このキーワード
友達に教える
URLをコピー

アンドリュー・アルバースとは?

【基本情報】

【国籍】
カナダ
【出身地】
サスカチュワン州ノースバトルフォード
【生年月日】
(1985-10-06) 1985年10月6日(34歳)
【身長
体重】
6' 1" =約185.4 cm
195 lb =約88.5 kg
【選手情報】

【投球・打席】
左投右打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
2008年 MLBドラフト10巡目
【初出場】
MLB / 2013年8月6日
KBO / 2014年4月2日
NPB / 2018年4月4日
【最終出場】
KBO / 2014年10月17日
【年俸】
2億円(2019年)
※2019年から2年契約
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

【国際大会】

【代表チーム】
カナダ
WBC
2013年2017年
プレミア12
2015年
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


獲得メダル
男子 野球
カナダ
パンアメリカン競技大会
 | 2011 | 野球
 | 2015 | 野球
IBAFワールドカップ
 | 2011 | 野球

アンドリュー・ウィリアム・アルバース(Andrew William Albers, 1985年10月6日 - )は、カナダ連邦サスカチュワン州ノースバトルフォード出身のプロ野球選手(投手)。左投右打。NPBオリックス・バファローズ所属。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 プロ入りとパドレス傘下時代
    • 1.3 キャピタルズ時代
    • 1.4 ツインズ時代
    • 1.5 ハンファ時代
    • 1.6 ブルージェイズ時代
    • 1.7 バーンストーマーズ時代
    • 1.8 ツインズ復帰
    • 1.9 ブレーブス傘下時代
    • 1.10 マリナーズ時代
    • 1.11 オリックス時代
  • 2 投球スタイル
  • 3 人物
  • 4 詳細情報
    • 4.1 年度別投手成績
    • 4.2 表彰
    • 4.3 記録
    • 4.4 背番号
    • 4.5 代表歴
  • 5 脚注
  • 6 関連項目
  • 7 外部リンク

経歴

プロ入り前

2004年MLBドラフト12巡目(全体346位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名されたが契約せず、ケンタッキー大学へ進学した。ケンタッキー大学では同じカナダ出身のジェームズ・パクストンとチームメイトだった。

プロ入りとパドレス傘下時代

2008年MLBドラフト10巡目(全体315位)でサンディエゴ・パドレスから指名され、プロ入り。

2009年トミー・ジョン手術で全休する。その後、自由契約となった。

キャピタルズ時代

2010年は、独立リーグのケベック・キャピタルズでプレーした。

ツインズ時代

2011年ミネソタ・ツインズとマイナー契約を結んだ。9月16日第39回IBAFワールドカップグアダラハラパンアメリカン競技大会野球カナダ代表に選出された。

2012年9月11日第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)予選のカナダ代表に選出された。

2013年1月17日に第3回WBC本戦のカナダ代表に選出された。

シーズンでは8月3日にメジャー初昇格を果たす。6日に先発投手としてカンザスシティ・ロイヤルズ戦でメジャーデビュー。8回1/3を被安打4、四球1、奪三振2で勝ち投手となった。2試合目となる12日のクリーブランド・インディアンス戦では、被安打2、無四球、奪三振2の内容で自身初完投・初完封勝利を記録した。

2014年1月30日FAとなった。

ハンファ時代

2014年1月29日に、KBOハンファ・イーグルスと契約を結んだ。オフの11月25日にハンファを退団。

ブルージェイズ時代

2014年12月19日トロント・ブルージェイズとマイナー契約を結んだ。

2015年は開幕を傘下のAAA級バッファロー・バイソンズで迎えた。5月1日にメジャー昇格。同日のインディアンス戦で2年ぶりにメジャーで登板した。6月10日に40人枠から外れバッファローに異動した。6月17日トロントパンアメリカン競技大会男子野球カナダ代表に選出された。チームは2大会連続2度目の優勝を果たし、金メダルを獲得した。

オフの10月20日第1回WBSCプレミア12カナダ代表に選出された。11月6日に自由契約となった。オフはベネズエラウィンターリーグでプレー。

バーンストーマーズ時代

2016年3月3日に独立リーグ・アトランティックリーグランカスター・バーンストーマーズと契約。

ツインズ復帰

2016年4月29日に古巣ツインズとマイナー契約を結び、傘下のAAA級ロチェスター・レッドウイングスへ配属された。8月11日にメジャー契約を結んで25人枠入りした。ツインズではリリーフで4試合、先発で2試合に登板。防御率5.82・WHIP1.94という成績を記録した。マイナー(AAA級ロチェスター)では21試合に先発登板し、防御率3.69・10勝6敗と好投を見せた。10月17日に40人枠から外れ、翌18日にFAとなった。

ブレーブス傘下時代

2016年12月26日アトランタ・ブレーブスとマイナー契約を結んだ。2017年1月14日に傘下AAA級グウィネット・ブレーブスへ配属された。開幕前の2月8日第4回WBCカナダ代表に選出された。

マリナーズ時代

2017年8月12日にパクストンなどの左投げ先発投手が不足していたチーム事情からシアトル・マリナーズへ移籍し、傘下のAAA級タコマ・レイニアーズへ配属されたが、8月15日ボルチモア・オリオールズ戦で先発登板する予定のため登板はしなかった。予定通り15日にメジャー契約を結び、アクティブ・ロースター入りし、オリオールズ戦で先発登板し、5回1失点の内容で2013年以来4年ぶりの勝利投手となった。9月25日のアスレチックス戦ではキャリア初セーブを記録した。12月18日自由契約となった。

オリックス時代

2017年12月21日に、NPBオリックス・バファローズがアルバースの獲得を発表した。獲得当初の契約期間は1年で、背番号は27

2018年には、一軍公式戦の開幕から先発ローテーションに定着。初めて登板した4月4日の対千葉ロッテマリーンズ戦(京セラドーム大阪)で初勝利を記録してから、6月末までにチームトップの9勝を挙げた。さらに、オールスターゲームにも、パシフィック・リーグの監督推薦選手として出場。7月14日リブワーク藤崎台球場で催された第2戦に3回裏から2番手投手として初登板を果たすと、2イニングを無失点で凌いで白星を挙げるとともに、この試合の敢闘選手に選ばれた。このように安定した成績を残していることから、レギュラーシーズン後半の8月10日には、翌2019年からの2年契約でチームに残留することが球団から発表された。その直後に腰痛を発症したため、8月18日に出場選手登録を抹消されてからは、実戦への復帰を果たせないままシーズンを終了。来日1年目での一軍公式戦2桁勝利も逸したが、シーズン通算では、19試合の登板で9勝2敗、防御率3.08という好成績を残した。

2019年には、一軍公式戦の開幕から5月中旬まで先発ローテーションに入っていたが、1勝2敗と振るわず5月13日に出場選手登録を抹消。さらに、前年に発症した腰痛が抹消後に悪化したため、6月にはアメリカの病院で腰の検査を受けた。その結果、腰椎の椎間板ヘルニアと診断されたが、手術を回避したうえで患部のリハビリに専念。8月16日の対千葉ロッテマリーンズ戦(京セラドーム)でおよそ3ヶ月振りに一軍へ復帰すると、7回無失点の好投でシーズン2勝目を挙げた。結局、一軍公式戦13試合に登板しただけで、2年契約の1年目を終了。2勝6敗、防御率5.83と前年の成績を大きく下回った。

投球スタイル

投球フォームはオーバースローで、フォーシームの最高球速は2016年に計測された91.6mph (約147.3km/h)。チェンジアップカーブのストライク率が約30%程度と低く、投球全体でも50%程度となっている。しかし、前出の変化球2種はボール球を振らせる傾向にあり、制球難というわけではない。現に、通算与四球率は1.86と非常に良い。2017年はそれまであまり投げていなかったフォーシームを多投する投球スタイルにシフトした。

投球データがサイトによって異なるため、以下に掲載。(数字は2017年シーズンのもの)

球種 Brooksbaseball.net The Baseball Cube
【割合
(%)】
【平均球速
mph (km/h)】
【水平変化
in (cm)】
【垂直変化
in (cm)】
【割合
(%)】
平均球速
mph (km/h)
フォーシーム | 36.6 | 88.4 (142.2) | 6.8 (17.3) | 10.2 (25.9) | 23.5 | 88.4 (142.2)
シンカー | 28.5 | 87.6 (140.9) | 9.8 (24.9) | 8.2 (20.8) | 41.2 | 87.6 (140.9)
スライダー | 18.6 | 78.4 (126.1) | -0.2 (-0.5) | 0.2 (0.5) | 19.4 | 78.4 (126.1)
チェンジアップ | 8.4 | 79.3 (127.6) | 7.8 (19.8) | 4.0 (10.1) | 7.8 | 79.1 (127.2)
スローカーブ | 7.8 | 69.3 (111.5) | -4.2 (-10.7) | -4.8 (-12.2) | 8.1 | 69.3 (111.5)

人物

プロ野球選手として生活できなくなる事態に備えて、ケンタッキー大学への在学中に教員免許を取得。ツインズに在籍していた2011年頃から、オリックスの春季キャンプへ参加する直前まで、プロ野球のオフシーズンには、自ら卒業した中学校の臨時教員としてフランス語数学を指導していた。「生まれ育った故郷(サスカチュワン州)への恩返し」とのことで、教師を続けるうちに教師の仕事が好きになったため、プロ野球選手としての収入が安定してからも8年生(日本の中学2年生に該当)のクラスを受け持っていた。こうした逸話が日本でも報じられたことに加えて、来日1年目の2018年前半戦にオリックスの先発陣を牽引する活躍を見せたため、ファンから「アルバース先生」の愛称で呼ばれるようになった。もっとも、腰痛の発症によって後半戦を棒に振ったため、2018年度のオフシーズンには教壇へ立たず、腰のリハビリやトレーニングを優先した。

詳細情報

年度別投手成績




【球

団】























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

2013 | MIN | 10 | 10 | 1 | 1 | 1 | 2 | 5 | 0 | 0 | .286 | 249 | 60.0 | 64 | 6 | 7 | 0 | 2 | 25 | 0 | 1 | 34 | 27 | 4.05 | 1.18
2014 | ハンファ | 28 | 28 | 1 | 1 | 0 | 6 | 13 | 0 | 0 | .316 | 673 | 151.1 | 200 | 18 | 40 | 0 | 4 | 107 | 9 | 0 | 108 | 99 | 5.89 | 1.59
2015 | TOR | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | 11 | 2.2 | 1 | 1 | 2 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 1 | 1 | 3.38 | 1.13
2016 | MIN | 6 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | 85 | 17.0 | 27 | 5 | 6 | 0 | 0 | 16 | 1 | 0 | 16 | 11 | 5.82 | 1.94
2017 | SEA | 9 | 6 | 0 | 0 | 0 | 5 | 1 | 1 | 0 | .833 | 178 | 41.0 | 43 | 6 | 10 | 0 | 2 | 37 | 1 | 0 | 22 | 16 | 3.51 | 1.29
2018 | オリックス | 19 | 19 | 0 | 0 | 0 | 9 | 2 | 0 | 0 | .818 | 455 | 114.0 | 105 | 10 | 21 | 0 | 2 | 83 | 0 | 1 | 40 | 39 | 3.08 | 1.11
2019 | 13 | 13 | 0 | 0 | 0 | 2 | 6 | 0 | 0 | .250 | 278 | 63.1 | 84 | 12 | 10 | 0 | 2 | 45 | 1 | 0 | 44 | 41 | 5.83 | 1.48
MLB:4年 26 | 18 | 1 | 1 | 1 | 7 | 6 | 1 | 0 | .538 | 523 | 120.2 | 135 | 18 | 25 | 0 | 4 | 79 | 2 | 1 | 73 | 55 | 4.10 | 1.33
KBO:1年 28 | 28 | 1 | 1 | 0 | 6 | 13 | 0 | 0 | .316 | 673 | 151.1 | 200 | 18 | 40 | 0 | 4 | 107 | 9 | 0 | 108 | 99 | 5.89 | 1.59
NPB:2年 32 | 32 | 0 | 0 | 0 | 11 | 8 | 0 | 0 | .579 | 733 | 177.1 | 189 | 22 | 31 | 0 | 4 | 128 | 1 | 1 | 84 | 80 | 4.06 | 1.24

表彰

NPB

記録

MLB
KBO
NPB
NPBその他の記録

背番号

代表歴

脚注

  1. ^ アルバースと20年まで契約延長=プロ野球・オリックス”. 時事ドットコム. 2018年12月12日閲覧。
  2. ^ Greg Johns (2017年8月14日). “Fellow Canadian Albers to fill in for Paxton” (英語). MLB.com. 2017年12月19日閲覧。
  3. ^ Baseball Canada Announces Team for Pan Am Games & World Cup” (英語). Baseball Canada (2011年9月16日). 2017年7月1日閲覧。
  4. ^ Baseball Canada announces World Baseball Classic Qualifier roster” (英語). Baseball Canada (2012年9月11日). 2015年2月19日閲覧。
  5. ^ Hardy, Richmond, Tosoni, Taillon added to WBC Provisional Roster” (英語). Baseball Canada (2013年1月17日). 2015年2月19日閲覧。
  6. ^ Patrick Donnelly (2013年8月3日). “Twins fill roster spot with lefty Albers” (英語). MLB.com. 2017年12月19日閲覧。
  7. ^ Albers rolls over Royals to win Major League debut” (英語). MLB.com (2013年8月6日). 2017年12月19日閲覧。
  8. ^ Albers tops stellar debut with two-hit shutout” (英語). MLB.com (2013年8月12日). 2017年12月19日閲覧。
  9. ^ “Twins unconditionally release Andrew Albers” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Minnesota Twins), (2014年1月30日), http://m.twins.mlb.com/news/article/67287630/twins-unconditionally-release-andrew-albers/ 2016年10月18日閲覧。
  10. ^ 한화, 투수 앤드류 앨버스 선수 영입” (韓国語) (2014年1月29日). 2017年7月1日閲覧。
  11. ^ Aaron Gleeman (2014年12月19日). “Blue Jays sign Andrew Albers” (英語). NBC Sports. 2014年12月20日閲覧。
  12. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年12月19日閲覧。
  13. ^ CANADIAN MEN'S BASEBALL TEAM NOMINATED FOR TORONTO 2015 PAN AM GAMES” (英語). Baseball Canada (2015年6月17日). 2015年7月20日閲覧。
  14. ^ Costly errors sink U.S., Canada wins Pan Am baseball gold in wild final” (英語). Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (2015年7月19日). 2016年4月8日閲覧。
  15. ^ Baseball Canada announces roster for inaugural Premier12™” (英語). Baseball Canada (2015年10月20日). 2015年10月24日閲覧。
  16. ^ International League Transactions 2016 April” (英語). MiLB.com (2016年4月29日). 2016年7月3日閲覧。
  17. ^ Canada roster announced for 2017 World Baseball Classic” (英語). Baseball Canada (2017年2月8日). 2017年3月16日閲覧。
  18. ^ Greg Johns (2017年8月15日). “Busy Mariners select Albers, recall Gaviglio” (英語). MLB.com. 2017年8月16日閲覧。
  19. ^ Greg Johns; Josh Horton (2017年8月15日). “Mariners cool off Orioles, snap 5-game slide” (英語). MLB.com. 2017年12月19日閲覧。
  20. ^ Greg Johns; Josh Horton (2017年9月25日). “Albers' first career save” (英語). MLB.com. 2017年12月19日閲覧。
  21. ^ 新外国人選手獲得のお知らせオリックス・バファローズ 2017年12月21日掲載
  22. ^ マイナビオールスターゲーム2018 出場者NPB日本野球機構 2018年7月2日掲載
  23. ^ オリックス・アルバース敢闘賞!元気な松田に感心日刊スポーツ 2018年7月14日掲載
  24. ^ オリックス・アルバース契約延長「決断簡単だった」日刊スポーツ 2018年8月10日掲載
  25. ^ オリックス・アルバース先生、オフ数学授業は休講?日刊スポーツ 2018年10月9日掲載
  26. ^ オリックス・アルバースの前半戦一軍復帰絶望的…腰痛悪化でカナダへ一時帰国 近日検査スポーツニッポン 2018年6月8日掲載
  27. ^ オリックス・アルバース、腰椎椎間板ヘルニアと診断スポーツニッポン 2018年6月19日掲載
  28. ^ 頼れる左腕が復帰=アルバース、4カ月ぶり2勝目-プロ野球・オリックス時事通信社 2018年8月16日掲載
  29. ^ Andrew Albers Pitch Data” (英語). The Baseball Cube. 2017年12月20日閲覧。
  30. ^ Player Card: Andrew Albers” (英語). BrooksBaseball.net. 2017年12月22日閲覧。
  31. ^ オリックス・アルバースは“投手兼教師”日本語も勉強中「押忍覚えた」スポーツニッポン 2018年2月3日掲載
  32. ^ オリックス・アルバース“金髪先生”だった オフに臨時教員していたデイリースポーツ 2018年1月27日掲載
  33. ^ オフは数学・仏語教師 オリックスのアルバース3勝目朝日新聞デジタル 2018年5月1日掲載
  34. ^ オリックス“金髪”アルバース先生 「3年Bs組」グッズ販売へ”. デイリースポーツ (2018年8月14日). 2018年12月2日閲覧。
  35. ^ オリックス・アルバース来日、腰痛で臨時教員できず”. 日刊スポーツ (2019年1月26日). 2019年1月26日閲覧。

関連項目

外部リンク

オリックス・バファローズ 2020
監督 | 

77 西村徳文


一軍コーチ | 

二軍監督・コーチ | 
2010Happy Mail