このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ゆず_(音楽グループ)とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2010年8月)
ゆず

北川悠仁 - リーダー岩沢厚治 - サブリーダー
左から北川悠仁、岩沢厚治
(2012年1月22日日産スタジアム)

【基本情報】

【出身地】
日本 神奈川県横浜市
【ジャンル】
J-POP
ニュー・フォーク
カントリー・ミュージック
【活動期間】
1996年 -
【レーベル】
セーニャ・アンド・カンパニー
(1997年 - )
【事務所】
セーニャ・アンド・カンパニー
【共同作業者】

寺岡呼人(プロデューサー)
ゆずおだ

蔦谷好位置
【公式サイト】
ゆず Official Website
【】

【メンバー】
北川悠仁(ボーカルギタータンバリン)
岩沢厚治(ボーカル・ギター・ハーモニカ)

ゆずは、日本フォークデュオセーニャ・アンド・カンパニー所属。公式ファンクラブ名は「ゆずの輪」。

目次

  • 1 概略
  • 2 メンバー
    • 2.1 サポートメンバー
    • 2.2 過去のサポートメンバー
  • 3 略歴
    • 3.1 インディーズ
    • 3.2 メジャー
  • 4 ディスコグラフィ
    • 4.1 シングル
    • 4.2 EP
    • 4.3 アルバム
      • 4.3.1 オリジナルアルバム
      • 4.3.2 ミニアルバム
      • 4.3.3 ベストアルバム
      • 4.3.4 ライブアルバム
    • 4.4 配信
      • 4.4.1 先行配信
    • 4.5 VHS・DVD・Blu-ray
    • 4.6 特典CDなど
    • 4.7 ファンクラブ継続特典DVD
    • 4.8 未音源化
    • 4.9 その他
  • 5 楽曲提供
  • 6 タイアップ一覧
    • 6.1 主題歌・テーマソング
    • 6.2 イメージソング
    • 6.3 その他
  • 7 コンサートツアー
    • 7.1 冬至の日ライブ
  • 8 出演
    • 8.1 NHK紅白歌合戦
    • 8.2 Mステ スーパーライブ
    • 8.3 北川悠仁・岩沢厚治のみ
    • 8.4 ゆずのゆず鍋
    • 8.5 ゆずのオールナイトニッポン
    • 8.6 SCHOOL OF LOCK!
    • 8.7 テレビCM
  • 9 関連項目・人物
  • 10 脚注
  • 11 外部リンク

概略

ストリートミュージシャン出身のフォークデュオのパイオニア的存在で、1997年頃から始まった第2次路上ライブムーブメントの先駆けとされる。路上時代は主に神奈川県横浜市中区伊勢佐木町横浜松坂屋前で路上ライブを行っていた。最初に路上に出たのは岩沢で、それを見た北川が音楽をしたいという想いを抑えきれず、アルバイト後「話があるから」と誘い出し、北川家のリビングで飲みながら「一緒にやりたいんだけど」と告白。岩沢は、ドキドキしている北川に比べ、かなり軽くOKの返事をしたという(参照:『WEST21』)。1996年3月結成。結成後すぐにオリジナル曲を作る。最初はお客さんはほとんどいなかったが、1年ぐらいしたときに初めてリクエストしてくれるお客さんが現れた。路上の最終日(1998年8月30日)は、台風直撃にもかかわらず、約7,500人が集まった。

2人の出会いは小学生の頃だが、クラスが違ったためあまり面識がなかったという。中学で初めて同じクラスになり、仲良くなり始める。中学時代にキャンディーズの「春一番」を一緒に歌った。2人は別々の高校に進学したが、卒業後に中学時代の友達で4人組のバンド(北川がドラム、岩沢がボーカル)を結成する(北川が入ったのは前のドラマーがやめてからだった)。しかし「残りの2人(ベース、ギター)と合わない」という理由から、先述のような経緯で2人でデュオを結成するに至った。

結成当初は「Light's」という名前だった(2人が吸っていたタバコの銘柄が、マイルドセブンライトだったことから)が、これを自分達に合っていない上にダサいと感じていた北川が、2人が当時一緒にやっていたアルバイト先の食事会で食べた柚子シャーベットから「ゆず」へと変更(ちなみに、その時岩沢はバニラアイスを食べていたため、もしかしたら「ゆず」ではなく、「バニラ」になっていたかもとよくネタにしている)。90年代当時、音楽グループ名に日本語を採用するのは珍しかった。

音楽プロデューサーJUN SKY WALKER(S)ベーシストである寺岡呼人を迎え、1997年『ゆずの素』でインディーズ・デビューする。翌年1998年1stシングル「夏色」、2ndシングル「少年」で立て続けにブレイク。1stフルアルバム『ゆず一家』は最終的に100万枚近い売上を記録した。フォーク復興の立役者として、「ネオ・フォーク」と呼ばれる新たなるフォークの1ジャンルを確立した(本人らの自称は「平成爽やかフォークデュオ」)。

2003年・2004年・2009年・2011年・2013年・2015年・2016年には「NHK紅白歌合戦」に出場。2017年には「栄光の架橋」で大トリを務めた。もともと1999年に一度オファーを受けながらも辞退したが、2003年に初出場。2003年、初のカウントダウンライブを横浜で行う。2005年のベスト・アルバムの発売、2007年の10周年などを経て以降は、様々なアーティストとの共演や各種イベントへの参加、メディアへの露出など、それまであまりなかった形での活動もより積極的に行われるようになった。

ゆずのファンのことを「ゆずっこ」と呼ぶ(これは路上ライブ中に北川が勢いで言ってしまったためという)。公式ファンクラブ名は「ゆずの輪」(1998年10月発足)である。ライブ前には演者と客・スタッフ・警備員含め全員で「ラジオ体操第一」を行い、アンコールのコール代わりにゆずの曲を歌う(観客の誰かが歌い出し、いつしか大合唱)というのが定番となっている。その際の曲は「贈る詩」が多く、その他に「する〜」「サヨナラバス」「友達の唄」「虹」などが歌われる。ライブでは、ラッキィ池田などが考案した振り付けを会場全員で踊る「ダンスコーナー」のようなパートが設けられることが多く、「夏色」と並びライブのハイライトとなっている。

ほとんどの曲のアレンジはゆずとプロデューサー・寺岡呼人によるものであったが、2008年のアルバム『WONDERFUL WORLD』以降は外注のアレンジャー(蔦谷好位置など)が参加するようになり、アレンジに大きな変化が起きている。このことについて、岩沢は『ここ5年くらいから二人組の役得というか、バンドではないので、いろんな人と試せるチャンスが実は凄いあるなということに気がついて』『デビュー当時とかは、俺達の音楽が変わっちゃうんじゃないかと思ったり、壊されたり踏み入られるのを嫌だった時期もあったんですけど、10周年超えたくらいから、ゆずという素材を使っていろんな人に「料理してください」と言えることを覚え始めて』と語っている。

音楽配信サービス開始当初は消極的であったが、2009年ごろからは配信限定シングルのリリースや、CD作品を先行配信するなど積極的な姿勢も見せている。2013年にはレコチョクアーティスト別年間ダウンロードランキングで、シングル部門7位、着うた部門10位となり、配信でもトップクラスの順位を記録している。一時期まではある程度のパッケージへのこだわりも見せていたが、2013年からはほとんどのCDシングルを先行配信し、「伝わり方の形はいろいろある」というような発言をするなど、以前と比べると配信という媒体を積極的に活用している。

メンバー

人名 パート
リーダー | 北川悠仁
(きたがわ ゆうじん) | ボーカル
ギター
バイオリン
ピアニカ
雄叫び
など
サブリーダー | 岩沢厚治
(いわさわ こうじ) | ボーカル
ギター
ハーモニカ
バンジョー
など

「ゆず2018プロジェクト with 日本生命」で、2018年平昌オリンピックパラリンピック日本代表選手団を応援していくためテーマソング「うたエール」を作るための新メンバーを募集。新たに2018名が公式メンバーとして加わり、「ゆず2018(ニーゼロイチハチ)」として2017年12月から2018年春にかけて活動した。

サポートメンバー

人名 パート 在籍期間
斎藤有太
(さいとう ゆうた) | キーボード
バンドマスター | 2-NI- -
松原"マツキチ"寛
(まつばら まつきち ひろし) | ドラム | 音野祭 -
佐藤帆乃佳
(さとう ほのか) | ヴァイオリン | 2-NI- 、GO LAND -
上田健司
(うえだ けんじ) | ベース | 新世界 -
佐々木貴之
(ささき たかゆき) | ギター | 新世界 -
秋山璃帆
(あきやま りほ) | トランペット | 新世界 -
亀田夏絵
(かめだ なつえ) | ヴァイオリン | 新世界 -
菊地幹代
(きくち みきよ) | ヴィオラ | 新世界 -
結城貴弘
(ゆうき たかひろ) | チェロ | 新世界 -
佐藤和哉
(さとう かずや) | 篠笛 | 新世界 -

過去のサポートメンバー

人名 パート 在籍期間
小島徹也
(こじま てつや) | ドラム | ゆず渋谷公園通り劇場LIVE - 夢の地図
佐野康夫
(さの やすお) | ドラム | 1〜ONE〜 - ゆずのね
小田原豊
(おだわら ゆたか) | ドラム | WONDERFUL WORLD - FURUSATO
SUNNY
(サニー) | キーボード | ゆず渋谷公園通り劇場LIVE - 熱湯Bomb踊り
伊東ミキオ
(いとう ミキオ) | キーボード | トビラ - ユズモラス
川村ケン
(かわむら ケン) | キーボード | すみれ - リボン
伊藤隆博
(いとう たかひろ) | キーボード | 熱湯Bomb踊り - FURUSATO
黒沢秀樹
(くろさわ ひでき) | ギター | トビラ
小井手仁徳
(こいで まさのり) | ギター | 夢の地図
木村建
(きむら けん) | ギター | 1〜ONE〜 - リボン
河口修二
(こうぐち しゅうじ) | ギター | ゆず渋谷公園通り劇場LIVE - 熱湯Bomb踊り
ユズモラス - すみれ
ゆずのね - Wonderful World
佐藤"じーけん"健治
(さとう けんじ) | ギター | WONDERFUL WORLD - GO LAND
浜崎快声
(はまざき かいせい) | ギター | YUZU YOU 〜みんなで、どうむありがとう〜 - GO LAND
百合公平
(ゆり こうへい) | ベース | ゆず渋谷公園通り劇場LIVE - 夢の地図
沖山優司
(おきやま ゆうじ) | ベース | 1〜ONE〜 - リボン
林由恭
(はやし よしやす) | ベース | WONDERFUL WORLD - YUZU YOU〜みんなと、どこまでも〜
種子田健
(たねだ たけし) | ベース | GO LAND
若森さちこ
(わかもり さちこ) | パーカッション | YUZU YOU 〜みんなで、どうむありがとう〜 - GO LAND

略歴

 | 
この節に雑多な内容が羅列されています。事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または整理・除去する必要があります。(2011年6月)

 | 
この節はウィキペディアの品質基準を満たしていないおそれがあります。
そのため、この記事を整理して下さる協力者を求めています。(2018年1月)
このテンプレートは2018年12月9日に廃止されます。別のテンプレートを用いるかまたは除去して下さい。

インディーズ

1997年(平成9年)

メジャー

1998年(平成10年)
1999年(平成11年)
2000年(平成12年)
2001年(平成13年)
2002年(平成14年)
2003年(平成15年)
2004年(平成16年)
2005年(平成17年)
2006年(平成18年)
2007年(平成19年)
2008年(平成20年)
2009年(平成21年)
2011年(平成23年)
2012年(平成24年)
2013年(平成25年)
2014年(平成26年)
2015年(平成27年)
2016年(平成28年)
2017年(平成29年)
2018年(平成30年)

ディスコグラフィ

シングル

単独名義のシングルには、ゆずの2人が必要ないと感じているため基本的にはカラオケver.等のインストver.は収録されていなかったが、44thシングルには初めてカラオケver.が収録された。
リリース タイトル 規格 販売生産番号 最高位 収録アルバム
1st 1998年6月3日 | 夏色 | 8cmCD | SNDC-28901 | 17位 | ゆず一家
2nd 1998年9月18日 | 少年 | 8cmCD | SNDC-28902 | 10位
3rd 1998年11月11日 | からっぽ | 8cmCD | SNDC-28903 | 4位 | ゆずえん
4th 1999年1月20日 | いつか | 12cmCD | SNCC-88973 | 4位
5th 1999年3月17日 | サヨナラバス | 8cmCD | SNDC-28904 | 4位
6th 1999年8月18日 | センチメンタル | 12cmCD | SNCC-88976 | 3位
7th 1999年9月29日 | 友達の唄 | 12cmCD | SNCC-88975 | 2位
8th 1999年11月25日 | 心のままに/くず星 | 12cmCD | SNCC-88978 | 2位 | トビラ (#1)
アルバム未収録 (#2)
9th 2000年5月31日 | 嗚呼、青春の日々 | 12cmCD | SNCC-88979 | 1位 | トビラ
10th 2000年10月18日 | 飛べない鳥 | 12cmCD | SNCC-88983 | 1位
11th 2001年5月23日 | 3カウント | 12cmCD | SNCC-88986 | 2位 | ユズモア
12th 2002年2月13日 | アゲイン2 | 12cmCD | SNCC-88988 | 1位
13th 2002年2月20日 | 恋の歌謡日 | 12cmCD | SNCC-88989 | 3位 | YUZU 20th Anniversary ALL TIME BEST ALBUM ゆずイロハ 1997-2017
14th 2002年10月17日 | またあえる日まで | 12cmCD | SNCC-88991 | 2位 | すみれ
15th 2003年2月5日 |  | 12cmCD | SNCC-88994 限定生産盤 | 4位
16th 2003年2月12日 | 呼吸 | 12cmCD | SNCC-88995 限定生産盤 | 5位
17th 2003年2月19日 | 3番線/水平線 | 12cmCD | SNCC-88996 限定生産盤 | 5位 | すみれ (#1)
アルバム未収録 (#2)
18th 2003年2月26日 | スミレ | 12cmCD | SNCC-88997 限定生産盤 | 4位 | すみれ
19th 2003年10月22日 | 歩行者優先/濃 | 12cmCD | SNCC-86904 | 1位 | 1 〜ONE〜 (#1)
アルバム未収録 (#2)
2004年4月12日 | 威風堂々 | 12cmCD | 7840-P |  | アルバム未収録
20th 2004年6月2日 | 桜木町/シュミのハバ/夢の地図 | 12cmCD | SNCC-86907 | 3位 | 1 〜ONE〜
21st 2004年7月22日 | 栄光の架橋 | 12cmCD | SNCC-86908 | 2位
2005年7月13日 | We are F・Marinos | 12cmCD | 7848-P |  | アルバム未収録
22nd 2005年11月9日 | 超特急/陽はまた昇る | 12cmCD | SNCC-86912 | 2位 | リボン
23rd 2007年3月7日 | 春風 | 12cmCD | SNCC-89902 | 3位 | WONDERFUL WORLD
2007年5月23日 | Original Soundtrack Single
映画「しゃべれども しゃべれども」
 | 12cmCD | SNCC-89903(初回限定生産盤) | 4位
24th 2008年2月6日 | ストーリー | 12cmCD | SNCC-89904 | 2位
25th 2008年6月25日 | Yesterday and Tomorrow | 12cmCD | SNCC-89905 | 4位 | FURUSATO
26th 2008年11月5日 | シシカバブー | CD+DVD | SNCC-89906(初回盤) | 2位
12cmCD | SNCC-89907(通常盤)
27th 2009年4月22日 | 逢いたい | 12cmCD | SNCC-89908 | 3位
28th 2009年7月29日 | いちご | 12cmCD | SNCC-89911 限定生産盤 | 2位
29th 2009年9月2日 |  | 12cmCD | SNCC-89912 | 2位
30th 2010年2月3日 | 桜会/マイライフ | 12cmCD | SNCC-89913 | 2位 |  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/11/10 21:08

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ゆず_(音楽グループ)」の意味を投稿しよう
「ゆず_(音楽グループ)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ゆず_(音楽グループ)スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ゆず_(音楽グループ)」のスレッドを作成する
ゆず_(音楽グループ)の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail