このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ウクライナとは?

ウクライナ
Україна



(国旗) | (国章)
国の標語:Воля, злагода, добро
(ウクライナ語: 自由、調和、善良)
国歌:Ще не вмерла Україна(ウクライナ語)
ウクライナは滅びず
公用語
ウクライナ語
首都
キエフ(キーウ)
【最大の都市】
キエフ
政府
大統領
ペトロ・ポロシェンコ
首相
ヴォロディーミル・フロイスマン
面積
【総計】
603,500km(45位)
【水面積率】
7%
人口
【総計(2012年)】
45,430,000人(27位)
人口密度
79人/km
GDP(自国通貨表示)
【合計(2013年)】
1兆4,549億フリヴニャ
GDP (MER)
【合計(2013年)】
1,783億ドル(56位)
GDP (PPP)
【合計(2013年)】
3,925億ドル(44位)
【1人あたり】
8,650ドル

独立
- 日付 ソビエト連邦より
1991年8月24日
通貨
フリヴニャ (UAH)
時間帯
UTC +2(DST:+3)
ISO 3166-1
UA / UKR
ccTLD
.ua
国際電話番号
380

ウクライナ(ウクライナ語: Україна[ukrɑˈjinɑ])は、東ヨーロッパ。東にロシア連邦、西にハンガリーポーランドスロバキアルーマニアモルドバ、北にベラルーシ、南に黒海を挟みトルコが位置している。

16世紀以来「ヨーロッパの穀倉」地帯として知られ、19世紀以後産業の中心地帯として大きく発展している。天然資源に恵まれ、鉄鉱石石炭など資源立地指向の鉄鋼業を中心として重化学工業が発達している。

キエフ大公国13世紀モンゴル帝国に滅ぼされた後は独自の国家を持たず、諸侯はリトアニア大公国ポーランド王国に属していた。17世紀から18世紀の間にはウクライナ・コサック国家が興亡し、その後ロシア帝国の支配下に入った。第一次世界大戦後に独立を宣言するも、ロシア内戦赤軍が制したことで、ソビエト連邦内の構成国となった。1991年ソ連崩壊に伴い独立した。 歴史的・文化的には中央東ヨーロッパの国々との関係が深い。 また本来の「ルーシ」「ロシア」とは、現在のロシア連邦よりもウクライナを指した。

目次

  • 1 国名
    • 1.1 語源
  • 2 地理
  • 3 交通
  • 4 地方行政区分と都市
  • 5 住民
    • 5.1 民族
    • 5.2 言語
    • 5.3 宗教
  • 6 歴史
    • 6.1 古代
    • 6.2 中世
    • 6.3 近世
      • 6.3.1 コサック時代
    • 6.4 近代
    • 6.5 現代
      • 6.5.1 ウクライナ独立戦争
      • 6.5.2 社会主義時代
      • 6.5.3 第二次世界大戦
      • 6.5.4 戦後
      • 6.5.5 独立
      • 6.5.6 クリミア・東部紛争
  • 7 政治
    • 7.1 議会
    • 7.2 2004年ウクライナ大統領選挙
    • 7.3 2010年ウクライナ大統領選挙
    • 7.4 2014年ウクライナ大統領選挙
    • 7.5 軍事
      • 7.5.1 準軍事組織
  • 8 経済
  • 9 外交
    • 9.1 ロシアとの関係
    • 9.2 欧米との関係
    • 9.3 日本との関係
  • 10 教育・科学
    • 10.1 高等教育機関
    • 10.2 研究所
  • 11 マスコミ
  • 12 文化
    • 12.1 料理
    • 12.2 スポーツ
    • 12.3 文学
    • 12.4 美術
    • 12.5 建築
    • 12.6 世界遺産
    • 12.7 音楽・舞踊
    • 12.8 神話・昔話
    • 12.9 祝祭日
  • 13 ウクライナゆかりの有名人
    • 13.1 政治
    • 13.2 文学
    • 13.3 学術
    • 13.4 スポーツ
    • 13.5 音楽・芸術
    • 13.6 映画
  • 14 脚注
    • 14.1 注釈
    • 14.2 出典
  • 15 参考文献
    • 15.1 著作
    • 15.2 論文
  • 16 関連項目
  • 17 外部リンク

国名

詳細は「ウクライナの国名」を参照
ウクライナ
ドイツ
ポーランド
ロシア
トルコ
ジョージア
ルーマニア
ハンガリー
オーストリア
イタリア
ギリシャ
チェコ
スウェーデン
フィンランド
リトアニア
ベラルーシ
セルビア
黒海
地中海
バルト海

ウクライナの最高法規たるウクライナ憲法によると、当国の正式国号は「Україна」([ukrɑˈjinɑ])である。日本語の表記は「ウクライナ」となっている。漢字表記は現在の日本では滅多にされないが、「宇克蘭」、または「烏克蘭」。公式の英語表記は「Ukraine」(ユークレイン)である。

「ウクライナ」というスラヴ語の地名の初出は、「ウクライナ」(Ѹкраина)という形で原初年代記イパチー写本キエフ年代記1187年の条である。この地名は、キエフ公国チェルニーヒウ公国と並んでルーシ大公国の歴史的中枢地に含まれるペレヤースラウ公国の範囲を示している。また、この地名は他のルーシ年代記に1189年の条、1213年の条、1280年の条にも「ウクライナ」あるいは「ヴクライナ」(Вкраина)という形で登場し、ガリツィア地方、ヴォルィーニ地方、ポリーシャ地方を指す用語として用いられている。

13世紀にルーシ大公国が滅び、その中部・南部の地域がリトアニア大公国ポーランド王国に併合されると、「ウクライナ」は併合地の領域を表す地名としてリトアニア・ポーランドの年代記や公式文書などに使用されるようになる。14世紀から17世紀にかけて広義の「ウクライナ」はルーシ人が居住するガリツィア地方、ヴォルィーニ地方、ポジーリャ地方、ブラーツラウ地方とキエフ地方の範囲を示し、狭義の「ウクライナ」はキエフを中心としたドニプロ川の中流域を示している。

「ウクライナ」の地名の両義性は、ウクライナ・コサックヘーチマン国家が誕生する17世紀半ば以後にも東欧の古文書にもみられる。狭義の「ウクライナ」は当国家の支配圏を指しているが、広義の「ウクライナ」は当国家の支配圏外のルーシ人の居住地を意味している。しかし、ヘーチマン国家がロシア保護国になることにより、「ウクライナ」はドニプロ川の中流域だけを意味するようになり、17世紀以降はルーシの本土を意味する小ルーシという地名の同義語となった。

19世紀後半から20世紀初頭にかけて、ルーシ系の知識人による民族運動が発展していくに連れて、「ウクライナ」はルーシ人が居住する民族領域を意味する名称となり、「ルーシ人」は「ウクライナ人」という民族名に取って代わられた。1917年に成立したウクライナ人民共和国において初めて、「ウクライナ」という名称が正式な国号の中で用いられることとなる。

語源

V・コロネリによる東欧地図 (1690年). キエフを中心とした地域は「VKRAINE ou PAYS DES COSAQUES」(ウクライナ或いはコサックの国)と記されてある。隣の「OKRAINA」(辺境)はロシア南部の国境地帯を指す。

「ウクライナ」の語源については、「国」といった意味であるという説と、「辺境」といった意味であるという説がある。前者は「内地」を意味する中世ルーシ語の「ウクライナ」(ѹкраина)・「ヴクライナ」(вкраина)という単語に基づいており、後者は「僻地」を意味する近世のポーランド語の「オクライナ」(Okrajna)やロシア語の「オクライナ」(окраина)という単語に基づいている。

「ウクライナ」/「ヴクライナ」に関連する単語の中で、もっとも基本的で、現在でも使用されている一音節の「クラーイ」(край)という単語には「地域」・「隅」・「境」・「端」などの複数の意味がある。これから派生したウクライナ語の「クライーナ」(країна)という名詞は「国」を意味する。ウクライナ語では「ウ〜」(у)と「ヴ〜」(в)は「内〜」・「〜の中で」を意味する前置格を支配する前置詞であることから、「ウクライナ」や「ヴクライナ」は「境界の内側」・「内地」を意味する。一方、ロシア語では「クラーイ」から派生した「オクライナ」(окраина)という単語が「場末」・「辺境」・「はずれ」という意味をもっている。ロシア語では「オ〜」(о)と「ウ〜」(у)は「〜の側に」・「〜の端に」を意味する前置詞であるために、ロシア語話者は「ウクライナ」を「辺境地」と解釈しがちである。

地理

詳細は「ウクライナの地理」を参照

ウクライナの国土のほとんどは、肥沃な平原、ステップ(草原)、高原で占められている。ドニエプル川ドネツ川ドニエステル川が横切っており、南のブーフ川とともに、黒海アゾフ海に注ぎ込んでいる。黒海北岸にはクリミア半島が突き出しており、ペレコープ地峡で大陸とつながっている。

南西部にあるドナウ・デルタルーマニアとの国境になっている。

山岳地帯は、ウクライナの最南端のクリミア山脈と西部のカルパティア山脈にしかない。最高峰はカルパト山脈にあるホヴェールラ山(Говерла, Hoverla)で標高2,061メートルある。なお、これ以外の地域も平坦というわけではなく、東ヨーロッパの中では比較的起伏の多い地形をしている。

気候は温暖な大陸性気候であるが、クリミア半島の南岸は地中海性気候により近い。降雨量は局所的に偏っており、北部や西部は多く、南部や東部は少ない。冬は黒海沿岸は涼しいが、内陸に行くにしたがって寒くなる。夏はほとんどの地域で暖かいが、当然南に行くほど暑い。

 | 
キエフ
ビーラ・
ツェールクヴァ
ブロヴァルィー
チョルノーブィリ
チェルニーヒウ
ニージン
プルィルークィ
ジトームィル
ノヴォフラード
コーロステニ
ベルディーチウ
チェルカースィ
スミーラ
ウーマニ
ポルタヴァ
クレメンチューク
ルブヌィー
クロプィウヌィーツィクィイ
ヴィーンヌィツャ
フメリヌィーツィクィイ
カームヤネツィ=
ポジーリシクィイ
テルノーピリ
リウネ
ルーツィク
コーヴェリ
リヴィウ
ドロホーブィチ
ストルィーイ
イヴァーノ=
フランキーウシク
カールシュ
コロムィーヤ
チェルニウツィー
ウージュホロド
ムカーチェヴェ
オデッサ
イズマイール
レニ
ムィコラーイウ
ペルヴォマイシク
ヘルソン
ノヴァー・ カホーウカ
シンフェロポリ
セヴァストポリ
ヤルタ
フェオドシヤ
ケルチ
イェウパトーリヤ
ジャンコイ
ドニプロペトロウシク
カーミヤンシケ
ジョーウチ・ヴォーディ
クルィヴィーイ・リーフ
マールハネツィ
ニーコポリ
パウロフラード
ザポリージャ
メリトーポリ
ベルジャーンシク
スームィ
ロームヌィ
コノトプ
ショーストカ
ハルキウ
ロゾヴァ
イジューム
ドネツィク
マリウポリ
スロウヤーンシク
クラマトールシク
イェナーキイェヴェ
ホールリウカ
ルハーンシク
スタロビーリシク
アルチェーウシク
スタハーノウ
ベラルーシ
ピンスク
ブレスト
ホメリ
ポーランド
ワルシャワ
ルブリン
プシェムィシル
ロシア
クルスク
ベルゴロド
クバーニ
ノヴォチェルカッスク
ロストフ・
ナ・ドヌ
クラスノダール
ノヴォロシースク
ルーマニア
ヤシ
ガラツィ
ブライラ
コンスタンツァ
ブルガリア
ヴァルナ
モルドバ
バルツィ
キシナウ
ハンガリー
スロバキア
黒 海
アゾフ海
 | 

交通

詳細は「ウクライナの交通」を参照

ウクライナの交通は、鉄道バス船舶航空機自動車などによっている。鉄道は、ウクライナ鉄道によって一元化されている。一方、ウクライナの航空会社はソ連時代のアエロフロート一括管理型から多くの中小の航空会社が競合する状態になっている。

地方行政区分と都市

詳細は「ウクライナの地方行政区画」および「ウクライナの都市の一覧」を参照

ウクライナは、24の州と、クリミアにある1つの自治共和国、そして2つの特別市から構成される。但し、クリミア自治共和国セヴァストポリロシア連邦の実効支配下にある。また、分離独立派が支配するドネツィク州(ドネツク人民共和国)とルハンスク州(ルガンスク人民共和国)のドンバス地域の一部、およそ推定人口300万人程度の地域の管轄も及んでいない。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25

No. |  | 州庁所在地 | No. |  | 州庁所在地
1 |  イヴァーノ=フランキーウシク州 | イヴァーノ=フランキーウシク | 13 |  チェルニウツィー州 | チェルニウツィー
2 |  ヴィーンヌィツャ州 | ヴィーンヌィツャ | 14 |  テルノーピリ州 | テルノーピリ
3 |  ヴォルィーニ州 | ルーツィク | 15 |  ドニプロペトロウシク州 | ドニプロペトロウシク
4 |  オデッサ州 | オデッサ | 16 |  ドネツィク州 | ドネツィク
5 |  キエフ州 | キエフ | 17 |  ハルキウ州 | ハルキウ
6 |  キロヴォフラード州 | クロプィウヌィーツィクィイ | 18 |  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/06/12 06:59

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ウクライナ」の意味を投稿しよう
「ウクライナ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ウクライナスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ウクライナ」のスレッドを作成する
ウクライナの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail