このキーワード
友達に教える
URLをコピー

インベスター・リレーションズとは?

 | 
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2020年1月)

インベスター・リレーションズ(: Investor Relations、略称:IR)とは、企業投資家に向けて経営状況や財務状況、業績動向に関する情報を発信する活動をいう。日本では「投資家向け広報」とも日本語訳されているが、IRという頭字語も定着している。

概要

全米IR協会(NIRI)は、IRを次のように定義している(2003年3月)。

インベスター・リレーションズ(IR)は、企業の証券が公正な価値評価を受けることを最終目標とするものであり、企業と金融コミュニティやその他のステークホルダーとの間に最も効果的な双方的コミュニケーションを実現するため、財務活動やコミュニケーション、マーケティング、そして証券関係法の下でのコンプライアンス活動を統合した、戦略的な経営責務である。

IRという言葉を最初に使ったのは、1953年に担当部署を発足させたゼネラル・エレクトリック(GE)といわれている。しかし、米国企業においてもIRが本格化したのは1990年代に入ってからである。日本企業のIRへの取り組みは、さらに遅れて1990年代後半から急速に活発化した。

IRが盛んになる背景としては、次のようなことがある。すなわち、日本の企業金融は長年続いてきた間接金融から直接金融へ移りつつあり、そのなかで株式の持ち合い構造も解消に向かいつつある。あるいは、株式市場における外国人や外国の機関投資家などのウェイトは増しつつある。こうした中で、企業経営に占める株価(=時価総額)の比重が高まってきた。そこで、円滑な資金調達という点からも、企業にとって投資家が必要とする情報をすばやく的確に提供し、株主と良好な関係を作っていく必要性は大きくなってくる。IR活動は既存の法定ディスクロージャーと違い、どういう情報を、どれだけ、いつ開示するのか、すべて企業側に任されており、基本的に自由な活動である。従って、これを活用すれば、良好な企業イメージ作りに貢献する余地は大きいと見られる。実際、IR優良企業は株価も高い場合が多く、この点でまさに市場に受け入れられる企業になっている。IRの具体的な活動には、ホームページ上での情報開示、各種説明会やミーティングの開催、工場や施設見学会、年次報告書や投資家向け広報誌の刊行などがある。

参考文献

関連項目

企業の社会的責任
(Corporate Social Responsibility)

ステークホルダー

機関投資家(投資家) • 株主 / 消費者顧客 / 取引先 / 地域社会地域コミュニティ / NPONGO / 従業員(社員) / 政府行政機関(行政)



企業統治

社会的責任投資(SRI) | 責任投資原則 | スチュワードシップ・コード | インベスター・リレーションズ(IR,投資家向け広報) | 株主総会 | 企業情報 | コーポレート・ガバナンス報告書 | 企業倫理 | コンプライアンス | ISO 37001 /(ISO 37001 英語版) | リスクマネジメント | 事業継続マネジメント(BCM) | 事業継続計画(BCP) | 情報セキュリティポリシー



社会貢献

フィランソロピー | ボランティア | メセナ | 企業博物館 | プロボノ | 寄付 | 協働 | 企業市民



品 質

資源 | サプライチェーン・マネジメント | 調達グリーン購入 | バリュー・チェーン | 生産技術 | ISO 9000



労働慣行

労働安全衛生 | SA 8000 | 児童労働 | 人権 | 国連グローバル・コンパクト | ダイバーシティ・マネジメント | LGBT | ワーク・ライフ・バランス | 過労死 | フェアトレード


雇用
雇用関係
【基本概念】

【雇用形態】

【就職活動】

労働契約

労働時間と休み

賃金処遇

【被用者保険
(社会保険)】

安全衛生
労災補償

【懲戒】

雇用終了
解雇


【法定帳簿】

【労働意欲】


【労働政策】

【労働市場】

【職業訓練】
職業訓練施設

法律

制度

資格

【海外の制度】





環 境
地球温暖化気候変動
【経過】
地球気候史

氷河時代 / 最終氷期 / ヤンガードリアス完新世温暖期ネオグラシエーション / 中世温暖期小氷期 / ハイエイタス // 過去の気温変化 …その他


問題の経過

地球寒冷化世界気候会議スターン報告IPCC第4次評価報告書近年の地球温暖化対策



原因
【要因と
メカニズム】

温室効果(温室効果ガス)• 太陽放射太陽変動日傘効果エアロゾルアルベド炭素収支(吸収源森林破壊) • 海洋循環大気循環大気変動ヒートアイランド軌道要素変動地殻変動 …その他


【考え方】

放射強制力気候感度気候因子


気候モデル

GCM



影響
大気圏

気温上昇氷河融解異常気象の増加・極端化気候の変化


水圏

海面上昇海洋酸性化 • 熱塩循環の停止 …その他



対策
緩和策

低炭素社会(オフセットニュートラル)• 省エネルギー再生可能エネルギーの利用環境税吸収源活動排出取引クリーン開発メカニズム共同実施二酸化炭素貯留 • 温暖化関連政策 • 温暖化防止活動 …その他


適応策

気候変動適応策


【枠組み】

パリ協定IPCC持続可能な開発目標(SDGs)京都議定書ポスト京都気候変動枠組条約APP • ECCP欧州気候変動プログラムIUGGIGU地球地図仙台防災枠組気候非常事態宣言 …その他; C40都市気候リーダーシップグループ



議論

懐疑論暴走温室効果スベンスマルク効果ホッケースティック論争クライメイトゲート事件


カテゴリ: 気候変動地球温暖化 関連: 環境問題


環境問題
環境問題の基礎
【概念】

環境倫理学

【責任と権利】

【対策】

緑の党

環境学



人類と環境の歴史
【環境問題の歴史】
2010Happy Mail