このキーワード
友達に教える
URLをコピー

アレックス・コーラとは?

【基本情報】

【国籍】
アメリカ合衆国
【出身地】
プエルトリコ自治連邦区カグアス
【生年月日】
(1975-10-18) 1975年10月18日(44歳)
【身長
体重】
6' 0" =約182.9 cm
200 lb =約90.7 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投左打
【ポジション】
内野手
【プロ入り】
1996年 MLBドラフト3巡目(全体88位)でロサンゼルス・ドジャースから指名
【初出場】
1998年6月7日
【最終出場】
2011年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


監督・コーチ歴

【国際大会】

【代表チーム】
プエルトリコ
WBC
2006年2009年
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


ホセ・アレクサンダー・コーラ(José Alexander Cora, 1975年10月18日 - )は、プエルトリコカグアス出身の元プロ野球選手(内野手)。右投左打。

兄のジョーイは元メジャーリーガーであり、2017年シーズンよりピッツバーグ・パイレーツで三塁コーチを務める。

経歴

プロ入り前

1993年MLBドラフト12巡目(全体345位)でミネソタ・ツインズから指名を受けたが、契約せずにマイアミ大学へ進学した。1996年にチームは全米大学野球の頂点を決める、カレッジワールドシリーズ進出した。1996年のカレッジワールドシリーズの決勝戦で対戦相手のルイジアナ州立大学ワーレン・モリスにサヨナラ本塁打を打たれ敗れた時、グラウンドで泣き崩れる姿が全米で映し出された。

プロ入りとドジャース時代

ロサンゼルス・ドジャース時代
(2004年5月16日)

1996年MLBドラフト3巡目(全体88位)でロサンゼルス・ドジャースから指名を受け、今度は契約した。メジャーデビューは1998年6月7日のシアトル・マリナーズ戦。結果は1打数ノーヒット。

その後、2000年から2004年までの5年間は二塁手遊撃手のレギュラーとして100試合以上に出場。

2004年に、マット・クレメント(当時シカゴ・カブス)と対戦した際に、ファウルで14球粘った後に本塁打を放つという珍記録を残している。

2004年に記録した18死球はナショナルリーグで4位だった。また、この年のオフに日米野球MLB選抜で来日している。

インディアンス時代

ボストン・レッドソックス時代
(2008年9月24日)

2005年クリーブランド・インディアンスに移籍。しかし、インディアンスでも思わしい成績を残すことが出来なかった。

レッドソックス時代

2005年7月にトレードでレッドソックスへ移籍。その後はレギュラー確保とはいかなくとも、5人目の内野手として二塁手や遊撃手を無難にこなしている。

2006年開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)プエルトリコ代表に選出された。シーズンでは三塁手も11試合守った。オフにレッドソックスと2年契約を結んでいる。

メッツ時代

ニューヨーク・メッツ時代
(2009年6月18日)

2009年1月22日にニューヨーク・メッツと1年200万ドルで合意。シーズン開幕前の3月に開催された第2回WBCプエルトリコ代表に選出され、2大会連続2度目の選出を果たした。オフにはメッツと再契約を結び、2011年のシーズンの契約はオプションで選択できることとなった。

2010年8月7日に自由契約となった。

レンジャーズ時代

2010年8月17日にテキサス・レンジャーズとマイナー契約を結び、8月24日にメジャー契約を結ぶも、9月7日には自由契約となった。この間レンジャーズでは4試合しか出場していないにもかかわらず、アメリカンリーグのチャンピオンリングを手にした。

ナショナルズ時代

2011年1月17日にワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結び、同年のスプリングトレーニングに招待選手として参加した。3月30日にメジャー契約を結んで昇格したが、91試合の出場で打率.224であった。10月30日にFAとなった。

2011年オフにプエルトリコでウィンターリーグでプレーしたのち、一度引退を表明した。しかし、引退を撤回すると2012年2月5日にセントルイス・カージナルスとマイナー契約を結び、招待選手としてスプリングトレーニングに参加した。24打数5安打、打率.208、1打点と結果を残せず、3月25日に自由契約となった。その後、スプリングトレーニング期間中にデトロイト・タイガースとマイナー契約を結んだが、最終的にオープン戦の打率は.111となり、シーズン開幕前に自由契約となった。その後、改めて現役引退を表明した。

引退後

現役引退後は、2013年2月よりESPN及びESPN Deportesで野球解説者を務める。

2016年11月15日に2017年シーズンよりヒューストン・アストロズのベンチコーチへの就任が発表された。

2017年10月22日、2018年シーズンよりボストン・レッドソックスの監督に就任することが発表された。

2018年は監督業1年目にしてワールドシリーズ優勝へ導いた。

2017〜18年におけるアストロズのサイン盗み問題で、当時コーチとして主導的な役割を果たしたことがMLBの調査で明らかになると、処分が発表される前の2020年1月14日に解任された。

プレースタイル

守備面での評価が非常に高く、内野の多くのポジションを守るユーティリティープレイヤーとして活躍した。ポジションは主に二塁手遊撃手で、他に三塁手一塁手としてのプレー経験もある。

また、戦略眼を備え、現役時代から将来の監督候補として名前が挙げられることがあった。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1998 | LAD | 29 | 38 | 38 | 1 | 4 | 0 | 1 | 0 | 6 | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | 2 | 0 | 1 | 8 | 0 | .121 | .194 | .182 | .376
1999 | 11 | 31 | 30 | 2 | 5 | 1 | 0 | 0 | 6 | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 4 | 1 | .167 | .194 | .200 | .394
2000 | 109 | 394 | 353 | 39 | 84 | 18 | 6 | 4 | 126 | 32 | 4 | 1 | 6 | 2 | 26 | 4 | 7 | 53 | 6 | .238 | .302 | .357 | .659
2001 | 134 | 449 | 405 | 38 | 88 | 18 | 3 | 4 | 124 | 29 | 0 | 2 | 3 | 2 | 31 | 6 | 8 | 58 | 16 | .217 | .285 | .306 | .591
2002 | 115 | 293 | 258 | 37 | 75 | 14 | 4 | 5 | 112 | 28 | 7 | 2 | 2 | 0 | 26 | 4 | 7 | 38 | 3 | .291 | .371 | .434 | .805
2003 | 148 | 514 | 477 | 39 | 119 | 24 | 3 | 4 | 161 | 34 | 4 | 2 | 9 | 2 | 16 | 3 | 10 | 59 | 5 | .249 | .287 | .338 | .625
2004 | 138 | 484 | 405 | 47 | 107 | 9 | 4 | 10 | 154 | 47 | 3 | 4 | 12 | 2 | 47 | 10 | 18 | 41 | 9 | .264 | .364 | .380 | .744
2005 | CLE | 49 | 157 | 146 | 11 | 30 | 5 | 2 | 1 | 42 | 8 | 6 | 0 | 1 | 1 | 5 | 0 | 4 | 18 | 3 | .205 | .250 | .288 | .538
BOS | 47 | 116 | 104 | 14 | 28 | 3 | 2 | 2 | 41 | 16 | 1 | 2 | 3 | 2 | 6 | 0 | 1 | 12 | 3 | .269 | .310 | .394 | .704
'05計 96 | 273 | 250 | 25 | 58 | 8 | 4 | 3 | 83 | 24 | 7 | 2 | 4 | 3 | 11 | 0 | 5 | 30 | 6 | .232 | .275 | .332 | .607
2006 | 96 | 264 | 235 | 31 | 56 | 7 | 2 | 1 | 70 | 18 | 6 | 2 | 4 | 0 | 19 | 1 | 6 | 29 | 4 | .238 | .312 | .298 | .610
2007 | 83 | 232 | 207 | 30 | 51 | 10 | 5 | 3 | 80 | 18 | 1 | 1 | 7 | 2 | 7 | 2 | 9 | 23 | 5 | .246 | .298 | .386 | .684
2008 | 75 | 179 | 152 | 14 | 41 | 8 | 2 | 0 | 53 | 9 | 1 | 1 | 1 | 1 | 16 | 1 | 9 | 13 | 3 | .270 | .371 | .349 | .720
2009 | NYM | 82 | 308 | 271 | 31 | 68 | 11 | 1 | 1 | 84 | 18 | 8 | 3 | 8 | 1 | 25 | 1 | 3 | 28 | 2 | .251 | .320 | .310 | .630
2010 | 62 | 187 | 169 | 14 | 35 | 6 | 3 | 0 | 47 | 20 | 4 | 1 | 2 | 2 | 10 | 1 | 4 | 16 | 4 | .207 | .265 | .278 | .543
TEX | 4 | 7 | 7 | 0 | 2 | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | .286 | .286 | .286 | .571
'10計 66 | 194 | 176 | 14 | 37 | 6 | 3 | 0 | 49 | 20 | 4 | 1 | 2 | 2 | 10 | 1 | 4 | 16 | 4 | .210 | .266 | .278 | .544
2011 | WSH | 91 | 172 | 156 | 12 | 35 | 6 | 1 | 0 | 43 | 6 | 2 | 0 | 1 | 1 | 12 | 0 | 2 | 23 | 4 | .224 | .287 | .276 | .562
MLB:14年 1273 | 3825 | 3408 | 360 | 828 | 140 | 39 | 35 | 1151 | 286 | 47 | 21 | 61 | 18 | 248 | 33 | 90 | 423 | 68 | .243 | .310 | .338 | .648

背番号

脚注

  1. ^ MLB公式プロフィール参照。2016年11月17日閲覧。
  2. ^ Former Nats: Alex Cora announces retirement
  3. ^ Jesse Sanchez (2012年2月6日). “Cora joins Cards on Minor League deal”. MLB.com. 2016年11月17日閲覧。
  4. ^ Alex Cora Results > Timeline Learn about memorable moments in the evolution of Alex Cora”. SPOKEO. 2017年10月17日閲覧。
  5. ^ Kristen Hudak (2013年2月19日), “Alex Cora Joins ESPN as MLB Analyst in Multiplatform Role” (英語) (プレスリリース), ESPN MediaZone, http://espnmediazone.com/us/press-releases/2013/02/alex-cora-joins-espn-as-mlb-analyst-in-multiplatform-role/
  6. ^ McTaggart, Brian (2016年11月15日). “Astros hire Cora as bench coach”. MLB.com. http://m.astros.mlb.com/news/article/208911120/astros-hire-alex-cora-as-bench-coach/ 2016年11月21日閲覧。
  7. ^ Alex Cora Hired as Red Sox’ Manager
  8. ^ “Red Sox part ways with manager Alex Cora” (英語) (HTML) (プレスリリース), Boston Red Sox, (2020年1月14日), https://www.mlb.com/redsox/news/alex-cora-dismissed-as-red-sox-manager 2020年1月16日閲覧。
  9. ^ “Rソックスがコーラ監督解任 サイン盗み主導的役割” (日本語). ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2020年1月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202001150000155.html 2020年1月16日閲覧。
  10. ^ レッドソックス、コーラ監督を解任「先導は不可能」 アストロズとの2球団でサイン盗みを首謀か”. BaseBall Channel. 2020年1月15日閲覧。
  11. ^ 注目10球団 今オフの戦略を読み解け!『月刊スラッガー』2009年1月号 日本スポーツ企画出版社 24~34頁

関連項目

外部リンク

ボストン・レッドソックス歴代監督


ワールドシリーズ ロースター
ボストン・レッドソックス 2007年のワールドシリーズ ロースター
 | 

選手
07 J.D.ドリュー
10 ココ・クリスプ
12 エリック・ヒンスキー
13 アレックス・コーラ
15 ダスティン・ペドロイア
17 マニー・デルカーメン
18 松坂大輔
19 ジョシュ・ベケット
20 ケビン・ユーキリス
23 フリオ・ルーゴ
24 マニー・ラミレス
25 マイク・ローウェル(シリーズMVP)

 | 

28 ダグ・ミラベリ
31 ジョン・レスター
32 ボビー・キールティ
33 ジェイソン・バリテック
34 デビッド・オルティーズ
37 岡島秀樹
38 カート・シリング
39 カイル・スナイダー
46 ジャコビー・エルズベリー
48 ハビアー・ロペス
50 マイク・ティムリン
58 ジョナサン・パペルボン
83 エリック・ガニエ

 | 

監督
47 テリー・フランコーナ

コーチ
02 ブラッド・ミルズ(ベンチ)
16 ルイス・アリセア(一塁)
29 デーブ・マガダン(打撃)
35 ディマーロ・ヘイル(三塁)
52 ジョン・ファレル(投手)
57 ゲイリー・タック(ブルペン)




ヒューストン・アストロズ 2017年のワールドシリーズ ロースター
 | 

選手
01 カルロス・コレア
02 アレックス・ブレグマン
03 キャメロン・メイビン
04 ジョージ・スプリンガー(シリーズMVP)
09 マーウィン・ゴンザレス
10 ユリ・グリエル
11 エバン・ガティス
15 カルロス・ベルトラン
16 ブライアン・マッキャン
21 デレク・フィッシャー
22 ジョシュ・レディック
27 ホセ・アルトゥーベ

 | 

30 フアン・センテノ
31 コリン・マクヒュー
35 ジャスティン・バーランダー
36 ウィル・ハリス
41 ブラッド・ピーコック
43 ランス・マッカラーズ・ジュニア
44 ルーク・グレガーソン
46 フランシスコ・リリアーノ
47 クリス・デベンスキー
50 チャーリー・モートン
53 ケン・ジャイルズ
59 ジョー・マスグローブ
60 ダラス・カイケル

 | 

監督
14 A.J.ヒンチ

コーチ
08 ゲイリー・ペティス(三塁)
26 アレックス・コーラ(ベンチ)
39 デーブ・ハジェンス(打撃)
48 リッチ・ダウアー(一塁)
52 クレイグ・ビョルンソン(ブルペン)
55 アロンゾ・パウエル(打撃補佐)
56 ブレント・ストローム(投手)




ボストン・レッドソックス 2018年のワールドシリーズ ロースター
 | 

選手
02 ザンダー・ボガーツ
03 サンディ・レオン
05 イアン・キンズラー
07 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2020/05/28 05:36

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「アレックス・コーラ」の意味を投稿しよう
「アレックス・コーラ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

アレックス・コーラスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「アレックス・コーラ」のスレッドを作成する
アレックス・コーラの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail