このキーワード
友達に教える
URLをコピー

アラム文字とは?

この記事には参考文献や外部リンクの一覧が含まれていますが、脚注によって参照されておらず、情報源が不明瞭です。脚注を導入して、記事の信頼性向上にご協力ください。(2019年4月)
 | この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(追加面)が含まれています。
アラム文字

アショーカ王の碑文。ギリシア文字とアラム文字による2言語併記。紀元前3世紀カンダハール

【類型:】
アブジャド
【言語:】
アラム語ヘブライ語シリア語マンダ語
【時期:】
紀元前600年頃から紀元後600年
【親の文字体系:】
原カナン文字

【子の文字体系:】
ヘブライ文字
シリア文字
ナバテア文字
パルミラ文字
マンダ文字
パフラヴィー文字
ソグド文字
Unicode範囲: U+10840-U+1085F
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。
音素文字の歴史

青銅器時代中期 前19–15世紀


メロエ 前3世紀
カナダ先住民 1840年
注音 1913年

アラム文字(アラムもじ)は、かつての中東国際語(リンガ・フランカ)であった古代アラム語(Old Aramaic、Official Aramaic、Middle Aramaic、Late Aramaicなどのアラム語に属すen:Neo-Aramaic languagesの祖語)の文字。中東系文字の大部分は、この文字から派生した。フェニキア文字と密接な関係がある。

概要

アラム文字は、ユーフラテス川上流からシリア地域にかけて定住し、地域の交易を担ってきたアラム人によって、近隣地域で用いられていたフェニキア文字を転用する形で生み出された。新アッシリア新バビロニアアケメネス朝ペルシャなどの帝国が地域の覇権を握った時代に、領内にアラム人・アラム語と共に広がり、かつてのメソポタミアバビロニア地方にて使われていた楔形文字から代替されると急速に普及した。また、古代ユダヤ人が使用していた古ヘブライ文字は、アラム文字に代替されたが、アラム文字からは現ヘブライ文字が生み出されている。

アラム文字は時代・地域によって非常に多くの字形があり、アラム文字から派生した他の言語の文字も非常に多い。ペルシア帝国時代に行政言語としてエジプトからアフガニスタン中央アジアインドまで広範囲に渡って普及し、紀元前後にはアラム語の諸方言のみならずパルティア語やソグド語などの中期イラン語の表記にもメソポタミア地方で使用されていたアラム文字が用いられた。

一覧

フェニキア文字 名称 字形 ヘブライ文字 シリア文字 ナバテア文字 アラビア文字 音価
 | Ālaph |  | א |  |  | أ | /ʔ/; /aː/, /eː/
 | Bēth |  | ב |  |  | ب | /b/, /v/
 | Gāmal |  | ג |  |  | ج | /ɡ/, /ɣ/
 | Dālath |  | ד |  |  | د,ذ | /d/, /ð/
 | Hē |  | ה |  |  | ﻫ | /h/
 | Waw |  | ו |  |  | و | /w/; /oː/, /uː/
 | Zain |  | ז |  |  | ز | /z/
 | Ḥēth |  | ח |  |  | خ,ح | /ħ/
 | Ṭēth |  | ט |  |  | ط | /tˤ/
 | Yudh |  | י |  |  | ي | /j/; /iː/, /eː/
 | Kāph |  | כ ך |  |  | ك | /k/, /x/
 | Lāmadh |  | ל |  |  | ل | /l/
 | Mim |  | מ ם |  |  | م | /m/
 | Nun |  | נ ן |  |  | ن | /n/
 | Semkath |  | ס |  |  | س | /s/
 | ‘Ē |  | ע |  |  | غ,ع | /ʕ/
 | Pē |  | פ ף |  |  | ف | /p/, /f/
 | Ṣādhē | ,  | צ ץ |  |  | ص | /sˤ/
 | Qoph |  | ק |  |  | ق | /q/
 | Rēsh |  | ר |  |  | ر | /r/
 | Shin |  | ש |  |  | ش | /ʃ/
 | Tau |  | ת |  |  | ت,ث | /t/, /θ/

アラム文字から派生した文字

アラム語はアケメネス朝の公用語であり、アケメネス朝の継承者を自称したパルティアでもアラム語を採用した。このため、非常に多くの言語でアラム文字そのものか、アラム文字に由来する文字体系が使われるようになった。

セム系の言語の表記に使われたものではヘブライ文字パルミラ文字ナバテア文字マンダ文字シリア文字アラビア文字がある。

イラン語派の言語の表記にもアラム文字やシリア文字、およびアラム文字系統のパフラヴィー文字アヴェスター文字ソグド文字が使われた。ソグド文字からはまたウイグル文字モンゴル文字満州文字が派生した。

突厥文字もアラム文字系統である可能性が高い。

インドカローシュティー文字はアラム文字の系統であるが、アブギダに変化している。ブラーフミー文字についてもアラム文字由来説がある。

Unicode

Unicode では、以下の領域に次の文字が収録されている。

【U+】
【0】
【1】
【2】
【3】
【4】
【5】
【6】
【7】
【8】
【9】
【A】
【B】
【C】
【D】
【E】
F
10840
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/08/12 22:56

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「アラム文字」の意味を投稿しよう
「アラム文字」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

アラム文字スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「アラム文字」のスレッドを作成する
アラム文字の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail