このキーワード
友達に教える
URLをコピー

エリック・ガニエとは?

【基本情報】

【国籍】
カナダ
【出身地】
ケベック州モントリオール
【生年月日】
(1976-01-07) 1976年1月7日(44歳)
【身長
体重】
6' 0" =約182.9 cm
240 lb =約108.9 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
1995年 アマチュアFA
【初出場】
1999年9月7日 フロリダ・マーリンズ
【最終出場】
2008年9月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

【国際大会】

【代表チーム】
カナダ
WBC
2017年
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


エリック・セルジュ・ガニエ(Éric Serge Gagné , 1976年1月7日 - )は、カナダ連邦ケベック州モントリオール出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。フランス系カナダ人

84試合連続セーブ成功記録を持つ、MLB史上屈指のリリーフ投手。2002年 - 2004年の3年間で158セーブ機会中152セーブ成功を記録し、セーブ王となった2003年シーズンには非先発型投手ながらサイ・ヤング賞を受賞、メジャーを代表する抑え投手となった。しかし2005年頃からは故障が相次ぎ、その後は多くの球団を渡り歩きつつ再起を図るも、往時の輝きを取り戻せないまま2010年に現役を引退。その後、2015年と16年に独立リーグで現役復帰している。

ずんぐりとした太目の体型、あごひげとゴーグルタイプの眼鏡、塩をふいている汚い帽子がトレードマークだった。

経歴

プロ入り前

カナダのケベック州モントリオールでフランス系の家族に生まれる。モントリオールの郊外で育ち、少年時代は野球よりもアイスホッケーに熱中していた。

高校時代に投手としてジュニア世界選手権に出場。当時はフランス語しか話せなかったが、オクラホマ州にあるセミノール短大で投手として活躍しながら英語を身に付ける。

1994年MLBドラフトシカゴ・ホワイトソックスから30巡目(全体845位)で指名されたが、契約には至らなかった。

プロ入りとドジャース時代

1995年ロサンゼルス・ドジャースと契約を結びプロ入りを果たした。

1997年は肘の故障のためトミー・ジョン手術を受けた。これにより、1シーズンをリハビリで棒に振った。リハビリが辛く、アイスホッケーへ転向するか悩み、バーモント大学からはアイスホッケー選手として奨学金の提示されるも野球を選択した。

1999年9月7日のフロリダ・マーリンズ(現:マイアミ・マーリンズ)戦で、メジャーデビューを果たす。同年は5試合の先発登板のみに留まった。

2001年までの3年間は、58試合中48試合に先発、11勝14敗の成績であった。

2002年のスプリング・トレーニングで他の先発投手が好調なためリリーフに転向を言い渡された。シーズン4試合目の登板となった4月7日にメジャー初セーブを記録して以降、セーブを量産し、MLB史上最速で20セーブ(56試合)・30セーブ(82試合)で達成。ジョン・スモルツの55セーブに次ぐ52セーブを挙げ、トッド・ウォーレル1996年に記録した44セーブの球団記録を更新した。114奪三振を記録し、リリーフとしてはオクタビオ・ドーテルの118奪三振に次ぐ多さで、球団史上歴代3位に入った。オフには日米野球のMLB選抜の一員として来日した。

2003年は、55セーブを挙げ前年スモルツが記録したリーグ記録に並び、奪三振率14.98はビリー・ワグナーが1999年に14.95を記録したMLB記録を更新した。シーズン47セーブ目となった9月2日には連続セーブ記録を55まで伸ばし、トム・ゴードンのMLB記録を更新。シーズン48セーブ目となった9月5日に通算100セーブを達成。クローザーとしてはデニス・エカーズリー以来11年ぶりにサイ・ヤング賞を受賞。

2004年7月5日に2002年8月26日から続いた連続セーブ記録が84で途切れた。7月15日には、対ダイヤモンドバックス戦で通算130セーブを達成し、通算セーブ数の球団記録を更新した。この年45セーブを記録し、過去3年間で152セーブとエカーズリーが1990年からの3年間で142セーブのMLB記録を更新した。

ドジャー・スタジアムでは、ガニエが登板するとガンズ・アンド・ローゼズの "Welcome to the Jungle" がかかり、電光掲示板には彼の似顔絵とともに "GAME OVER" (試合終了)と表示される演出がされるようになり、これが好評を博していた。

2005年1月に2年総額1,900万ドルで契約延長した。シーズンでは、右肘靱帯を故障したため、14試合登板のみで戦線離脱した。6月にトミー・ジョン手術を受ける。このシーズンは以降ガニエが登板することはなかった。

2006年開幕前の3月に同年から開催されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のカナダ代表に選出されたが、辞退した。シーズンでは6月3日に初登板を果たすが、10日間で2試合に登板した後の13日に故障者リスト入り。7月4日には椎間板ヘルニアを患い、シーズンの残りを棒に振った。オフに故障が重なってほとんど登板できないガニエに代わって、クローザーに斎藤隆が定着したため、ドジャースは1,200万ドルのオプションを行使せず、フリーエージェント(FA)となった。

レンジャーズ時代

2006年12月21日にテキサス・レンジャーズと600万ドルで出来高500万ドル1年契約を結んだ。

2007年は初めてアメリカンリーグで迎え、7月末まで34試合で2勝0敗16セーブ・防御率2.16の成績を残す。

レッドソックス時代

2007年7月31日にボストン・レッドソックストレードされた。移籍後は防御率が6.75と不調に終わった。

ブルワーズ時代

2007年12月9日、クローザーのフランシスコ・コルデロが移籍したミルウォーキー・ブルワーズはその後釜として1年1,000万ドルで契約した。しかし、12月14日にMLBコミッショナーによりドーピングしていた疑いが強い事が発表された。

2008年は開幕からクローザーとして起用されるものの、6回のセーブ機会のうち、3回失敗し、ヨスト監督よりクローザー失格の烙印を押される。また、7月31日のカブス戦でジム エドモンズに対して150kmの速球を故意に背中を狙って投球したとして退場を宣告された。その後、クローザーとしてまたも起用されたが、肩を痛めて、故障者リスト入りした。

独立リーグ時代

2009年カナディアン・アメリカン・アソシエーションケベック・キャピタルズに所属すると、先発に転向したが成績は振るわなかった。

2010年は古巣ドジャースとマイナー契約を結んだ。オープン戦で防御率20.25と振るわず3月21日に自由契約となった。

引退後

2010年4月に引退を表明した。

2012年第3回WBC予選のフランス代表のコーチを務めた。

2013年からはカナディアン・アメリカン・リーグに所属するトロワリヴィエール・エーグルスのオーナーに就任している。また、野球フランス代表の監督に就任した。

2014年9月はこの年初めて開催されたフランス国際野球大会第33回ヨーロッパ野球選手権大会のフランス代表監督を務めた。

2015年にはカナディアン・アメリカン・リーグのトロワリヴィエール・エーグルスで1試合のみの現役復帰を果たす。

2016年3月に第4回WBC予選のフランス代表監督を務めた。

2016年にもカナディアン・アメリカン・リーグのオタワ・チャンピオンズで登板した。

2017年2月8日第4回WBCカナダ代表に選出された。同大会ではコロンビア戦で失点したが、球速は94mphを記録した。

投球スタイル

レンジャーズ所属時のガニエ

96mph(約154km/h)前後の速球(最速は99mph)とカーブ、そして大きく落ちるチェンジアップが武器。これは "バルカンチェンジ" と呼ばれる。この変化球をガニエ本人はチェンジアップと言うが、球速は87mph(約140.0km/h)以上にもなるため、スプリットフィンガード・ファストボールのように使われている。また、キレのあるスライダーも投げている。 ファストボールは年々、球速が落ちていった。2007年のレッドソックス時代は平均で94mph(151km)、 翌年の2008年のブルワーズに所属した際は93mph(150km)まで落ち込んだ。 更に球威も衰えたためファストボールを打ち込まれ、チェンジアップを多投したが、コントロールも衰えていたため与四球が多かった。 チェンジアップとカーブを投げる際はサイドに近いスリークォーターになる。(ファストボールでも稀にある)

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

1999 | LAD | 5 | 5 | 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | 0 | 0 | .500 | 119 | 30.0 | 18 | 3 | 15 | 0 | 0 | 30 | 1 | 0 | 8 | 7 | 2.10 | 1.10
2000 | 20 | 19 | 0 | 0 | 0 | 4 | 6 | 0 | 0 | .400 | 464 | 101.1 | 106 | 20 | 60 | 1 | 3 | 79 | 4 | 0 | 62 | 58 | 5.15 | 1.64
2001 | 33 | 24 | 0 | 0 | 0 | 6 | 7 | 0 | 0 | .462 | 649 | 151.2 | 144 | 24 | 46 | 1 | 16 | 130 | 3 | 1 | 90 | 80 | 4.75 | 1.25
2002 | 77 | 0 | 0 | 0 | 0 | 4 | 1 | 52 | 1 | .800 | 314 | 82.1 | 55 | 6 | 16 | 4 | 2 | 114 | 1 | 0 | 18 | 18 | 1.97 | 0.86
2003 | 77 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 3 | 55 | 0 | .400 | 306 | 82.1 | 37 | 2 | 20 | 2 | 3 | 137 | 2 | 0 | 12 | 11 | 1.20 | 0.69
2004 | 70 | 0 | 0 | 0 | 0 | 7 | 3 | 45 | 0 | .700 | 326 | 82.1 | 53 | 5 | 22 | 3 | 5 | 114 | 2 | 0 | 24 | 20 | 2.19 | 0.91
2005 | 14 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 8 | 0 | 1.000 | 53 | 13.1 | 10 | 2 | 3 | 0 | 0 | 22 | 3 | 0 | 4 | 4 | 2.70 | 0.98
2006 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | ---- | 8 | 2.0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 1 | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0.00 | 0.50
2007 | TEX | 34 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | 16 | 1 | 1.000 | 133 | 33.1 | 23 | 2 | 12 | 0 | 1 | 29 | 1 | 0 | 8 | 8 | 2.16 | 1.05
BOS | 20 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 2 | 0 | 3 | .500 | 89 | 18.2 | 26 | 1 | 9 | 0 | 0 | 22 | 0 | 0 | 14 | 14 | 6.75 | 1.88
'07計 54 | 0 | 0 | 0 | 0 | 4 | 2 | 16 | 4 | .667 | 222 | 52.0 | 49 | 3 | 21 | 0 | 1 | 51 | 1 | 0 | 22 | 22 | 3.81 | 1.35
2008 | MIL | 50 | 0 | 0 | 0 | 0 | 4 | 3 | 10 | 7 | .571 | 203 | 46.1 | 46 | 11 | 22 | 2 | 2 | 38 | 1 | 0 | 28 | 28 | 5.44 | 1.47
MLB:10年 402 | 48 | 0 | 0 | 0 | 33 | 26 | 187 | 12 | .559 | 2664 | 643.2 | 518 | 76 | 226 | 13 | 33 | 718 | 18 | 1 | 268 | 248 | 3.47 | 1.16

タイトル

表彰

記録

代表歴

コーチ歴

監督歴

脚注

  1. ^ 三尾圭「セーブ王獲得記念特別企画 ギャニエー自身が語る「不沈間」の素顔」『スラッガー』2003年12月号、日本スポーツ企画出版社、2003年、雑誌 15509-12、42 - 47頁
  2. ^ Eric Gagne Biography” (英語). 2008年5月2日閲覧。
  3. ^ Eric Gagne 2002 Career Highlights” (英語). 2008年5月2日閲覧。
  4. ^ Eric Gagne 2003 Career Highlights” (英語). 2008年5月2日閲覧。
  5. ^ Eric Gagne 2004 Career Highlights” (英語). 2008年5月2日閲覧。
  6. ^ Dodgers, Gagne agree to $19M contract” (英語). ESPN.com. 2008年11月8日閲覧。
  7. ^ ESPN - Gagne to start on DL to get more work - MLB” (英語). 2008年5月2日閲覧。
  8. ^ The Official Site of The Milwaukee Brewers: News: Brewers ink Gagne to one-year deal” (英語). 2008年5月2日閲覧。
  9. ^ ミッチェル・レポート2007年12月19日閲覧。
  10. ^ Ken Gurnick,Dodgers release reliever Gagne,MLB.com(英語),2010/03/23閲覧
  11. ^ 2015 Trois-Rivieres Aigles Statistics -- Register” (英語). 2017年1月15日閲覧。
  12. ^ 2016 Ottawa Champions Statistics -- Register” (英語). 2017年1月15日閲覧。
  13. ^ Canada roster announced for 2017 World Baseball Classic Baseball Canada (英語) (2017年2月8日) 2017年3月16日閲覧

関連項目

外部リンク

業績
ナショナルリーグ サイ・ヤング賞
1956年-1966年 | 

1967年-1969年 | 

1970年代 | 

1980年代 | 

1990年代 | 

2000年代 | 

2010年代 | 

1966年まではアメリカンリーグと合わせて1人だけ選出。このテンプレートではナショナルリーグの選手のみを表記。

ナショナルリーグ最多セーブ
1950年代 | 
  • 50 ジム・コンスタンティー
  • 51 テッド・ウィルクス
  • 52 アル・ブレイズル
  • 53 アル・ブレイズル
  • 54 ジム・ヒューズ
  • 55 ジャック・マイヤー
  • 56 クレム・ラビーン
  • 57 クレム・ラビーン
  • 58 ロイ・フェイス
  • 59 リンディ・マクダニエルドン・マクマホン

1960年代 | 
2010Happy Mail