このキーワード
友達に教える
URLをコピー

エアシャカールとは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年6月)
【エアシャカール】

2000年11月26日 東京競馬場

【欧字表記】
Air Shakur
【品種】
サラブレッド
【性別】

毛色
黒鹿毛
【生誕】
1997年2月26日
【死没】
2003年3月13日(6歳没)
【登録日】
1999年9月9日
【抹消日】
2002年12月27日
【父】
サンデーサイレンス
【母】
アイドリームドアドリーム
母の父
Well Decorated
【生国】
日本(北海道千歳市)
【生産】
社台ファーム
馬主
(株)ラッキーフィールド
調教師
森秀行(栗東)
【競走成績】

【生涯成績】
20戦4勝(うち日本国外1戦0勝)
【獲得賞金】
5億4505万3000

エアシャカール (英語: Air Shakur) とは日本競走馬種牡馬である。おもな勝鞍は、皐月賞菊花賞2000年中央競馬クラシック二冠馬である。2000年JRA賞最優秀4歳牡馬(部門名は当時)。また、東京優駿(日本ダービー)をハナ差わずか7センチメートル差で逸していることから「三冠馬」と呼ばれていた時期もあった。半姉に優駿牝馬(オークス)2着のエアデジャヴー秋華賞優勝馬エアメサイアは姪にあたる。馬名の由来は冠名の「エア」とアメリカ合衆国ヒップホップMCである2パックの本名から。

戦績

2歳 - 3歳

エアシャカールのデビューは1999年10月12日東京競馬場新馬戦。新馬戦は5着に敗れるが、2戦目の未勝利戦で初勝利を挙げた。その後、ホープフルステークスを勝ち、2歳時は4戦2勝に終わったが、クラシック候補の1頭に名乗りを上げた。

年が明けて2000年、3歳になったエアシャカールは弥生賞2着を経て、皐月賞に出走。ダイタクリーヴァにクビ差で競り勝ち、GIを初制覇した。皐月賞後には、キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスへ出走するプランが発表された。

東京優駿(日本ダービー)ではアグネスフライトの前にわずか7cmの差で2着に惜敗。ダービー後、アスコット競馬場で行われるキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスに予定通り出走したが、モンジューの5着に敗れた。

秋は神戸新聞杯から始動したが、内に突っ込み直線で追うことも出来ない状況で3着に敗れた。騎乗していた武豊が「気性面で成長が見られない」とコメントするほどの完敗だった。しかし、本番の菊花賞では内によれる癖を出さないようにリングハミを装着し、レース中でも内ラチ沿いを走った結果、トーホウシデンをクビ差で退けて優勝。見事に皐月賞と菊花賞の二冠馬となった。

菊花賞後はジャパンカップに出走。この年G13勝を含んで6連勝中だったテイエムオペラオーとの対決が注目されたが14着と大敗した。また、このレースでは同世代のダービー馬アグネスフライト(13着)、NHKマイルC馬イーグルカフェ(15着)、オークス馬シルクプリマドンナ(16着・最下位)が揃って惨敗した。

4歳以降

2001年、武豊が海外へ騎乗拠点を移したため、エアシャカールの主戦は蛯名正義が務めることになった。産経大阪杯ではトーホウドリームの2着と上々の滑り出しとなるが、次走の天皇賞(春)は8着、宝塚記念も5着に敗れた。秋になると、輸送性の肺炎を患い、1度も出走できずに終わった。

5歳時、エアシャカールは産経大阪杯で復帰し2着と復調した。続く金鯱賞では武豊とのコンビが復活し1番人気となるが、ツルマルボーイの2着に敗れた。その後、宝塚記念ではダンツフレームと人気を分け合うが4着に敗れた。秋は天皇賞(秋)こそ4着となって掲示板に載ったが、ジャパンカップは12着と大敗。有馬記念も全くいいところなく9着に敗れ、この有馬記念を最後に引退した。

成績表

年月日 | 開催 | 競走名 |  | 枠&馬番 | オッズ(人気) | 着順 | 距離 | タイム(上り3F) | 着差 | 騎手 | 勝ち馬/2着馬
1999 | 10. | 31 | 東京 | 2歳新馬 |  | 2枠2番 | 3.4(2人) | 5着 | 芝2000m(良) | 1:50.5(35.2) | 0.6秒 | 武豊 | ユーワシーザー
 | 11. | 21 | 京都 | 未勝利戦 |  | 2枠2番 | 3.2(1人) | 1着 | 芝1600m(良) | 1.36.4(36.5) | 0.1秒 | 武豊 | エイシンモモタロー
 | 12. | 11 | 阪神 | 3歳500万下 |  | 4枠4番 | 2.9(1人) | 2着 | 芝1800m(良) | 1.36.7(35.6) | 0.1秒 | M.デムーロ | パープルエビス
 | 12. | 26 | 中山 | ホープフルS | OP | 3枠4番 | 3.2(1人) | 1着 | 芝2000m(良) | 2.02.5(35.3) | 0.1秒 | 武豊 | マイネルファラオ
2000 | 3. | 23 | 中山 | 弥生賞 | GII | 8枠16番 | 7.3(4人) | 2着 | 芝2000m(良) | 2.02.5(35.3) | 0.2秒 | 武豊 | フサイチゼノン
 | 4. | 16 | 中山 | 皐月賞 | GI | 8枠16番 | 3.4(2人) | 1着 | 芝2000m(稍) | 2.01.8(35.0) | 0.0秒 | 武豊 | ダイタクリーヴァ
 | 5. | 28 | 東京 | 東京優駿 | GI | 1枠2番 | 2.0(1人) | 2着 | 芝2400m(良) | 2.26.2(35.6) | 0.0秒 | 武豊 | アグネスフライト
 | 7. | 29 | アスコット | KGVI&QEDS | GI |  | 不明(3人) | 5着 | 芝12f(良) | 2.31.3(不明) | 1.3秒 | 武豊 | Montjeu
 | 9. | 24 | 阪神 | 神戸新聞杯 | GII | 7枠15番 | 1.7(1人) | 3着 | 芝2000m(良) | 2.02.0(34.9) | 0.7秒 | 武豊 | フサイチソニック
 | 10. | 22 | 京都 | 菊花賞 | GI | 7枠15番 | 2.8(2人) | 1着 | 芝3000m(良) | 3.04.7(35.7) | 0.0秒 | 武豊 | トーホウシデン
 | 11. | 26 | 東京 | ジャパンC | GI | 5枠9番 | 9.5(3人) | 14着 | 芝2400m(良) | 2.28.2(37.2) | 2.1秒 | 武豊 | テイエムオペラオー
2001 | 4. | 1 | 阪神 | 大阪杯 | GII | 3枠3番 | 13.2(4人) | 2着 | 芝2000m(良) | 1.58.5(35.2) | 0.1秒 | 蛯名正義 | トーホウドリーム
 | 4. | 29 | 京都 | 天皇賞(春) | GI | 7枠10番 | 7.2(4人) | 7着 | 芝3200m(良) | 3.17.9(37.0) | 1.7秒 | 蛯名正義 | テイエムオペラオー
 | 6. | 24 | 阪神 | 宝塚記念 | GI | 6枠8番 | 13.4(3人) | 5着 | 芝2200m(良) | 2.12.3(35.3) | 0.6秒 | 蛯名正義 | メイショウドトウ
2002 | 3. | 31 | 阪神 | 大阪杯 | GII | 1枠1番 | 4.4(3人) | 2着 | 芝2000m(良) | 1.58.5(35.2) | 0.4秒 | M.デムーロ | サンライズペガサス
 | 5. | 25 | 中京 | 金鯱賞 | GII | 8枠18番 | 1.8(1人) | 2着 | 芝2000m(良) | 1.58.5(35.5) | 0.2秒 | 武豊 | ツルマルボーイ
 | 6. | 23 | 阪神 | 宝塚記念 | GI | 4枠4番 | 2.9(2人) | 4着 | 芝2200m(良) | 2.12.3(35.3) | 0.6秒 | K.デザーモ | ダンツフレーム
 | 10. | 27 | 中山 | 天皇賞(秋) | GI | 7枠14番 | 8.6(6人) | 4着 | 芝2000m(良) | 2.12.3(35.3) | 0.3秒 | 武豊 | シンボリクリスエス
 | 11. | 26 | 中山 | ジャパンC | GI | 8枠16番 | 19.7(7人) | 12着 | 芝2200m(稍) | 2.13.4(36.2) | 1.2秒 | 田中勝春 | ファルブラヴ
 | 12. | 22 | 中山 | 有馬記念 | GI | 3枠4番 | 21.1(7人) | 9着 | 芝2500m(良) | 2.34.1(36.0) | 1.2秒 | 横山典弘 | シンボリクリスエス

引退後

競走馬を引退した後は種牡馬となりブリーダーズ・スタリオン・ステーションに繋養されていたが、引退から3か月後の2003年3月13日、放牧中の事故により左後脚を骨折し、安楽死の処置が取られた。

残された産駒は4頭(4頭共に牝馬)、その内3頭が中央競馬入りした。2006年10月24日、その残された4頭のうちの1頭、エアーミラクルがホッカイドウ競馬で勝ち鞍を挙げ、エアシャカール産駒の初勝利となり、2007年7月28日函館競馬場で行われた未勝利戦をエアファーギーが制し産駒がJRA初勝利を挙げた。しかし中央入りした3頭はエアファーギー以外は勝利を挙げられず、4頭とも大成しないまま競走馬登録を抹消された。牡馬の産駒が1頭もいないためサイアーラインは伸びなかったが、4頭中2頭が繁殖入りして仔を出産しており、母系には名前が残っている。

特徴・エピソード

血統表

エアシャカール血統 | (血統表の出典)
父系 | サンデーサイレンス系
 | 

*サンデーサイレンス
Sunday Silence 1986
青鹿毛 アメリカ | 
父の父
Halo 1969
黒鹿毛 アメリカ | Hail to Reason 1958 | Turn-to
Nothirdchance
Cosmah 1953 | Cosmic Bomb
Almahmoud
父の母
Wishing Well 1975
鹿毛 アメリカ | Understanding 1963 | Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower 1964 | Montparnasse
Edelweiss

*アイドリームドアドリーム
I Dreamed a Dream 1987
鹿毛 アメリカ | 
母の父
Well Decorated 1978
黒鹿毛 アメリカ | Raja Baba 1968 | Bold Ruler
Missy Baba
Paris Breeze 1971 | Majestic Prince
Tobor Jet
母の母
Hidden Trail 1975
鹿毛 アメリカ | Gleaming 1968 | Herbager
A Gleam
Tobacco Trail 1969 | Ribot
On the Trail
母系(F-No.) | Golden Trail系(FN:4-r) | 
5代内の近親交配 | アウトブリード | 
出典 | 
  1. ^ JBISサーチ エアシャカール 5代血統表2017年8月28日閲覧。
  2. ^ 競馬ラボ エアシャカールの種牡馬情報2020年3月14日閲覧。
  3. ^
  4. ^ JBISサーチ エアシャカール 5代血統表2017年8月28日閲覧。


脚注

  1. ^ 1999年当時はオープン特別
  2. ^ 『優駿』(日本中央競馬会)2008年10月号
  3. ^ 平出貴昭 『日本の牝系』 競馬通信社、2001年、256頁。 ISBN 4434013882。

外部リンク

JRA賞最優秀4歳牡馬
(旧)最優秀4歳牡馬 | 
1950年代 | 

1960年代 | 

1970年代 | 

1980年代 | 

1990年代 | 

2000年代 | 


最優秀3歳牡馬 | 
2000年代 | 

2010年代 | 




皐月賞勝ち馬
1930年代 | 

第1回 ロツクパーク


1940年代 | 

第2回 ウアルドマイン / 第3回 セントライト / 第4回 アルバイト / 第5回 ダイエレク / 第6回 クリヤマト / 第7回 トキツカゼ / 第8回 ヒデヒカリ / 第9回 トサミドリ


1950年代 | 

第10回 クモノハナ / 第11回 トキノミノル / 第12回 クリノハナ / 第13回 ボストニアン / 第14回 ダイナナホウシユウ / 第15回 ケゴン / 第16回 ヘキラク / 第17回 カズヨシ / 第18回 タイセイホープ / 第19回 ウイルデイール


1960年代 | 

第20回 コダマ / 第21回 シンツバメ / 第22回 ヤマノオー / 第23回 メイズイ / 第24回 シンザン / 第25回 チトセオー / 第26回 ニホンピローエース / 第27回 リュウズキ / 第28回 マーチス / 第29回 ワイルドモア


1970年代 | 

第30回 タニノムーティエ / 第31回 ヒカルイマイ / 第32回 ランドプリンス / 第33回 ハイセイコー / 第34回 キタノカチドキ / 第35回 カブラヤオー / 第36回 トウショウボーイ / 第37回 ハードバージ / 第38回 ファンタスト / 第39回 ビンゴガルー


1980年代 | 

第40回 ハワイアンイメージ / 第41回 カツトップエース / 第42回 アズマハンター / 第43回 ミスターシービー / 第44回 シンボリルドルフ / 第45回 ミホシンザン / 第46回 ダイナコスモス / 第47回 サクラスターオー / 第48回 ヤエノムテキ / 第49回 ドクタースパート


1990年代 | 

第50回 ハクタイセイ / 第51回 トウカイテイオー / 第52回 ミホノブルボン / 第53回 ナリタタイシン / 第54回 ナリタブライアン / 第55回 ジェニュイン / 第56回 イシノサンデー / 第57回 サニーブライアン / 第58回 セイウンスカイ / 第59回 テイエムオペラオー


2000年代 | 

第60回 エアシャカール / 第61回 アグネスタキオン / 第62回 ノーリーズン / 第63回 ネオユニヴァース / 第64回 ダイワメジャー / 第65回 ディープインパクト / 第66回 メイショウサムソン / 第67回 ヴィクトリー / 第68回 キャプテントゥーレ / 第69回 アンライバルド


2010年代 | 

第70回 ヴィクトワールピサ / 第71回 オルフェーヴル / 第72回 ゴールドシップ / 第73回 ロゴタイプ / 第74回 イスラボニータ / 第75回 ドゥラメンテ / 第76回 ディーマジェスティ / 第77回 アルアイン / 第78回 エポカドーロ / 第79回 サートゥルナーリア



菊花賞勝ち馬
1930年代 | 

第1回 テツモン / 第2回 マルタケ


1940年代 | 

第3回 テツザクラ / 第4回 セントライト / 第5回 ハヤタケ / 第6回 クリフジ / 第7回 アヅマライ / 第8回 ブラウニー / 第9回 ニユーフオード / 第10回 トサミドリ


1950年代 | 

第11回 ハイレコード / 第12回 トラツクオー / 第13回 セントオー / 第14回 ハクリヨウ / 第15回 ダイナナホウシユウ / 第16回 メイヂヒカリ / 第17回 キタノオー / 第18回 ラプソデー / 第19回 コマヒカリ / 第20回 ハククラマ


1960年代 | 

第21回 キタノオーザ / 第22回 アズマテンラン / 第23回 ヒロキミ / 第24回 グレートヨルカ / 第25回 シンザン / 第26回 ダイコーター / 第27回 ナスノコトブキ / 第28回 ニツトエイト / 第29回 アサカオー / ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2020/04/05 21:47

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「エアシャカール」の意味を投稿しよう
「エアシャカール」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

エアシャカールスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「エアシャカール」のスレッドを作成する
エアシャカールの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail