このキーワード
友達に教える
URLをコピー

アズマハンターとは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年6月)
 | 
この記事は「旧馬齢表記」が採用されており、国際的な表記法や2001年以降の日本国内の表記とは異なっています。詳しくはこちらを参照してください。

【アズマハンター】

【品種】
サラブレッド
【性別】

毛色
鹿毛
【生誕】
1979年2月11日
【死没】
生死不明
【父】
ダストコマンダー
【母】
ハンティングボックス
母の父
Quadrangle
【生国】
日本(千葉県成田市)
【生産】
東牧場
馬主
(株)東牧場
調教師
仲住芳雄(美浦)
【競走成績】

【生涯成績】
14戦4勝
【獲得賞金】
1億2986万6200円
勝ち鞍
八大競走 | 皐月賞 | 1982年


アズマハンターとは日本競走馬である。おもな勝鞍に1982年皐月賞がある。

目次

  • 1 経歴
  • 2 年度別競走成績
  • 3 代表産駒
  • 4 血統表
  • 5 外部リンク
  • 6 脚注

経歴

1982年のクラシック競走は有力馬が次々に故障するという史上稀に見る大混迷の中、トライアル三冠競走の全てに出走した。東西の3歳(現在でいう2歳)王者、ホクトフラッグリードエーティは前哨戦に出走することなく故障し、弥生賞を勝ったサルノキングスプリングステークスで故障した。本馬はこのスプリングステークスで3着に入り、クラシック第一弾の皐月賞では三番人気に支持された。スプリングステークスを勝った良血の逃げ馬ハギノカムイオーが一番人気に推されたが、同じ逃げ馬のゲイルスポートに競り潰される形で惨敗。この皐月賞を本馬が制した。

皐月賞で本馬に騎乗した中島啓之は、次走のダービートライアルNHK杯以後は自厩舎のトウショウペガサスに騎乗するため、小島太に乗り替わりとなった。NHK杯2着を挟んで出走した東京優駿(日本ダービー)では、単枠指定とされ、圧倒的1番人気に支持されたが、発走トラブルもあって、スタートで大きく出遅れ、日本ダービーレコードより速いタイムで走破するもバンブーアトラスの3着と敗れている。

秋はセントライト記念からの始動で、騎手は中島に戻ったが、地方からの転厩緒戦のホスピタリテイに完敗の2着、続く京都新聞杯からは武邦彦に乗り替わるが8着と惨敗し、ラストランとなった菊花賞では故障もあり13着に惨敗、引退となった。

アメリカに輸出されたダストコマンダーの後継種牡馬として期待されたが、活躍馬を出す事が出来ず1992年に種牡馬を引退するが、皮肉にもその直後にユーセイフェアリー(皐月賞馬・ナリタタイシンの半姉)が阪神牝馬特別を制している。

種牡馬引退後は静岡県掛川市にあるつま恋乗馬倶楽部で乗馬として供用されていたが、2001年以降、そこを出されたようでその後の行方は不明である。

年度別競走成績

1981年(3戦1勝)

1982年(11戦3勝)

代表産駒

血統表

アズマハンター血統(ボールドルーラー系/Blenheim5×5=6.25%) | (血統表の出典)

*ダストコマンダー
Dust Commander
1967 栗毛 | 
父の父
Bold Commander
1960 鹿毛 | Bold Ruler | Nasrullah
Miss Disco
High Voltage | Ambiorix
Dynamo
父の母
Dust Storm
1956 栗毛 | Windy City | Wyndham
Staunton
Challure | Challedon
Captivation

*ハンティングボックス
Hunting Box
1970 鹿毛 | 
母の父
Quadrangle
1961 鹿毛 | Cohoes | Mahmoud
Belle of Troy
Tap Day | Bull Lea
Scurry
母の母
Abermaid
1946 芦毛 | Abernant | Owen Tudor
Rustom Mahal
Dairymaid | Denturius
Laitron F-No.12-g


※従兄(母の半姉の子)に1985年共同通信杯4歳ステークスで3着に入り同年クラシックの有力候補と目されるもスプリングステークス(レース映像)で故障し予後不良となったことで知られるサザンフィーバーなどを送りだした種牡馬ベストブラッドがいる。

外部リンク

脚注

  1. ^ スタートが切られる前に三番人気に支持されていたロングヒエンがゲートを開けてしまい、ロングヒエンを大外枠に回した上で、枠入りからやり直すこととなった。
皐月賞勝ち馬
1930年代 | 

第1回 ロツクパーク


1940年代 | 

第2回 ウアルドマイン / 第3回 セントライト / 第4回 アルバイト / 第5回 ダイエレク / 第6回 クリヤマト / 第7回 トキツカゼ / 第8回 ヒデヒカリ / 第9回 トサミドリ


1950年代 | 

第10回 クモノハナ / 第11回 トキノミノル / 第12回 クリノハナ / 第13回 ボストニアン / 第14回 ダイナナホウシユウ / 第15回 ケゴン / 第16回 ヘキラク / 第17回 カズヨシ / 第18回 タイセイホープ / 第19回 ウイルデイール


1960年代 | 

第20回 コダマ / 第21回 シンツバメ / 第22回 ヤマノオー / 第23回 メイズイ / 第24回 シンザン / 第25回 チトセオー / 第26回 ニホンピローエース / 第27回 リュウズキ / 第28回 マーチス / 第29回 ワイルドモア


1970年代 | 

第30回 タニノムーティエ / 第31回 ヒカルイマイ / 第32回 ランドプリンス / 第33回 ハイセイコー / 第34回 キタノカチドキ / 第35回 カブラヤオー / 第36回 トウショウボーイ / 第37回 ハードバージ / 第38回 ファンタスト / 第39回 ビンゴガルー


1980年代 | 

第40回 ハワイアンイメージ / 第41回 カツトップエース / 第42回 アズマハンター / 第43回 ミスターシービー / 第44回 シンボリルドルフ / 第45回 ミホシンザン / 第46回 ダイナコスモス / 第47回 サクラスターオー / 第48回 ヤエノムテキ / 第49回 ドクタースパート


1990年代 | 

第50回 ハクタイセイ / 第51回 トウカイテイオー / 第52回 ミホノブルボン / 第53回 ナリタタイシン / 第54回 ナリタブライアン / 第55回 ジェニュイン / 第56回 イシノサンデー / 第57回 サニーブライアン / 第58回 セイウンスカイ / 第59回 テイエムオペラオー


2000年代 | 

第60回 エアシャカール / 第61回 アグネスタキオン / 第62回 ノーリーズン / 第63回 ネオユニヴァース / 第64回 ダイワメジャー / 第65回 ディープインパクト / 第66回 メイショウサムソン / 第67回 ヴィクトリー / 第68回 キャプテントゥーレ / 第69回 アンライバルド


2010年代 | 

第70回 ヴィクトワールピサ / 第71回 オルフェーヴル / 第72回 ゴールドシップ / 第73回 ロゴタイプ / 第74回 イスラボニータ / 第75回 ドゥラメンテ / 第76回 ディーマジェスティ / 第77回 アルアイン / 第78回 エポカドーロ / 第79回 サートゥルナーリア



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/02/21 20:17

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「アズマハンター」の意味を投稿しよう
「アズマハンター」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

アズマハンタースレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「アズマハンター」のスレッドを作成する
アズマハンターの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail