このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ウェザーニューズとは?

株式会社ウェザーニューズ
WEATHERNEWS INC.

本社・グローバルセンターが入居する
幕張テクノガーデン(幕張新都心)

種類
株式会社
【機関設計】
監査役会設置会社
【市場情報】
ヘラクレス(廃止) 4825
2000年12月25日 - 2003年8月8日
東証2部 4825
2002年12月26日 - 2003年10月31日
東証1部 4825
2003年11月4日上場

【略称】
WNI
【本社所在地】
日本
261-0023
千葉県千葉市美浜区中瀬一丁目3番地
幕張テクノガーデン
【設立】
1986年6月11日
(株式会社ウェザーニュースとして設立)
業種
情報・通信業
法人番号
6010401003504
【事業内容】
気象コンテンツサービス事業
衛星基幹放送事業など
【代表者】
代表取締役社長 草開千仁
代表取締役副社長 宮部二朗
【資本金】
17億650万0千円(2015年5月31日現在)
【発行済株式総数】
11,844,000株(2016年5月31日現在)
【売上高】
連結:140億6,412万8千円
単独:138億5,912万9千円
(2015年5月期)
【営業利益】
連結:33億459万2千円
単独:33億44万3千円
(2015年5月期)
【経常利益】
連結:35億444万3千円
単独:34億6,293万4千円
(2015年5月期)
【純利益】
連結:22億5,245万0千円
単独:22億2,521万4千円
(2015年5月期)
【純資産】
連結:118億6,871万3千円
単独:112億6,427万0千円
(2015年5月31日現在)
【総資産】
連結:135億8,322万6千円
単独:136億2,531万2千円
(2015年5月31日現在)
【従業員数】
連結:718名
単体:612名(2015年5月31日現在)
【決算期】
5月31日
【会計監査人】
有限責任監査法人トーマツ
【主要株主】
WNI気象文化創造センター 15.57%
ダブリュー・エヌ・アイ・インスティテュート 15.57%
ウェザーニューズ社員サポーター持株会 3.98%
三菱UFJ銀行 3.30%
千葉銀行 3.30%
(2018年11月30日現在)
【主要子会社】
関連会社の節を参照
【関係する人物】
石橋博良(創業者)
【外部リンク】
https://weathernews.com/
特記事項:1986年9月に株式会社ウェザーニューズへ商号変更

株式会社ウェザーニューズ(: WEATHERNEWS INC.)は、千葉県千葉市美浜区本社・グローバルセンターを置く日本気象情報会社(予報業務許可事業者)である。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 主要株主
    • 1.2 取締役及び監査役
  • 2 沿革
  • 3 事業内容
    • 3.1 WNIフォーマット使用放送局
    • 3.2 The Last 10-Second
    • 3.3 ソラテナ(WITHセンサー)
  • 4 社是
  • 5 拠点
    • 5.1 グローバルセンター
    • 5.2 各地の拠点
  • 6 行政指導など
    • 6.1 10日間の天気傾向の発表に対する業務改善命令
    • 6.2 「がけ崩れ予測メール」に対する行政指導
    • 6.3 平成21年台風第18号の上陸発表に対する口頭指導
    • 6.4 フィルタリング規制
  • 7 WNI中期ビジョン(プロジェクト)
    • 7.1 SHIRASEプロジェクト
    • 7.2 CASAプロジェクト
    • 7.3 WNI衛星プロジェクト
      • 7.3.1 WNISAT-1
      • 7.3.2 WNISAT-1R
  • 8 サポーター参加型企画
  • 9 気象情報配信
    • 9.1 携帯用動画番組『おは天』
    • 9.2 ウェザーニュースLiVE(SOLiVE24)
    • 9.3 ソラマド
  • 10 出版物
    • 10.1 季刊SORA(そら)
    • 10.2 その他の出版物
  • 11 株主等制度
    • 11.1 WITHist Club
    • 11.2 株主優待
      • 11.2.1 優待の基準
    • 11.3 株主総会
  • 12 ウェザーニューズにおける主な著名人・出身者
  • 13 関連会社
  • 14 関係先
  • 15 脚注
    • 15.1 注釈
    • 15.2 出典
  • 16 外部リンク

概要

アメリカに本社のあった海洋気象調査会社・オーシャンルーツの日本法人の代表取締役社長だった石橋博良金融機関の協力を得た上で、同社の陸上・航空部門を1億8,000万円で買い取るという、当時としては非常に珍しいMBO(マネジメント・バイ・アウト)方式1986年(昭和61年)に設立(設立当時の従業員数は約40人だった)。日本における民間総合気象情報サービスの草分け的企業であるとともに、1993年(平成5年)には親会社のオーシャンルーツを吸収合併し、世界最大の民間気象情報会社となっている。 ウェザーニューズとしての創業は1986年(昭和61年)であるが、前身のオーシャンルーツやオーシャンルーツの前身であるパシフィックウェザー・アナリシス・コーポレーションを含めると、約55年にも及ぶ歴史がある(2008年(平成20年)時点)。ちなみに、パシフィック・アナリシス・コーポレーションは太平洋上を航行する船舶に対して、気象航路情報の提供を行っていた企業であり、世界初の民間気象情報会社だった。

元々ウェザーニューという社名で設立された後、ウェザーニューズへ社名変更している。かつて、同社の子会社にウェザーニュースという会社があったこともあり、「ウェザーニュース」と「ウェザーニューズ」は混同されやすいが、「ウェザーニュース」の名称は、同社のインターネットの気象総合サイト、携帯電話向けサイト、BSデジタル放送ケーブルテレビ向け放送の名称となっていて、社名の「ウェザーニューズ」とは使い分けがされている。

企業や自治体に気象情報を提供するだけでなく、ケーブルテレビ向けに地域対象の天気予報を提供している。

コーポレートキャッチフレーズは「Always WITH you!」(どんなときでもあなたとともに!)。

主要株主

(2015年(平成27年)8月31日現在、%表記は記載のない限り持株比率)

この項の出典については「第30期第1四半期報告書 (PDF) 」 ウェザーニューズ 2015年10月13日 11p.の大株主の状況 に依った。

取締役及び監査役

(2010年(平成22年)5月31日現在) 取締役11名及び監査役1名は以下の通り。所有株式数は2011年(平成23年)5月31日現在。

取締役

この項の出典については以下の出典に依った。

沿革

事業内容

モバイルコンテンツサービス
携帯電話をメインに据えた全世界サービス網を持ち、課金システムはローカライズされているが、主な機能は日本に集約している。システム規模は世界最大で、日本でも携帯電話の有料お天気サイトでは会員数トップの約160万人の有料会員がいる。サービス開始当初(1999年2月)は携帯電話会員数(当時は月額105円コースのみ)が4人しか加入しておらず、当事業の収益が携帯電話会社の手数料や消費税などの諸経費を差し引いて、たったの67円だった事をウェザーニューズ取締役の石橋知博が明らかにしている。2004年(平成16年)4月auEZチャンネルへ携帯電話向け初の天気動画チャンネルとして始まった携帯サイト連動型動画番組「ウェザーニュース」(現在の「おは天」)は、その後、EZwebNTTドコモFOMA、ボーダフォン(現在のソフトバンクモバイル)・ボーダフォンライブ!(現在のYahoo!ケータイ)に対応し、更に2005年2月から韓国のKTフリーテル(現在のKTF)で、同年9月から台湾のFarEasToneでも同様の番組が提供され、韓国進出時に実施されたお天気キャスターの一般公募はその後進出した台湾、更に日本でも実施されている(日本については、2009年3月の公募を最後に一般公募を一時休止していたが、2010年11月に約1年半ぶりに一般公募を実施する)。
航空気象コンテンツサービス
航空管制からフライトプラン作成用資料の提供など大型旅客機・航空貨物パイロット向けのサービスと、山岳地における低高度気象情報の提供など地域航空向けのサービスを行っている。JALANAなどの国内航空会社のほか、ヴァージン・アメリカ中国東方航空などの海外航空会社でも同サービスを導入している。
海運気象コンテンツサービス
航路上の気象状況を気象衛星および同社所有の海上ブイからのテレメトリ情報をもとに、航路最適化・寄港地における気象状況といったサービスを提供している。
停泊船舶の安全管理の必要性が高まる中、OPO(Optimum PortOparation、停泊船舶保全サービス)が提供された。これは停泊中の本船への台風、爆弾低気圧の接近の告知や荒天の状況を運行海運業者と当該船舶に対し発信するサービスである。
海上気象コンテンツサービス
石油掘削基地をはじめ、海上で固定的に運用する設備向けの気象情報サービスである。
流通気象コンテンツサービス
コンビニエンスストア等における、気象状況に応じた発注情報の最適化サービスを提供する。セブン-イレブン・ジャパンミニストップなどで同サービスを導入している。
放送気象コンテンツサービス
幕張グローバルセンター内に、3つのテレビスタジオ(携帯電話向け動画収録も兼ねる)があるWNI SITEと、予報業務の中枢であるGPEC(グローバル気象予報センター)内にも放送ブースを有し、自社制作による気象映像番組を、テレビやインターネットで配信している。日本の気象情報会社で唯一の放送事業者(衛星基幹放送事業者)であり、国内唯一のBSデジタルデータ放送における気象専門チャンネルを保有する他、J:COMなど各地のケーブルテレビ局への気象情報番組の提供、自社ウェブサイト・国内ポータルサイト(MSN ビデオ)、海外に対しても気象番組の配信を行っている。
報道気象コンテンツサービス
気象予報士や放送技術とノウハウを国内地上波テレビ・ラジオ局に提供している(地上波民放テレビ局の場合、主にテレビ朝日系列局を中心に配信。さらに基本的にキー局TBSから加盟各局全てに予報画面等の配信を行っているJNNにも気象データの提供を行っている。国内テレビ局における同社のシェアは70%を超えている(後述)。また、テレビ各局で使用されている天気予報の自動音声システムも自社開発している。伝送媒体に通信衛星から海底ケーブルまで幅広いラインナップを持っており、同社の営業社員の大半は気象予報士である。
道路気象コンテンツサービス
気象情報による一般道路・高速道路の速度制限やトラフィックマネジメントといった基本的なサービスのほか、コンサルタントによる運用アドバイスなど幅広いノウハウと技術提供を行っている。
防災気象コンテンツサービス
河川防災など基本的サービスの他、地域ケーブル局と連携し住民に避難情報の勧告、リアルタイムなデータの提供などを行っている。また同社はBSデジタル放送局であるため、地域放送局が壊滅的ダメージを蒙っても情報を供給することができる。
鉄道気象コンテンツサービス
運行指令業務サービスを基本に、災害情報、また同社得意の限定地域における短期間予測によるサービスによって設備改修作業における情報の提供を行っている。また、近年の突風・竜巻・ゲリラ雷雨などの災害による安全運行規制を支援するサービスも行っている。
トラベル気象コンテンツサービス
旅行産業市場事業者や屋外施設運営を行なう事業者に、気象情報を提供し、旅行日程調整や施設運用可否判断といったサービスパッケージを用意している。
スポーツ気象コンテンツサービス
各種スポーツ設備運営業者をはじめ、開催日程や設備運用可否判断といったサービスを提供している。同社はFIFAワールドカップを主催している国際サッカー連盟正月の大型スポーツイベントの一つでもある箱根駅伝インディカー・シリーズ(IRL)のイベントの一つでもあるインディジャパン300(2009年-)、選抜高等学校野球大会全国高等学校野球選手権大会を主催している日本高等学校野球連盟(1983年(昭和58年)-)とも提携・協力している。さらに高校野球の地方大会でも、別のスポーツで発生した落雷事故の裁判で主催者と高校に巨額の損害賠償を命じたことを受けて、2009年(平成21年)は埼玉・千葉・静岡兵庫宮崎各県の高野連にも気象情報を提供した。
動気候コンテンツサービス
農作物収穫スケジュール作成に必要な情報を提供し、また同社が世界規模で気象庁を買収もしくは提携している事により、エルニーニョ現象などによる異常気象発生の予測など広域気象情報サービスを行っている。
電力気象コンテンツサービス
電力ガスなど動力施設に対して、気象による需要変化の予測サービスを提供し、電力潮流制御や燃料調達計画を支援している。
工場気象コンテンツサービス
気象に基づく生産管理支援、落雷など動力への支障発生を予測するサービスを提供している。同社は多くの電力会社、ガス会社と提携しており、それらの提携先から入手した情報をフィードバックし、サービスを提供している。
健康気象コンテンツサービス
花粉発生予測、紫外線情報、熱線情報を総合的に扱っており、健康管理における目安となるサービスを提供している。このサービスはBSデジタルデータ放送、ケーブルテレビ放送から入手できる他、提携している病院からも情報を得ることができる。
童理気象データサービス
本サービスは特定の物を扱っているものではない。同社は24時間365日、基本となる気象情報から、日本・アジア米国欧州それぞれに最適化し基本情報のほか応用情報を用意、各種教育機関、研究機関に情報提供している。同社におけるサービスの基幹でもあり、他のサービスにおけるデータソースでもある。

WNIフォーマット使用放送局

放送局への気象情報の提供は、前身のオーシャンルーツ日本社が1983年に朝日放送へ気象情報提供を開始したのが最初で、現在、ウェザーニューズの予報を使用している放送局は、前述の通り70パーセントを超えている。主に東北地方の放送局や、テレビ朝日系列やフジテレビ系列の放送局が使用している。なお、TBS系列局は気象衛星の画像などがTBS系列で一括で使用されているが、予報自体はテレビ山口、長崎放送、宮崎放送、琉球放送などで使用されている。また、下記の放送局でもウェザーマップの気象予報士が出演している番組では、同社からのデータも併用している場合がある他、日本気象協会からのデータも併用している局がある。

また、天気予報時に使用される自動音声や、地上デジタル放送向けデータ放送(NHK各放送局とテレビ朝日系列のみ)の天気予報データは、それぞれウェザーニューズが開発・提供しているものを使用している。

使用している放送局は、下記の通り。

テレビ局
N=日本テレビ系列局(NNNNNS)、A=テレビ朝日系列局(ANN)、J=TBS系列局(JNN)、T=テレビ東京系列局(TXN)、F=フジテレビ系列局(FNNFNS)、U=独立UHF局、D=独立系テレビ局
出典:wikipedia
2019/12/09 03:38

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ウェザーニューズ」の意味を投稿しよう
「ウェザーニューズ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ウェザーニューズスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ウェザーニューズ」のスレッドを作成する
ウェザーニューズの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail