このキーワード
友達に教える
URLをコピー

アンゴラ内戦とは?

この記事は英語版Wikipediaの対応するページを翻訳することにより充実させることができます。(2019年9月)
翻訳前に重要な指示を読むには右にある[表示]をクリックしてください。
  • 英語版記事の機械翻訳されたバージョンを表示します(各言語から日本語へ)。
  • Googleの機械翻訳を翻訳の手がかりにすることは有益ですが、翻訳者は機械翻訳をそのままコピー・アンド・ペーストを行うのではなく、必要に応じて誤りを訂正し正確な翻訳にする必要があります。
  • 信頼性が低いまたは低品質な文章を翻訳しないでください。もし可能ならば、文章を他言語版記事に示された文献で正しいかどうかを確認してください。
  • 履歴継承を行うため、要約欄に翻訳元となった記事のページ名・版について記述する必要があります。記述方法については、Wikipedia:翻訳のガイドライン#要約欄への記入を参照ください。
  • 翻訳後、{{翻訳告知|en|Angolan Civil War}}ノートに追加することもできます。
  • Wikipedia:翻訳のガイドラインに、より詳細な翻訳の手順・指針についての説明があります。
アンゴラ内戦

アンゴラ。北はコンゴ民主共和国(旧ザイール)、南はナミビア(旧南ア占領地)
戦争:アンゴラ内戦
年月日:1975年-2002年
場所:アンゴラ
結果:MPLAの勝利
交戦勢力
MPLA
キューバ
SWAPO

支援国
ソビエト連邦
東ドイツ
EO社

 |  UNITA
FNLA
FLEC
南アフリカ共和国

支援国
アメリカ合衆国
ザイール
中華人民共和国


指導者・指揮官
アゴスティーニョ・ネト
ジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントス
アルナルド・オチョア
レオポルド・シントラ・フリアス |  ジョナス・サヴィンビ
ホールデン・ロベルト
ピーター・ウィレム・ボータ
デオン・フェレイラ

アンゴラ内戦(アンゴラないせん)は、アフリカアンゴラ1975年から2002年まで続いた内戦ソビエト連邦キューバSWAPOの支援を受けたMPLAと、アメリカ南アフリカザイール中華人民共和国の支援を受けたUNITA、FNLAによる内戦で、典型的な米ソ代理戦争である。

発端

ポルトガルの植民地戦争」、「アンゴラ独立戦争」、および「en:South African Border War」も参照

アンゴラでは、1961年より、独立を目指す武力闘争が活発化した。1975年1月、アンゴラ解放人民運動 (MPLA)、アンゴラ民族解放戦線 (FNLA)、アンゴラ全面独立民族同盟 (UNITA、ウニタ) の3つの独立運動組織が、独立と総選挙についての協定に調印し、3月に宗主国ポルトガルとの間で休戦協定を調印した。当初、MPLAはソ連とキューバの、FNLAはザイールの支援を受けていた。MPLAが最大勢力で首都ルアンダを掌握しており、MPLA主体で政権が樹立されると思われた。

しかし、MPLAを支援するソ連など東側陣営に対抗し、アメリカがFNLAを支援し、内戦が本格化した。さらにアメリカは、反アパルトヘイトを唱えるMPLAに危機感を抱いていた南アフリカを通じてUNITAの支援も始めた。アメリカの動きに対抗し、キューバは400人の軍事顧問団をMPLAに派遣した。また、ソ連と対立していた中国は、UNITAの指導者ジョナス・サヴィンビやFNLAの指導者ホールデン・ロベルトと繋がりを持ち、モブツ・セセ・セコ大統領のザイールとともにUNITAとFNLAの支援を開始した。

独立を前に、FNLAは首都進攻を試みるが、キューバ軍事顧問団が指揮するMPLAに大敗。さらに10月には南アフリカが、当時支配下だった南西アフリカ(現在のナミビア)からアンゴラに侵攻。それに対抗し、キューバ軍が首都ルアンダに上陸し、ソ連も大量の兵器や物資を供給した。南アフリカの侵攻が続く中の1975年11月11日、MPLAが「アンゴラ人民共和国」、UNITAとFNLAが「アンゴラ人民民主共和国」の独立を宣言した。MPLA政権はただちに、アンゴラ人民民主共和国を消滅に追い込んだ。アンゴラ人民民主共和国を支援する南アフリカの侵攻も、激戦の末、阻止された。

経過

アンゴラ内戦の勢力
【名称】
【略称】
【拠点】
【指導者】
主な支援国
アンゴラ解放人民運動 | MPLA | 首都 | アゴスティニョ・ネト | ソビエト連邦キューバSWAPO
アンゴラ民族解放戦線 | FNLA | 北部 | ホールデン・ロベルト | アメリカ合衆国ザイール中華人民共和国
アンゴラ全面独立民族同盟 | UNITA | 南部 | ジョナス・サヴィンビ | アメリカ合衆国南アフリカ共和国中華人民共和国

UNITAはアメリカ、特に南アフリカの直接の支援を受けてゲリラ活動を続け、FNLAを支援していたザイールと中華人民共和国も南アフリカとの秘密裏の武器取引でUNITAを援助していた。UNITAを支援する南アフリカ軍とMPLAを支援するキューバ軍が交戦した1987年から1988年までのクイト・クアナヴァレの戦い第二次世界大戦以来のアフリカ大陸での大規模な戦闘の1つとされた。一方、FNLAは1984年に降伏した。冷戦の緩和に伴う停戦合意を受けて南アフリカ軍は1988年にアンゴラから撤退し、キューバ軍も第一次国際連合アンゴラ検証団(UNAVEM I)の監視の下、国外へ撤退した。

冷戦終結後の1991年、MPLAとUNITAは包括和平協定に調印。翌1992年憲法が制定され、第二次国際連合アンゴラ検証団(UNAVEM II)監視下の大統領選挙と議会選挙で、MPLAが勝利し新政府が樹立された。しかしUNITAは選挙に不正があったと主張し、内戦が再開した。

冷戦終結に加え、1991年のソ連崩壊と1994年の南アフリカ黒人政権樹立などにより、政府・反政府勢力共に後援国の多くは支援を停止したためMPLAは北部の油田、UNITAは南部のダイヤモンド鉱山を資金源とする、資源戦争に変化した。

このころには南アフリカの民間軍事会社エグゼクティブ・アウトカムズ(Executive Outcomes)がアンゴラ政府の依頼で政府軍の訓練支援とUNITA掃討作戦に参加し始めた。

1993年には戦闘が激化。1994年、新政府とUNITAは再度和平に合意したが、UNITAの武装解除は進まず、戦闘はなおも続いた。

1997年、最後まで残ったUNITA支援国のザイールも第一次コンゴ戦争の敗退によりモブツ大統領が辞任・亡命し、後継のローラン・カビラ大統領はUNITA支援を停止。さらに1998年国連でUNITAのダイヤモンドの取引が禁止され(完全な取引停止には数年を要した)、UNITAは資金源も失った。2002年、UNITAのサヴィンビが暗殺され、27年近くに及んだ内戦はようやく終結した。

内戦による死者は360万人に及んだ。国土には数多くの地雷が残されたままで、10年以上経った今もなお多数の死者・負傷者を出している。

国連活動

脚注

  1. ^ Africa South of the Sahara 2004. Europa Publications Limited. 2003. p. 40. ISBN 9781857431834. Retrieved 2018-06-03.
  2. ^ Angola - INDEPENDENCE AND THE RISE OF THE MPLA GOVERNMENT”. countrystudies.us. 2019年5月17日閲覧。
  3. ^ The other side of China’s role in South Africa”. Asia Dialogue (2018年4月26日). 2019年12月8日閲覧。
  4. ^ Mills, Greg; Williams, David (2006). Seven Battles that Shaped South Africa. Cape Town: Tafelberg. ISBN 978-0-624-04298-3.

外部リンク

ポスト冷戦時代アフリカの紛争
北アフリカ
【エジプト】

【スーダン】

【リビア】

【その他】


西アフリカ
【ナイジェリア】
  • ナイジェリアの地域紛争 (1998-現在)(en)
    • ナイジェリアにおける牧畜農家紛争(en)
  • ナイジェリアにおける宗教的暴力(en)
  • ボコ・ハラムの反乱 (2009-現在)(en)
  • ニジェール・デルタ紛争 (2003-現在)(en)
    • 2016年の紛争(en)

【マリ】

【その他】


中央アフリカ
【DRコンゴ】

【その他】
  • アンゴラ紛争
  • カメルーン紛争
    • アンバゾニア問題(en)
    • アンバゾニア危機(en)
  • コンゴ共和国の紛争
    • コンゴ共和国内戦 (1993-94)(en)
    • コンゴ共和国内戦 (1997-99)(en)
    • プール戦争(en)
  • アンゴラ内戦 (1975-2002)
  • チャド内戦 (2005-2010)(en)
  • 中央アフリカ共和国内戦
    • ブッシュ戦争 (2004-07)(en)
    • 内戦 (2012-現在)(en)
  • 神の抵抗軍の反乱 (1987-現在)(en)
  • ボコ・ハラムの反乱 (2009-現在)(en)


東アフリカ
【エチオピア】

【ソマリア】

【ケニア】
  • ケニアの民族紛争(en)
  • ソマリア・ケニア紛争(en)
  • リコニ事件(en)
  • ケニア危機 (2007-08)
  • タナ川地区の衝突 (2012-13)(en)
  • バラゴイの衝突(en)

【南スーダン】

【ウガンダ】
  • 神の抵抗軍の反乱 (1987-現在)(en)
  • ADFの反乱(en)
  • カセセの衝突(en)

【その他】


南アフリカ
  • ボプタツワナ危機 (1994) (en)
  • カプリビ紛争 (1994–99)(en)
  • レソトの対立
    • レソトにおけるSADCの介入 (1998-99)(en)
    • 2014年レソト政治危機(en)
  • モザンビーク紛争

【関連トピック】



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/06/05 22:04

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「アンゴラ内戦」の意味を投稿しよう
「アンゴラ内戦」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

アンゴラ内戦スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「アンゴラ内戦」のスレッドを作成する
アンゴラ内戦の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail