス (施設)のサイト上で検索可能である。

NHKでは2000年から「NHKアーカイブス」の放送をきっかけにドラマ・ドキュメンタリー番組を中心としたマスターテープの発掘・放送を進めてきたが、当番組においても、2009年頃から番組公式サイトにおいて「みんなのうた 発掘プロジェクト 失われた500曲を探せ!!」として、視聴者から情報や素材の提供を募集を開始し、状態の良いものはデジタルリマスター処理を行い永久保存化を進めている。

2012年3月までに音声が約200曲、映像が約90曲発掘され、そのうち63曲が『みんなのうた発掘スペシャル』として同年同月に放送された。

2014年7月20日に放送された『"みんなのうた"のセカイ』(後述)においても、引き続き500曲に関して視聴者からの情報提供を求める告知がされた。2016年1月の時点で音声が約220曲、映像が約100曲発見されているが、プロジェクトは2018年現在も継続している。

歌い手

他の音楽番組とは違い、歌手本人が映像出演した一部例外を除き歌手には一切スポットを当てず、ただ歌のみを放送するというスタイルを貫いている。メジャーデビューを果たした者や大御所と言われるベテランの歌手はもちろん、一般には余り知られていないものの歌唱力のある歌手や、俳優アイドル声優として知られている人物が歌唱しているのも特徴である。

放送時の歌手や編曲による音源はレコード・CD化によって市販されずに、レコード会社企画による「みんなのうた」アルバム盤で別の歌手によるカバー音源のみ製品化されている楽曲もある。

歌手本人が出演した作品は

など。

また、ブレイク前にこの番組で披露している歌手の例は

など。

近年では歌手からの持ち込み企画が殺到しており、年間で1000曲近い提案があるという。きっかけは2002年に放送の「大きな古時計」(歌:平井堅)で、大ヒットにつながったことからその宣伝効果に目がつけられ、それ以降歌手側からの提案件数が急増した。背景には、テレビの歌番組が減る中で歌手にとっては貴重な作品発表の場となっている事情がある。

主な作品のエピソード

番組制作者側の意図でタイアップを組ませたり、放送曲のテーマや作品アーティスト(作詞・作曲・歌手・映像作者)を指定させて製作させ、話題性のある作品を世に送り出すことも意識して制作が行われている。一方、作り手の思いが強すぎる鑑賞向きの作品が増えていた反省から、最近は番組の原点に立ち返り、子供が歌いやすい曲を意識して制作されているという。

番組構成

番組の構成は非常にシンプルである。テレビ放送の場合、オープニングジングルと「『みんなのうた』です」のナレーションが10秒前後流れたのちに、曲のタイトル表示とナレーターによる読み上げがされ、楽曲が放送される。2曲目が有る場合はタイトル表示から繰り返し、最後にエンドキャッチ(残り時間尺によってはエンディングジングルがある)が流れて番組は終わる。

2006年10月より以下の点が変更された。

再放送する際は、曲冒頭のタイトル画面は新しく作ったものに差し替えられる(ただし、後述の「みんなのうたリクエスト」や一部の再放送においては当時の素材そのままで放送するケースもある)。なお、タイトル表示が作品映像内に組み込まれているケースがあり、この場合はナレーションが省略されている。

2007年4月よりナレーターは井上あずみが担当している(以前の放送はNHKの女性アナウンサーが交代で担当していた)。

ラジオ放送では、「『みんなのうた』(の時間)です」のナレーション(ジングル無し)→「X曲目は、XXX(作詞者名)作詞、XXX(作曲者名)作曲、XXX(楽曲名)、歌はXXX(歌唱者)さんです。」(2曲目以降繰り返し)→楽曲放送→「『みんなのうた』を終わります」(楽曲の収録時間によっては省略の場合もある)。というパターンである。ただし、2000年度~2017年度は、作詞・作曲者の読み上げはなかった。時間の都合で、テレビ放送版の途中でフェードアウトされたこともある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2018/12/18 00:35

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「みんなのうた」の意味を投稿しよう
「みんなのうた」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

みんなのうたスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「みんなのうた」のスレッドを作成する
みんなのうたの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail