このキーワード
友達に教える
URLをコピー

アポストロフィーとは?

'

アポストロフィー(日: 省略符,: apostrophe) は、アポストロフィアポストロフ(: Apostroph: apostrophe)とも呼び、欧文の約物の一つで、単語中(冒頭、途中、最後)で使われる記号である。コンマと同形であるが、コンマがベースライン上に打たれるのに対し、アポストロフィーは文字の上端に打たれる。また、英語シングルクォーテーションの特に閉じ形と同形とするフォントもある。類似の記号としてプライムアキュート・アクセントなどがあるが、それぞれ別のものである。

省略の表示

英語

英語では、音の省略に伴い文字を省略したことを表す。しばしば複数の単語が一語に綴られるのに伴う。所有を表す接語-'s は、古英語の所有格語尾 -es に由来し、アポストロフィーは省略を表した。現代英語では、所有の接語と複数語尾が同じ音になったため、正書法ではそれぞれ -'s, -s と書き分ける。複数形の所有は、-s' で表される。

また、コピュラ (be) および助動詞 (have, will) の接語形にもアポストロフィーを用いる。

否定の not の接尾辞形には n't を用いる。

その他、音が省略された場合に、表記を発音に一致させるためアポストロフィーが使われる。

また、省略表記を表すためにアポストロフィーを用いる。この場合、発音は省略する前のままである。なお一般に語末の省略には終止符を用いる。

ドイツ語

ドイツ語でも音の省略に伴い文字を省略したことを表す。

フランス語

フランス語では、エリジオン母音が脱落したときに用いる。

また、省略に由来する語にも用いる。

エスペラント

エスペラントでも音の省略に伴い文字を省略したことを示す。名詞語尾 -o を省略する場合や、母音で終わる前置詞の後ろにある定冠詞の母音 a を省略する場合に使われる。

その他

発音の表示

区切りの表示

fotos, taxis のように綴ると綴りと発音の関係から語末の母音が閉母音となり、単数形と発音が異なってしまうためである。

類似の記号

プライム

詳細は「プライム」を参照

日本ではダッシュと呼ぶことが多い。

ハーチェク

詳細は「ハーチェク」を参照

オキナ

詳細は「ʻ」を参照

シングルクォート

詳細は「引用符」を参照

符号位置

プログラムコードやテキストエディタなどではU+0027が使われるが、ユニコードコンソーシアムはU+2019を推奨しており、英文ワードプロセッサなどではU+2019が使われることが多い。

【記号】
Unicode
JIS X 0213
文字参照
名称
' | U+0027 | 1-2-15 | '
' | アポストロフィ
APOSTROPHE
' | U+FF07 | 1-2-15 包摂 | 
 | 全角アポストロフィ
FULLWIDTH APOSTROPHE
ʼ | U+02BC | - | ʼ
ʼ | MODIFIER LETTER APOSTROPHE
’ | U+2019 | 1-1-39 | 
 | 右シングル引用符、右シングルクォーテーションマーク
RIGHT SINGLE QUOTATION MARK
  1. ^ C0 Controls and Basic Latin (PDF)” (英語). ユニコードコンソーシアム. 2014年8月30日閲覧。 “2019 ’ is preferred for apostrophe”
  2. ^ General Punctuation (PDF)” (英語). ユニコードコンソーシアム. 2014年8月30日閲覧。 “this is the preferred character to use for apostrophe”
約物
空白類 | 

記述記号 | 

ハイフン類 | 

音声記号 | 

括弧類 | 

準仮名・漢字 | 
2010Happy Mail