このキーワード
友達に教える
URLをコピー

アイフル_(競走馬)とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年6月)
【アイフル】


画像をアップロード

【品種】
サラブレッド
【性別】

毛色
鹿毛
【生誕】
1971年4月16日
【死没】
1999年4月4日(29歳没・旧表記)
【父】
セダン
【母】
グリンロッチ
母の父
リンボー
【生国】
日本(北海道静内町)
【生産】
佐藤三郎
馬主
藤本義昭
調教師
仲住芳雄(東京)
【競走成績】

【生涯成績】
43戦12勝
【獲得賞金】
2億7174万8800円
【勝ち鞍】
天皇賞 (秋)(1976年)
金杯 (東)(1976年)
アルゼンチン共和国杯(1976年・1977年)
中山記念(1977年)

アイフルとは日本競走馬である。1976年天皇賞(秋)の優勝馬で、同年の最優秀5歳以上牡馬。1970年代における大器晩成型の代表格である。主戦騎手嶋田功。なお、キタノカチドキ(皐月賞菊花賞)・コーネルランサー(東京優駿)・フジノパーシア(天皇賞(秋)宝塚記念)と同期である。馬名は「が降る」といった意味である。

戦績

1973年11月18日のデビュー戦をブービー人気ながらも同着優勝したアイフルは、次走の200万下条件戦2着でこの年のシーズンを終えた。

1974年、200万下条件戦の椿賞を勝ち4戦2勝で弥生賞に挑戦したものの、後方のまま最下位に敗れたために皐月賞には出られず、脚部不安でトライアル競走にすら出られなかったフジノパーシアと共に、クラシック三冠とは無縁の競走生活を送った。フジノパーシアは1975年に早々と条件戦を抜け出したが、アイフルは500万下条件戦の駒草賞以後15戦走るもなかなか勝てず、1975年末に900万下条件戦を勝ってオープンクラスに昇格したころには、既に同期のクラシック優勝馬(キタノカチドキとコーネルランサー)は故障が原因で2頭とも引退していた。

1976年日刊スポーツ賞金杯を条件戦を脱出した勢いで快勝し、重賞優勝馬となった。その後、アルゼンチン共和国杯と平場オープンを勝ったアイフルは天皇賞(秋)に挑戦する。ホワイトフォンテンを出し抜き大逃げ戦法に打って出た武邦彦鞍上のロングホークを最後の直線で交わすと、追いすがるハーバーヤングを1馬身4分の3振り切り天皇賞制覇を成し遂げた。

天皇賞優勝馬となったアイフルは、年度代表馬の座を賭けて同年暮れの有馬記念に挑戦するが、後にTTGと呼ばれる3頭の内の2頭、トウショウボーイテンポイントが立ちはだかり3着敗退。結局、年度代表馬には皐月賞と有馬記念を制したトウショウボーイが選出された。その後も、ラストランとなった第18回宝塚記念までに勝てたのはTTG不在の中山記念と連覇したアルゼンチン共和国杯だけだった。

12勝の実績に加え、追い込み脚質でありながら2着13回、3着10回という堅実な戦績を残した点も、特筆されるべきであろう。

引退後

引退後、アイフルは種牡馬になるが、脚質・成長共にスピード優先の時代に「セダン産駒の晩成長距離馬」アイフルの種牡馬としての成功は無理な問題であった。種牡馬生活スタートの地が九州だったのも成功の足枷になった。早期にクラシック優勝馬を輩出したトウショウボーイやマルゼンスキーと違い、最後まで産駒に恵まれなかったアイフルは九州の馬産地から見捨てられ、10年間の放浪生活を余儀なくされる。その後、ファンの活動により日本軽種馬協会那須種馬場に引き取られるが、この活動がなかったら最悪殺処分になってもおかしくない状態だった。その後は軽種馬協会那須種馬場で大切にされたが、1999年4月4日、放牧中に転倒したまま立ち上がれず、やむなく安楽死処分となった。

競走成績

血統表

アイフル血統プリンスローズ系/アウトブリード | (血統表の出典)

* セダン
Sedan
1955 鹿毛 | 
父の父
Prince Bio
1941 鹿毛 | Prince Rose | Rose Prince
Indolence
Biologie | Bacteriophage
Eponge
父の母
Staffa
1948 鹿毛 | Orsenigo | Oleander
Ostana
Signa | Ortello
Superga

グリンロッチ
1965 黒鹿毛 | 
母の父
* リンボー
Limbo
1949 鹿毛 | War Admiral | Man O' War
Brushup
Boojie | Boojum
Foxiana
母の母
ミスズクイン
1960 黒鹿毛 | * ヒンドスタン
Hindostan | Bois Roussel
Sonibai
カツエー | ハクリユウ
昭英 F-No.11-c


脚注

  1. ^ 横尾一彦「サラブレッドヒーロー列伝 (61) 追い込み人生 アイフル」『優駿』、日本中央競馬会、1991年5月、 63頁。
  2. ^ 鞍上は菅原泰夫日刊スポーツ賞金杯を制した際にも手綱を取っていた。なお嶋田功は自身の所属厩舎(稲葉幸夫厩舎)の管理馬で同年の牝馬二冠(桜花賞優駿牝馬)を制したテイタニヤに騎乗した。【競馬】1976年有馬記念 トウショウボーイ

外部リンク

優駿賞最優秀5歳以上牡馬
(旧)最優秀5歳以上牡馬 | 
1950年代 | 

1960年代 | 

1970年代 | 

1980年代 | 

1990年代 | 

2000年代 | 


最優秀4歳以上牡馬 | 
2000年代 | 

2010年代 | 




天皇賞(秋)勝ち馬
 | 

国際競走指定前:
001回(1937年) ハツピーマイト
003回(1938年) ヒサトモ
005回(1939年) テツモン
007回(1940年) ロツキーモアー
009回(1941年) エステイツ
011回(1942年) ニパトア
013回(1943年) クリヒカリ
016回(1947年) トヨウメ
018回(1948年) カツフジ
020回(1949年) ニユーフオード
022回(1950年) ヤシマドオター
024回(1951年) ハタカゼ
026回(1952年) トラツクオー
028回(1953年) クインナルビー
030回(1954年) オパールオーキツト
032回(1955年) ダイナナホウシユウ
034回(1956年) ミツドフアーム
036回(1957年) ハクチカラ
038回(1958年) セルローズ
040回(1959年) ガーネツト
042回(1960年) オーテモン
044回(1961年) タカマガハラ
046回(1962年) クリヒデ
048回(1963年) リユウフオーレル
050回(1964年) ヤマトキヨウダイ
052回(1965年) シンザン
054回(1966年) コレヒデ

 | 

056回(1967年) カブトシロー
058回(1968年) ニットエイト
060回(1969年) メジロタイヨウ
062回(1970年) メジロアサマ
064回(1971年) トウメイ
066回(1972年) ヤマニンウエーブ
068回(1973年) タニノチカラ
070回(1974年) カミノテシオ
072回(1975年) フジノパーシア
074回(1976年) アイフル
076回(1977年) ホクトボーイ
078回(1978年) テンメイ
080回(1979年) スリージャイアンツ
082回(1980年) プリテイキャスト
084回(1981年) ホウヨウボーイ
086回(1982年) メジロティターン
088回(1983年) キョウエイプロミス
090回(1984年) ミスターシービー
092回(1985年) ギャロップダイナ
094回(1986年) サクラユタカオー
096回(1987年) ニッポーテイオー
098回(1988年) タマモクロス
第100回(1989年) スーパークリーク
第102回(1990年) ヤエノムテキ
第104回(1991年) プレクラスニー
第106回(1992年) レッツゴーターキン
第108回(1993年) ヤマニンゼファー
第110回(1994年) ネーハイシーザー

 | 

第112回(1995年) サクラチトセオー
第114回(1996年) バブルガムフェロー
第116回(1997年) エアグルーヴ
第118回(1998年) オフサイドトラップ
第120回(1999年) スペシャルウィーク
第122回(2000年) テイエムオペラオー
第124回(2001年) アグネスデジタル
第126回(2002年) シンボリクリスエス
第128回(2003年) シンボリクリスエス
第130回(2004年) ゼンノロブロイ

国際競走指定後:
第132回(2005年) ヘヴンリーロマンス
第134回(2006年) ダイワメジャー
第136回(2007年) メイショウサムソン
第138回(2008年) ウオッカ
第140回(2009年) カンパニー
第142回(2010年) ブエナビスタ
第144回(2011年) トーセンジョーダン
第146回(2012年) エイシンフラッシュ
第148回(2013年) ジャスタウェイ
第150回(2014年) スピルバーグ
第152回(2015年) ラブリーデイ
第154回(2016年) モーリス
第156回(2017年) キタサンブラック
第158回(2018年) レイデオロ
第160回(2019年) アーモンドアイ




・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/04/02 14:04

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「アイフル_(競走馬)」の意味を投稿しよう
「アイフル_(競走馬)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

アイフル_(競走馬)スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「アイフル_(競走馬)」のスレッドを作成する
アイフル_(競走馬)の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail