このキーワード
友達に教える
URLをコピー

アダルトアニメとは?

 | 
この項目には性的な表現や記述が含まれます。免責事項もお読みください。

アダルトアニメは、成人を対象とした性的な表現を含むアニメーションのことをさす。18歳未満視聴禁止の作品については「エロアニメ」、「18禁アニメ」という呼称も用いられる。

目次

  • 1 歴史
    • 1.1 創成期
    • 1.2 量産期
    • 1.3 ブレイク期
    • 1.4 成熟期
    • 1.5 近年の動向
  • 2 その他
    • 2.1 アダルトゲーム原作
    • 2.2 日本国外向けの作品
    • 2.3 出演声優の扱い
  • 3 審査
  • 4 国外サイト
  • 5 主な作品
    • 5.1 1930年代
    • 5.2 1960年代
    • 5.3 1970年代
    • 5.4 1980年代
    • 5.5 1990年代
    • 5.6 2000年代
    • 5.7 2010年代
  • 6 メーカー・ブランド
  • 7 脚注
  • 8 参考資料
  • 9 関連項目

歴史

創成期

日本初といわれる、「成人を対象としたポルノアニメ」は、浮世絵の技法が用いられた白黒作品『すヾみ舟』とされている。製作当時の1932年(昭和7年)の社会情勢では当然ながら正規の配給網では公開できず、非合法なものとして検挙された。作者については木村白山という人物による個人制作と伝えられ、題名についても『隅田川』『川開き』『花火』『夕涼み』『マンガ』などの別名がある。

1968年アメリカ合衆国大統領リンドン・ジョンソンは「ワイセツとポルノに関する諮問委員会」を設置し、ポルノ解禁問題をはかった。

1969年から1973年にかけては、手塚治虫虫プロダクション日本ヘラルド映画から依頼され、大人向けのエロティックな描写をふんだんに用いた『千夜一夜物語』『クレオパトラ』『哀しみのベラドンナ』の3本から構成される「アニメラマ3部作」と称したアニメ映画を製作した。このうち、『千夜一夜物語』は大ヒットとなる。

「アニメラマ3部作」のヒットに便乗し、1969年には映画『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』の併映でレオ・プロダクションの『㊙劇画 浮世絵千一夜』が、1971年には日本ヘラルド映画の企画で東京テレビ動画の『ヤスジのポルノラマ やっちまえ!!』(原作・谷岡ヤスジ)が上映された。

㊙劇画 浮世絵千一夜』は東映系の全国53館の劇場で上映されたが、映画倫理委員会の審査を通過していたにもかかわらず、警視庁からは猥褻な場面を削除するようにとの警告を受けた。『ヤスジのポルノラマ やっちまえ!!』は映倫からのクレームで11カ所がカット、タイトルバックの修正、結婚という人生の墓場で主人公が割腹自殺を遂げるラストシーンは前年の三島事件を連想させるとのことで全面的に撮り直された。その後、同作は日本ヘラルド映画系で公開されたが、こちらは全く客が入らなかったことから2週続映が1週で打ち切られるなど、この2本の便乗作の内容に対する評価は芳しくなかった。

量産期

1980年代半ば以降になると、アダルトビデオの延長線上として、アダルトアニメはビデオテープにより量産されるようになる。OVAによる初のアダルトアニメは、1984年2月にワンダーキッズが制作した中島史雄原作の『雪の紅化粧/少女薔薇刑』であるが、これは当時すでに時代遅れだった劇画調の絵柄で、大ヒットとはならなかった。なお、同作品の制作は1979年に完了済みであり、発売時期を模索した結果、1984年となった。

その後、同じくワンダーキッズによる『仔猫ちゃんのいる店』(原作・中島史雄)が発売された。こちらはデフォルメの効いた絵柄で、アニメファン層にも受け入れられた。 この当時から新興のビデオメーカーが独自レーベルを掲げて作品を制作・販売するスタイルが次第に確立され始めるが、タイトルごとのヒットというレベルには至らなかった。

ブレイク期

1984年8月にはフェアリーダストから『くりいむレモン』シリーズが発売されて大ブームとなり、歴史的にはこれが先駆けといわれる。特に、Vol.1『媚・妹・Baby』のヒロイン・亜美は、レコード発売やラジオ番組の放送などのメディアミックス展開を広げ、一種のカリスマの様相を呈した。

『媚・妹・Baby』は発表当初、ビデ倫の審査を通過後に「修正を加えたもの」と「修正前のもの」が製品として混在するに至った。また、Vol.3『SF・超次元伝説ラル』は、人間ではなく架空の生物の触手が相手であることから無修正のままビデ倫審査を通過し、その当時の審査が有効なビデオとLDについては無修正での発売が続けられた。また、人気となった『くりいむレモン』シリーズの作品群は、富士見文庫(富士見美少女文庫)によってノベライズ化が手掛けられることになる。これが後のジュブナイルポルノの嚆矢となったとされる。

成熟期

その後、『超神伝説うろつき童子』などの前田俊夫原作の劇画調作品、及びそれを模した作品などの淫獣物や妖獣物がブームとなる。これは男性器(陰茎)を模した、想像上の「獣の触手」が、女性キャラクターと絡むというもので、規制を回避した作品だが、男性キャラクターを邪魔に思う視聴者との需給が一致し、レンタル、セルを併せて毎回約1万本が売れる高セールスを記録する。しかし近年では、規制が強くなり、女性器が描かれていない場面でも、陰茎を連想させる触手そのものにさえも規制がかかるケースが出ており、その存在意義がなくなってきている。

また、成人向け漫画を原作とした作品の売れ行きが良かったことから、TDKコアクール・ディバイシスシリーズを中心にそれらの作品が増加した。さらにはその流れから、アダルトゲームを原作とした作品も登場し、人気を博した。その中でもピンクパイナップルレーベルは人気アダルトゲームを多数アニメ化し、とくに『同級生』シリーズや『遺作』シリーズなどのエルフ作品や『Piaキャロットへようこそ!!』などのF&C作品、『闘神都市II』などのアリスソフト作品といった人気アダルトゲームのアニメ化により、当時のアダルトゲームブームも相まって、それまでのアンダーグラウンドなイメージだったアダルトアニメを一転させた。それとともに専門誌も誕生し、それまでは同ジャンルを扱う紙媒体は辰巳出版の『美少女アニメ大全集』など単発の成人書籍、ムックしかなかった中、コアマガジンの『G-type』が創刊、後発誌も各出版社から刊行された。

近年の動向

バイオレンス描写の金澤勝眞の作品や桶澤尚によるスカトロ描写の『夜勤病棟』シリーズ、過度な飲精描写のむらかみてるあきなど、過激化とフェティッシュな描写の作品が主流となっている。これはそれまで日本ビデオ倫理協会(ビデ倫)の審査が中心だったアダルトアニメにおいて、コンピュータソフトウェア倫理機構(略称・ソフ倫)やコンテンツ・ソフト協同組合(旧・メディア倫理協会、メディ倫)などの、比較的審査の緩い審査団体を選べるようになったことにも一因する。このため「Pixy」や「わるきゅ〜れ」といったインディーズレーベルを中心に作品数の増加も見られており、ヒットしたアダルトゲームについてはアダルトアニメ化を巡る競合が激しくなっている。

その一方で、ライトノベルコミックや、いわゆるメディアミックスに関連する各業界の体質的な変化などが背景にあるが、アダルトゲームが原作の作品でも、性描写を排除して一般向けへのメディアミックス企画が展開されるようになり、UHFアニメの他にコンシューマゲーム機などへの展開も積極的に行われている。これらのことから、収益の期待値がより高い一般向けなコンテンツへの展開を目論んで、アダルトゲームのメーカーがアダルトアニメ化そのものを拒否するなど、人気アダルトゲーム原作のアダルトアニメ化が困難な状況も見られるようになってきている。

その他

アダルトゲーム原作

1980年代以降は成人向け漫画を原作とした作品とオリジナル作品が中心となっていたが、1990年代後半以降はアダルトゲームを原作としたものが増え、漫画・ジュブナイルポルノ原作のものは減少した。そのきっかけとなったのは、ピンクパイナップルの『同級生 夏の終わりに』(原作:エルフ)である。同シリーズは累計10万本を超えるヒットとなった。

2006年にはひまじんの『そらのいろ、みずのいろ』(原作:Ciel)の上巻『ダメ……聞こえちゃう♥』が、原作よりセックスシーンに特化させた内容と人気アニメーターの起用が功を奏し、累計1万本超を記録した。その後、下巻『わたしも……してあげる♥』との累計は4万本超を記録している。

日本国外向けの作品

最近では、『A KITE』や『MEZZO FORTE』などのような北米をはじめとする日本国外での販売を前提とした作品が増加しており、二か国語処理を施した作品も存在する。一般的なアダルトビデオと大きく異なる点がこれであり、日本での販売作品がそのまま日本国外の市場でも正規流通品として販売されている。また、性器や性交の描写に対する規制が緩い国では、作品によっては緻密に描き込んだ性器にモザイクをかけないまま販売されている。

しかし、恥部(性器)の描画はアダルトアニメ特有のもので細かく手間がかかるうえ、「規制のある国」「規制のない国」とで別々に作品管理をしなければならず、メーカー側にコストアップなどの負担が掛かることになる。

出演声優の扱い

亜美の人気と当時の声優ブームをきっかけに声にも注目が集まったが、内容が内容なだけにアダルトアニメの声優の実名(本名)は表記せず、本名はおろか芸名すら表記しないものがほとんどだった。しかし、1985年発売の『ペロペロキャンデー』は初めて声優のキャストを表記している。また、1986年には宇宙企画(フレンズレーベル)の『リヨン伝説フレア』もキャストの公開に踏み切り、同レーベルはすべて声優は芸名で表記されている。しかし、これらはごく少数派であり、現在でも多くのアダルトゲーム・アニメにおいて声優のキャストは全く公開しないか、あるいは「成人向け」作品のみで用いる「裏名義」の芸名となっている。

審査

日本ビデオ倫理協会(ビデ倫)による、アダルトビデオと同様の審査を受審し、同協会の基準に従って表現を自主規制している作品が多いが、メーカーによってはコンテンツ・ソフト協同組合(旧・メディア倫理協会、メディ倫)による審査を受審している作品や、自主規制組織による審査を受けていない作品も存在する。なお、2010年現在、(性描写がなく)暴力などの反社会的なシーンの描写によって成人指定とされた作品は存在しない。

2006年4月より経済産業省の指導でCESAコンピュータソフトウェア倫理機構日本アミューズメントマシン工業協会映倫管理委員会日本ビデオ倫理協会映像コンテンツ倫理連絡会議(仮称)において、アニメ・実写映画・コンピュータゲームなどに対する審査基準・表示の一本化を協議することが決定しているが、それに伴い、(性描写がなくても)暴力などの反社会的なシーンを含むアニメも成人指定の可能性がある。

国外サイト

日本国内では性描写全般の規制が厳しく、描写したい画像や動画が動画共有サイトなど日本国外に設置されたサーバP2Pなどで違法アップロードされることもある。

権利者でない第三者(エンドユーザー)がアップロードした場合、著作権法違反に問われる。また、正当な権利者により、無料で視聴が可能にしても、サーバやP2Pにアップロードするとわいせつ物頒布等の罪などに抵触する(仮に作品の著作権を放棄し、無断転載を容認してもわいせつ物頒布等の罪に問われるのは避けられない)。

一方、日本国外から配信する場合、日本の法律が適用できないため、グレーゾーンとなっているのが現状であるため、これを逆手に取り、アダルトビデオと同様に無修正の海外流通版を製作者と権利関係をクリアしたうえで日本国外サーバから配信し、日本語のページも用意された有料動画配信サイトも存在するが、国や作品によっては児童ポルノやその他反社会的な描写(性犯罪や暴力の肯定など)とみなされ、違法となる場合がある。

主な作品

日本のアダルトアニメ一覧」も参照

1930年代

1960年代

1970年代

1980年代

※カッコ( )内は当時発売されたソフトの品番。
※オールプロダクツ(AP社)「リトルマーメイドシリーズ」は廃盤後に株式会社AE企画から「シンフォニー 夢・物語」と改題後、"PUNKY FUNKY BABY"を除いた三作品を再編集した上で75分1本の作品としてVHSが先行再リリースされ、LD(No.HOS-1003)も発売された。なお、それらのVHSとLDは1990年代後半に廃盤後、AE企画とは無関係の別会社からビデオCDが発売され、さらに2006年に株式会社ダイソー「AVアニメシリーズ」のVOL.19、20、21の三作品として「淫魔列伝」「キャンパスメイト」「スター誕生」と改題され再発売(制作・受審は(株)ニューシネマジャパン)された。
※同名、同タイトルの「非アダルト版」は30分でVHS&LDで先行リリースされた。

1990年代

2000年代

2010年代

メーカー・ブランド

 | 
この節は語句の内部リンク、見出しのマークアップなどスタイルマニュアルに沿った修正が必要です。ウィキペディアの体裁への修正にご協力ください(ヘルプ)。(2015年11月)

脚注

  1. ^ 我妻洋 『社会心理学入門(上)』講談社1987:103-104 ISBN 4061588060
  2. ^ 上崎よーいち「開封!18禁アニメの世界」『ビデオボーイ』英知出版、1998年4月号、104頁。
  3. ^ 上崎よーいち「開封!18禁アニメの世界」『ビデオボーイ』英知出版、1998年4月号、105-106頁。
  4. ^ その後に規格制定された、ビデオCDDVDでは審査基準が変わっており、修正が行われている。
  5. ^ 上崎よーいち「ビデオトレンド95-96 エロスアニメ」『ビデオ・インサイダー・ジャパンGAGA、1996年3月号、107頁。
  6. ^ 上崎よーいち「開封!18禁アニメの世界」『ビデオボーイ』英知出版、1998年4月号、108-109頁。
  7. ^ 上崎洋一「DVDアニメオブジェクション」『DVDザ・ワールド』コアマガジン、2001年8月、41頁。
  8. ^ 近年のライトノベルやコミックの市場では、低予算アニメ化には適さない難解な作品にヒット作が偏っている。一方、近年のアニメ業界は制作会社が過当競争に近い乱立状態になっているため、特にアニメ化権を巡る競合の激化も著しく、低予算アニメに適したコンテンツの不足は慢性的なものになっている。
  9. ^ 上崎洋一「G-type編集長・上崎洋一のPinkPineappleを斬る!」『ピンクパイナップルアニメカタログ2004』ソフトガレージ、2003年12月30日、96頁。
  10. ^ 『そらのいろ、みずのいろ Blu-ray版~誰にも言えない……ヒミツの夏♥~』 - エイ・ワン・シーストア。
  11. ^ コンピュータゲームのレーティングでは、2006年3月以降 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/12/03 23:04

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「アダルトアニメ」の意味を投稿しよう
「アダルトアニメ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

アダルトアニメスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「アダルトアニメ」のスレッドを作成する
アダルトアニメの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail