このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ウェスリー・ムーディとは?

【基本情報】

【フルネーム】
Wesley Arthur Moodie
【愛称】
ウェス (Wes)
【国籍】
南アフリカ共和国
【出身地】
同・ダーバン
【生年月日】
(1979-02-14) 1979年2月14日(39歳)
【身長】
196cm
【体重】
91kg
【利き手】

【バックハンド】
片手打ち
【ツアー経歴】

【デビュー年】
2000年
【引退年】
2011年
【ツアー通算】
7勝
【シングルス】
1勝
【ダブルス】
6勝
【生涯通算成績】
228勝203敗
【シングルス】
58勝70敗
【ダブルス】
170勝133敗
【生涯獲得賞金】
$2,455,112
【4大大会最高成績・シングルス】

全豪
2回戦(2006)
全仏
1回戦(2006)
全英
3回戦(2003)
全米
3回戦(2006)
【4大大会最高成績・ダブルス】

全豪
ベスト4(2008)
全仏
準優勝(2009)
全英
優勝(2005)
全米
ベスト8(2009・10)
【優勝回数】
1(英1)
【キャリア自己最高ランキング】

【シングルス】
57位(2005年10月10日)
【ダブルス】
8位(2009年8月3日)
テンプレート プロジェクト テニス

ウェスリー・アーサー・ムーディ(Wesley Arthur Moodie, 1979年2月14日 - )は、南アフリカ共和国ダーバン出身の男子プロテニス選手。2005年ウィンブルドン選手権男子ダブルスで、ステファン・フースとペアを組んで優勝した。2009年全仏オープン男子ダブルスディック・ノーマンと組んだ準優勝もある。ATPツアーでシングルス1勝、ダブルス6勝を挙げた。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。自己最高ランキングはシングルス57位、ダブルス8位。

目次

  • 1 来歴
  • 2 ATPツアー決勝進出結果
    • 2.1 シングルス: 1回 (1勝0敗)
    • 2.2 ダブルス: 13回 (6勝7敗)
  • 3 4大大会シングルス成績
  • 4 脚注
  • 5 外部リンク

来歴

ムーディは両親とも大学教員の家庭に生まれ、6歳からテニスを始めた。アメリカ合衆国アラバマ州の学生テニス選手としてプレーし、大学で文系準学士号を取得した後、2000年に21歳でプロ入りする。2002年から男子テニス国別対抗戦デビスカップ南アフリカ共和国代表選手に選ばれ、2003年ウィンブルドン選手権男子シングルスセバスチャン・グロジャンとの3回戦に進出したが、2005年ウィンブルドン選手権男子ダブルス優勝までは、ムーディは世界的には無名に近い選手だった。

2005年ウィンブルドン選手権男子ダブルスで、ムーディとステファン・フースは2回戦でマヘシュ・ブパシ/トッド・ウッドブリッジ組を6-3, 7-6, 6-3のストレートで破って波に乗る。長年にわたってダブルスの世界的名手として君臨したウッドブリッジは、この試合の敗戦を最後に現役を引退した。ムーディとフースは、準々決勝でマーク・ノールズ/ミカエル・ロドラ組、準決勝でヨナス・ビョルクマン/マックス・ミルヌイ組といった強豪ペアを連破し、決勝では第2シードのブライアン兄弟と対戦した。初めての決勝では、伏兵のムーディ/フース組がブライアン兄弟を7-6, 6-3, 6-7, 6-3で破って優勝した。これはムーディにとって、プロテニス経歴の初優勝であった。ウィンブルドン男子ダブルス優勝の3ヶ月後、ムーディはジャパン・オープン・テニス選手権で来日し、決勝戦でマリオ・アンチッチを1-6 7-6, 6-4の逆転で破って初優勝した。これが唯一のシングルスタイトルである。ムーディとフースは11月第2週の男子テニス年間最終戦テニス・マスターズ・カップのダブルスにも出場した。

2006年全米オープン男子シングルスではラファエル・ナダルとの3回戦に進出した。大会前年度優勝者として出場したジャパン・オープン・テニス選手権では、2回戦で世界ランキング1位のロジャー・フェデラーに4-6, 1-6のストレートで敗れた。2007年度はダブルスでトッド・ペリーと組んで2勝を挙げた。デビスカップ南アフリカ共和国代表選手としても、2008年まで7年連続出場を果たしている。

フースと組んだ2005年ウィンブルドン選手権優勝から4年後、ムーディは2009年全仏オープン男子ダブルスディック・ノーマンと組み、決勝に進出した。決勝では第3シードのルーカス・ドロウヒー/リーンダー・パエス組に6-3, 3-6, 2-6の逆転で敗れて準優勝になり、ムーディは4大大会男子ダブルス2冠のチャンスを逃した。この後ウィンブルドン選手権男子ダブルスでも、ノーマンと組んで4年ぶり2度目の準決勝に進み、第1シードのブライアン兄弟組に6-7, 6-7, 4-6で敗れた。

ムーディは2009年1月末のSAテニスオープンの予選敗退を最後に、ATPツアーのシングルスから撤退しダブルスに専念していたが、2011年ウィンブルドン選手権を最後に32歳で現役を引退した。

ATPツアー決勝進出結果

シングルス: 1回 (1勝0敗)

大会グレード
グランドスラム (0-0)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
ATPマスターズシリーズ (0-0)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (1-0)
ATPインターナショナルシリーズ (0–0)
 | 
サーフェス別タイトル
ハード (1–0)
クレー (0-0)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 | 1. | 2005年10月9日 |  東京 | ハード |  マリオ・アンチッチ | 1–6, 7–6, 6–4

ダブルス: 13回 (6勝7敗)

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 | 1. | 2005年7月3日 |  ウィンブルドン | 芝 |  ステファン・フース |  ボブ・ブライアン
マイク・ブライアン | 7–6, 6–3, 6–7, 6–3
準優勝 | 1. | 2005年10月31日 |  バーゼル | カーペット (室内) |  ステファン・フース |  アグスティン・カレリ
フェルナンド・ゴンサレス | 5–7, 5–7
準優勝 | 2. | 2006年2月6日 |  デルレイビーチ | ハード |  クリス・ハガード |  マーク・ノールズ
ダニエル・ネスター | 2–6, 3–6
優勝 | 2. | 2007年1月7日 |  アデレード | ハード |  トッド・ペリー |  ノバク・ジョコビッチ
ラデク・ステパネク | 6–4, 3–6, [15–13]
優勝 | 3. | 2007年4月9日 |  バレンシア | クレー |  トッド・ペリー |  イブ・アレグロ
セバスティアン・プリエト | 7–5, 7–5
準優勝 | 3. | 2008年1月5日 |  ドーハ | ハード |  ジェフ・クッツェー |  フィリップ・コールシュライバー
ダビド・シュコフ | 4–6, 6–4, [9–11]
優勝 | 4. | 2008年4月20日 |  エストリル | クレー |  ジェフ・クッツェー |  ジェイミー・マリー
ケビン・ウリエット | 6–2, 4–6, [10–8]
準優勝 | 4. | 2008年11月3日 |  パリ | ハード (室内) |  ジェフ・クッツェー |  ヨナス・ビョルクマン
ケビン・ウリエット | 2–6, 2–6
準優勝 | 5. | 2009年5月17日 |  マドリード | クレー |  シーモン・アスペリン |  ダニエル・ネスター
ネナド・ジモニッチ | 4–6, 4–6
準優勝 | 6. | 2009年6月6日 |  全仏オープン | クレー |  ディック・ノーマン |  ルーカス・ドロウヒー
リーンダー・パエス | 6–3, 3–6, 2–6
優勝 | 5. | 2009年6月14日 |  ロンドン | 芝 |  ミハイル・ユージニー |  マルセロ・メロ
アンドレ・サ | 6–4, 4–6, [10–6]
優勝 | 6. | 2009年6月20日 |  スヘルトーヘンボス | 芝 |  ディック・ノーマン |  ヨハン・ブラルンストロム
ジャン=ジュリアン・ロイヤー | 7–6, 6–7, [10–5]
準優勝 | 7. | 2010年4月10日 |  ヒューストン | クレー |  ステファン・フース |  ボブ・ブライアン
マイク・ブライアン | 3–6, 5–7

4大大会シングルス成績

略語の説明
W | F | SF | QF | #R | RR | Q# | LQ | A | WG | Z# | PO | SF-B | S | G | NMS | NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

【大会】
【2001】
【2002】
【2003】
【2004】
【2005】
【2006】
【2007】
【2008】
通算成績
全豪オープン | LQ | A | LQ | 1R | LQ | 2R | LQ | LQ | 1–2
全仏オープン | A | A | LQ | A | A | 1R | LQ | LQ | 0–1
ウィンブルドン | LQ | A | 3R | 1R | LQ | 1R | LQ | LQ | 2–3
全米オープン | A | A | 2R | LQ | 1R | 3R | LQ | A | 3–3

脚注

  1. ^ Moodie Retires From Professional Tennis

外部リンク

ウィンブルドン(オープン化以後)男子ダブルス優勝者
1970年代 | 

1980年代 | 
  • (1980年)ピーター・マクナマラ&ポール・マクナミー
  • (1981年)ジョン・マッケンロー&ピーター・フレミング
  • (1982年)ピーター・マクナマラ&ポール・マクナミー
  • (1983年・84年)ジョン・マッケンロー&ピーター・フレミング
  • (1985年) ハインツ・ギュンタード&バラージュ・タロツィ
  • (1986年)マッツ・ビランデル&ヨアキム・ニーストロム
  • (1987年・88年)ケン・フラック&ロバート・セグソ
  • (1989年)ジョン・フィッツジェラルド&アンダース・ヤリード

  • 1990年代 | 
  • (1990年)リック・リーチ&ジム・ピュー
  • (1991年)ジョン・フィッツジェラルド&アンダース・ヤリード
  • (1992年)ジョン・マッケンロー&ミヒャエル・シュティヒ
  • (1993年-97年)マーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ
  • (1998年)ヤッコ・エルティン&ポール・ハーフース
  • (1999年)マヘシュ・ブパシ&リーンダー・パエス

  • 2000年代 | 
  • (2000年)マーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ
  • (2001年)ドナルド・ジョンソン&ジャレッド・パーマー
  • (2002年-04年)ヨナス・ビョルクマン&トッド・ウッドブリッジ
  • (2005年)ステファン・フース&ウェスリー・ムーディ
  • (2006年)ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • (2007年)アルノー・クレマン&ミカエル・ロドラ
  • (2008年・09年)ダニエル・ネスター&ネナド・ジモニッチ

  • 2010年代 | 
  • (2010年)ユルゲン・メルツァー&フィリップ・ペッシュナー
  • (2011年)ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • (2012年)ジョナサン・マレー&フレデリク・ニールセン
  • (2013年)ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • (2014年)バセク・ポシュピシル&ジャック・ソック
  • (2015年)ジャン=ジュリアン・ロジェ&ホリア・テカウ
  • (2016年)ピエール=ユーグ・エルベール&ニコラ・マユ
  • (2017年)マルセロ・メロ&ルカシュ・クボット
  • (2018年)マイク・ブライアン&ジャック・ソック

  • ウィンブルドン(1884–1967)男複 || 男単 ・ 女単 | 女複 ・ 混複

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/11/16 19:28

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「ウェスリー・ムーディ」の意味を投稿しよう
    「ウェスリー・ムーディ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    ウェスリー・ムーディスレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「ウェスリー・ムーディ」のスレッドを作成する
    ウェスリー・ムーディの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail