このキーワード
友達に教える
URLをコピー

イジー・ノバクとは?

【基本情報】

【国籍】
チェコ
【出身地】
同・ズリーン
【生年月日】
(1975-03-22) 1975年3月22日(44歳)
【身長】
190cm
【体重】
86kg
【利き手】

【バックハンド】
両手打ち
【ツアー経歴】

【デビュー年】
1993年
【引退年】
2007年
【ツアー通算】
25勝
【シングルス】
7勝
【ダブルス】
18勝
【生涯通算成績】
648勝471敗
【シングルス】
337勝260敗
【ダブルス】
311勝211敗
【生涯獲得賞金】
$7,618,613
【4大大会最高成績・シングルス】

全豪
ベスト4(2002)
全仏
4回戦(2003)
全英
3回戦(2003・05)
全米
4回戦(1999・2002・06)
【4大大会最高成績・ダブルス】

全豪
ベスト8(2000)
全仏
ベスト8(2000)
全英
準優勝(2001)
全米
準優勝(2002)
【キャリア自己最高ランキング】

【シングルス】
5位(2002年10月21日)
【ダブルス】
6位(2001年7月6日)
テンプレート プロジェクト テニス

イジー・ノバク(Jiří Novák, [ˈjɪr̝iː ˈnovaːk]1975年3月22日 - )は、チェコズリーン出身の男子プロテニス選手。フォアハンド・ストロークを最大の武器にするベースライン・プレーヤーである。自己最高ランキングはシングルス5位、ダブルス6位。ATPツアーでシングルス7勝、ダブルス18勝を挙げた。身長190cm、体重86kgの長身選手。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

目次

  • 1 来歴
  • 2 ATPツアー決勝進出結果
    • 2.1 シングルス: 13回 (7勝6敗)
    • 2.2 ダブルス: 40回 (18勝22敗)
  • 3 4大大会シングルス成績
  • 4 外部リンク

来歴

6歳からテニスを始め、1993年にプロ入り。1996年1月のハイネケン・オープンでツアー初優勝。2002年全豪オープン4大大会の自己最高成績を出し、初のベスト4に進出した。この時は優勝したトーマス・ヨハンソンに6-7, 6-0, 6-4, 3-6, 4-6のフルセットで敗れ、決勝進出を逃している。この年にローマ・マスターズカナダ・マスターズでベスト4、マドリード・マスターズで準優勝し世界ランキングを自己最高の5位に上げ、世界ランキング上位8名しか出場資格を得られない男子プロテニスツアー最終戦テニス・マスターズ・カップにも出場した。当時世界ランキング2位のアンドレ・アガシに7-5, 6-1で勝利したが当時6位のロジャー・フェデラーフアン・カルロス・フェレーロに敗れ1勝2敗で敗退した。

2004年10月のジャパン・オープン・テニス選手権準決勝ではレイトン・ヒューイットを6-4, 4-6, 6-2で破り、決勝ではビッグ・サーバーのテーラー・デントに5-7, 6-1, 6-3で逆転勝ちし、大会初優勝となるシングルス6勝目を挙げた。10月のスイス・インドア大会の決勝でダビド・ナルバンディアンを5–7, 6–3, 6–4, 1–6, 6–2で破りツアー7勝目を挙げたのが最後のシングルス優勝になり、2007年7月のコシツェでのチャレンジャー大会を最後に、32歳で現役を引退した。

ダブルスでのノバクは、2001年ウィンブルドン選手権2002年全米オープンで2度の4大大会男子ダブルス準優勝がある。2000年から2001年にかけてはダビド・リクルとペアを組んで多くの好成績を出していたが、2002年全米オープンではラデク・ステパネクと組んだ。

ノバクは1996年アトランタ五輪2000年シドニー五輪2004年アテネ五輪の3大会連続で、オリンピックチェコ代表選手として出場している。

ATPツアー決勝進出結果

シングルス: 13回 (7勝6敗)

大会グレード
グランドスラム (0-0)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
ATPマスターズシリーズ (0-1)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (2-2)
ATPインターナショナルシリーズ (5–3)
 | 
サーフェス別タイトル
ハード (2-5)
クレー (4-1)
芝 (0-0)
カーペット (1-0)

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 | 1. | 1996年1月14日 |  オークランド | ハード |  ブレット・スティーブン | 6–4, 6–4
準優勝 | 1. | 1996年3月10日 |  メキシコシティ | クレー |  トーマス・ムスター | 6–7, 2–6
優勝 | 2. | 1998年11月2日 |  メキシコシティ | クレー |  グザビエ・マリス | 6–3, 6–3
優勝 | 3. | 2001年5月6日 |  ミュンヘン | クレー |  アントニー・デュピュイ | 6–4, 7–5
優勝 | 4. | 2001年7月16日 |  グシュタード | クレー |  フアン・カルロス・フェレーロ | 6–1,–7, 7–5
準優勝 | 2. | 2002年10月13日 |  ウィーン | ハード (室内) |  ロジャー・フェデラー | 4–6, 1–6, 6–3, 4–6
準優勝 | 3. | 2002年10月20日 |  マドリード | ハード (室内) |  アンドレ・アガシ | 不戦敗
準優勝 | 4. | 2003年3月2日 |  ドバイ | ハード |  ロジャー・フェデラー | 1–6, 6–7
優勝 | 5. | 2003年7月13日 |  グシュタード | クレー |  ロジャー・フェデラー | 5–7, 6–3, 6–3, 1–6, 6–3
準優勝 | 5. | 2003年9月22日 |  上海 | ハード |  マーク・フィリプーシス | 2–6, 1–6
優勝 | 6. | 2004年10月10日 |  東京 | ハード |  テーラー・デント | 5–7, 6–1, 6–3
優勝 | 7. | 2004年10月30日 |  バーゼル | カーペット (室内) |  ダビド・ナルバンディアン | 5–7, 6–3, 6–4, 1–6, 6–2
準優勝 | 6. | 2005年2月7日 |  デルレイビーチ | ハード |  グザビエ・マリス | 6–7, 2–6

ダブルス: 40回 (18勝22敗)

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 | 1. | 1995年8月6日 |  プラハ | クレー |  ダビド・リクル |  リボル・ピメク
バイロン・タルボット | 5-7, 6-1, 6-7
優勝 | 1. | 1995年9月11日 |  ボゴタ | クレー |  ダビド・リクル |  スティーブ・キャンベル
マラビーヤ・ワシントン | 7–6, 6–2
優勝 | 2. | 1995年10月29日 |  サンティアゴ | クレー |  ダビド・リクル |  シェルビー・キャノン
フランシスコ・モンタナ | 6–4, 4–6, 6–1
準優勝 | 2. | 1995年11月5日 |  モンテビデオ | クレー |  ダビド・リクル |  セルヒオ・カサル
エミリオ・サンチェス | 6-2, 6-7, 6-7
準優勝 | 3. | 1995年11月12日 |  ブエノスアイレス | クレー |  ダビド・リクル |  ヴィンセント・スペーディア
クリスト・ファン・レンスベルフ | 3-6, 3-6
準優勝 | 4. | 1996年2月18日 |  ドバイ | ハード |  カレル・ノバチェク |  バイロン・ブラック
グラント・コネル | 0-6, 1-6
優勝 | 3. | 1996年3月25日 |  カサブランカ | クレー |  ダビド・リクル |  トマス・カルボネル
フランシスコ・ロイグ | 7–6, 6–3
優勝 | 4. | 1996年7月14日 |  グシュタード | クレー |  パベル・ビズネル |  トレバー・クロネマン
デビッド・マクファーソン | 4–6, 7–6, 7–6
準優勝 | 5. | 1996年11月10日 |  モスクワ | カーペット (室内) |  ダビド・リクル |  リック・リーチ
アンドレイ・オルホフスキー | 6-4, 1-6, 2-6
優勝 | 5. | 1997年10月19日 |  オストラヴァ | カーペット (室内) |  ダビド・リクル |  ドナルド・ジョンソン
フランシスコ・モンタナ | 6–2, 6–4
優勝 | 6. | 1998年2月2日 |  スプリト | カーペット (室内) |  マルティン・ダム |  フレドリク・ベリ
パトリク・フレデリクソン | 7–6, 6–2
準優勝 | 6. | 1998年8月2日 |  ウマグ | クレー |  ダビド・リクル |  ニール・ブロード
ピート・ノーバル | 1-6, 6-3, 3-6
優勝 | 7. | 1998年8月16日 |  サンマリノ | クレー |  ダビド・リクル |  マリアノ・フッド
セバスティアン・プリエト | 6–4, 7–6
優勝 | 8. | 1998年8月23日 |  インディアナポリス | ハード |  ダビド・リクル |  マーク・ノールズ
ダニエル・ネスター | 6–2, 7–6
準優勝 | 7. | 1998年10月4日 |  マヨルカ | クレー |  ダビド・リクル |  パブロ・アルバーノ
ダニエル・オルサニッチ | 6-7, 3-6
優勝 | 9. | 1998年11月1日 |  メキシコシティ | クレー |  ダビド・リクル |  ダニエル・オルサニッチ
ダビド・ロディッティ | 6–4, 6–2
準優勝 | 8. | 1999年1月17日 |  オークランド | ハード |  ダビド・リクル |  ジェフ・タランゴ
ダニエル・バチェク | 5-7, 5-7
準優勝 | 9. | 1999年4月11日 |  エストリル | クレー |  ダビド・リクル |  トマス・カーボネル
ドナルド・ジョンソン | 3-6, 6-2, 1-6
準優勝 | 10. | 1999年4月25日 |  モンテカルロ | クレー |  ダビド・リクル |  オリビエ・ドレートル
ティム・ヘンマン | 2-6, 3-6
準優勝 | 11. | 1999年10月10日 |  バーゼル | カーペット (室内) |  ダビド・リクル |  ブレント・ヘイガース
アレクサンダー・キティノフ | 6-0, 4-6, 5-7
優勝 | 10. | 2000年2月13日 |  ドバイ | ハード |  ダビド・リクル |  ロビー・コーニッグ
ピーター・トラマッチ | 6–2, 7–5
優勝 | 11. | 2000年7月16日 |  グシュタード | クレー |  ダビド・リクル |  ジェローム・ゴルマール
ミヒャエル・コールマン | 3–6, 6–3, 6–4
優勝 | 12. | 2000年7月23日 |  シュトゥットガルト | クレー |  ダビド・リクル |  ルーカス・アーノルド・カー
ドナルド・ジョンソン | 5–7, 6–2, 6–3
準優勝 | 12. | 2000年10月15日 |  ウィーン | ハード
(室内) |  ダビド・リクル |  エフゲニー・カフェルニコフ
ネナド・ジモニッチ | 4-6, 4-6
準優勝 | 13. | 2000年10月29日 |  モスクワ | カーペット (室内) |  ダビド・リクル |  ヨナス・ビョルクマン
ダーヴィト・プリノジル | 2-6, 3-6
優勝 | 13. | 2000年11月5日 |  シュトゥットガルト | ハード
(室内) |  ダビド・リクル |  ドナルド・ジョンソン
ピート・ノーバル | 3–6, 6–3, 6–4
準優勝 | 14. | 2001年2月18日 |  コペンハーゲン | ハード
(室内) |  ダビド・リクル |  ウェイン・ブラック
ケビン・ウリエット | 3-6, 3-6
優勝 | 14. | 2001年4月1日 |  マイアミ | ハード |  ダビド・リクル |  ヨナス・ビョルクマン
トッド・ウッドブリッジ | 7–5, 7–6
準優勝 | 15. | 2001年7月8日 |  ウィンブルドン | 芝 |  ダビド・リクル |  ジャレッド・パーマー
ドナルド・ジョンソン | 4-6, 6-4, 3-6, 6-7
優勝 | 15 | 2001年8月5日 |  モントリオール | ハード |  ダビド・リクル |  ドナルド・ジョンソン
ジャレッド・パーマー | 6–4, 3–6, 6–3
準優勝 | 16. | 2001年10月14日 |  ウィーン | ハード
(室内) |  ダビド・リクル |  マルティン・ダム
ラデク・ステパネク | 3-6, 2-6
準優勝 | 17. | 2002年1月6日 |  ドーハ | ハード |  ダビド・リクル |  ドナルド・ジョンソン
ジャレッド・パーマー | 3-6 6-7
準優勝 | 18. | 2002年2月17日 |  コペンハーゲン | ハード
(室内) |  ラデク・ステパネク |  ユリアン・ノール
ミヒャエル・コールマン | 6–7(8), 5–7
準優勝 | 19. | 2002年9月6日 |  全米オープン | ハード |  ラデク・ステパネク |  マヘシュ・ブパシ
マックス・ミルヌイ | 3–6, 6–3, 4–6
準優勝 | 20. | 2002年10月13日 |  ウィーン | ハード
(室内) |  ラデク・ステパネク |  ジョシュア・イーグル
サンドン・ストール | 4–6, 3–6
準優勝 | 21. | 2004年1月16日 |  オークランド | ハード |  ラデク・ステパネク |  マヘシュ・ブパシ
ファブリス・サントロ | 6–4, 5–7, 3–6
優勝 | 16. | 2004年7月18日 |  シュトゥットガルト | クレー |  ラデク・ステパネク |  シーモン・アスペリン
トッド・ペリー | 6–2, 6–4
準優勝 | 22. | 2004年10月10日 |  東京 | ハード |  ペトル・パーラ |  ジャレッド・パーマー
パベル・ビズネル | 1-5 途中棄権
優勝 | 17. | 2005年7月31日 |  ウマグ | クレー |  ペトル・パーラ |  ミハル・メルティナク
ダビド・シュコッホ | 6–3, 6–3
優勝 | 18. | 2006年7月16日 |  グシュタード | クレー |  アンドレイ・パベル |  マルコ・チウディネリ
ジャン=クロード・シェレル | 6–3, 6–1

4大大会シングルス成績

略語の説明
W | F | SF | QF | #R | RR | Q# | LQ | A | WG | Z# | PO | SF-B | S | G | NMS | NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/08/24 18:32

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「イジー・ノバク」の意味を投稿しよう
「イジー・ノバク」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

イジー・ノバクスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「イジー・ノバク」のスレッドを作成する
イジー・ノバクの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail