このキーワード
友達に教える
URLをコピー

やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜とは?

やべっちF.C. 〜日本サッカー応援宣言〜』(やべっちエフ・シー にほんサッカーおうえんせんげん)は、テレビ朝日系列にて2002年4月7日から生放送されているスポーツ番組(サッカー情報番組)。矢部浩之(ナインティナイン)の冠番組。サブタイトルに「日本サッカー応援宣言」と付いているものの、J2リーグJ3リーグは殆ど放送せず、実質海外日本人や日本代表、J1リーグが中心の番組となっている。

2006年3月までは日曜23:30 - 翌0:00の30分番組だったが、同年4月から日曜23:30 - 翌0:15の45分に拡大された。しかし、2010年4月4日以後は放送時間が日曜23:55 - 翌0:30の35分に縮小され、2011年10月17日(16日深夜)からは『日曜洋画劇場』の放送時間拡大に伴い、放送時間が15分繰り下げられ、月曜0:10 - 0:45(日曜深夜)での放送となった(後述)。

目次

  • 1 番組概要
    • 1.1 放送時間の変遷
  • 2 出演者
  • 3 コーナー
    • 3.1 レギュラー企画
    • 3.2 不定期企画
    • 3.3 過去の企画
  • 4 備考
  • 5 スタッフ
  • 6 ネット局
  • 7 DVD
  • 8 脚注
    • 8.1 注釈
    • 8.2 出典
  • 9 関連記事
  • 10 外部リンク

番組概要

Jリーグ試合ダイジェストや選手インタビュー、海外サッカー情報、そしてテレビ朝日が独占放映権を有するAFC(アジアサッカー連盟)公式戦(AFCアジアカップAFCチャンピオンズリーグなど)のダイジェストを放送する。テレビ朝日にとっては1993年4月から1996年9月まで放映された『Jリーグ A GOGO!!』以来、5年半ぶりの定期サッカー専門番組となった。

番組タイトルの「やべっち」は、番組のメインMCを務める矢部浩之(ナインティナイン)のあだ名から。矢部は高校時代にサッカーに所属していた(岡村隆史は同部で矢部の1年先輩)ということもあり、番組内では司会だけでなくコーナー等で実際にボールを蹴る機会も多い。矢部は毎回番組ロゴの入ったジャージを着用、またロケーションの際には「YABECCHI」、背番号「10」の入った番組特製ユニフォームを着用する。

本番直前に番組内容のハイライトと矢部の短いコメントを添えた事前告知を放送。「I Will Survive 邦題“恋はサバイバル”(Party Mix)」 Big Fun をオープニング曲に使用。

矢部以外の出演者は、主にVTRのナレーションを担当する男性アシスタント1名、矢部とともにMCを務める女性アシスタント1名、試合解説担当のコメンテーターが1名という布陣をとっている。男性アシスタントは、番組開始以来テレビ朝日アナウンサーの角澤照治が務め、2008年に同じくアナウンサーの進藤潤耶に交代。女性アシスタントは最初の1年間のみタレントの中森友香が起用されたが、以降はテレビ朝日アナウンサーの前田有紀が務めており、彼女がことあるごとに矢部にいじられるのは番組の恒例行事になっている。また、進藤の番組参加と同時に「新女性MC」として、テレビ朝日アナウンサーの竹内由恵の加入が発表されているが、竹内の出演はVTRでの選手インタビューなどのみに限られ、スタジオでの放送に参加することは少ない。コメンテーターは番組開始以来堀池巧が1人で担当していたが、2009年4月に、新解説者として前年に引退したばかりの名波浩がレギュラー入り。当初は1週ごとに堀池と名波が交代で出演したが、2010年3月をもって堀池が卒業し、名波が正式なレギュラー解説者となった。

放送開始当初はMC(司会)がお笑い芸人である矢部浩之ということもあってバラエティ色の強い内容であったが、土曜・日曜開催であるJリーグのダイジェスト放送や、海外で活躍する日本人プレーヤーのリアルタイム速報、海外のサッカーリーグの最新ダイジェストを放送できる時間帯という強みと、2006年から45分番組となったことで海外情報をより多く取り扱うことから、TBSの老舗サッカー番組『スーパーサッカー』と並ぶ人気番組となった。その『スーパーサッカー』も『S☆1・スパサカ』にリニューアルした際に、他スポーツコーナーや報道ニュースも含めた30分番組に縮小しストレートニュース形式の内容となったことから、本番組と立場が逆転する格好となった。

2010年4月25日より、日曜23時台にドラマ枠『日曜ナイトドラマ』が新設される事になり、この番組は23時55分開始に繰り下げとなる事が発表された。同時に、放送時間も10分短縮した。

また2010年7月4日放送からNTSC(アナログ)はレターボックス16:9での放送(それ以前は4:3サイドカット)に移行した。

2011年10月17日(16日深夜)からは『日曜洋画劇場』の放送時間拡大に伴い、放送時間が15分繰り下げられ、月曜0:10 - 0:45(日曜深夜)での放送となった。

2013年3月を以って前田がテレビ朝日を退社するのに伴い、2013年4月以降は竹内がメインMCを担当する。またコメンテーターに前年で現役を引退した中山雅史 が参加する。

また、2013年10月7日放送分から2014年3月31日放送分までは、新人アナウンサーの林美沙希(放送上の愛称は「みさきっち」)がレギュラーに加入(放送上は2014年4月7日の「なべっちFC」まで出演)。「こくっち」や選手へのインタビューなど、主にVTRで出演していた。2014年8月17日放送分からは、林の先輩アナウンサー・久冨慶子が、竹内と共に進行・取材を担当する。

2014年9月29日放送分で、名波がジュビロ磐田の監督 に9月24日付で急きょ就任したことに伴い、コメンテーターを卒業した。なお9月29日はJリーグ ディビジョン2愛媛FC戦で名波が監督としてのデビュー戦をしたのちに上京して出演し、卒業式が行われた。

2015年4月の放送から新たに2名の新レギュラーが参加することになり、まずその第1弾として4月6日からコメンテーターとして中田浩二(元鹿島アントラーズ。現・同クラブリレーション・オフィサー)が就任。続いて4月13日からは3人目の女性レギュラーとして、山本雪乃がレポーター役に加わった。なお中山は2015年9月に当時日本フットボールリーグ所属のアスルクラロ沼津に現役選手として入団したが、名波などの事例とは異なり、引き続き選手を続けながらコメンテーターを担当すると、9月21日(20日深夜)の放送で自ら発表している。

2017年3月6日(5日深夜)は前夜の『2017 WORLD BASEBALL CLASSIC 強化試合日本代表×オリックス』の中継(18:57 - 22:05、当初予定より65分延長)のため、65分繰り下げ(1:15 - 1:40)となった。

2017年3月13日(12日深夜)は前夜の『2017 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本×オランダ』中継(18:30 - 0:09、当初予定より195分延長)の大幅延長のため、195分繰り下げ(3:25 - 4:00)となり、この回のみ事前収録(撮って出し=疑似生)にて放送された。

2017年4月24日からは、テレビ朝日の日曜20:54 - 翌2:40枠の大改編に伴い、本番組は同日から放送時間を5分繰り上げ、月曜0:05 - 0:40(日曜深夜)での放送となる。

2018年10月1日(9月30日深夜)放送分で、アシスタントの進藤・竹内が当番組を卒業。当日の放送では、Jリーグチェアマンの村井満が、「(当番組を通じて)日本のサッカー界に貢献した」との理由で進藤・竹内に表彰状を手渡す一幕もあった。竹内の卒業は『報道ステーション』の全曜日でキャスターを務めることに伴うもので、翌週(10月8日放送分)からは、同番組の金曜日で気象キャスターを務める後輩アナウンサーの三谷紬を竹内の後任に起用。また、前月まで『報道ステーション』の月 - 木曜日でスポーツキャスターを務めていた寺川俊平が、進藤の後任扱いで男性アシスタントに就任した。その一方で、同年12月18日に開かれたJリーグアウォーズでは、MCの矢部がJリーグMVP(川崎フロンターレMF・家長昭博)へのプレゼンターに初めて抜擢されている。

放送時間の変遷

【期間】
【放送曜日】
放送時間(日本時間)
【2002年4月7日】
2006年3月26日 日曜日 | 23:30 - 翌0:00(30分)
【2006年4月2日】
2010年3月28日 23:30 - 翌0:15(45分)
【2010年4月4日】
2011年10月9日 23:55 - 翌0:30(35分)
【2011年10月17日】
2017年4月17日 月曜日(日曜日深夜) | 0:10 - 0:45(35分)
【2017年4月24日】
現在 0:05 - 0:40(35分)

出演者

【期間】
【メインキャスター】
【コメンテーター】
【進行キャスター】
レポーター
2002年4月7日 - 2003年3月30日 | 矢部浩之
(ナインティナイン) | 堀池巧 | 角澤照治 | 中森友香 | (特になし)
2003年4月6日 - 2008年9月28日 | 前田有紀
2008年10月5日 - 2009年3月29日 | 進藤潤耶 | 前田有紀 | 竹内由恵
2009年4月5日 - 2010年3月28日 | 堀池巧
名波浩
2010年4月3日 - 2013年4月1日 | 名波浩
2013年4月8日 - 2013年9月30日 | 名波浩
中山雅史 | 竹内由恵
2013年10月7日 - 2014年3月31日 | 竹内由恵 | 林美沙希
2014年4月7日 - 2014年8月11日 | 竹内由恵
2014年8月18日 - 2014年9月28日 | 竹内由恵 | 久冨慶子
2014年10月6日 - 2015年3月30日 | 中山雅史
2015年4月6日 - 2018年10月1日 | 中山雅史
中田浩二 | 久冨慶子
山本雪乃
2018年10月8日 - | 寺川俊平 | 三谷紬


※このほか、日本代表の試合がある時には、松木安太郎セルジオ越後秋田豊藤田俊哉らのゲストコメンテーターが参加する場合もある。

コーナー

レギュラー企画

やべっちピックアップマッチ
2008年のJリーグ開幕時からスタート。試合詳報の中に挿入される。週末のJ1リーグ(ない時はAFCチャンピオンズリーグ等)から特に注目される1試合にスポットをあて、スタジオでの実況を入れたダイジェスト形式で伝える。「なべっちF.C.」などの大型企画を行う週は、尺の都合で行われないこともある。
2013年4月から中山雅史が出演する日についてはこれ相当のコーナーとして「GON ALL」(ゴン・オール)というコーナーが行われる。ここでは中山が注目の試合を一つ取り上げ、その試合現場での取材とスタジオでの報告・解説を1人ですべてこなすというものである。タイトルコールには中山がジュビロ磐田時代に応援団からかけられた「中山隊長ゴン・ゴール!」の叫びが使われており、これがコーナータイトルの由来となっている。
ハーイ!やべっち
「ここが巧!」と並ぶ本番組の名物コーナー。国内外のサッカー選手及びサッカー関係者が矢部にメッセージを送るエンディングコーナー。矢部はそのメッセージVTRに対しツッコミを入れて番組を締める。矢部曰く「このコーナーの出演料がこの番組で最も金かかってる部分」基本的に「ハーイ!やべっち」という第一声から始まるが、「やべっち」を「矢部さん」と言い換える人もいる(例:山本昌邦)。
  • レギュラー放送新年1回目には日本サッカー協会川淵三郎キャプテン(キャプテン=協会会長職を退いた2009年以降は出演せず)、年末最後の放送には「おかっちF.C.」と称して矢部の相方・岡村が登場するのが恒例。2012年10月7日放送分で放送500回を迎え、節目として川渕が出演した(もう1人はアーセン・ベンゲル)
  • 女性では、名波夫人や(矢部と結婚後の)青木裕子が出演したことがある。
  • 矢部が個人的にファンであるアルバロ・レコバ(ウルグアイ代表)が登場した際は本当に嬉しそうにしていた。
  • 出演する選手の中には、事前にやべっちの近況を調査している者もいるらしく、ルイス・フィーゴが出演した際にはひとみちゃん(当時の矢部の彼女)の事や相方である岡村(呼称も「おかっち」と呼んでいた)の事などを詮索され矢部本人は赤面していた。
  • 矢部のリフティング技術は、出演する選手からも評判は高くシャビが「ハーイ!やべっち」に出演した際には模範リフティングを見せられた挙句危うく宿題とされる所であった。
  • 2006年11月12日放送では、AFCユース選手権決勝のため番組史上初めて「ハーイ!やべっち」が中止になった。また2007年11月18日放送分も、イビチャ・オシム日本代表監督重体のニュースを受けて当コーナーが割愛された。
  • 来シーズンのJ1昇格が決まったチームは、昇格決定試合のVTR終了後に「ハーイ!やべっち」をやっている。
  • 栃木SCの応援番組「TOCHIGI FIGHTING!!SC一枚岩」(とちぎテレビ)では、様々なサッカー関係者が番組MCのU字工事に挨拶をする「ハーイ!U字工事」というパロディコーナーが放送されている。

不定期企画

やべっちのマッチプレビューレポート
一連の日本代表の試合を対象に、コメンテーターが、その試合のフォーメーション、見どころをフリップを使って説明する。タイトルに「やべっち」とはあるが、矢部がこのフリップ説明をしたことは今まで1回もない。
なべっちF.C.
スタジオに選手をゲストに招き、鍋を囲みながらインタビューやゲームコーナーなどを展開する。ゲストと聞き手の矢部・前田はちゃんちゃんこを羽織るのがお約束となっている。選手の本音や裏話が聞きだせる屈指の人気企画であり、数週にわたって放送されることも多い。
しりとリフティング
番組MCの矢部が、交互にリフティングをしながらしりとりをする「しりとリフティング」でプロ選手と対決する不定期企画。以下は過去の対戦相手と矢部から見た星取り表。2008年3月16日現在通算7勝9敗。
【放送日】
【対戦相手】
結果
2003年4月27日 | 大久保嘉人 | ○
2003年5月15日 | 松井大輔 | ○
2003年7月6日 | 阿部勇樹 | ●
2003年7月13日 | 森﨑和幸森﨑浩司 | ●
2003年10月26日 | 石川直宏 | ●
2004年1月18日 | 鈴木啓太 | ●
2004年8月8日 | 田中マルクス闘莉王 | ○
2005年4月24日 | 玉田圭司 | ○
2005年5月15日 | 大黒将志 | ●
2006年10月16日 | 佐藤寿人 | ○
2006年11月5日 | 我那覇和樹中村憲剛 | ●
2007年3月11日 | 遠藤保仁播戸竜二 | ●
2007年4月29日 | 藤田俊哉本田圭佑 | ○
2007年5月6日 | 中澤佑二 | ●
2007年10月7日 | 水野晃樹水本裕貴 | ●
2008年3月16日 | 安田理大 | ○
フリーキック対決
矢部と様々な選手が、フリーキックで勝負を行う企画。矢部のフリーキックの精度は非常に高く、どの選手と戦っても好勝負を展開する。中村俊輔は特番も含めて3度フリーキックで対決しており、1勝2敗。小野伸二とは1敗。遠藤保仁とはペナルティーキックで対決し、勝利を収めている。
矢部が蹴る際のゴールキーパーは対戦相手の選手自らが務めるのに対し、対戦相手が蹴る際のGKはシジマールが務める。この企画の中でシジマールが叫んだ「ゼッタイ負ケナーイ!」の台詞は彼のキャッチフレーズとなっている。
選手からの宿題
国内外の選手から出題されるリフティングテクニックに矢部が挑戦する企画。選手からの宿題は不定期で提示され、1年間練習を重ねた末に年末最後の1時間拡大放送で「宿題発表スペシャル」が行われる。過去の出題者に小野伸二ロナウジーニョジネディーヌ・ジダンら。矢部は宿題の多くを成功させているが、ジブリル・シセ乾貴士からの宿題は失敗(後2009年に乾の宿題は成功させた)している。
ここがゴン
中山雅史がゲスト出演する際の恒例コーナー。中山が「ゴンと来た」プレーをピックアップして解説する。「ここが巧!」の中山版であるが、「クリスティアーノ・ロナウドがゴールを決めた後のセクシーなウインク」などのどうでもいいシーンか、自分のゴールをピックアップすることがほとんど。選手や解説者がゲスト出演することは他にもあるが、レギュラーコーナーを持っているのは中山くらいである。引退後も「魂のゴン解説」としてそのプレーの解説を行っている(名波が出演する場合は「名波のピンポイント解説」となっている)。
デジっちが行く!
2010年から始まった、シーズン前のJ1キャンプ恒例企画。「デジっち」と命名された番組のデジタルビデオカメラを選手に貸し、取材禁止エリアを自由に撮影してもらう。2013年にはJリーグ公認となった。
2014年の放送では、選手が裸を見せるネタの多さについて名波浩が苦言を呈していた。
やべっちFCアウォーズ
Jリーグアウォーズパロディーで、その年のJリーグ全公式戦終了の概ね翌週に実施される。この回は出演者全員がドレスアップし、各部門賞(ゴール賞、パス賞、フリーキック賞、守備賞の各技術賞に加え、矢部が特に印象を残したプレーをたたえる「サブイボ賞」、さらに年間MVP)を番組独自に表彰する。
宿題発表会
年末最後の放送(2016年度はなし)で行われる。概ね外国のスター選手から出されるテクニックを矢部が実際に挑戦するというものである
おかっちFC
年末や正月などに行われる特別企画。その名の通り矢部の相方の岡村隆史が出演する。コーナー内容は具体的に決められておらず、岡村は楽屋突撃など好き勝手な行動をとる。なお、これが行われる際矢部は「こんなコーナーは存在しません」「あの人が勝手に言ってるだけです」「番組は降板しません」などと突っ込むのがお約束となっている。
年末スペシャルの時はその年の矢部や出演者いじり、正月スペシャルでは矢部のパートとは別の選手が出場したサッカーゲーム盤を使った対決などをしている。
元日特番

過去の企画

ここが巧!
サッカー解説者・堀池巧が、国内外の試合中に行われた様々なプレーを独自の視点で解説。特に素晴らしいプレーには「巧」の評価を送る。視聴者だけでなく現役の選手達にも人気のコーナー。「巧」に選ばれるのは勝利したチームのプレーがほとんどで、引き分けもしくは負けたチームのプレーに贈られることはまれ。
またJリーグのシーズン終了後には、シーズンを通して見事な活躍をした選手達を勝手に表彰する「やべっちF.C.アウォーズ」が行われ、受賞者には「巧」と書かれた記念プレートを番組から贈る。2006年10月からは、前の月の試合(5試合程度)を対象に見事な活躍をした選手達を勝手に表彰する「月間『巧』」のコーナーが新設。堀池が選手の元へ出向き、プレートと番組特製のネーム入りTシャツが贈られる。
番組開始以来の名物コーナーであったが、解説者が名波との交代制になって以降、行われることが少なくなったが、堀池の勇退後はこのコーナーも終了し、名波が担当するこれに相当するコーナーは2010年度はなかったが、2011年から「やべっちWOWプレイヤーズアワード」に事実上受け継がれている。
ハーイ!すけっち
2008年から始まった「ハーイ!やべっち」の付随コーナー。前田が「ハーイ!やべっち」に登場する選手・人物の似顔絵を描いたうえで、コーナーの開始前にベレー帽をかぶってスタジオで似顔絵を発表。その似顔絵から、登場人物を矢部と視聴者に予想させる。当初は前田独自の画風を矢部が毎回いじっていたが、回を重ねるたびに前田の画力が向上。中盤からは、矢部に分からないように、あえて捻りを加えた絵を描くことが増えていた。前田の卒業を機に終了。
フリーキック研究所
名フリーキッカーたちのフリーキックを、ハイスピードカメラをはじめとする多数のカメラで撮影、検証するコーナー。これまで、ドラガン・ストイコビッチや遠藤保仁などのFKを検証してきた。過去には、ストライカー研究所(高原直泰)、ゴールキーパー研究所(オリバー・カーン)なども行われていた。
totoが巧!〜1分J雑学〜
totoを運営する日本スポーツ振興センターが番組スポンサーに加わったことにより、2008年4月から同年シーズン終了まで放送された。次回の週末に行われるtoto対象のJリーグの試合のうち、堀池が特に注目しておきたい試合を1試合選んで見所を解説する。2009年より「totoっちF.C.」に引き継がれる。
totoっちF.C.
2009年4月より「totoが巧」の後継コーナーとして開始。毎回様々なゲストがVTR出演し、独自の視点でスポーツ振興くじ(toto)を予想する……という触れ込みであるが、同コーナー開始以来、出演・予想しているのは「松木toto太郎」と称した松木安太郎ただ一人である。同年シーズン終了後スポーツ振興センターがスポンサーから降板したため終了
今週のストロング
竹内が新レギュラーになった2008年10月5日から12月まで放送された。タイトルはこの日から筆頭スポンサーとして加わったキリンビール「キリン酎ハイ氷結"ストロング"」にちなむ。竹内がその週の試合で印象に残ったプレーを自ら選んで解説する。「ここが巧!」の竹内バージョン。
Tesouro de futebol 〜サッカーの宝〜
サッカー史に残るクラブや選手たちの伝説的な名場面集。テーマ曲にはグレゴリアンイマジンが使用されていた。
やべっちWOWプレイヤーズアワード
2011年4月のリーグ再開直後から開始しこの年のシーズン終了まで行った。この年からJリーグオフィシャルスポンサー、かつ本番組のスポンサーとなった日本マクドナルドが、Jリーグの各試合で決勝点を挙げたプレーヤーを「WOWプレイヤー」として表彰していることにあやかった企画。週末に行なわれたJ1の試合から、最も印象に残った決勝点を厳選、それについて名波が解説を加える。「ここが巧!」の後継企画だが、ゴールに限らず優れたプレーをピックアップしていた「ここが巧!」と異なり、本家と同様に対象を「決勝点」に限定しており、それ以外のプレーは選ばれない。
コカ・コーラロンドンチャレンジ
2012年3月より6月まで期間限定で、Jリーグと国際オリンピック委員会・日本オリンピック委員会スポンサーである日本コカ・コーラが番組筆頭スポンサーに就任(復帰)し、同社が協賛してJリーグの試合会場を中心に全国で展開するロンドンオリンピックを応援するためのキャラバンキャンペーン(4月以後展開)に連動した企画である。
この番組ではキックターゲット形式のゲームにJリーガーや歴代の名選手が挑戦するコーナーを行う。キャラバンイベントではこのほかに、上位入賞者にロンドンの会場でのパフォーマンスが出来るダンスコンクールやサッカー以外のスポーツアトラクションを展開する企画を予定している。またこの企画と連動したコラボレーションCMが行われた。

備考

出演者
ブルーカードプロジェクト
番組開始前のクロスプログラム
放送体系
スポンサードセールスについて
雑誌とDVD
番組初の90分スペシャル
2010Happy Mail