このキーワード
友達に教える
URLをコピー

エフエム石川とは?

種類
株式会社
【本社所在地】
日本
920-8605
石川県金沢市彦三町二丁目1番45号
【設立】
1989年8月1日
業種
情報・通信業
法人番号
2220001001469
【事業内容】
放送法に基づく超短波放送事業
【代表者】
代表取締役社長 山本与志雄
【資本金】
8億円(2017年3月31日時点)
【売上高】
3億4449万円(2017年3月期)
【営業利益】
2410万円(2017年3月期)
【純利益】
1879万円(2017年3月期)
【純資産】
8億2448万円(2017年3月31日時点)
【総資産】
9億8019万円(2017年3月31日時点)
【従業員数】
13人(2017年4月1日時点)
【決算期】
3月
【主要株主】
北國新聞社中日新聞社石川テレビ放送学校法人金沢学院大学 - 各10.0%
【関係する人物】
北元喜雄
【外部リンク】
http://hellofive.jp/
エフエム石川
FM ISHIKAWA BROADCASTING Co., Ltd.
放送対象地域
石川県
【系列】
JFN系
【略称】
なし
【愛称】
HELLO FIVE
コールサイン
JOHV-FM
【開局日】
1990年4月1日
【本社】
〒920-8605
石川県金沢市彦三町二丁目1番45号
演奏所
本社と同じ
親局 / 出力 金沢 80.5MHz / 1kW
【主な中継局】
七尾 78.4MHz
羽咋 85.5MHz
輪島 89.9MHz
珠洲 81.9MHz
【公式サイト】
http://hellofive.jp/

株式会社エフエム石川(エフエムいしかわ、FM ISHIKAWA BROADCASTING Co., Ltd.)は、石川県放送対象地域として超短波放送(FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 愛称周波数である80.5にちなみHELLO FIVE(ハローファイブ)。また、通称としてFM石川も使用される。コールサインはJOHV-FM。JFN系列。

目次

  • 1 事業所等
  • 2 沿革
  • 3 周波数・出力
  • 4 聴取について
  • 5 資本構成
    • 5.1 2015年3月31日 - 2016年3月31日
    • 5.2 過去の資本構成
  • 6 番組編成における特徴
    • 6.1 2009年4月の大規模改編
    • 6.2 2018年の改編
  • 7 主な自社制作番組
    • 7.1 随時
    • 7.2 月曜 - 金曜
    • 7.3 土曜・日曜
    • 7.4 特別番組
  • 8 終了した番組
    • 8.1 自社制作番組
    • 8.2 ネット番組
  • 9 アナウンサー・パーソナリティ
    • 9.1 現在
    • 9.2 過去
  • 10 ローカルニュースについて
  • 11 開局を巡るエピソード
    • 11.1 北國新聞と北陸中日新聞
  • 12 CMについて
  • 13 マスメディア集中排除原則違反事例
  • 14 インターネット配信
  • 15 その他
  • 16 脚注
  • 17 関連項目
  • 18 外部リンク

事業所等

エフエム石川本社1階にあるオープンスタジオ
かつて開設していたサテライトスタジオ「Studio 【ti:】」
本社・演奏所
東京支社
かつて開設していた事業所・サテライトスタジオ

沿革

周波数・出力

エフエム石川送信塔(北陸放送と共用)
親局 周波数 空中線電力 備考
金沢 | 80.5MHz | 1kW | 北陸放送ラジオ送信鉄塔を共用
中継局 周波数 空中線電力 備考
羽咋 | 85.5MHz | 100W | NHKテレビ・FMと局舎を共用し、
送信設備はNHK-FMと共用
七尾 | 78.4MHz | 
輪島 | 89.9MHz | 
珠洲 | 81.9MHz | 

聴取可能な地域は、放送対象地域である石川県全域および富山福井各県の一部(前者は小矢部市高岡市、後者はあわら市坂井市など)。また、国道8号くりからトンネルおよび富山県小矢部市の小矢部バイパストンネル区間では再放送を行っている

聴取について

メディア 周波数

聴取可能地域

備考
地上波 上記参照 県内全域および
富山県、福井県の各一部地域 | 上記参照
ケーブルテレビ 事業者による | 県内各事業者の業務区域 | 再放送事業者は以下の通り。
LISMO WAVE 日本全国 | au(KDDI)のスマートフォン(Android)にて実施。
ドコデモFM NTTドコモのスマートフォン(Android・iPhone)とau・ソフトバンクモバイルのiPhoneにて実施。
radiko 石川県(無料)
日本全国(有料) | スマートフォン(Android・iPhone)ならびにパソコンにて実施。

資本構成

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:

2015年3月31日 - 2016年3月31日

【資本金】
【授権資本】
【1株】
【発行済株式総数】
株主数
8億円 | 32億円 | 5万円 | 16,000株 | 29
【株主】
【株式数】
比率
北國新聞社 | 1,600株 | 10.0%
中日新聞社 | 1,600株 | 10.0%
石川テレビ放送 | 1,600株 | 10.0%
学校法人金沢学院 | 1,600株 | 10.0%
ジャパンエフエムネットワーク | 1,280株 | 08.0%
ニッポン放送 | 0,640株 | 04.0%
日本経済新聞社 | 0,640株 | 04.0%
日本郵便輸送 | 0,640株 | 04.0%
ラジオかなざわ | 0,560株 | 03.5%
石川県 | 0,480株 | 03.0%
ラジオこまつ | 0,480株 | 03.0%
ラジオななお | 0,480株 | 03.0%
西日本電信電話 | 0,480株 | 03.0%
北陸電力 | 0,480株 | 03.0%
北國銀行 | 0,480株 | 03.0%
ホクショー | 0,480株 | 03.0%

過去の資本構成

1992年3月31日
【資本金】
【授権資本】
【1株】
【発行済株式総数】
株主数
8億円 | 32億円 | 5万円 | 16,000株 | 45
【株主】
【株式数】
比率
平林宏次 | 640株 | 4.0%
石川県 | 480株 | 3.0%
日本電信電話 | 480株 | 3.0%
北陸電力 | 480株 | 3.0%
北國銀行 | 480株 | 3.0%
鈴木建設 | 480株 | 3.0%
福光博 | 480株 | 3.0%
成瀬巌 | 480株 | 3.0%
木谷清秀 | 480株 | 3.0%
北村友正 | 480株 | 3.0%
越馬平治 | 480株 | 3.0%
澁谷亮治 | 480株 | 3.0%
野原重美 | 480株 | 3.0%
浅田豊久 | 480株 | 3.0%
八田恒平 | 480株 | 3.0%
2003年3月31日
【資本金】
【授権資本】
【1株】
【発行済株式総数】
株主数
8億円 | 32億円 | 5万円 | 16,000株 | 40
【株主】
【株式数】
比率
北國新聞社 | 800株 | 5.0%
中日新聞社 | 800株 | 5.0%
朝日新聞社 | 640株 | 4.0%
読売新聞社 | 640株 | 4.0%
日本経済新聞社 | 640株 | 4.0%
石川県 | 480株 | 3.0%
北陸放送 | 480株 | 3.0%
西日本電信電話 | 480株 | 3.0%
北陸電力 | 480株 | 3.0%
北國銀行 | 480株 | 3.0%
ホクショー | 480株 | 3.0%
一神秀光 | 480株 | 3.0%
相川久嗣 | 480株 | 3.0%
越馬平治 | 480株 | 3.0%
澁谷亮治 | 480株 | 3.0%
福光博 | 480株 | 3.0%
直山泰 | 480株 | 3.0%
木谷清秀 | 480株 | 3.0%
八田恒平 | 480株 | 3.0%

番組編成における特徴

開局当初からは様々なアーティストが番組(5分間のミニ番組も含む)を担当し、個性的な編成に特徴があったが、近年の自社制作番組は減少傾向にある。全般的にジャパンエフエムネットワーク(JFNC)からのネット番組(ミニ番組も含む)が多くなっている。

自社制作番組の比率は、北陸地方のラジオ局では最も少ない。番組改編期以外の時期に打ち切りや放送時間を変更するケースも少なくない。

JFNCのネット番組では、洋楽(ロックなど)系の番組が多い反面、ハガキ職人が活躍するいわゆる「ネタ番組」はネットされない傾向が強い。また、下ネタの内容が多いとされる番組は、ネット途中でも打ち切る場合がある(『ORANGE RANGE ラジオ〜コンタクト』や『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』など。なお、『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』は2013年4月に放送を再開している)。

開局当初から歌謡曲アイドルグループの楽曲は放送しない方針を取ったため、チャートはオリコンチャートのヒット曲よりもラジオベースの自社の推薦曲が上位に選ばれることが多い。また、エイベックス・グループに所属するアーティストの楽曲も自社番組では放送しない傾向が強い。自社番組においてはダンスミュージック(レゲエヒップホップ)を重用する傾向がある。

2009年4月の大規模改編

2009年4月の番組改編では長年続いた自社制作番組を終了させるなど大規模に行われた。以下は具体例。

2018年の改編

2018年4月に、月曜日から金曜日の午後のローカルワイド番組が25分間短縮。15時台(金曜日は16時台)にJFNCの25分番組をネットする編成が実施された。同年9月には、開局以来続けられてきた昼の帯番組が終了。28年間続いた自社番組の歴史に幕を下ろした。10月からは新規にJFNCの『Seasoning -season your life with music-』のネットを開始した(金曜日は新番組として継続)。なお、前述の25分番組はわずか6か月で打ち切りとなった番組もあった(打ち切りとなったものには『川谷絵音の約30分我慢してくれませんか』がある)。

主な自社制作番組

詳細は公式サイトのタイムテーブルを参照。

随時

ヘビーローテーション
ニュース
トラフィックインフォメーション
ウェザーインフォメーション

月曜 - 金曜

※★印があるものはホームページが開設されている番組。

土曜・日曜

特別番組

終了した番組

自社制作番組

朝の時間帯は、開局当初からワイド番組の設定はしていない。

昼枠

Wanna hapiness!!(月曜から木曜)13:30-15:50、2013年4月 - 2014年3月31日) 金曜Wanna hapiness!!-champagne Line- 13:30-16:50(2013年4月-2014年3月

夕方枠
その他

ネット番組

北陸地方においてエフエム石川のみで放送された番組

アナウンサー・パーソナリティ

現在

エフエム石川ではアナウンサー職在籍者の呼称をパーソナリティとしている。

アナウンサー
パーソナリティ

過去

アナウンサー

パーソナリティ

 | 
この節の加筆が望まれています。

ローカルニュースについて

詳細は「FM石川ニュース」を参照

北國新聞社・中日新聞社が出資していることから、ローカルニュースは『北國新聞ニュース』と『北陸中日新聞ニュース』の2本が『FM石川ニュース』として放送されている(各新聞ニュースの放送時間は月毎に午前、午後と入れ替わっている)。

通常ローカルニュースを優先するため、世間の関心が高い全国ニュースは後回しにされることが大半であった(例としてはライブドア事件や村上ファンドに関連した事例)。

なお、2008年7月より原則全国ニュースをトップニュースにする形態に変更した。

JFNニュース』はこれまで月曜から金曜はまったく放送されていなかったが、2009年4月より深夜0:55からの時間帯のみ放送されている。また、土曜・日曜に関しては2009年4月4日放送分よりすべて『JFNニュース』となる(いずれもタイトルのみ差し替え、BGMも入れて放送する)。

開局を巡るエピソード

1970年代の後半に、当時の郵政省北海道宮城静岡広島の各地域に当初割り当てられていたFM放送のチャンネルプランを修正し、1979年(昭和54年)5月16日愛媛長崎の各地域とともに石川県にFM放送用周波数が割り当てられた。石川県以外の道県では、割当てがあってから順調に県域FM局が開局されたが、石川県は3局目民放テレビ局(現在のテレビ金沢)の調整に難航した他に、長年石川県のマスメディアにおいて対立関係にある北國新聞社と北陸中日新聞(中日新聞社北陸本社)との主導権争いも影響して(同様の例としては、旧岐阜エフエム放送での設立をめぐって岐阜新聞社と中日新聞社との対立も挙げられる)、県域FM放送局開局は約10年先送りとなった。また、開局時期で隣県の福井・富山両県よりも5年後塵を拝した。

そのため、エフエム石川開局の1990年4月1日まで、石川県ではFM福井FMとやまなどを聴取するリスナーが多かった。開局後も聴取できなくなったわけではないためエフエム石川がネットしない番組あるいはエフエム石川で流れない楽曲を聴くため等の選択肢として使い分けられている。逆に富山・福井両県でも同じことが言える。

北國新聞と北陸中日新聞

長年、対立関係にある北國新聞と北陸中日新聞は新聞販売の面だけでなく、イベントの主催や放送局の設立にまで確執があるとされている。放送局においては、このエフエム石川では互いにニュースの配信を受けるだけでなく、両新聞のイベントに関わりを持っていることが多い。また、両新聞のコマーシャルや両新聞のカルチャーセンターの宣伝も多く放送されている。

エフエム石川は、北國新聞社のホームページには北國新聞グループの友好法人として掲載されている。また、中日新聞社も北國新聞社と同比率で出資(2011年4月時点での出資は両社とも10.0%)しており、北國新聞系列の学校法人金沢学院、中日新聞社系列の石川テレビ放送と共に筆頭株主となっている。

これまで北國新聞系列ではテレビ金沢の番組宣伝や『24時間テレビ』の開催告知を行う反面、北陸中日新聞系列では石川テレビの新作ドラマ(『月9ドラマ』や『木曜劇場』など)が開始になる場合は編成担当者が出演して宣伝していた。なお、最近は両局とも表立った宣伝は行わず、北陸放送(ラジオ部門では競合関係にある)の番組宣伝が不定期に放送されていた(2017年10月期を最後に取り止め)。一方で2017年からは、北陸朝日放送(HAB)が週末を中心に『サンデーLIVE!!』の番組宣伝CMを出稿している。

CMについて

番組宣伝やイベント告知がCMの大半を占めており、番組提供が付かない場合が大半である。自社主催のイベントや他局との共同主催のライブやコンサートの告知は比較的多く、番組宣伝(原則としてTOKYO FMの番組、自社制作のミニ番組も頻繁に放送される)・公共広告(日中は日本赤十字社日本民間放送連盟など、22時以降はACジャパンBPOなどが放送される)および「HELLO FIVE MUSIC PICK UP」が多く放送されている。特に後者においては、午前中(曜日は問わず)と19時以降のCM枠はこれしか放送されないことが多い。

隣県のFMとやまやFM福井と比較するとCMの出稿量は少ないだけでなく、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/11/29 03:25

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「エフエム石川」の意味を投稿しよう
「エフエム石川」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

エフエム石川スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「エフエム石川」のスレッドを作成する
エフエム石川の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail