このキーワード
友達に教える
URLをコピー

アンドレス・ゴメスとは?

【基本情報】

【愛称】
ゴゴ (Gogo)
【国籍】
エクアドル
【出身地】
グアヤス県グアヤキル
【生年月日】
(1960-02-27) 1960年2月27日(58歳)
【身長】
193cm
【体重】
84kg
【利き手】

【バックハンド】
片手打ち
【ツアー経歴】

【デビュー年】
1979年
【引退年】
1993年
【ツアー通算】
54勝
【シングルス】
21勝
【ダブルス】
33勝
【生涯通算成績】
892勝461敗
【シングルス】
523勝267敗
【ダブルス】
369勝194敗
【生涯獲得賞金】
$4,385,130
【4大大会最高成績・シングルス】

全豪
4回戦(1990)
全仏
優勝(1990)
全英
ベスト8(1984)
全米
ベスト8(1984)
【優勝回数】
1(仏1)
【4大大会最高成績・ダブルス】

全豪
2回戦(1992)
全仏
優勝(1988)
全英
ベスト4(1987)
全米
優勝(1986)
【優勝回数】
2(仏1・米1)
【キャリア自己最高ランキング】

【シングルス】
4位(1990年6月11日)
【ダブルス】
1位(1986年9月15日)
テンプレート プロジェクト テニス

アンドレス・ゴメス・サントス(Andrés Gómez Santos, 1960年2月27日 - )は、エクアドルグアヤキル出身の元男子プロテニス選手。1990年全仏オープン男子シングルス優勝者で、当地が生んだ最大のスポーツ選手として知られる。ダブルスでも1986年全米オープン1988年全仏オープンで、4大大会男子ダブルス2勝がある。左利き。自己最高ランキングはシングルス4位、ダブルス1位。ATPツアーでシングルス21勝、ダブルス33勝を挙げた。オールラウンド・プレーヤーで、重厚なサービスや鋭いボレー、きびきびしたスピン・ボールを駆使するスタイルのテニスを得意とした。

目次

  • 1 選手経歴
  • 2 4大大会シングルス成績
    • 2.1 シングルス
    • 2.2 ダブルス
  • 3 外部リンク
  • 4 参考文献

選手経歴

ゴメスは1978年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップエクアドル代表選手になり、翌1979年にプロ入りした。プロ入りの翌年から、ゴメスはダブルスで優れた力量を発揮し始め、1980年にダブルスで年間4勝を獲得する。1981年は9月のフランスボルドー大会でシングルス初優勝を果たし、ダブルスで年間7勝を記録したが、当時彼がよくパートナーを組んでいた選手は、チリハンス・ギルデマイスターであった。1984年にゴメスはシングルスでも著しい躍進を見せ、男子ツアー大会のシングルスで年間5勝を挙げ、4大大会でも全仏オープンウィンブルドン全米オープンの3大会連続でベスト8に入り、世界ランキングを5位に上げた。1986年全米オープン男子ダブルスで、ゴメスはスロボダン・ジボイノビッチ(当時ユーゴスラビア)とペアを組み、決勝でスウェーデンペアのマッツ・ビランデル&ヨアキム・ニーストロム組を 4-6, 6-3, 6-3, 4-6, 6-3 のフルセットで破って初優勝を飾った。1986年はシングルスで年間4勝、ダブルスで全米オープンを含む7勝を挙げている。

1988年、ゴメスは全仏オープンダブルスでエミリオ・サンチェス(スペインアランチャ・サンチェス・ビカリオの長兄)とペアを組み、2度目の4大大会男子ダブルス優勝を果たした。ゴメスとサンチェスは、決勝でジョン・フィッツジェラルド(オーストラリア)&アンダース・ヤリード(スウェーデン)組を 6-3, 6-7, 6-4, 6-3 で破っている。この年は日本の「セイコー・スーパー・テニス」でのダブルス優勝もあり、パートナーは2年前の全米オープンと同じスロボダン・ジボイノビッチと組んだ。しかし、この頃のゴメスは単複とも好成績が少なかった。

30歳を迎えた1990年全仏オープンで、アンドレス・ゴメスにテニス経歴最大のハイライトが訪れる。第4シードから勝ち進んだゴメスは、初進出の決勝で若きアンドレ・アガシと顔を合わせた。南米のベテランと20歳のアメリカの若者の激突は、6-3, 2-6, 6-4, 6-4 でゴメスが制した。こうしてゴメスは、エクアドル出身のテニス選手として最初の4大大会シングルス優勝者になった。初優勝時の年齢「30歳3ヶ月」は、全仏オープンの男子シングルスでは4番目の年長記録となった。(アガシはここからしばらく準優勝が続き、苦しい時期を迎える。)しかし、その後ウィンブルドン全米オープンで2大会連続初戦敗退に終わる。1991年にはトーナメント出場が激減し、大会前年優勝者としての全仏オープンにも参加できなかった。

ゴメスは1993年に現役を引退した後も、デビスカップには長く参加を続け、親類関係にあるニコラス・ラペンティとのダブルス戦に出場した。現在はコーチとして後進の育成に携わっている。

4大大会シングルス成績

略語の説明
W | F | SF | QF | #R | RR | Q# | LQ | A | WG | Z# | PO | SF-B | S | G | NMS | NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

シングルス

【大会】
【1979】
【1980】
【1981】
【1982】
【1983】
【1984】
【1985】
【1986】
【1987】
【1988】
【1989】
【1990】
【1991】
【1992】
SR
全豪オープン | A | A | A | A | A | A | A | NH | A | A | A | 4R | A | 1R | 0 / 2
全仏オープン | A | 2R | 2R | 4R | 4R | QF | 3R | QF | QF | 2R | 2R | W | A | 2R | 1 / 12
ウィンブルドン | A | 1R | A | 1R | A | QF | A | 1R | 4R | A | 2R | 1R | A | A | 0 / 7
全米オープン | 2R | 2R | 3R | A | 4R | QF | A | 2R | 4R | 3R | 3R | 1R | 1R | A | 0 / 11
チャンピオンシップ
マスターズカップ | A | A | A | A | QF | A | SF | RR | A | A | A | RR | A | A 0 / 5
Year End Ranking | 61 | 44 | 37 | 15 | 14 | 5 | 15 | 10 | 11 | 24 | 17 | 6 | 70 | 179

ダブルス

【大会】
【1979】
【1980】
【1981】
【1982】
【1983】
【1984】
【1985】
【1986】
【1987】
【1988】
【1989】
【1990】
【1991】
【1992】
SR
全豪オープン | A | A | A | A | A | A | A | NH | A | A | A | 1R | A | 2R | 0 / 2
全仏オープン | A | 2R | 2R | A | 1R | 1R | A | 2R | 3R | W | 1R | A | A | 1R | 1 / 9
ウィンブルドン | A | A | A | A | A | 1R | A | 1R | SF | A | A | A | A | A | 0 / 3
全米オープン | 2R | 1R | 1R | A | 1R | 1R | A | W | SF | 3R | 2R | A | 3R | A | 1 / 10

外部リンク

参考文献

全仏オープン(オープン化以後)男子シングルス優勝者

全仏テニス選手権(1925–1967)男単 || 女単 | 男複 | 女複 | 混複

全仏オープン(オープン化以後)男子ダブルス優勝者
1960年代 | 

1970年代 | 
  • (1970年)イリ・ナスターゼ&イオン・ティリアック
  • (1971年)アーサー・アッシュ&マーティー・リーセン
  • (1972年)ボブ・ヒューイット&フルー・マクミラン
  • (1973年)ジョン・ニューカム&トム・オッカー
  • (1974年)ディック・クリーリー&オニー・パルン
  • (1975年)ブライアン・ゴットフリート&ラウル・ラミレス
  • (1976年)シャーウッド・スチュワート&フレッド・マクネアー
  • (1977年)ブライアン・ゴットフリート&ラウル・ラミレス
  • (1978年)ジーン・マイヤー&ハンク・プフィスター
  • (1979年)ジーン・マイヤー&サンディ・マイヤー

  • 1980年代 | 
  • (1980年)ビクトル・アマヤ&ハンク・プフィスター
  • (1981年)ハインツ・ギュンタード&バラージュ・タロツィ
  • (1982年)シャーウッド・スチュワート&ファーディ・テイガン
  • (1983年)アンダース・ヤリード&ハンス・シモンソン
  • (1984年)ヤニック・ノア&アンリ・ルコント
  • (1985)マーク・エドモンドソン&キム・ウォーウィック
  • (1986年)ジョン・フィッツジェラルド&トマシュ・スミッド
  • (1987年)アンダース・ヤリード&ロバート・セグソ
  • (1988年)アンドレス・ゴメス&エミリオ・サンチェス
  • (1989年)ジム・グラブ&パトリック・マッケンロー

  • 1990年代 | 
  • (1990年)エミリオ・サンチェス&セルヒオ・カサル
  • (1991年)ジョン・フィッツジェラルド&アンダース・ヤリード
  • (1992年)ヤコブ・ラセク&マルク・ロセ
  • (1993年)ルーク・ジェンセン&マーフィー・ジェンセン
  • (1994年)バイロン・ブラック&ジョナサン・スターク
  • (1995年)ヤッコ・エルティン&ポール・ハーフース
  • (1996・97年)エフゲニー・カフェルニコフ&ダニエル・バチェク
  • (1998年)ヤッコ・エルティン&ポール・ハーフース
  • (1999年)マヘシュ・ブパシ&リーンダー・パエス

  • 2000年代 | 
  • (2000年)マーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ
  • (2001年)マヘシュ・ブパシ&リーンダー・パエス
  • (2002年)エフゲニー・カフェルニコフ&ポール・ハーフース
  • (2003年)ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • (2004年)オリビエ・ロクス&グザビエ・マリス
  • (2005・06年)ヨナス・ビョルクマン&マックス・ミルヌイ
  • (2007年)ダニエル・ネスター&マーク・ノールズ
  • (2008年)パブロ・クエバス&ルイス・オルナ
  • (2009年)ルーカス・ドロウヒー&リーンダー・パエス

  • 2010年代 | 
  • (2010年)ダニエル・ネスター&ネナド・ジモニッチ
  • (2011・12年)ダニエル・ネスター&マックス・ミルヌイ
  • (2013年)ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • (2014年)ジュリアン・ベネトー&エドゥアール・ロジェ=バセラン
  • (2015年)イワン・ドディグ&マルセロ・メロ
  • (2016年)フェリシアーノ・ロペス&マルク・ロペス
  • (2017年)ライアン・ハリソン&マイケル・ヴィーナス
  • (2018年)ピエール=ユーグ・エルベール&ニコラ・マユ

  • 全仏テニス選手権(1925–1967)男複 || 男単 | 女単 | 女複 | 混複

    全米オープン(オープン化以後)男子ダブルス優勝者
    1960年代 | 

    1970年代 | 
  • (1970年)ピエール・バルト&ニコラ・ピリッチ
  • (1971年)ジョン・ニューカム&ロジャー・テーラー
  • (1972年)クリフ・ドリスデール&ロジャー・テーラー
  • (1973年)ジョン・ニューカム&オーウェン・デビッドソン
  • (1974年)スタン・スミス&ボブ・ルッツ
  • (1975年)ジミー・コナーズ&イリ・ナスターゼ
  • (1976年)トム・オッカー&マーティー・リーセン
  • (1977年)ボブ・ヒューイット&フルー・マクミラン
  • (1978年)スタン・スミス&ボブ・ルッツ
  • (1979年)ジョン・マッケンロー&ピーター・フレミング

  • 1980年代 | 
  • (1980年)スタン・スミス&ボブ・ルッツ
  • (1981年)ジョン・マッケンロー&ピーター・フレミング
  • (1982年)ケビン・カレン&スティーブ・デントン
  • (1983年)ジョン・マッケンロー&ピーター・フレミング
  • (1984年)ジョン・フィッツジェラルド&トマシュ・スミッド
  • (1985年)ケン・フラック&ロバート・セグソ
  • (1986年)アンドレス・ゴメス&スロボダン・ジボイノビッチ
  • (1987年)ステファン・エドベリ&アンダース・ヤリード
  • (1988年)エミリオ・サンチェス&セルヒオ・カサル
  • (1989年)ジョン・マッケンロー&マーク・ウッドフォード

  • 1990年代 | 
  • (1990年)ピーター・アルドリッチ&ダニー・ヴィッサー
  • (1991年)ジョン・フィッツジェラルド&アンダース・ヤリード
  • (1992年)ジム・グラブ&リッチー・レネバーグ
  • (1993年)ケン・フラック&リック・リーチ
  • (1994年)ヤッコ・エルティン&ポール・ハーフース
  • (1995・96年)マーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ
  • (1997年)エフゲニー・カフェルニコフ&ダニエル・バチェク
  • (1998年)サンドン・ストール&シリル・スーク
  • (1999年)セバスチャン・ラルー&アレックス・オブライエン

  • 2000年代 | 
  • (2000年)レイトン・ヒューイット&マックス・ミルヌイ
  • (2001年)ウェイン・ブラック&ケビン・ウリエット
  • (2002年)マヘシュ・ブパシ&マックス・ミルヌイ
  • (2003年)トッド・ウッドブリッジ&ヨナス・ビョルクマン
  • (2004年)ダニエル・ネスター&マーク・ノールズ
  • (2005年)ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • (2006年)リーンダー・パエス&マルティン・ダム
  • (2007年)シーモン・アスペリン&ユリアン・ノール
  • (2008年)ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • (2009年)ルーカス・ドロウヒー&リーンダー・パエス

  • 2010年代 | 
  • (2010年)ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • (2011年)ユルゲン・メルツァー&フィリップ・ペッシュナー
  • (2012年)ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • (2013年)リーンダー・パエス&ラデク・ステパネク
  • (2014年)ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • (2015年)ニコラ・マユ&ピエール=ユーグ・エルベール
  • (2016年)ジェイミー・マリー&ブルーノ・ソアレス
  • (2017年)ジャン=ジュリアン・ロジェ&ホリア・テカウ
  • (2018年)マイク・ブライアン&ジャック・ソック

  • 全米テニス選手権(1881–1967)男複 || 男単 ・ 女単 | 女複 ・ 混複

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/11/10 22:27

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「アンドレス・ゴメス」の意味を投稿しよう
    「アンドレス・ゴメス」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    アンドレス・ゴメススレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「アンドレス・ゴメス」のスレッドを作成する
    アンドレス・ゴメスの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail