このキーワード
友達に教える
URLをコピー

エイゴン選手権とは?

移動先: 案内検索
【AEGON Championships】

ATP World Tour

【開催国】
イギリス
ロンドン
【会場】
クイーンズ・クラブ
【カテゴリ】
ATPワールドツアー・250シリーズ
(2009–2014)
ATPワールドツアー・500シリーズ
(2015–)
【サーフェス】
芝/屋外
【ドロー】
32S / 32Q / 24D
【賞金総額】
€1,696,645
【公式サイト】
www.aegonchampionships.com
クイーンズ・クラブのセンターコート(2011年)

クイーンズ・クラブ選手権(Queen's Club Championships)は毎年6月下旬にイングランドのロンドンで開催されるテニス大会。ウィンブルドン選手権の前哨戦として知られている。現在はエイゴン国際同様、エイゴンが冠スポンサーのため、エイゴン選手権として開催されている。日本人選手では1921年に清水善造が優勝を果たしている。2014年まではATPワールドツアー・250シリーズであったが、2015年からはATPワールドツアー・500シリーズに昇格した。また1992年には松岡修造が準優勝した。1971年から1973年の3年間だけ男女共催で行われた。

目次

  • 1 歴代優勝者
    • 1.1 男子シングルス
    • 1.2 男子ダブルス
    • 1.3 女子シングルス
    • 1.4 女子ダブルス
  • 2 脚注
  • 3 外部リンク

歴代優勝者

男子シングルス

1969年以後
【年】
【優勝者】
【準優勝者】
【決勝結果】

1969 |  フレッド・ストール |  ジョン・ニューカム | 6–3, 22–20
1970 |  ロッド・レーバー |  ジョン・ニューカム | 6–4, 6–3
1971 |  スタン・スミス |  ジョン・ニューカム | 8–6, 6–3
1972 |  ジミー・コナーズ |  John Paish | 6–2, 6–3
1973 |  イリ・ナスターゼ |  ロジャー・テーラー | 10–8, 6–3
1974–1976 | 開催なし
1977 |  ラウル・ラミレス |  マーク・コックス | 9–7, 7–5
1978 |  トニー・ローチ |  ジョン・マッケンロー | 8–6, 9–7
1979 |  ジョン・マッケンロー |  ビクトル・ペッチ | 6–7, 6–1, 6–1
1980 |  ジョン・マッケンロー |  キム・ウォーウィック | 6–3, 6–1
1981 |  ジョン・マッケンロー |  ブライアン・ゴットフリート | 7–6, 7–5
1982 |  ジミー・コナーズ |  ジョン・マッケンロー | 7–5, 6–3
1983 |  ジミー・コナーズ |  ジョン・マッケンロー | 6–3, 6–3
1984 |  ジョン・マッケンロー |  レイフ・シラス | 6–1, 3–6, 6–2
1985 |  ボリス・ベッカー |  ヨハン・クリーク | 6–2, 6–3
1986 |  ティム・メイヨット |  ジミー・コナーズ | 6–4, 2–1 途中棄権
1987 |  ボリス・ベッカー |  ジミー・コナーズ | 6–7, 6–3, 6–4
1988 |  ボリス・ベッカー |  ステファン・エドベリ | 6–1, 3–6, 6–3
1989 |  イワン・レンドル |  クリスト・バン・レンスバーグ | 4–6, 6–3, 6–4
1990 |  イワン・レンドル |  ボリス・ベッカー | 6–3, 6–2
1991 |  ステファン・エドベリ |  デビッド・ウィートン | 6–2, 6–3
1992 |  ウェイン・フェレイラ |  松岡修造 | 6–3, 6–4
1993 |  ミヒャエル・シュティヒ |  ウェイン・フェレイラ | 6–3, 6–4
1994 |  トッド・マーティン |  ピート・サンプラス | 7–6, 7–6
1995 |  ピート・サンプラス |  ギー・フォルジェ | 7–6, 7–6
1996 |  ボリス・ベッカー |  ステファン・エドベリ | 6–4, 7–6
1997 |  マーク・フィリプーシス |  ゴラン・イワニセビッチ | 7–5, 6–3
1998 |  スコット・ドレーパー |  ローレンス・ティレメン | 7–6, 6–4
1999 |  ピート・サンプラス |  ティム・ヘンマン | 6–7, 6–4, 7–6
2000 |  レイトン・ヒューイット |  ピート・サンプラス | 6–4, 6–4
2001 |  レイトン・ヒューイット |  ティム・ヘンマン | 7–6, 7–6
2002 |  レイトン・ヒューイット |  ティム・ヘンマン | 4–6, 6–1, 6–4
2003 |  アンディ・ロディック |  セバスチャン・グロジャン | 6–3, 6–3
2004 |  アンディ・ロディック |  セバスチャン・グロジャン | 7–6, 6–4
2005 |  アンディ・ロディック |  イボ・カロビッチ | 7–6, 7–6
2006 |  レイトン・ヒューイット |  ジェームズ・ブレーク | 6–4, 6–4
2007 |  アンディ・ロディック |  ニコラ・マユ | 4–6, 7–6, 7–6
2008 |  ラファエル・ナダル |  ノバク・ジョコビッチ | 7–6, 7–5
2009 |  アンディ・マレー |  ジェームズ・ブレーク | 7–5, 6–4
2010 |  サム・クエリー |  マーディ・フィッシュ | 7–6, 7–5
2011 |  アンディ・マレー |  ジョー=ウィルフリード・ツォンガ | 3–6, 7–6, 6–4
2012 |  マリン・チリッチ |  ダビド・ナルバンディアン | 6–7, 4–3 失格
2013 |  アンディ・マレー |  マリン・チリッチ | 5–7, 7–5, 6–3
2014 |  グリゴール・ディミトロフ |  フェリシアーノ・ロペス | 6–7, 7–6, 7–6
2015 |  アンディ・マレー |  ケビン・アンダーソン | 6-3, 6-4
2016 |  アンディ・マレー |  ミロシュ・ラオニッチ | 6–7, 6–4, 6–3
2017 |  フェリシアーノ・ロペス |  マリン・チリッチ | 4-6, 7–6, 7–6

男子ダブルス

1969年以後
【年】
【優勝者】
【準優勝者】
【決勝結果】

1969 |  オーウェン・デビッドソン
デニス・ラルストン
 |  Ove Nils Bengtson
トーマス・コッホ | 8–6, 6–3
1970 |  トム・オッカー
マーティー・リーセン
 |  アーサー・アッシュ
チャーリー・パサレル | 7–9, 6–4, 9–7
1971 |  トム・オッカー
マーティー・リーセン
 |  スタン・スミス
エリック・バン・ディレン | 8–6, 4–6, 15–13
1972 |  ジム・マクマナス
ジム・オズボーン
 |  ユルゲン・ファスベンダー
カール・マイラー | 4–6, 6–3, 7–5
1973 |  トム・オッカー
マーティー・リーセン
 |  Ray Keldie
レイモンド・ムーア | 6–4, 7–5
1974–1976 | 開催なし
1977 |  アナンド・アムリトラジ
ビジャイ・アムリトラジ
 |  ジョン・ロイド
デビッド・ロイド | 6–1, 6–2
1978 |  ボブ・ヒューイット
フルー・マクミラン
 |  フレッド・マクネアー
ラウル・ラミレス | 6–2, 7–5
1979 |  ティム・ガリクソン
トム・ガリクソン
 |  マーティー・リーセン
シャーウッド・スチュワート | 6–4, 6–4
1980 |  ロッド・フローリー
ジェフ・マスターズ
 |  ポール・マクナミー
シャーウッド・スチュワート | 6–2, 4–6, 11–9
1981 |  パット・デュプレ
ブライアン・ティーチャー
 |  ケビン・カレン
スティーブ・デントン | 3–6, 7–6, 11–9
1982 |  ジョン・マッケンロー
ピーター・レナート
 |  ビクトル・アマヤ
ハンク・プフィスター | 7–6, 7–5
1983 |  ブライアン・ゴットフリート
ポール・マクナミー
 |  ケビン・カレン
スティーブ・デントン | 6–4, 6–3
1984 |  パット・キャッシュ
ポール・マクナミー
 |  バーナード・ミットン
ブッチ・ワルツ | 6–4, 6–3
1985 |  ケン・フラック
ロバート・セグソ
 |  パット・キャッシュ
ジョン・フィッツジェラルド | 3–6, 6–3, 16–14
1986 |  ケビン・カレン
ギー・フォルジェ
 |  ダレン・カーヒル
マーク・クラッツマン | 6–2, 7–6
1987 |  ギー・フォルジェ
ヤニック・ノア
 |  リック・リーチ
ティム・ポーサット | 6–4, 6–4
1988 |  ケン・フラック
ロバート・セグソ
 |  ピーター・アルドリッチ
ダニー・ヴィッサー | 6–2, 7–6
1989 |  ダレン・カーヒル
マーク・クラッツマン
 |  ティム・ポーサット
ローリー・ウォーダー | 7–6, 6–3
1990 |  ジェレミー・ベイツ
ケビン・カレン
 |  アンリ・ルコント
イワン・レンドル | 7–6, 6–4
1991 |  トッド・ウッドブリッジ
マーク・ウッドフォード
 |  グラント・コネル
グレン・ミチバタ | 7–6, 6–4
1992 |  ジョン・フィッツジェラルド
アンダース・ヤリード
 |  ゴラン・イワニセビッチ
ディエゴ・ナルギソ | 6–4, 7–6
1993 |  トッド・ウッドブリッジ
マーク・ウッドフォード
 |  ニール・ブロード
ゲーリー・ミュラー | 6–4, 6–7, 6–3
1994 |  ヤン・アペル
ヨナス・ビョルクマン
 |  トッド・ウッドブリッジ
マーク・ウッドフォード | 5–7, 7–6, 6–4
1995 |  トッド・マーティン
ピート・サンプラス
 |  ヤン・アペル
ヨナス・ビョルクマン | 6–4, 6–2
1996 |  トッド・ウッドブリッジ
マーク・ウッドフォード
 |  セバスチャン・ラルー
アレックス・オブライエン | 6–2, 6–7, 6–3
1997 |  マーク・フィリプーシス
パトリック・ラフター
 |  サンドン・ストール
シリル・スーク | 6–2, 4–6, 7–5
1998 |  トッド・ウッドブリッジ & マーク・ウッドフォード
vs
ヨナス・ビョルクマン & パトリック・ラフター | 雨のため決勝中止
1999 |  セバスチャン・ラルー
アレックス・オブライエン
 |  トッド・ウッドブリッジ
マーク・ウッドフォード | 6–3, 7–6
2000 |  トッド・ウッドブリッジ
マーク・ウッドフォード
 |  ジョナサン・スターク
エリック・タイノ | 7–6, 6–4
2001 |  ボブ・ブライアン
マイク・ブライアン
 |  エリック・タイノ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/01/20 00:35

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「エイゴン選手権」の意味を投稿しよう
「エイゴン選手権」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

エイゴン選手権スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「エイゴン選手権」のスレッドを作成する
エイゴン選手権の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail