このキーワード
友達に教える
URLをコピー

イギリスの音楽とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2012年10月)

イギリスの音楽(イギリスのおんがく)では、イギリスイギリス人音楽について述べる。

イギリスはヨーロッパの一部にあり、ヨーロッパ大陸からいくらか離れたグレートブリテン諸島にある国である。従って、ヨーロッパの音楽文化圏の一部であって、ヨーロッパ大陸の音楽、すなわちイタリアやドイツ、フランスの音楽と、リズム、音組織(音階和音)などに基本的な違いはない。常に大陸と密接な関わりを持ちながら、発達してきたと言っていい。しかしながら、民族に独特の音楽も持っている。スコットランドバグパイプの音楽などは、その代表例である。マザーグースなどの童謡、クリスマスキャロルスコットランドアイルランドの民謡などは、日本でもよく知られたものが多い


目次

  • 1 中世イギリスの音楽
  • 2 ルネサンス音楽
  • 3 バロック音楽
  • 4 古典派以降のクラシック音楽
  • 5 指揮者
  • 6 演奏家
    • 6.1 オーケストラ
  • 7 民俗(民族)音楽
  • 8 録音
  • 9 関連項目

中世イギリスの音楽

11世紀以降、セイラム(ソールズベリーの古名)でソールズベリー聖歌が発達し、この聖歌イギリス国教会の成立まで盛んであった。また、13世紀末の「夏は来りぬ Sumer is icumen in」は、現存する世界最古のカノンである。13世紀前後のフランスのカロルという舞曲がイギリスに伝えられ、14〜15世紀になると多くのキャロルが作られた。キャロルは、500編の歌詞と100曲あまりの旋律が残されている。

14世紀から15世紀には、イギリス独自の3度や6度和音を利用した多声音楽の方法が開発された。イギリスは島国であり、百年戦争で大陸との接触が無くなると、大陸で廃れた技法、例えばノートルダム楽派イソリズムが使用され続けられ、独自に発展した。百年戦争末期になるとイングランド王国が北フランスを占領し、大陸とイギリスの音楽家の交流が始まった。この時代の重要な作曲家が、リオネル・パワー(1375頃-1445)とジョン・ダンスタブル(1380頃-1453)である。特にダンスタブルは、大陸にイギリスの和音の技法を伝えブルゴーニュ楽派を成立させるとともに、イギリスにフランスの新しい技法を伝えた。

ルネサンス音楽

テューダー朝ヘンリー8世(1491年- 1547年)が、1509年に王位についた頃から、イギリスにおける音楽活動は再び盛んになった。このころの宗教音楽の資料として、イートン聖歌隊本(Eton Choirbook イートン・クワイアブック)が存在する。ヘンリー8世は、音楽にも造詣が深く、ヘンリー8世作曲とされる作品(合唱曲『Pastime with Good Company』など)が伝えられている。ヘンリー8世は、キャサリン王妃との離婚および、アン・ブーリンとの再婚を巡る問題から教皇クレメンス7世と対立。1534年には国王至上法を発布し、自らをイギリス国教会の長として、ローマ・カトリック教会から離脱した。

このような時代背景の中で、ルネサンス音楽期に活躍した著名な作曲家であるトマス・タリスウィリアム・バードはラテン語(カトリック)と英語(イギリス国教会)による曲を両方作曲している。とりわけ、バードは、カトリック信者として生涯を送り、イギリス国教会との葛藤から生まれたラテン語のミサ曲は、ルネサンス期を代表する作品である。シェイクスピアの劇中にも登場するトマス・モーリーなどの世俗音楽が盛んになるとともに、ジョン・ダウランドは、優れたリュート作品や歌曲を作曲した。

エリザベス朝時代後期には、イタリアのマドリガーレの刺激を受けて、イングリッシュ・マドリガルが数多く作曲された。トムキンズ、ギボンズ、モーリーなどの作曲家が知られている。また、器楽音楽についても、ルネサンス後期のイギリスでの発展は顕著であった。

バロック音楽

ヘンリー・パーセル(1659年-1695年)はバロック音楽時代に活躍したイギリスの音楽家である。彼はイタリアやフランスの影響を受けつつ、独自の音楽を生み出したものの、その生涯はわずか36年というものであった。その後、ドイツから移住、帰化したゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(1685年-1759年)が活躍した。パーセル死後に生まれたボイス(1711年-1779年)、アーン(1710年-1778年)、リンリー(1756-1778)などの作曲家は、古典派直前のイギリスの作曲家である。

古典派以降のクラシック音楽

指揮者

演奏家

オーケストラ

民俗(民族)音楽

録音

関連項目

音楽
音楽史 | 

作曲 | 
  • 作曲家
  • 編曲家
  • 楽式
  • 記譜法
  • 楽譜
  • 歌詞
  • 作詞
  • 音楽理論 | 


    演奏 | 
  • 音楽家
  • 演奏者
  • 歌手
  • 指揮者
  • オーケストラ
  • バンド
  • 調律
  • ソルフェージュ
  • 絶対音感
  • 固定ド
  • 相対音感
  • 移動ド
  • 即興演奏
  • 演奏会
  • 音響機器
  • 舞台芸術

  • 楽器 | 
  • 発声
  • 古楽器
  • 弦楽器
  • 擦弦楽器
  • 撥弦楽器
  • 管楽器
  • 金管楽器
  • 木管楽器
  • 打楽器
  • 鍵盤楽器
  • 電気楽器
  • 電子楽器
  • 楽器分類学
  • 楽器分類別一覧
  • MIDI
  • 教育楽器

  • 主なジャンル | 
  • クラシック音楽
  • 賛美歌
  • ポピュラー音楽
  • ニューエイジ・ミュージック
  • ルーツ・ミュージック
  • ブラックミュージック
  • ダンス・ミュージック
  • ラウンジ・ミュージック
  • ゴスペル
  • ブルース
  • ジャズ
  • サイケデリック
  • ロックンロール
  • フォーク
  • ニューミュージック
  • シティ・ポップ
  • カントリー
  • タンゴ
  • リズム・アンド・ブルース
  • ロック
  • ソウル
  • ヒップホップ
  • レゲエ
  • スカ
  • フュージョン
  • クロスオーバー
  • イージーリスニング
  • ボサノヴァ
  • ファンク
  • ディスコ
  • テクノ
  • ユーロビート
  • ハウス
  • 実験音楽
  • 電子音楽
  • 環境音楽
  • ヘヴィメタル
  • パンク
  • ハードコア
  • オルタナティヴ
  • ノイズ
  • インダストリアル
  • テクノ
  • トランス
  • ジャングル
  • ドラムンベース
  • トリップ・ホップ
  • EDM
  • ヴェイパーウェイヴ
  • ゲーム音楽
  • アニメソング
  • BGM
  • 映画音楽
  • 演歌
  • 軍歌
  • 寮歌
  • 歌謡曲
  • 童謡
  • J-POP

  • 民族音楽 | 
  • アイヌ音楽
  • アイルランド音楽
  • アメリカ合衆国の音楽
  • アラブ音楽
  • アンゴラの音楽
  • イギリスの音楽
  • イヌイットの音楽
  • インドネシアの音楽
  • インドの伝統音楽
  • ウルグアイの音楽
  • 沖縄音楽
  • カーボベルデの音楽
  • 北アフリカの音楽
  • グリーンランドの音楽
  • ケルト音楽
  • コンゴ共和国の音楽
  • スコットランド音楽
  • 西洋音楽
  • 赤道ギニアの音楽
  • セルビアの音楽
  • チェコの音楽
  • 朝鮮の伝統音楽
  • トルコ音楽
  • 西サハラの音楽
  • パラグアイの音楽
  • バルカン半島の音楽
  • ハワイの音楽
  • 東ティモールの音楽
  • ブラジル音楽
  • ブルガリアの音楽
  • 邦楽
  • 民謡
  • モザンビークの音楽
  • ラテン音楽
  • ルーマニアの音楽
  • ロマ音楽
  • ワールドミュージック

  • 録音 | 
  • レコード会社
  • レコードレーベル
  • プロデューサー
  • レコーディング・エンジニア
  • マスタリング・エンジニア
  • サウンドデザイナー
  • シングル
  • EP盤
  • A面/B面
  • アルバム
  • カバー
  • リミックス
  • サンプリング
  • 音楽出版

  • メディア | 
  • 鑑賞
  • 蓄音機
  • レコード
  • CD
  • DVD-Audio
  • SACD
  • コンポーネントステレオ
  • MP3
  • 音声ファイルフォーマット
  • 音楽配信
  • デジタルオーディオプレーヤー
  • ミュージカル映画
  • ミュージック・ビデオ
  • 音楽番組
  • 音楽ゲーム
  • 音楽雑誌
  • 音楽漫画
  • 音楽評論家

  • 一覧 | 
  • 音楽家
  • レコード会社
  • 欧文西洋音楽用語
  • 邦楽
  • クリスマス

  • 音楽学 | 
  • 音楽教育
  • 音楽心理学
  • 音楽社会学
  • 音楽療法
  • 音楽美学
  • 音楽民族学
  • 音響学
  • 電気音響工学
  • 音響心理学
  • 音声学
  • 音楽学者
  • RILM

  •  | 
  • 聴覚
  • 内耳神経
  • 一次聴覚野
  • 難聴
  • イヤーワーム
  • 音波
  • 音高
  • 周波数
  • 基本周波数
  • 倍音
  • 差音
  • 超音波
  • 低周波音
  • 騒音
  • 楽音
  • 音色
  • 純音
  • 正弦波
  • 音圧
  • デシベル
  • 音速
  • 振動
  • 波動
  • 現象
  • 無音

  • 関連項目 | 
  • 音楽の定義
  • 音楽の哲学
  • ムーサ
  • 時間
  • 空間
  • 芸能
  • 芸術

  • カテゴリ(一覧)
  • ポータル
  • プロジェクト


  • ヨーロッパ音楽(関連カテゴリ:地域別の音楽/各国の音楽)
    西ヨーロッパ | 

    東ヨーロッパ | 
  • アルバニア
  • ウクライナ
  • カザフスタン
  • クロアチア
  • セルビア
  • ブルガリア
  • ベラルーシ
  • ボスニア・ヘルツェゴビナ
  • 北マケドニア
  • モルドバ
  • モンテネグロ
  • ルーマニア
  • ロシア

  • 中央ヨーロッパ | 
  • オーストリア
  • スイス
  • スロバキア
  • スロベニア
  • チェコ
  • ドイツ
  • ハンガリー
  • ポーランド
  • リヒテンシュタイン

  • 南ヨーロッパ | 
  • イタリア
  • キプロス
  • ギリシャ
  • サンマリノ
  • スペイン
  • トルコ
  • バチカン
  • ポルトガル
  • マルタ
  • モナコ

  • 北ヨーロッパ | 
  • アイスランド
  • スウェーデン
  • デンマーク
  • ノルウェー
  • フィンランド

  • バルト三国 | 
  • エストニア
  • ラトビア
  • リトアニア

  • その他 | 
  • 沿ドニエストル共和国
  • 北キプロス
  • コソボ

  • 自治領等 | 
  • アクロティリおよびデケリア
  • ガーンジー
  • ジブラルタル
  • ジャージー
  • マン島
  • フェロー諸島
  • スヴァールバル諸島
  • オーランド諸島
  • アゾレス諸島

  • 各列内は五十音順。
    バチカンは国際連合非加盟。
    「その他」は国家の承認を得る国が少ない、または無い国であり、国際連合非加盟。事実上独立した地域一覧も参照。



    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/09/09 21:26

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「イギリスの音楽」の意味を投稿しよう
    「イギリスの音楽」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    イギリスの音楽スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「イギリスの音楽」のスレッドを作成する
    イギリスの音楽の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail