このキーワード
友達に教える
URLをコピー

エリクソンとは?

この記事のほとんどまたは全てが唯一の出典にのみ基づいています
他の出典の追加も行い、記事の正確性・中立性・信頼性の向上にご協力ください。(2018年8月)

Telefonaktiebolaget L. M. Ericsson

スウェーデン本社

種類
株式会社
【市場情報】
OMX: ERIC A, OMX: ERIC B, NASDAQ: ERIC
【略称】
Ericsson
【本社所在地】
スウェーデン ストックホルム
【設立】
1876年
【事業内容】
通信機器の製造・販売・設置工事、通信事業者向け運用・保守サービス、ネットワークに関する各種コンサルティングサービスなど
【代表者】
ハンス・ヴェストベリ/Hans Vestberg (エリクソングループ/CEO)
【売上高】
2,269億クローナ/350億ドル(2011年)
【従業員数】
全体 95,260人(2018年現在)
【主要子会社】
ST-Ericsson (50%)
LG-Ericsson (75%)
【外部リンク】
www.ericsson.com(英語)
www.ericsson.com/jp(日本語)

エリクソン(Telefonaktiebolaget LM Ericsson)は、スウェーデン通信機器メーカー。移動体通信(携帯電話)地上固定設備のメーカーとして著名なほか、スウェーデン国産戦闘機JAS 39 グリペンの電子機器を手がける。本社はスウェーデンのストックホルム

目次

  • 1 概要
  • 2 日本法人
    • 2.1 沿革
  • 3 関連項目
  • 4 脚注
  • 5 外部リンク

概要

初期の木製電話機。英国ノッティンガムのエリクソン・テレホン社製。バーミンガム・サイエンス・ミュージアム蔵。

1876年、機械工のラーシュ・マグナス・エリクソン(Lars Magnus Ericsson)が電信器の修理工場を開設する。1896年、L.M.エリクソン社)(LME)となる。1930年にはスウェーデンに外資を大量導入したイーヴァル・クルーガーの支配下にあった。

移動体通信事業を中心とし、携帯電話の地上固定設備を世界的に展開している。単独で携帯電話端末を製造していた時期があったが、世界最大の端末メーカーであるノキア(フィンランド)の攻勢などによりシェアが低下、そのため地上固定設備開発に特化して、同分野では世界最大手である。現在、世界180カ国において、50億以上ある全モバイル端末の約40%がエリクソンのシステムを通じて利用されている。

エリクソンでは、世界17カ国・約19,800名の技術者たちが研究開発に取り組んでおり、年間研究開発費は売上高の約15%にのぼる。特にGSMは世界の携帯電話の80%以上に採用され、事実上、無線通信方式の世界標準技術となっている。現在は、ワイヤレスBBネットワーク(LTE・HSPA)、有線通信と移動体通信の融合(FMC)、放送と通信の融合(IPTV)などを研究、実用化に向けて開発している。

2005年、ゼネラル・エレクトリック・カンパニーのバルク事業を買収した。

日本法人

エリクソン・ジャパン株式会社
Ericsson Japan K.K.
種類
株式会社
【本社所在地】
日本
105-0021
東京都港区東新橋 2-3-17
MOMENTO SHIODOME
【設立】
1992年9月
【事業内容】
・電気通信機器および周辺機器の研究開発/各種の標準化活動
・設計・製造・輸出入並びにカスタマイゼーション/販売/設置工事
・通信事業者向け運用・保守・スペアパーツマネジメント等の各種サービス
・ネットワーク最適化等のコンサルティングサービス
・移動通信向けのアプリケーションおよびソリューションの開発
・知的財産のライセンシング
・通信事業者およびエンタープライズ向けシステム・インテグレーション
・電子部品/OEM製品の調達
【代表者】
代表取締役社長 ヤン・シグネル(Jan Signell)
【資本金】
3億2千万円
【従業員数】
1,059名(2012年3月現在)
【主要株主】
Telefonaktiebolaget LM Ericsson(スウェーデン)の完全子会社
【外部リンク】
エリクソン・ジャパン株式会社

日本法人は、1992年9月設立のエリクソン・ジャパン株式会社(旧称:日本エリクソン株式会社)。本社は東京都港区。設立以来、外資系No.1通信インフラプロバイダとして1,000名を超える専門のスタッフが30社以上に及ぶ国内協力会社と連携し、高品質なサービスを実現している。戦略や技術に関するコンサルティングから、ネットワークの構築、保守、運用、教育に至るまで、通信システムの幅広い分野のサービスをワンストップで提供する。エリクソン・ジャパンは、エリクソン全体の研究開発の中でサービスレイヤや無線アクセス分野の研究で成果を挙げており、現在、LTEを初めとする移動体ネットワークの開発やブロードバンドアクセスの導入、オールIP化やマルチメディア分野のソリューション開発に取り組む。

日本では主にソフトバンクモバイルイー・モバイルに地上固定設備を提供する。携帯電話端末事業は長らくソニーとの合弁会社であるソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(現ソニーモバイルコミュニケーションズ)が行っていたが、2012年にソニーへ同社の保有株をすべて売却し、合弁を解消した。但し、ソニーとの合弁解消後もワイヤレス分野での協業を継続するとしている。

福岡ソフトバンクホークスとは2012年度シーズン以降、ヘルメットスポンサー契約を結んでいる。

沿革

関連項目

脚注

  1. ^ Company facts”. Ericsson.com. Ericsson AB. 2018年7月29日閲覧。

外部リンク

OMXS 30 構成銘柄(2019年7月1日定期レビュー適用時点)

  • 定期レビュー適用時点でのウェイト順


  • ストックス 600 構成銘柄(2019年6月24日入替時点)
    自動車・自動車部品
    Automobiles & Parts | 

    銀行
    Banks | 
  • HSBCホールディングス(HSBA)
  • サンタンデール銀行(SAN)
  • BNPパリバ(BNP)
  • ロイズ・バンキング・グループ(LLOY)
  • UBSグループ(UBSG)
  • INGグループ(INGA)
  • ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)
  • インテーザ・サンパオロ(ISP)
  • バークレイズ(BARC)
  • クレディ・スイス・グループ(CSGN)
  • ウニクレディト(UCG)
  • スタンダードチャータード銀行(STAN)
  • ノルデア銀行(NDA)
  • ソシエテ・ジェネラル(GLE)
  • DNB(DNB)
  • KBCグループ(KBC)
  • スカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケン クラスA(SEB A)
  • スベンスカ・ハンデルスバンケン クラスA(SHB A)
  • ドイツ銀行(DBK)
  • クレディ・アグリコル(ACA)
  • スウェドバンク クラスA(SWED A)
  • ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(RBS)
  • エルステ・グループ・バンク(EBS)
  • ダンスケ銀行(DANSKE)
  • カイシャバンク(CABK)
  • ABNアムロ・グループ(ABN)
  • PKOバンク・ポルスキ(PKO)
  • ジュリアス・ベア・グループ(BAER)
  • コメルツ銀行(CBK)
  • サバデル銀行(SAB)
  • アイルランド銀行(BIR)
  • ナティクシス(KN)
  • アライド・アイリッシュ銀行(AIB1)
  • バンキア(BKIA)

  • 基礎素材
    Basic Resources | 
  • リオ・ティント(RIO)
  • BHPビリトン(BLT)
  • グレンコア(GLEN)
  • アングロ・アメリカン(AAL)
  • UPM(UPM)
  • アルセロール・ミッタル(MT)
  • モンディ(MNDI)
  • ストラ・エンソ(STERV)
  • スベンスカ・セルローサ クラスB(SCA B)
  • ノルスク・ハイドロ(NHY)
  • エブラズ(EVR)

  • 化学
    Chemicals | 
  • リンデ(LIN)
  • BASF(BAS)
  • エア・リキード(AI)
  • DSM(DSM)
  • ジボダン(GIVN)
  • アクゾノーベル(AKZA)
  • シムライズ(SY1)
  • ヤラ・インターナショナル(YAR)
  • コベストロ(1COV)
  • ソルベー (SOLB)
  • アルケマ(AKE)
  • ユミコア(UMI)
  • エムスケミー・ホールディング(EMSN)
  • クラリアント(CLN)
  • ランクセス(LXS)
  • ビクトレックス(VCT)

  • 建設・資材
    Constriction & Materials | 
  • ヴァンシ(DG)
  • CRH(CRG)
  • ラファージュホルシム(LHN)
  • アッサ・アブロイ クラスB(ASSA B)
  • サンゴバン(SGO)
  • シーカ(SIK)
  • ギーベリッツ(GEBN)
  • フェロビアル(FER)
  • ACS(ACS)
  • メルローズ・インダストリーズ(MRO)
  • ハイデルベルグセメント(HEI)
  • ブイグ(EN)
  • エファージュ(FGR)
  • ロイヤル・ボスカリス・ウエストミンスター(BOKA)

  • 金融サービス
    Financial Services | 
  • ドイツ取引所(DB11)
  • ロンドン証券取引所グループ(LSE)
  • インベストール クラスB(INVE B)
  • パートナーズ・グループ・ホールディング(PGHN)
  • スリーアイ・グループ(III)
  • スタンダード・ライフ・アバディーン(SLA)
  • エクソール(EXO)
  • グループ・ブリュッセル・ランバート(GBLB)
  • シュローダー(SDR)
  • ユーロネクスト(ENX)

  • 食品・飲料
    Food & Beverage | 
  • ネスレ(NESN)
  • ディアジオ(DGE)
  • アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABI)
  • ダノン(BN)
  • ペルノ・リカール(RI)
  • ハイネケン(HEIA)
  • ケリー・グループ(KRZ)
  • カールスバーグ クラスB(CARL B)
  • モウイ(MOWI)
  • アソシエイテッド・ブリティッシュ・フーズ(ABF)
  • ハイネケン・ホールディング(HEIO)
  • リンツ&シュプルングリー 登録株(LISN)
  • バリーカレボー(BARN)

  • ヘルスケア
    Health Care | 
  • ノバルティス(NOVN)
  • エフ・ホフマン・ラ・ロシュ(ROG)
  • アストラゼネカ(AZN)
  • グラクソ・スミスクライン(GSK)
  • サノフィ(SAN)
  • ノボノルディスク クラスB(NOVOB)
  • バイエル(BAYN)
  • フィリップス(PHIA)
  • エシロールルックスオティカ(EL)
  • アルコン(ALC)
  • ロンザグループ(LONN)
  • フレゼニウス(FRE)
  • スミス・アンド・ネフュー(SN)
  • フレゼニウス・メディカルケア(FME)
  • メルク(MRK)
  • コロプラスト クラスB(COLO B)
  • ソノヴァ・ホールディング(SOON)
  • ジェンマブ(GEN)
  • ノボザイムズ クラスB(NZYM B)
  • UCB(UCB)
  • ストローマン(STMN)
  • クリスチャン・ハンセン・ホールディングス(CHR)
  • ユーロフィン(ERF)
  • イプセン(IPN)
  • ルンドベック(LUN)

  • 資本財・サービス
    Industrial Goods
    & Services | 
  • シーメンス(SIE)
  • エアバス(AIR)
  • サフラン(SAF)
  • シュナイダーエレクトリック(SU)
  • ABB(ABBN)
  • ドイツポスト(DPW)
  • エクスペリアン(EXPN)
  • ボルボ クラスB(VOLV B)
  • コネ(KNEBV)
  • BAEシステムズ(BA)
  • ロールス・ロイス・ホールディングス(RR)
  • アトラスコプコ クラスA(ATCO A)
  • ルグラン(LR)
  • ワイヤーカード(WDI)
  • サンドビック(SAND)
  • DSV(DSV)
  • ファーガソン(FERG)
  • Adyen(ADYEN)
  • AENA(AENA)
  • アシュテッド・グループ(AHT)
  • SGS(SGSN)
  • アトランティア(ATL)
  • MTUエアロ・エンジンズ(MTX)
  • タレス(HO)
  • エデンレッド(EDEN)
  • テレパフォーマンス(TEP)
  • インターテック・グループ(ITRK)
  • CNHインダストリアル(CNHI)
  • レントキル・イニシャル(RTO)
  • バンズル(BNZL)
  • アデコ(ADEN)
  • シンドラーグループ 参加証券(SCHP)
  • キューネ・アンド・ナーゲル(KNIN)
  • A.P. モラー・マースク クラスB(MAERSKB)
  • スミスグループ(SMIN)
  • アルストム(ALO)
  • ビューローベリタス(BVI)
  • ザルトリウス(SRT)
  • グループ・ユーロトンネル(GET)
  • ティッセンクルップ(TKA)
  • SKF クラスB(SKF B)
  • バルチラ(WRTBV)
  • ランスタッド・ホールディング(RAND)
  • プリズミアン(PRY)
  • クノールブレムゼ(KBX)
  • ラインメタル(RHM)
  • メッツォ(METSO)
  • レオナルド(LDO)
  • G4S(GFS)
  • IMI(IMI)
  • ジョージフィッシャー(FI.N)
  • トムラ・システムズ(TOM)
  • チューリッヒ空港(FHZN)
  • VATグループ(VACN)
  • バルメット(VALMT)
  • ダッソー(AM)
  • フラポート(FRA)
  • シグニファイ(LIGHT)
  • ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント(HAS)
  • ロイヤルメール・ホールディングス(RMG)
  • SAAB クラスB(SAAB B)
  • アグレコ(AGK)
  • OCエリコンホールディング(OERL)
  • DKSH(DKSH)

  • 保険
    Insurance | 
  • アリアンツ(ALV)
  • プルーデンシャル(PRU)
  • アクサ(CS)
  • チューリッヒ保険グループ(ZURN)
  • ミュンヘン再保険(MUV2)
  • スイス・リー(SREN)
  • ゼネラリ保険(G)
  • サンポ(SAMPO)
  • アビバ(AV)
  • リーガル&ジェネラル・グループ(LGEN)
  • スイス・ライフ・ホールディング(SLHN)
  • NNグループ(NN)
  • アジアス(AGS)
  • ハノーバー再保険(HNR1)
  • エイゴン(AGN)
  • スコール(SCR)
  • オールド・ミューチュアル(OML)
  • ストアブランド(STB)

  • メディア
    Media | 
  • レレックス・グループ(REL)
  • ヴィヴェンディ(VIV)
  • ヴォルタース・クルーワー(WKL)
  • WPP(WPP)
  • インフォーマ(INF)
  • パブリシス・グループ(PUB)
  • ピアソン(PSO)
  • SES(SESG)
  • アクセル・シュプリンガー(SPR)
  • プロジーベンザット1メディア(PSM)
  • ユーテルサット(ETL)
  • ラガルデール(MMB)
  • RTLグループ(RTL)

  • 石油・ガス
    Oil & Gas | 
  • トタル(FP)
  • ロイヤル・ダッチ・シェル クラスA(RDSA)
  • BP(BP)
  • Eni(ENI)
  • レプソル(REP)
  • エクイノール(EQNR)
  • ベスタス・ウィンド・システムズ(VWS)
  • ネステ(NESTE)
  • テクニップFMC(FTI)
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/07/19 21:11

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「エリクソン」の意味を投稿しよう
    「エリクソン」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    エリクソンスレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「エリクソン」のスレッドを作成する
    エリクソンの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
  • 2010Happy Mail