このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ウソッキーとは?

(ウソッキーから転送)

ポケモンの一覧(ポケモンのいちらん)は、ゲームソフト『ポケットモンスターシリーズ』に登場する架空の生物「ポケットモンスター(ポケモン)」の一覧。本項では全893種のうち、『ポケットモンスター 金・銀』から登場し、シリーズ共通の全国ポケモン図鑑において152から201までの番号を付与されている種を掲載する。


目次

【No.】
名前
152 | チコリータ
153 | ベイリーフ
154 | メガニウム
155 | ヒノアラシ
156 | マグマラシ
157 | バクフーン
158 | ワニノコ
159 | アリゲイツ
160 | オーダイル
161 | オタチ
 | 
【No.】
名前
162 | オオタチ
163 | ホーホー
164 | ヨルノズク
165 | レディバ
166 | レディアン
167 | イトマル
168 | アリアドス
169 | クロバット
170 | チョンチー
171 | ランターン
 | 
【No.】
名前
172 | ピチュー
173 | ピィ
174 | ププリン
175 | トゲピー
176 | トゲチック
177 | ネイティ
178 | ネイティオ
179 | メリープ
180 | モココ
181 | デンリュウ
 | 
【No.】
名前
182 | キレイハナ
183 | マリル
184 | マリルリ
185 | ウソッキー
186 | ニョロトノ
187 | ハネッコ
188 | ポポッコ
189 | ワタッコ
190 | エイパム
191 | ヒマナッツ
 | 
【No.】
名前
192 | キマワリ
193 | ヤンヤンマ
194 | ウパー
195 | ヌオー
196 | エーフィ
197 | ブラッキー
198 | ヤミカラス
199 | ヤドキング
200 | ムウマ
201 | アンノーン
 | 
【No.】
名前
 | 脚注
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

チコリータ

チコリータ No. 152
分類: はっぱポケモン | タイプ: くさ | 高さ: 0.9m | 重さ: 6.4kg
特性: しんりょく | かくれ特性: リーフガード | 進化前: なし | 進化後: ベイリーフ

頭から葉が生えており緑色の小さな恐竜のような姿をしたポケモン。本編ゲームでは『ウルトラサン・ウルトラムーン』まで登場。この葉は甘い香りを発したり温度を察知したりできる他、勢いよく振ることで「はっぱカッター」を出すこともできる。首の球体からは蔓を伸ばし「つるのムチ」として使うことができる。

ほのおタイプのヒノアラシ、みずタイプのワニノコとともに、『金・銀・クリスタル』『ハートゴールド・ソウルシルバー』の最初にウツギ博士からもらえるポケモンの1匹。『金・銀』では、グラフィックの仕様上、体色が黄色であったが『クリスタル』で黄緑色となった。『エメラルド』ではホウエン図鑑を完成させるとヒノアラシとワニノコとの3択で、オダマキ博士から貰うことができる。さらに『オメガルビー・アルファサファイア』でも、初めて殿堂入りした後に101番道路へ行くとオダマキ博士から上記の3択の中からもらうことができる。『サン・ムーン』では島サーチを行うことで野生で出現する。

TVアニメ版ではサトシやナナコのポケモンなどとして登場。その他、『ポケモン不思議のダンジョン 出動ポケモン救助隊ガンバルズ!』ではパートナーとして登場。サトシのチコリータの声優はかないみか、他ゆかな

ポケモンセンターナゴヤの店舗ロゴに描かれている。共に描かれているポケモンは2002年10月の開店当初、ピカチュウミズゴロウであったが、2008年7月のリニューアル移転後はピカチュウ・ヒコザルとなっている。

開発当初は「ハッパ」という名前だった。

大乱闘スマッシュブラザーズDX』『大乱闘スマッシュブラザーズX』ではモンスターボールから登場し、前方へ「はっぱカッター」を連射して敵を攻撃する。

ベイリーフ

ベイリーフ No. 153
分類: はっぱポケモン | タイプ: くさ | 高さ: 1.2m | 重さ: 15.8kg
特性: しんりょく | かくれ特性: リーフガード | 進化前: チコリータ | 進化後: メガニウム

チコリータの進化形。本編ゲームでは『ウルトラサン・ウルトラムーン』まで登場。進化前のイメージを残しつつ、胴体や足が細く長く発達した。頭の葉は虫食いのような欠けた部分ができ、首のつぼみは大きくなり、相手の闘争心を煽るスパイシーな香りが発せられるようになった。

TVアニメ版ではサトシやナナコのポケモンとして登場。サトシのベイリーフの声優はかないみか

メガニウム

メガニウム No. 154
分類: ハーブポケモン | タイプ: くさ | 高さ: 1.8m | 重さ: 100.5kg
特性: しんりょく | かくれ特性: リーフガード | 進化前: ベイリーフ | 進化後: なし

ベイリーフの進化形。本編ゲームでは『ウルトラサン・ウルトラムーン』まで登場。竜脚類のような姿をしている。吐息には、枯れた草木を復活させる力がある。首の周りにはピンク・黄色・白色で彩られた6枚の花びらがあり、うち3枚には派手な模様が入っている。

TVアニメ版ではナナコのベイリーフが進化して初登場。このほか、『アドバンスジェネレーション』第106話にてポケモンレンジャーの手持ちポケモンとしても登場している。『ポケットモンスタークリスタル ライコウ雷の伝説』では、ジュンイチの手持ちとして登場。 後に本編のシロガネリーグにも登場し、サトシのフシギダネと草タイプの意地をかけたバトルを繰り広げて引き分けた。声優小西克幸

2018年2月にポケモンだいすきクラブに寄稿された『ウルトラサン・ウルトラムーン』の記事では、技「のしかかり」を受けたメガニウムについて「(メガニウムのように)体が大きいポケモンがのしかかりを受けると、受けたポケモンがのし餅のように潰れる演出がより派手になる」とプレイヤーの感想が述べられている。

ヒノアラシ

ヒノアラシ No. 155
分類: ひねずみポケモン | タイプ: ほのお | 高さ: 0.5m | 重さ: 7.9kg
特性: もうか | かくれ特性: もらいび | 進化前: なし | 進化後: マグマラシ

ネズミヤマアラシの中間のような姿をしたポケモンで、鼻先が細長く尖るように伸びた外見が特徴。本編ゲームでは『ウルトラサーン・ウルトラムーン』まで登場。戦闘時には、ヤマアラシの体毛のように背中からを噴き出す。ただしあくまで体毛ではなく炎なので、ゲーム・アニメともに炎を出していない時は、背中に赤い楕円模様の噴出口が見られる。種としては臆病な性格の個体が多く、常に背中を丸めた姿勢をとっている。細い目は、進化すると開く。

くさタイプのチコリータ、みずタイプのワニノコとともに、『金・銀・クリスタル』『ハートゴールド・ソウルシルバー』の最初にもらえるポケモンの1匹である。『エメラルド』では、ホウエン図鑑を完成させるとチコリータとワニノコとの3択で、オダマキ博士から貰うことができる。そして『オメガルビー・アルファサファイア』では、初めて殿堂入りをすれば101番道路に入った時に上記の3択の中からもらうことができる。

TVアニメ版ではサトシのポケモン(声優はうえだゆうじ)として登場したほか、『ダイヤモンド&パール』版ではヒカリのヒノアラシ(声優は古島清孝)も登場した。

大乱闘スマッシュブラザーズDX』『大乱闘スマッシュブラザーズX』ではモンスターボールから登場し、背中の炎による「かえんほうしゃ」で前方の敵を攻撃する。ファイターの攻撃で吹っ飛ばすことも可能。

マグマラシ

マグマラシ No. 156
分類: かざんポケモン | タイプ: ほのお | 高さ: 0.9m | 重さ: 19.0kg
特性: もうか | かくれ特性: もらいび | 進化前: ヒノアラシ | 進化後: バクフーン

ヒノアラシの進化形。本編ゲームでは『ウルトラサン・ウルトラムーン』まで登場。しなやかな体つきになり、耳が生え、目つきが鋭くなった。頭と腰の部分から炎を噴射する。背中を向けると炎を出す。

TVアニメ版では第263話に初登場。持ち主のトレーナーの投げたフリスビーをキャッチする姿が見られる。また、サトシおよびヒカリのヒノアラシもそれぞれマグマラシに進化した。このほか、『ポケットモンスタークリスタル ライコウ雷の伝説』のオープニングに登場し、主人公のケンタがヒノアラシから進化させ、バクフーンへと進化する過程が描かれている。

バクフーン

バクフーン No. 157
分類: かざんポケモン | タイプ: ほのお | 高さ: 1.7m | 重さ: 79.5kg
特性: もうか | かくれ特性: もらいび | 進化前: マグマラシ | 進化後: なし

マグマラシの進化形。本編ゲームでは『ウルトラサン・ウルトラムーン』まで登場。進化して2足歩行が可能になり、顔つきが険しくなった。首の周りから襟飾りのような炎を吹き出し、燃え盛る体毛をこすり合わせて爆風を発生させ、敵を吹き飛ばす。怒りが頂点に達すると、近寄れないほど熱い。その熱によって蜃気楼を発生させ、自分の姿を隠すこともできる。炎タイプの御三家の中では唯一の単タイプでもある。

『金・銀』とリメイク版の『ハートゴールド・ソウルシルバー』では主人公がチコリータを選ぶとライバルが最終的に使用してくる。

TVアニメ版では『アドバンスジェネレーション』にてジムリーダー・アスナの祖父のポケモンとして登場。このほか、『ライコウ雷の伝説』において主人公・ケンタの主力ポケモンとして登場。ケンタの手持ちの中でも一番のパートナーで戦闘力も相当なもの。一方で、ケンタが照れ隠しした時は苦笑いしてケンタをからかう一面も。合言葉は「直球一本槍」。声優千葉進歩

ワニノコ

北陸新幹線あさま」のロゴの右隣にポッチャマとワニノコが描かれている
ワニノコ No. 158
分類: おおあごポケモン | タイプ: みず | 高さ: 0.6m | 重さ: 9.5kg
特性: げきりゅう | かくれ特性: ちからずく | 進化前: なし | 進化後: アリゲイツ

二足歩行の水色のワニのような姿をしたポケモン。本編ゲームでは『ウルトラサン・ウルトラムーン』まで登場。攻撃的な性質で、動く物なら何でも噛み付いてくる。アゴの力もかなり強く、甘噛みのつもりでも大怪我になることがあるため親のトレーナーでも注意が必要。

くさタイプのチコリータ、ほのおタイプのヒノアラシとともに、『金・銀・クリスタル』『ハートゴールド・ソウルシルバー』の最初にもらえるポケモンの一体である。 『エメラルド』ではホウエン図鑑200匹を完成させた時、『オメガルビー・アルファサファイア』では初めて殿堂入りした後に101番道路へ行った時に、オダマキ博士からチコリータ、ヒノアラシ、そしてワニノコの3匹の中から1匹だけを選んで入手することができる。

TVアニメ版ではサトシのポケモンとして登場。また、『ダイヤモンド&パール』ではカズナリの手持ちポケモンとして登場している。声優伊東みやこ

ポケモンセンターフクオカ旧店舗の店舗ロゴにピカチュウアチャモとともに描かれていた。

アリゲイツ

アリゲイツ No. 159
分類: おおあごポケモン | タイプ: みず | 高さ: 1.1m | 重さ: 25.0kg
特性: げきりゅう | かくれ特性: ちからずく | 進化前: ワニノコ | 進化後: オーダイル

ワニノコの進化形。本編ゲームでは『ウルトラサン・ウルトラムーン』まで登場。進化前から大柄となり、頭に赤いトサカのようなものが生え、ワニノコおよび進化形のオーダイルと大きく異なる外見の特徴として、腹部に斑点のような模様がある。

ワニノコから特徴であるアゴは更に大きく発達している。加えて口内には鋭い牙が48本生えており、牙の先はそり選っている(釣り針のかえしにあたる)ので噛力もあって一度噛み付くと牙が抜けるまで放さない。もし抜けてしまっても、すぐに新たな牙が生えてくる。

TVアニメ版では第265話にてシロガネ山のポケモン保護官のムトウの手持ちとして登場。また、『ダイヤモンド&パール』第29話にはイサムのポケモンとして登場。そのほか、『ライコウ雷の伝説』ではマリナの手持ちとして登場。ニックネームは「ワニワニ」。

読売新聞の連載ポケモン四字熟語では、『頑固一徹・がんこいってつ』が、アリゲイツを紹介するキャッチフレーズとして用いられた。

オーダイル

オーダイル No. 160
分類: おおあごポケモン | タイプ: みず | 高さ: 2.3m | 重さ: 88.8kg
特性: げきりゅう | かくれ特性: ちからずく | 進化前: アリゲイツ | 進化後: なし

アリゲイツの進化形で、全てのスターターポケモン中、最終進化できる最低限レベルが30と最も早い。本編ゲームでは『ウルトラサン・ウルトラムーン』まで登場。基本的な形状は進化前と同様だが、かなりの巨体となり相応に身体能力も増している。ワニノコから特徴であった強靭で巨大なあごは凄まじいパワーとなり、噛み付いたままズタズタに引き千切り、放り投げる戦法を使う。性質も肉食性で凶暴。アゴは威嚇にも使用される。

巨体のため地上では体重を支えるのが辛く、普段は二足歩行でゆっくり歩いている。だが全速力の際は四つん這いになって走り、そのパワーゆえに凄まじいスピードとなる。二足歩行時でも、いざとなると凄まじい瞬発力で突進する。獲物を襲う際にこれらのスピードを見せる。

TVアニメ版では第195話のポケモン相撲大会で登場。サトシカビゴンと大接戦の末敗れた。第218話のうずまきカップ決勝戦でも登場している。劇場版『神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』ではポケモンヒルズに住むポケモンたちのリーダーとして登場。使用技は「はかいこうせん」「ドラゴンクロー」「ハイドロポンプ」。声優は最上嗣生

オタチ

オタチ No. 161
分類: みはりポケモン | タイプ: ノーマル | 高さ: 0.8m | 重さ: 6.0kg
特性: するどいめ/ にげあし | かくれ特性: おみとおし | 進化前: なし | 進化後: オオタチ

ムササビのようなポケモンだが、滑空はできない。本編ゲームでは『ウルトラサン・ウルトラムーン』まで登場。尻尾で直立する事で周りの様子を伺う。警戒班は敵を察知すると甲高い声で鳴く。毛の色は、全体的に茶色だが腹の部分はやや白みがかっており、白い部分の中央には茶色の円形模様がある。

TVアニメ版では第134話に登場。サトシピカチュウを捕まえようとロケット団がメカ「アボタン」を離れていた隙にカスミトゲピーと共にメカに乗り込み、操縦席のボタンに勝手に触れ暴走させた。

オオタチ

オオタチ No. 162
分類: どうながポケモン | タイプ: ノーマル | 高さ: 1.8m | 重さ: 32.5kg
特性: するどいめ/ にげあし | かくれ特性: おみとおし | 進化前: オタチ | 進化後: なし

オタチの進化形。本編ゲームでは『ウルトラサン・ウルトラムーン』まで登場。フェレットプレーリードッグに似た細長い胴を持つ。尾の先までくびれがなく、胴と尾の境目がはっきりしない。手足は短いが動作は俊敏で、愛らしい見た目とは対照的に、コラッタを襲い捕食する肉食性を持つ。巣穴はその体型に合わせた細長いものとなっており、外敵の侵入を防いでいる。奥に進めば進むほど複雑になっていく。背中側と尻尾は茶色ベージュ色の縞模様で、腹側はベージュ色。顔はベージュ色で、耳と後頭部は茶色である。

ポケモンスタジアム金銀』では、ミニゲーム「オオタチのピョンピョンボール」が登場する。オオタチを操作し、次々に落ちてくるボールを跳ね飛ばして自身のゴールに導く。64GBパックを使用していて、かつプレイヤーの手持ちポケモンにオオタチがいる場合、ミニゲームに出場させることが可能である。

TVアニメ版ではポケモンリーグシロガネ大会の選考会でサブロウの手持ちポケモンとして登場し、サトシピカチュウと対戦する。

ホーホー

ホーホー No. 163
分類: ふくろうポケモン | タイプ: ノーマル/ ひこう | 高さ: 0.7m | 重さ: 21.2kg
特性: するどいめ/ ふみん | かくれ特性: いろめがね | 進化前: なし | 進化後: ヨルノズク

コノハズクのような姿をしたポケモン。夜行性で全国の森林に幅広く生息する。実在する鳥類と同様に2本の足を持つが、常に1本足で立っており、一見すると足が1本しかないようにも見える。たまに素早く足を入れ替えるが、その瞬間を見ることは難しい。体内に地球の自転を感じ取る器官があり、いかなるときでも正確で決まったリズムで首を傾げる。そのため時計代わりに手持ちに入れるトレーナーもいる。

その見かけどおり夜行性で、『金・銀・クリスタル』や『ダイヤモンド・パール』といった朝・昼・夜などの区別がある作品では夜にしか登場しない。

TVアニメ版ではジムリーダー・ハヤトの手持ちポケモンとしても登場。1番手として使用したが、サトシピカチュウに敗れる。また、短編映画『ピカチュウたんけんたい』にゲームに先行して登場している。ゲストキャラ・ジエイ(声 - 中博史)のポケモンとしても登場。このホーホーはかなり年老いており、通常より羽毛が増量している。

お笑いトリオ・ロバート秋山竜次のお気に入りのポケモンである。『ポケモン☆サンデー』では『ハートゴールド・ソウルシルバー』のプレイで大量にゲットした。

ヨルノズク

ヨルノズク No. 164
分類: ふくろうポケモン | タイプ: ノーマル/ ひこう | 高さ: 1.6m | 重さ: 40.8kg
特性: するどいめ/ ふみん | かくれ特性: いろめがね | 進化前: ホーホー | 進化後: なし

ホーホーの進化形で、全国の森林に広く分布する鳥ポケモンの一種。夜行性の肉食でフクロウの仲間のトラフズクに酷似する。集光能力を持つ優れた目を持ち、飛行時の羽音をほとんど立てないため、夜間の狩りに失敗は無い。物事を考え出すと頭を回転させ、頭脳を活性化させる。難しいことを考えているときには、頭が180度逆さまになっていることさえあるという。

「さいみんじゅつ」のほかに「ねんりき」「サイコキネシス」「じんつうりき」などエスパー技を多く覚える特徴がある。

ゲーム『ハートゴールド・ソウルシルバー』では、ジムリーダーのハヤトが再戦で使用する。

TVアニメ版では色違いのヨルノズクが登場し、サトシの手持ちとなった。また、224話に登場した老人・ハヤブサ(声 - 茶風林)が所持していたヨルノズクは年老いてあごひげのような物が生えていた。『XY』では空飛ぶポケモン3体で参加するスカイリレーに憧れるオワゾー(声 - 坂東尚樹)のポケモンとして登場。オワゾーはリレーは好きだが肝心の参加経験は一度もなかった(理由はヨルノズク一体しかゲットできなかったため)。

レディバ

レディバ No. 165
分類: いつつぼしポケモン | タイプ: むし/ ひこう | 高さ: 1.0m | 重さ: 10.8kg
特性: はやおき/ むしのしらせ | かくれ特性: びびり | 進化前: なし | 進化後: レディアン

テントウムシのような姿をしたポケモン。本編ゲームでは『ウルトラサン・ウルトラムーン』まで登場。「いつつぼしポケモン」の分類が示す通り、背中には5つの丸い模様を持つ。6本の足の先はいずれも握り拳のように丸くなっている。足の付け根から鼻を刺すような臭いを発するオレンジ色の液体を出し、敵から身を守る。この液体は仲間とのコミュニケーションの手段としても用いられる。1匹では不安のあまり動けなくなるほど臆病だが、群れると活発に行動するようになる。寒さには弱く、冬になると大きな葉の影で集団でじっとしている。

野生のものは『銀』・『クリスタル』・『ソウルシルバー』に出現し、『金』・『ハートゴールド』には出現しない。また、『銀』・『クリスタル』では朝、『ソウルシルバー』・『サン・ムーン』では日中のみ出現する。

TVアニメ版では第129話に登場。笛でレディバを操り、空を飛んで旅人に谷越えをさせるマコトという女性が登場する。声優は愛河里花子。

レディアン

レディアン No. 166
分類: いつつぼしポケモン | タイプ: むし/ ひこう | 高さ: 1.4m | 重さ: 35.6kg
特性: はやおき/ むしのしらせ | かくれ特性: てつのこぶし | 進化前: レディバ | 進化後: なし

レディバの進化形。本編ゲームでは『ウルトラサン・ウルトラムーン』まで登場。スマートな体型となり、前足4本は手の役割をするようになった。顔もデフォルメされたレディバに比べ、昆虫らしさが増している。背中の模様は夜空の星の数によってその大きさが変化するという。昼間は大きな葉っぱの上で眠っているが、夜になると活動を開始する。夜空に星が出ているときに、輝く粉を撒き散らしながら飛ぶことがある。

TVアニメ版では第173話にてシロウ親子の手持ちとして登場。

イトマル

イトマル No. 167
分類: いとはきポケモン | タイプ: むし/ どく | 高さ: 0.5m | 重さ: 8.5kg
特性: ふみん/ むしのしらせ | かくれ特性: スナイパー | 進化前: なし | 進化後: アリアドス

クモのような姿をしたポケモンだが、脚が1対少なく6本である。本編ゲームでは『ウルトラサン・ウルトラムーン』まで登場。背中には顔のような模様を持ち、「こわいかお」を繰り出す時はその模様が怒った表情になる。細く丈夫なを周囲に張り巡らせて罠を作り、獲物がかかるまで自分の巣で何日も待機する。糸で作った罠は第2の神経とも呼ばれ、僅かな糸の振動だけで獲物の種類が分かるらしい。

金・クリスタル』「ハートゴールド」では野生のものは夜にしか出現せず、『銀』「ソウルシルバー」では出現しない。「サン・ムーン」でも夜のみ出現する。

TVアニメ版ではヒワダタウンジムリーダー・ツクシの手持ちポケモンとして登場。また、イトマルの糸にはエステの効果がある。

アリアドス

アリアドス No. 168
分類: あしながポケモン | タイプ: むし/ どく | 高さ: 1.1m | 重さ: 33.5kg
特性: ふみん/ むしのしらせ | かくれ特性: スナイパー | 進化前: イトマル | 進化後: なし

イトマルの進化形。本編ゲームでは『ウルトラサン・ウルトラムーン』まで登場。クモのような姿をしたポケモン。体色は黄緑色から明るめの赤紫へと変化している。頭部に1本の角を持ち、尻には針が生えている。脚は黄色の縞模様となっている。6本の脚のうち、後ろの2本は腹部から上方へと突き出している。尻からは常に糸が出ていて、それを辿ると巣にたどり着く。捕まえた獲物に糸をつけてわざと逃がし、その糸を辿って獲物の巣ごと一網打尽にするという、狩りにおいて非常に賢い戦術を使う。

金・銀』では、四天王のキョウ、およびキョウの娘でセキチクシティのジムリーダー・アンズが使用する。

TVアニメ版では第177話に登場したほか、スピアーと同じく外見から悪役として出ることが多い。『アドバンスジェネレーション』では ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2020/02/24 14:35

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ウソッキー」の意味を投稿しよう
「ウソッキー」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ウソッキースレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ウソッキー」のスレッドを作成する
ウソッキーの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail