このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ウィスコンシン州とは?

座標: 北緯44度30分 西経89度30分 / 北緯44.5度 西経89.5度 / 44.5; -89.5

ウィスコンシン州
State of Wisconsin



(州旗) | (州章)
州の愛称: アメリカアナグマ州(The Badger State)
酪農の国(Dairy Country)
州のモットー: 進む
Forward
州都
マディソン
【最大の都市】
ミルウォーキー
【州知事】
スコット・ウォーカー
公用語
法的指定なし
面積
- 総計
- 陸地
- 水域 全米第23位
169,639 km²
140,663 km²
28,977 km² (17.1%)
人口(2010年)
- 総計
- 人口密度 全米第20位
5,686,986
40.6人/km²
【合衆国加入
- 順番
- 加入年月日】

30番目
1848年5月29日
時間帯
UTC -6
DST -5
緯度
北緯42°37' - 47°05'
経度
西経86°46' - 92°53'
【東西の幅】
420 km
【南北の長さ】
500 km
標高
-最高標高
-平均標高
-最低標高
595 m
320 m
176 m
【略称 (ISO 3166-2:US)】
US-WI
【ウェブサイト】
ウィスコンシン州政府
【上院議員】
ロン・ジョンソン
タミー・ボールドウィン

ウィスコンシン州(: State of Wisconsin [wɪsˈkɒnsɨn] ( 音声ファイル))は、アメリカ合衆国中西部の最北に位置するである。五大湖地域にも含まれる。合衆国50州の中で、陸地面積では第23位、人口では第20位である。前身のウィスコンシン準州から1848年5月29日に合衆国30番目の州に昇格した。東側はミシガン湖に、北東はミシガン州に、西側はミネソタ州アイオワ州に、南側はイリノイ州に、北側はスペリオル湖に接している。州都はマディソン市、人口最大の都市はミルウォーキー市である。

愛称は「Dairy Country(酪農の国)」または「The Badger State(あなぐま州)」。アメリカアナグマ(バジャー)は州のシンボルでもあり、19世紀前半、ウィスコンシン州が国内のの半分以上を産出した鉛ラッシュ時代に、鉛鉱山で働く鉱夫とその家族が地上に住居が完成するまで坑道に住んだことから「アナグマ」と呼ばれたことが元になっている。

【家庭で話される言語(ウィスコンシン州) 2010】

 |  |  |  | 
英語 | 
 | 91.71%
スペイン語 | 
 | 4.35%
【人種構成(ウィスコンシン州) 2010】

 |  |  |  | 
白人 | 
 | 83.3%
黒人 | 
 | 6.3%
ヒスパニック | 
 | 5.9%
アジア系 | 
 | 2.3%
インディアン | 
 | 1.0%
混血 | 
 | 1.8%

目次

  • 1 州名の由来
  • 2 歴史
  • 3 地理
    • 3.1 気候
  • 4 人口動勢
    • 4.1 人種及び祖先
    • 4.2 宗教
  • 5 インディアン部族
    • 5.1 インディアンと遺骨の返還
    • 5.2 インディアン・カジノ
  • 6 主要な都市及び町
  • 7 法律及び行政
    • 7.1 行政府
    • 7.2 立法府
    • 7.3 司法府
    • 7.4 州法
    • 7.5 政治
    • 7.6 連邦議会議員
    • 7.7 ウィスコンシン州の政策立案者
  • 8 経済
    • 8.1 主な会社など
    • 8.2 主な産業など
      • 8.2.1 農業
      • 8.2.2 製造業
      • 8.2.3 観光業
      • 8.2.4 映画産業
      • 8.2.5 エネルギー産業
    • 8.3 州税
  • 9 教育
    • 9.1 単科及び総合大学
  • 10 芸術・文化
    • 10.1 美術館・博物館など
    • 10.2 音楽
    • 10.3 アルコールと文化
  • 11 レクリエーション
    • 11.1 スポーツチーム
    • 11.2 催事
  • 12 日本との関連
  • 13 その他
    • 13.1 ウィスコンシン州出身の有名人
    • 13.2 交通
    • 13.3 州の象徴など
    • 13.4 姉妹県、州など
    • 13.5 日本の姉妹都市
  • 14 参考文献
  • 15 関連項目
  • 16 外部リンク

州名の由来

州の名前はウィスコンシン川に由来し、「ウィスコンシン」は、インディアン部族オジブワ族言葉で「赤い石の地」を意味する「Miskwasiniing」がフランス語風になまった言葉が元になっているとされる。

1673年、フランス人探検家ジャック・マルケットがヨーロッパ人としては初めてウィスコンシン川に達し、その日誌に川の名前を Meskousing と記録した。後のフランス人探検家がその綴りを Ouisconsin と改変し、その後の年月を経てこれが川と周辺地域のフランス語による名前となった。19世紀初期にイギリス系の移民が多くこの地域に入ってくるようになると、その名前を英語風の綴りに変え、Wisconsin となった。1845年にウィスコンシン準州が設立されたときに、その議会によってこの綴りが公式のものとされた。

「ウィスコンシン」に対応するインディアンの言語も、元々の意味も曖昧になってきている。諸説ある中で最も支持されている説は、川とその岸にある赤い砂岩を指すというものである。マイアミイリノイ族の言葉に Meskousing があり、「赤く横たわる」という意味である。これはウィスコンシン・デルの赤みを帯びた砂岩の横をウィスコンシン川が流れる様子を表現している。その他の説ではオジブウェー語で「赤い石の場所」、「水が集まる所」、あるいは「大きな岩」を意味するとしている。

歴史

主要記事:ウィスコンシン州の歴史
1718年のウィスコンシン、ギローム・ド・ライルによる地図、ハイライトになっているのが現在の州域

ウィスコンシン州となった地域では、過去12,000年の間に様々な文化が生まれてきた。最初の人類はウィスコンシン氷河のあった紀元前10,000年頃に入ってきていた。彼等はパレオ・インディアンと呼ばれ、現在は絶滅している氷河期の動物を狩っていた。このことは、州の南西部で槍先と共に出土した前史時代のマストドンであるボアズ・マストドンの骨格で裏付けられている。紀元前8,000年ころに氷河期が終わると、人々は狩猟、漁猟、野生の植物の採集で生活するようになった。紀元前1,000年から紀元後1,000年に掛けてのウッドランド期、次第に農業社会が現れるようになった。その期の終わり頃に、地域に数多い動物の形をしたマウンドを築いた「エフィジー・マウンド文化」の中心となった。西暦1000年から1500年、ミシシッピ文化とオネオタ文化で、ウィスコンシン南東部のアズタランにあった防御を施した集落など、かなりの定着地ができていた。オネオタ族は現代のアイオワ族やホーチャンク族の祖先と考えられ、ヨーロッパ人が接触したときにはメノミニー族とともに地域を分け合っていた。その他にこの地域に住んだ部族として、オジブワ族、ソーク族、フォックス族、キカプー族、ポタワトミ族などがあり、1500から1700年の間に東部から移り住んできていた。

ジャン・ニコレ、1910年フランク・ロールベック画、この壁画はグリーンベイ市のブラウン郡庁舎に納められている

1634年、フランス人のジャン・ニコレ(Jean Nicolet)が、現在のウィスコンシンを訪れた最初の白人探検家とされている。五大湖を通り、ヒューロン湖ジョージア湾から西にカヌーで進み、グリーン湾のレッドバンクス近くで上陸したというのが通説である。ピエール・ラディソンとメダール・デ・グロセイユールが1654年から1666年にはグリーン湾を、1659年から1660年にはシワーミガン湾を訪れ、土地のインディアンと毛皮交易を行った。1673年、フランス人探検家ジャック・マルケットルイ・ジョリエが、フォックス・ウィスコンシン水路を経てミシシッピ川のプレーリードゥシーン近くに達し、その日誌を残したことでは最初の者になった。17世紀から18世紀、ニコラス・ペローのようなフランス人が地域全体で毛皮交易を続けたが、フランスは恒久的な開拓地を設けなかった。

フレンチ・インディアン戦争の後、フランスは同地をイギリスに譲渡した(1763年)。それでもフランス人交易業者は地域で事業を続け、シャルル・ド・ラングレイドのように、イギリスに支配されたカナダに戻るよりもウィスコンシンに恒久的に留まる道を選んだ者もいた。

その後、独立戦争などを経て、ウィスコンシンを含む地域はアメリカ合衆国の領土に編入された。しかしその後もイギリスがこの地域を実効支配していたが、米英戦争を経てアメリカ合衆国が支配するようになった。地域経済は交易から鉛鉱業に移っていった。ミネラルポイントやドッジビルおよびその周辺にある鉛鉱床でたやすく富を得られる見込みに惹き付けられたアメリカ人やヨーロッパ人が数多くこの地域に入ってきた。坑夫の中には穴を掘って住居にした者もおり、「アナグマ」という渾名も頂戴した。これがウィスコンシン州の渾名「あなぐま州」の由来になった。白人坑夫が大挙流入してきたことで、土地のインディアンとの間に緊張関係が生じた。1827年のウィネベーゴ戦争、1832年のブラック・ホーク戦争の結果、州の大半の地域からインディアンは退去させられた。ウィスコンシンは1836年ウィスコンシン準州1848年には30番目の州として昇格した。

リポン市にあるリトルホワイトスクールハウス、共和党の最初の集会が開催された

ウィスコンシン州初期の政治は、奴隷制度に関する全国的な議論に巻き込まれた。ウィスコンシン州は創設時から自由州であり、北部の奴隷制度廃止論の中心になった。1854年、ジョシュア・グローバーというミズーリ州から逃亡してきた奴隷ラシーン市で捕まったときに、議論は白熱したものになった。グローバーは1850年の逃亡奴隷法の下に収監されたが、奴隷制度廃止論者の暴徒が監獄に押し寄せ、グローバーの身柄を確保して、カナダへの逃亡を助けた。この事件に続く裁判でウィスコンシン州最高裁判所は、逃亡奴隷法が違憲であると宣言した。リポン市で奴隷制度拡大に反対する行動家によって1854年3月20日に結成された共和党は、これらの出来事の後で州の政治を支配するようになった。南北戦争のとき、ウィスコンシン州から約91,000名の兵士が北軍で戦った。

工業化の進んだミルウォーキー市、1882年

ウィスコンシン州経済は州昇格の初期に多様化を進めた。鉛鉱業が衰退し、州南部では農業が主要産業になった。州内に鉄道が建設されて農作物を市場に運ぶようになり、ラシーン市では農業用機械を製作するためにJ・I・ケース&カンパニーのような製造業が生まれた。1860年代の短期間ではあるが、小麦の生産高では国内最大級になった。一方で州北部の森が深い地域では製材業が繁栄し、ラクロス、オークレア、ウォーソーなどの都市には製材所ができた。これらの経済活動によって環境問題も起こっていた。19世紀末までに大々的な農業で土壌を疲弊させ、製材業は州内の森を切り尽くしていた。小麦農業と製材業は急速に衰退していった。

チェイス市のダニエル・E・クラウス石造納屋、1903年建設、酪農業が州内に広まった

1890年代から農夫はその土地をより持続可能で利益を生むものにするために、小麦から酪農製品に移っていった。多くの移民がチーズの製法をもたらしており、地域の地形が適していたことと、ウィスコンシン大学のスティーブン・バブコックによる酪農に関する研究もあって、「アメリカの酪農地帯」と呼ばれるまでに成長した。一方で、アルド・レオポルドなど環境保護運動家が20世紀初期に森林の再生に貢献し、製材業の再建と製紙業創設への道を開き、さらには北部森林地での観光開発に寄与した。20世紀初期には製造業も急成長した。これにはヨーロッパからの多くの移民が労働力となった。ミルウォーキーのような工業都市では醸造業や食品加工業から重機械や工具の製造業まで幅広いものとなり、1910年には総生産高で全米8位にまでなった。

ロバート・M・ラフォレットウィスコンシン州知事、1905年にイリノイ州ディケーターで演説中

20世紀初期はロバート・M・ラフォレットを筆頭とする進歩主義が台頭した時代でもあった。ウィスコンシン州の進歩派共和党は州全体に渡る最初の包括的予備選挙を導入し,、最初の実質的労働災害補償法を制定し、州税として最初の所得税を定め、所得に応じた課税体系にした。ウィスコンシン・アイディアと呼ばれた進歩主義的考え方で、当時のウィスコンシン大学拡張計画によって州全体にウィスコンシン大学網を広げた。後の1932年、ウィスコンシン大学の経済学教授ジョン・R・コモンズとハロルド・グローブズは、国内初の失業補償法を生み出した。

ウィスコンシン州は20世紀半ばに政治的な極論に関わることが数度あった。1950年代にはジョセフ・マッカーシー上院議員の反共産主義運動に加わり、ウィスコンシン大学マディソン校での反戦運動は、1970年8月のスターリングホール爆破事件で頂点に達した。近年の政治は比較的穏やかだが、新しい概念を推進することは続けており、中でも1990年代にトミー・トンプソン州知事(共和党)が進めた福祉改革では指導的存在になった。20世紀末にかけて州経済もさらに変革を進め、重工業と製造業が衰退し、医療、教育、アグリビジネスおよび観光に基づくサービス産業経済が興ってきた。

アメリカ海軍の戦艦は、過去に2隻がUSSウィスコンシンと名付けられた(BB-9BB-64)。2012年8月、シク教寺院で乱射事件が起こった。

地理

参照:ウィスコンシン州の郡一覧

ウィスコンシンの一風景
ウィスコンシン州は地理的に5つの地域に分けられる
州南西部のドリフトレス地域、氷河が溶けた水で削り取られた断崖が特徴である

ウィスコンシン州の北はスペリオル湖とモントリオール川でミシガン州に、東側はミシガン湖越しにミシガン州に、西側はミネソタ州アイオワ州に、南側はイリノイ州に接している。ミシガン州との州境紛争は1934年と1935年の「ウィスコンシン州対ミシガン州事件」裁判で決着した。東部州境はミシシッピ川、西部州境はセントクロア川、南東部州境はメノミニー川となっている。カナダとの陸の州境が無い州として、最も北にあるものとなっている。

ウィスコンシン州は五大湖とミシシッピ川の間にあり、多様な地形となっている。地理的に5つの地域に分けられる。北部ではスペリオル湖低地が湖岸の帯状の地帯となっている。その南のノーザンハイランド(北部高地)は、面積150万エーカー (6,100 km) のシワーミガン・ニコレイ国立の森や数千の氷河湖、さらに州内最高地点であるティムズ丘陵など硬木と針葉樹の混合林に覆われている。州中央部はセントラルプレイン(中央平原)であり、肥沃な農地に加えて、ウィスコンシン川デルズのような特徴ある砂岩地形がある。南東部の東部尾根と低地地域には州内の大都市の多くが位置している。その尾根にはニューヨーク州から伸びるナイアガラ断崖、ブラック川断崖、マグネシアン断崖が入っている。ナイアガラ断崖の岩盤はドロマイト、ほかの2つは石灰岩である。南西部はウェスタンアップランド(西部台地)は岩がちな風景に森と農地が混じり、またミシシッピ川の多くの断崖もある。この地域はアイオワ州、イリノイ州、ミネソタ州にも広がるドリフトレス地域に属している。この地域は最終氷河期であるウィスコンシン氷河期に氷河に覆われなかった。

全体としてウィスコンシン州の陸地は46%が森林である。ラングレード郡の土壌は、他では滅多に見られないアンティゴー・シルト・ローム層となっている。

アメリカ合衆国国立公園局が管轄する地域は以下の通りである。

アメリカ合衆国森林局が管理する国有林はシワーミガン・ニコレイ国立の森の1つである。

マディソン市は湖の間にある美しい街としてアメリカ国内では有名であり、極めて優れた都市計画のもとに作られている。カリフォルニア大学の本校のあるバークリーと比較してリトル・バークリーとも呼ばれる大学町である。ウィスコンシン大学マディソン校は生物化学などが有名であり、大学院ランキングブックで社会学部門1位など州立大学としては国内トップクラスである。 四季折々の表情豊かな自然に恵まれた土地で、アメリカ国内では人気のある観光地にもなっている。アメリカ国内ではビールチーズの名産地としても知られている。ドイツ系、北欧系住民が多く、地ビールやブラッツ(ブラットワースト)と呼ばれるソーセージが名産。

気候

ウィスコンシン州の気候は湿潤大陸性気候である。州内での過去最高気温は1936年7月13日にウィスコンシン・デルズで記録された114°F (46 ℃) であり、過去最低気温は1996年2月2日と4日にクードレイ村で記録された-55 (-48 ℃) だった。夏は過ごしやすい日が多いが、寒暖の差が激しく、米国内ではミネソタと並び寒い州として有名である。冬は1月が最も寒く夜間は-20℃以下となることが普通であり、-40℃以下となることもある。

州内各都市の月別平均最高最低気温 [°F (°C)]
都市 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
グリーンベイ 25/10

(-4/-12)

 | 29/13

(-2/-11)

 | 40/23

(5/-5)

 | 55/35

(13/1)

 | 67/45

(19/7)

 | 76/55

(25/13)

 | 81/59

(27/15)

 | 79/58

(26/14)

 | 71/49

(22/10)

 | 58/38

(14/4)

 | 43/28

(6/-2)

 | 30/15

(-1/-9)


ラクロス 26/6

(-3/-14)

 | 32/13

(0/-11)

 | 45/24

(7/-4)

 | 60/37

(16/3)

 | 72/49

(22/9)

 | 81/58

(27/14)

 | 85/63

(29/17)

 | 82/61

(28/16)

 | 74/52

(23/11)

 | 61/40

(16/4)

 | 44/27

(7/-3)

 | 30/14

(-1/-10)


マディソン 27/11

(-3/-12)

 | 32/15

(0/-9)

 | 44/25

(7/-4)

 | 58/36

(14/2)

 | 69/46

(21/8)

 | 79/56

(26/13)

 | 82/61

(28/16)

 | 80/59

(27/15)

 | 73/50

(23/10)

 | 60/39

(15/3)

 | 45/28

(7/-2)

 | 31/16

(-1/-9)


ミルウォーキー 29/16

(-2/-9)

 | 33/19

(0/-7)

 | 42/28

(6/-2)

 | 54/37

(12/3)

 | 65/47

(18/8)

 | 75/57

(24/14)

 | 80/64

(27/18)

 | 79/63

(26/17)

 | 71/55

(22/13)

 | 59/43

(15/6)

 | 46/32

(8/0)

 | 33/20

(0/-7)


人口動勢

ウィスコンシン州の人口密度図、2010年
【人口推移】

【年】
【人口】
±%

1820年
1,444 | —
1830年
3,635 | +151.7%
1840年
30,945 | +751.3%
1850年
305,391 | +886.9%
1860年
775,881 | +154.1%
1870年
1,054,670 | +35.9%
1880年
1,315,497 | +24.7%
1890年
1,693,330 | +28.7%
1900年
2,069,042 | +22.2%
1910年
2,333,860 | +12.8%
1920年
2,632,067 | +12.8%
1930年
2,939,006 | +11.7%
1940年
3,137,587 | +6.8%
1950年
3,434,575 | +9.5%
1960年
3,951,777 | +15.1%
1970年
4,417,731 | +11.8%
1980年
4,705,767 | +6.5%
1990年
4,891,769 | +4.0%
2000年
5,363,675 | +9.6%
2010年
5,686,986 | +6.0%

アメリカ合衆国国勢調査局による2011年7月1日推計では、ウィスコンシン州の人口は5,711,767人となっており、2010年国勢調査時点より0.44%増加していた。 アメリカ合衆国国勢調査局によると、2006年現在、ウィスコンシン州人口は5,556,506人と推計され、前年より28,862人、0.5%増加し、2000年より192,791人、3.6%増加した。これは前回の国勢調査からの自然増144,051人(出生434,966人、死亡290,915人)、並びに州内への移住者65,781人が含まれている。アメリカ合衆国外からの移住は56,557人増加したこととなり、合衆国内部の移住者は9,224人増加したことになる。ウィスコンシン州の人口重心マーケサン市のある、グリーンレイク郡となっている[2]

2004年現在、この州内に229,800人(州人口の4.2%)の外国生まれ住民がおり、外国生まれの18%に相当する41,000人の不法在留外国人が暮らしている。州内で生まれた者は71.7%、国内別の州で生まれた者は23.0%、プエルトリコ、アメリカ領島嶼部、アメリカ人の両親のもとに海外生まれは合わせて0.7%である。

ウィスコンシン州の人口の6.4%は5歳以下、25.5%は18歳以下、13.1%は65歳以上である。女性は人口のおおよそ50.6%である。

人種及び祖先

ウィスコンシン州はその設立以来民族的に多様である。フランス人毛皮交易業者の時代に続いて、鉱山労働者の波が訪れ、その多くは州南西部に入ったコーンウォール(イギリス)出身者だった。その次の移民の波は州成立初期にニューイングランドアップステート・ニューヨークからいわゆる「ヤンキー」が多く、重工業、金融、政治と教育を支配した。1850年から1900年の間では多数のヨーロッパ系移民が続き、その中でもドイツ系、北欧系(その中ではノルウェー系が多い)が多く、少数ではベルギー、オランダ、スイス、フィンランド、アイルランド、ポーランド、イタリアなどからの移民がいた。20世紀、大量のメキシコ系やアフリカ系アメリカ人が主にミルウォーキーに入った。さらにベトナム戦争終戦後はミャオ族(モン族)が流入した。

2010年時点で、ウィスコンシン州の人種別の構成は以下の通りである。

2010年に州内で申告された祖先による民族別構成比は以下の通りだった。ポーランド出身の比率では国内最大である。

最新の国勢調査では、この州の白人人口の約半分が、少なくとも一部にドイツ系の血を引くと報告されている。ドイツ系アメリカ人はこの州内で最大の民族集団であり、ウィスコンシン州は合衆国内で最もドイツ系 ("German-American") な州であると広く見なされている(しかし43.9%のドイツ系祖先がいる、ノースダコタ州も、これを主張できる)。減少しているスカンジナビア系の人々、特にノルウェー系はこの州のいくつかの西部地域に多く集中している。様々な民族の集団が州内の様々な地域に入植した。ドイツ系は州全体に入っているが、ミルウォーキーに集中度が高い。ノルウェー系は北部と西部の製材および農業地帯に入った。ベルギー、スイス、フィンランドなどの小さな集団が特定地域に入り、アイルランド、イタリア、ポーランド出身者は主に都市部に入った。アフリカ系アメリカ人は特に1940年から、ミルウォーキーに入ってきた。メノミニー郡はアメリカ合衆国の東半分では唯一インディアン多数の郡である。

アフリカ系アメリカ人の86%はミルウォーキー、ラシーン、ベロイト、ケノーシャの4都市に住んでいる。特にミルウォーキーには州内黒人の4分の3近くが住んでいる。五大湖地方では、ミルウォーキーより高いアフリカ系アメリカ人の構成比を示す都市としてデトロイト市とクリーブランド市があるだけである。

ウィスコンシン州のアジア系人口の33%はミャオ族(モン族)であり、ミルウォーキー、ウォーソーグリーンベイシボイガンアップルトン、マディソン、ラクロスオークレア、オシュコシュ及びマニトワック各市内にかなりの社会を作って暮らしている。これはベトナム戦争後にベトナム人やミャオ族の難民を受け入れた結果である。

ローマ・カトリックのシュライン・オブ・アワーレディ・オブ・グアダルーペ、ラクロス市

宗教

ウィスコンシン州の住民の信仰宗派別構成比を下のリストに示す。

インディアン部族

ウィスコンシン州のインディアン保留地(五大湖の南西部分)

チッペワ族フォックス族ダコタ族ハウサトニック族イリニ族アイオワ族イロコイ族キカプー族マスコーテン族マヒカン族メノミニー族マイアミ族ミズーリ族マンシー族ノグエト族オナイダ族オート族オッタワ族ポタワトミ族チオノンタチ族ウィンネバーゴ族ソーク族ワイアンドット族など、かつて20を超えるインディアン部族が先住し、ウィグワムの集落を築き、農耕採集生活を営んだ。

19世紀に入ると、アンドリュー・ジャクソン大統領の「インディアン移住法」などの民族浄化政策によって、ソーク族フォックス族キカプー族などそのほとんどがオクラホマ州など他州に強制移住させられた。ウィスコンシン州の町「ラクロス」は、インディアンのスポーツであるラクロス競技を由来とする。

1954年にアメリカ連邦議会はウィスコンシン州のメノミニー族の保留地の保留解消法案を可決し、1961年4月30日に正式に「絶滅部族」とした。彼らの保留地は民間の林業企業「メノミニー・エンタープライズ社(MEI)」に売却された。領土を失い貧困のどん底に落ちたメノミニー族は連邦再認定要求を組織化。1973年12月22日、リチャード・ニクソン大統領によって「メノミニー族復活法」が調印され、1954年の保留解消法が撤廃された。1975年1月1日には「メノミニー戦士団(Menominee Warrior Society)」がウィスコンシン州グレシャムの廃修道院を占拠し、部族の医療施設として要求。「アメリカインディアン運動(AIM)」や俳優の ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2018/11/19 12:30

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ウィスコンシン州」の意味を投稿しよう
「ウィスコンシン州」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ウィスコンシン州スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ウィスコンシン州」のスレッドを作成する
ウィスコンシン州の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail