このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ウィンブルドン選手権とは?

移動先: 案内検索
【ウィンブルドン選手権】

公式サイト

【開催国】
イギリス
マートン・ロンドン特別区ウィンブルドン
【開催会場】
オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ
【サーフェス】
芝 / 屋外
【男子ドロー】
128S (128Q) / 64D (16Q)
【女子ドロー】
128S (96Q) / 64D (16Q)
【混合ドロー】
48D
【賞金総額】
£31,600,000 (2017)
グランドスラム


ウィンブルドントロフィー

ウィンブルドン選手権(ウィンブルドンせんしゅけん、英語:The Championships, Wimbledon)は、イギリスロンドンウィンブルドン (Wimbledon) で開催されるテニス四大国際大会の一つである。

目次

  • 1 概要
  • 2 歴史
  • 3 過去10年のシングルス優勝者
  • 4 記録
    • 4.1 男子(1877年 - )
    • 4.2 優勝回数ランキング
    • 4.3 女子(1884年 - )
    • 4.4 その他
  • 5 テレビ放送
  • 6 トロフィー
  • 7 優勝賞金(男女シングルス)
  • 8 脚注
    • 8.1 注釈
    • 8.2 出典
  • 9 関連項目
  • 10 外部リンク

概要

本大会の名称は、以前は「The Lawn Tennis Championships on Grass」であった。この名称が短縮され、現在は「The Championships」と呼ばれる。日本語では便宜上「全英オープン」と呼ばれる場合もある。

毎年オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブを会場とし、原則として6月最終月曜日から2週の日程で開催される。開催期間中の第1週と第2週の中間に位置する日曜日をミドル・サンデーと呼び、この日を休養日として設ける伝統がある。この伝統は一貫して遵守されてきたが、1991年にミドル・サンデーに試合が行われた。雨天による日程の消化不良が深刻化したためだった。1997年と2004年、2016年も同様の理由からミドル・サンデーに試合が行われた。この時期のウィンブルドンは雨が降りやすく、試合が中断される事が多い。

試合や練習の際には白いウェアを着用する事が義務付けられている事も伝統となっており、これは1884年の同選手権女子シングルス部門の初代優勝者であるモード・ワトソン(イングランド)が白で揃えたウェアを着用していた事に由来する。この規定は色だけにとどまらず、ウェアの形状にも及んでいる。1985年大会で全身タイツのようなウェアを着て試合を行ったアン・ホワイトは翌日にはそのウェアの使用を禁止されている。

2015年大会賞金額は昨年より約7パーセント増額し2,675万ポンド(約48億5,000万円、約4,060万ドル)。男女シングルスの優勝者はそれぞれ188万ポンド(約3億4,000万円、285万ドル)を受けとる。1回戦で敗退した選手にも、2万9,000ポンド(約530万円、4万4,500ドル)が支払われる。

2011年のウィンブルドンの賞金総額は1,460万ポンド(約26億5,000万円、2,240万ドル)だったが、この4年間で約2倍に跳ね上がったことになる。

男女ダブルスの優勝者は、34万ポンド(約6,200万円、52万ドル)がそれぞれ支払われ、ミックスダブルスの優勝者10万ポンド(約1,820万円、15万3,000ドル)が支払われる。

開催国イギリスの優勝者は1977年の女子シングルスでバージニア・ウェード以降、男子シングルスで1936年フレッド・ペリー以降現れず(2013年、アンディ・マレーが77年ぶりに制覇した)、“ウィンブルドン現象”という言葉まで生まれた。

優勝決定後の表彰式の準備の手際の良さも見どころの一つである。

屋根が設置されたセンターコート(2010年)

2009年にはセンターコートに引き込み式屋根 (retractable roof) が設置され、同年6月29日、ディナラ・サフィナアメリ・モレスモの試合において初めて使用された。屋根は午後4時39分より動き始め、4時46分までには完全に閉じられた。午後5時19分、屋根が閉じた後初めてのプレーがモレスモのサーブにより開始された。

2015年より、それまで2週間だった全仏オープンとの間隔が、初めて3週間に引き伸ばされて開催されることとなった。

優勝者には、クラブ会長・ケント公爵エドワード王子からトロフィーが授与される。

イギリスではロイヤルアスコット開催(競馬)ヘンリー・ロイヤル・レガッタ(レガッタ)、並びにこの大会が終わる7月下旬に開催される全英オープンゴルフ選手権(ゴルフ)と並ぶ社交界最大のイベント、かつイギリスの夏の最高峰のイベントとして知られている。

歴史

1897年大会
1901年大会の女子ファイナル

第一回大会(en)は、センターコートに置いてあった芝生の手入れ用のローラー(en)が老朽化したため新しくする資金集めを目的に、1877年7月9日から始まった。種目は男子シングルスのみで、21人のアマチュア選手が出場した。このときに、コートの広さや得点方法など、さまざまなルールが決められた。初チャンピオンとなったスペンサー・ゴアには25ギニーのトロフィーが贈られた。

1884年に女子シングルスと、それまでオックスフォードで開催されていた全英男子ダブルスがウィンブルドンで開催されるようになった。1913年には、女子ダブルスとミックスダブルスが加えられ、1968年にはプロ選手の参加が認められた。

過去10年のシングルス優勝者

【年】
【男子】
【女子】
【備考】

2008年
ラファエル・ナダル |  ビーナス・ウィリアムズ | 男子シングルス決勝戦としては、歴代最長の4時間48分。ナダルボルグ以来の全仏、全英の連続優勝(同一年優勝)。
2009年
ロジャー・フェデラー |  セリーナ・ウィリアムズ | センターコートの屋根が完成。新しく2番コートが新設される。
フェデラーサンプラスの記録を抜く4大大会男子シングルス最多優勝(15回)。男子シングルス決勝のゲーム数は77で、4大大会男子シングルス決勝では最多記録。
2010年
ラファエル・ナダル |  セリーナ・ウィリアムズ | 
2011年
ノバク・ジョコビッチ |  ペトラ・クビトバ | 
2012年
ロジャー・フェデラー |  セリーナ・ウィリアムズ | フェデラーが、レンショーサンプラスに並ぶ男子シングルス最多優勝7回を達成。
2013年
アンディ・マレー |  マリオン・バルトリ | アンディ・マレーマリオン・バルトリ共に初優勝。男子は77年ぶり英国人優勝。
2014年
ノバク・ジョコビッチ |  ペトラ・クビトバ | 
2015年
ノバク・ジョコビッチ |  セリーナ・ウィリアムズ | 

ノバク・ジョコビッチの同選手権の2連覇は 5連覇を達成したロジャー・フェデラー以来、8年ぶり。


2016年
アンディ・マレー |  セリーナ・ウィリアムズ | 

セリーナ・ウィリアムズが2年連続7回目の優勝。四大大会22回の優勝はシュテフィ・グラフに並ぶオープン化以降最多の回数。


2017年
ロジャー・フェデラー |  ガルビネ・ムグルサ | フェデラーが、男子シングルス歴代最多優勝(8回目)。ムグルサがグランドスラム初優勝。

記録

男子(1877年 - )

【記録名】
【時代】
【選手名】
【記録値】
【年代】

シングルス
最多優勝回数 | 1968年以前 |  ウィリアム・レンショー | 7回 | 1881年 - 1886年、1889年
1968年以後 |  ロジャー・フェデラー | 8回 | 2003年 - 2007年、2009年、2012年、2017年
シングルス
最多連続優勝回数 | 1968年以前 |  ウィリアム・レンショー | 6回 | 1881年 - 1886年
1968年以後 |  ビョルン・ボルグ | 5回 | 1976年 - 1980年
ロジャー・フェデラー | 2003年 - 2007年
ダブルス
最多優勝回数 | 1968年以前 |  レジナルド・ドハティー
ローレンス・ドハティー | 8回 | 1897年 - 1901年、1903年 - 1905年
1968年以後 |  トッド・ウッドブリッジ | 9回 | 1993年 - 1997年、2000年(いずれもマーク・ウッドフォード組)、
2002年 - 2004年(ヨナス・ビョークマン組)
ダブルス
最多連続優勝回数 | 1968年以前 |  レジナルド・ドハティー
ローレンス・ドハティー | 5回 | 1897年 - 1901年
1968年以後 |  トッド・ウッドブリッジ
マーク・ウッドフォード | 5回 | 1993年 - 1997年
混合ダブルス
最多優勝回数 | 1968年以前 |  ケン・フレッチャー | 4回 | 1963年、1965年 - 1966年、1968年(マーガレット・スミス・コート組)
ビック・セイシャス | 1953年 - 1956年(ドリス・ハート組で3回、シャーリー・フライ組で1回)
1968年以後 |  オーウェン・デビッドソン | 4回 | 1967年、1971年、1973年 - 1974年(いずれもビリー・ジーン・キング組)
最多優勝回数
(シングルス、ダブ
ルス、混合の合計) | 1968年以前 |  ウィリアム・レンショー | 14回 | 1880年 - 1889年(シングルス7回、ダブルス7回)
1968年以後 |  トッド・ウッドブリッジ | 9回 | 1993年 - 2004年(ダブルス9回)

優勝回数ランキング

【選手】
【回数】

ロジャー・フェデラー | 8
ウィリアム・レンショー | 7
ピート・サンプラス
ローレンス・ドハティー | 5
ビヨン・ボルグ

女子(1884年 - )

【記録名】
【時代】
【選手名】
【記録値】
【年代】

シングルス
最多優勝回数 | 1968年以前 |  ヘレン・ウィルス・ムーディ | 8回 | 1927年 - 1930年、1932年 - 1933年、1935年、1938年
1968年以後 | / マルチナ・ナブラチロワ | 9回 | 1978年 - 1979年、1982年 - 1987年、1990年
シングルス
最多連続優勝回数 | 1968年以前 |  スザンヌ・ランラン | 5回 | 1919年 - 1923年
1968年以後 | / マルチナ・ナブラチロワ | 6回 | 1982年 - 1987年
ダブルス
最多優勝回数 | 1968年以前 |  エリザベス・ライアン | 12回 | 1914年(アグネス・モートン組)、1919年 - 1923年、1925年(スザンヌ・ランラン組)、1926年(メアリー・ブラウン組)、
1927年、1930年(ヘレン・ウィルス・ムーディ組)、1933年 - 1934年(シモーヌ・マチュー組)
ビリー・ジーン・キング | 10回 | 1961年 - 1962年(カレン・サスマン組)、1965年(マリア・ブエノ組)、
1967年 - 1968年、1970年 - 1971年、1973年(ロージー・カザルス組)、1972年(ベティ・ストーブ組)、1979年(マルチナ・ナブラチロワ組)
1968年以後 | / マルチナ・ナブラチロワ | 7回 | 1976年(クリス・エバート組)、1979年(ビリー・ジーン・キング組)、1981年 - 1984年、1986年(パム・シュライバー組)
ダブルス
最多連続優勝回数 | 1968年以前 |  スザンヌ・ランラン
エリザベス・ライアン | 5回 | 1919年 - 1923年
1968年以後 | / マルチナ・ナブラチロワ
パム・シュライバー | 4回 | 1981年 - 1984年
/ ナターシャ・ズベレワ | 1991年(ラリサ・ネーランド)、1992年 - 1994年(ジジ・フェルナンデス)
混合ダブルス
最多優勝回数 | 1968年以前 |  エリザベス・ライアン | 7回 | 1919年、1921年、1923年(ランドルフ・ライセット組)、1927年(フランシス・ハンター組)、
1928年(パトリック・スペンス組)、 1930年(ジャック・クロフォード組)、1932年(エンリケ・マイヤー組)
1968年以後 | / マルチナ・ナブラチロワ | 4回 | 1985年(ポール・マクナミー)、1993年(マーク・ウッドフォード)、1995年(ジョナサン・スターク)、2003年(リーンダー・パエス)
最多優勝回数
(シングルス、ダブ
ルス、混合の合計) | 1968年以前 |  ビリー・ジーン・キング | 20回 | 1961年 - 1979年(シングルス6回、ダブルス10回、混合4回)
エリザベス・ライアン | 19回 | 1914年 - 1934年(ダブルス12回、混合7回)
1968年以後 | / マルチナ・ナブラチロワ | 20回 | 1976年 - 2003年(シングルス9回、ダブルス7回、混合4回)

その他

【記録名】
【選手名】
【記録値】
【年代】

シングルス最多勝利数(男子) |  ロジャー・フェデラー | 91勝 | 2001年 -
シングルス最多勝利数(女子) | / マルチナ・ナブラチロワ | 120勝 | 1973年 - 2004年
シングルス最多決勝進出回数(男子) |  ロジャー・フェデラー | 11回 | 2003年 -
シングルス最多決勝進出回数(女子) | ブランチ・ビングリー | 13回 | 1885年 - 1901年
最多試合数(男子) |  ジャン・ボロトラ | 223戦 | 1922年 – 1939年、1948年 – 1964年
最多試合数(女子) | / マルチナ・ナブラチロワ | 326戦 | 
シングルス最多準優勝回数
(男子・女子) |  ブランチ・ビングリー | 7回 | 1885年、1887年 - 1888年、1891年 - 1893年、1901年
クリス・エバート | 1973年、1978年 - 1980年、1982年、1984年 - 1985年
優勝者の最低世界ランキング
(男子) |  ゴラン・イワニセビッチ | 125位 | 2001年
ワイルドカード(主催者推薦)
の優勝者(男子・女子) |  ゴラン・イワニセビッチ |  | 2001年
優勝者の最低世界ランキング(女子) |  ビーナス・ウィリアムズ | 31位
(第23シード) | 2007年
最年少優勝者(男子) |  ボリス・ベッカー | 17歳 | 1985年
最年少優勝者(女子シングルス) |  ロッティ・ドッド | 15歳 | 1887年
最年少優勝者(女子ダブルス) |  マルチナ・ヒンギス | 15歳 | 1996年
最長試合時間決勝戦(男子) |  ジョン・マッケンロー
ミヒャエル・シュティヒ

ジム・グラブ
リッチー・レネバーグ | 5時間1分 | 1992年、男子ダブルス
最長試合時間(男子) |  ジョン・イスナー

ニコラ・マユ | 11時間5分 | 2010年、男子シングルス
―最終第5セットがゲームカウント59-59で2日目の日没サスペンデッド(中断)となった。第5セットは最終的に70-68となりイスナーが勝利した。
最多ゲーム数決勝戦(男子) |  ジョン・マッケンロー
ミヒャエル・シュティヒ

ジム・グラブ
リッチー・レネバーグ | 83ゲーム | 1992年、男子ダブルス
最多ゲーム数(男子) |  ジョン・イスナー

ニコラ・マユ | 183ゲーム | 2010年、男子シングルス
最長試合時間決勝戦(女子) |  リンゼイ・ダベンポート

ビーナス・ウィリアムズ | 2時間45分 | 2005年、女子シングルス

テレビ放送

 | この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2011年11月)

BBC1937年からウィンブルドン選手権の放送を担当しており、2005年の実績では全チャンネルで約900時間を放送した。また、決勝戦は必ず試合終了まで生中継しなければならない。

日本ではシングルスはテレビ朝日(~1986年。当時の放送時間は準決勝までは深夜枠にて、女子のシングルス決勝は土曜日のニュース最終版終了後の深夜枠にて衛星中継、男子シングルス決勝は「日曜洋画劇場」を休止して衛星生中継で放送していた。途中ニュース最終版などの挿入による中断あり)→NHK(1987年以降~)、ダブルスはGAORAで長年放送されていた。シングルスはNHKデジタル衛星ハイビジョンで全日程生中継され2003年まではNHK衛星第1テレビ(年によっては衛星第2テレビ)でも大半の試合を生中継していたが、年々NHKがウィンブルドン放送を担当する時間は大幅に減少していき2008年からはNHKに替わってWOWOWがウインブルドンの衛星放送権を獲得している。

NHKは地上波総合テレビのみでの放送となり、毎日24時台~4時15分の日付起点時間までの終夜体制で録画中継を行っている。生中継は一旦廃止されたものの2012年から男子シングルス決勝と女子シングルス決勝の生中継が復活した。また大会終了から1週間後に衛星第1でシングルスの決勝戦を2時間程度にまとめた録画版を放送している(2009年の男子は試合が長引いたので3時間程度のものになった)。2010年は他のスポーツ中継参議院議員通常選挙の時期と重なり、教育テレビ(現Eテレ)で放送を行っている。また2014年も2014 FIFAワールドカップの試合時間がウィンブルドン選手権と重複するため、一部開催日でEテレに振り替えて放送する。2015年は通常の中継の他、インターネットでも配信を行う。

トロフィー

男子シングルスの優勝トロフィースターリングシルバー製の高さ18.5インチ(約47cm)、直径7.5インチ(約19cm)のカップが1887年以来授与されている。実物はオールイングランドクラブの所有物でありオールイングランドクラブの博物館に保管されているため、優勝者に授与されるのは実物の3/4の大きさ(高さ13.5インチ)の、過去の全ての優勝者の名前を刻印したカップである。

女子シングルスの優勝トロフィーは1886年以来スターリングシルバー製の直径約18.75インチ(約48cm)大皿「ヴィーナス・ローズウォーター・ディッシュ」(en)(略称:ローズウォーター・ディッシュ)である。男子シングルの優勝カップ同様に現物はオールイングランドクラブの所有物でありオールイングランドクラブの博物館に保管され

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/01/19 01:07

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ウィンブルドン選手権」の意味を投稿しよう
「ウィンブルドン選手権」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ウィンブルドン選手権スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ウィンブルドン選手権」のスレッドを作成する
ウィンブルドン選手権の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail