このキーワード
友達に教える
URLをコピー

エヴァートンFCとは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年6月)
【エヴァートンFC】

【原語表記】
Everton Football Club
【愛称】
トフィーズ (The Toffees)
【クラブカラー】

【創設年】
1878年
【所属リーグ】
プレミアリーグ
【ホームタウン】
リヴァプール
【ホームスタジアム】
グディソン・パーク
【収容人数】
39,571
【代表者】
ビル・ケンライト
【監督】
マルコ・シウバ
【公式サイト】
公式サイト

ホームカラー
 | 
アウェイカラー
 | 
サードカラー


■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

エヴァートン・フットボール・クラブ(Everton Football Club, イギリス英語発音:[ˈevətən ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランドリヴァプールをホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。クラブカラーは。愛称はトフィーズ(The Toffees,英語発音: [ðə ˈtɔːfiz])。

目次

  • 1 概要
  • 2 歴史
    • 2.1 創設
    • 2.2 現在
  • 3 エピソード
  • 4 タイトル
    • 4.1 国内タイトル
    • 4.2 国際タイトル
  • 5 過去の戦績
  • 6 記録
    • 6.1 欧州での記録
    • 6.2 欧州の成績
  • 7 現所属メンバー
    • 7.1 ローン移籍
  • 8 歴代監督
  • 9 歴代所属選手
    • 9.1 GK
    • 9.2 DF
    • 9.3 MF
    • 9.4 FW
  • 10 脚注
  • 11 外部リンク

概要

1878年に設立。現在はプレミアリーグに所属し、フットボールリーグ時代に9回の優勝記録を持つ。ホームスタジアムはリヴァプールグディソン・パーク(収容人数39,571人)。

チーム名の「エヴァートン」はリヴァプールの一地域のこと。愛称の「トフィーズ(The Toffees)」は、ホームスタジアムであるグディソン・パークで、エヴァートン地区で作られるエヴァートン・ミント(ミント・トフィー)と呼ばれるキャンディのようなお菓子が無料配布されていたことに由来する。

歴史

創設

1887年のエヴァートンFC

1878年、エヴァートンはセント・ドミンゴスクールのサッカークラブとして設立された。実力が上がるのと共に域外からの選手獲得も行われるようになり、1879年により広義な名称である「エヴァートンFC」に改称された。1888年に始まった世界最古のサッカーリーグ、フットボールリーグに最初から参加した12クラブのうちの一つである。

クラブ創設時はアンフィールドが本拠地であったが、1892年に賃料が値上げされたため、グディソン・パークに移転した。現在そのアンフィールドを本拠地とするリヴァプールとの「マージーサイド・ダービー」は創設以来白熱したものになっている。両チームの本拠スタジアムは直線距離にして500メートル程しか離れていない。エヴァートンはリヴァプール郊外のカークビーに新スタジアムを建設するカークビー・プロジェクトなる計画を2008年に発表したが、2009年に政府から計画案を却下されている。

現在

2012-13シーズンまでに国内最多の110シーズン、トップリーグに所属し続けている。1980年代までは9度のリーグ制覇を含め、数多くのタイトルを獲得したイングランドフットボール界を代表する古豪クラブの一角であったが、1992年のプレミアリーグ発足以降は概ね中堅の地位に甘んじている。

2017-18シーズンはエースであるロメル・ルカクマンチェスター・ユナイテッドに移籍したことを受け大型補強を敢行。13年ぶりにウェイン・ルーニーが復帰し、他にもデイヴィ・クラーセンマイケル・キーンジョーダン・ピックフォードサンドロ・ラミレスらを獲得した。しかしアシュリー・ウィリアムズや移籍してきたキーン、左サイドバックの不足から、本職でないポジションでプレーさせられたクコ・マルティナをはじめとするディフェンス陣やシグルズソン、シュネデルランの不調、プレミアリーグ初挑戦となるサンドロやクラーセンがイングランドのサッカーに順応出来なかったことに加え得点力不足に悩んだ。結果リーグ戦及びUEFAヨーロッパリーグでは成績が振るわず、プレミアリーグ第9節終了後、ロナルド・クーマン監督を解任、デイヴィッド・アンスワース暫定監督を経て、残留請負人と名高いサム・アラダイス監督を招聘した。冬の移籍期間でベジクタシュからジェンク・トスンを、アーセナルからセオ・ウォルコットを獲得し、彼らの活躍もあって最終的に8位でリーグ戦を終えたが、あくまで “残留” を目標とするアラダイス監督は、強豪チーム相手に勝ちにいかず、引き分けを狙う守備的な戦術に徹したり、若手起用に消極的だった。それが故に、ファンのみならず選手からも不満の念を抱かれてしまい(アデモラ・ルックマンRBライプツィヒにレンタル移籍した等)、シーズン終了後に解任された。また補強選手の多くが活躍できなかったこともあり、フットボールディレクターのスティーブ・ウォルシュも共に解任された。

2018-19シーズンは前シーズンからの立て直しを図り、マルコ・シウバ新監督を筆頭に、フットボールディレクターにPSVで様々な有力選手を発掘してきたマルセル・ブランズを据え、短期的ではなく長期的な視野でチーム力を上げることを目標に若手選手を中心にチームの補強ポイントを的確に補強していった。このような方針からワトフォードからリシャルリソンバルセロナからリュカ・ディニュジェリー・ミナ、レンタルでアンドレ・ゴメスシャフタール・ドネツクからベルナルジチェルシーからレンタルでクル・ズマを獲得。第6節まではたった1勝とシウバ監督の戦術が中々浸透しなかったものの、徐々に監督の哲学が浸透していくとチームの調子も上向いていった。補強した選手のほぼ全員が好パフォーマンスを見せ、第12節を終えてミナを除く上記の選手がスタメンに名を連ねる機会が多くなっている。一方のミナもリーグ戦初出場となった第12節のチェルシー戦でマン・オブ・ザ・マッチに選出されるなどして活躍した。また、昨季低調なパフォーマンスに終始したキーンやシグルズソンも好調を維持し、結果としてリシャルリソンはブラジル代表に初めて選出、キーンはイングランド代表に、ズマとディニュはフランス代表に復帰することができた。

エピソード

タイトル

国内タイトル

国際タイトル

過去の戦績

シーズン カテゴリ 順位 FAカップ リーグカップ UEFA CL UEFA EL
2019-20 | プレミアリーグ | 位 | 38 |  |  |  |  |  |  |  |  | — | —
2018-19 | プレミアリーグ | 8位 | 38 | 15 | 9 | 14 | 54 | 46 | 54 | 4回戦 | 3回戦 | — | —
2017-18 | プレミアリーグ | 8位 | 38 | 13 | 10 | 15 | 44 | 58 | 49 | 3回戦 | 4回戦 | — | GS敗退
2016-17 | プレミアリーグ | 7位 | 38 | 17 | 10 | 11 | 62 | 44 | 61 | 3回戦 | 3回戦 | — | —
2015-16 | プレミアリーグ | 11位 | 38 | 11 | 14 | 13 | 59 | 55 | 47 | 準決勝 | 準決勝 | — | —
2014-15 | プレミアリーグ | 11位 | 38 | 12 | 11 | 15 | 48 | 50 | 47 | 3回戦 | 3回戦 | — | ラウンド16
2013-14 | プレミアリーグ | 5位 | 38 | 21 | 9 | 8 | 61 | 39 | 72 | 準々決勝 | 3回戦 | — | —
2012-13 | プレミアリーグ | 6位 | 38 | 16 | 15 | 7 | 55 | 40 | 63 | 準々決勝 | 3回戦 | — | —
2011-12 | プレミアリーグ | 7位 | 38 | 15 | 11 | 12 | 50 | 40 | 56 | 準決勝 | 4回戦 | — | —
2010-11 | プレミアリーグ | 7位 | 38 | 13 | 15 | 10 | 51 | 45 | 54 | 5回戦 | 3回戦 | — | —
2009-10 | プレミアリーグ | 8位 | 38 | 16 | 13 | 9 | 60 | 49 | 61 | 4回戦 | 4回戦 | — | ラウンド32
2008-09 | プレミアリーグ | 5位 | 38 | 17 | 12 | 9 | 55 | 37 | 63 | 準優勝 | 3回戦 | — | —
2007-08 | プレミアリーグ | 5位 | 38 | 19 | 8 | 11 | 55 | 33 | 65 | 3回戦 | 準決勝 | — | ベスト16
2006-07 | プレミアリーグ | 6位 | 38 | 15 | 13 | 10 | 52 | 36 | 58 | 3回戦 | 4回戦 | — | —
2005-06 | プレミアリーグ | 11位 | 38 | 14 | 8 | 16 | 34 | 49 | 50 | 4回戦 | 3回戦 | 予選3回戦 | 1回戦
2004-05 | プレミアリーグ | 4位 | 38 | 18 | 7 | 13 | 45 | 46 | 61 | 5回戦 | 4回戦 | — | —
2003-04 | プレミアリーグ | 17位 | 38 | 9 | 12 | 17 | 45 | 57 | 39 | 4回戦 | 4回戦 | — | —
2002-03 | プレミアリーグ | 7位 | 38 | 17 | 8 | 13 | 48 | 49 | 59 | 3回戦 | 4回戦 | — | —
2001-02 | プレミアリーグ | 15位 | 38 | 11 | 10 | 17 | 45 | 57 | 39 | 準々決勝 | 2回戦 | — | —
2000-01 | プレミアリーグ | 16位 | 38 | 11 | 9 | 18 | 45 | 59 | 42 | 4回戦 | 2回戦 | — | —
1999-00 | プレミアリーグ | 13位 | 38 | 12 | 14 | 12 | 59 | 49 | 50 | 準々決勝 | 2回戦 | — | —
1998-99 | プレミアリーグ | 14位 | 38 | 11 | 10 | 17 | 42 | 47 | 43 | 準々決勝 | 4回戦 | — | —
1997-98 | プレミアリーグ | 17位 | 38 | 9 | 13 | 16 | 41 | 56 | 40 | 3回戦 | 3回戦 | — | —
1996-97 | プレミアリーグ | 16位 | 38 | 10 | 12 | 16 | 44 | 57 | 42 | 4回戦 | 2回戦 | — | —
1995-96 | プレミアリーグ | 6位 | 38 | 17 | 10 | 11 | 64 | 44 | 61 | 4回戦 | 2回戦 | — | CWC2回戦
1994-95 | プレミアリーグ | 15位 | 42 | 11 | 17 | 14 | 44 | 51 | 50 | 優勝 | 2回戦 | — | —
1993-94 | プレミアリーグ | 17位 | 42 | 12 | 8 | 22 | 42 | 63 | 44 | 3回戦 | 4回戦 | — | —
1992-93 | プレミアリーグ | 13位 | 42 | 15 | 8 | 19 | 53 | 55 | 53 | 3回戦 | 4回戦 | — | —

記録

2017年12月7日現在

欧州での記録

【大会】
【試】
【勝】
【分】
【敗】
【得】
【失】
【差】
勝率
UEFAチャンピオンズリーグ | 7001100000000000000♠10 | 7000200000000000000♠2 | 7000500000000000000♠5 | 7000300000000000000♠3 | 7001140000000000000♠14 | 7001100000000000000♠10 | +4 | 07001200000000000000♠20.00
UEFAヨーロッパリーグ | 7001520000000000000♠52 | 7001270000000000000♠27 | 7000800000000000000♠8 | 7001170000000000000♠17 | 7001870000000000000♠87 | 7001640000000000000♠64 | +23 | 07001519200000000000♠51.92
UEFAカップウィナーズカップ | 7001170000000000000♠17 | 7001110000000000000♠11 | 7000400000000000000♠4 | 7000200000000000000♠2 | 7001250000000000000♠25 | 7000900000000000000♠9 | +16 | 07001647099999999999♠64.71
総通算 7001790000000000000♠79 7001400000000000000♠40 7001170000000000000♠17 7001220000000000000♠22 7002126000000000000♠126 7001840000000000000♠84 +42 7001506300000000000♠50.63
【大会】
【試】
【勝】
【分】
【敗】
【得】
【失】
【差】
勝率
インターシティーズ・フェアーズカップ | 7001120000000000000♠12 | 7000700000000000000♠7 | 7000200000000000000♠2 | 7000300000000000000♠3 | 7001220000000000000♠22 | 7001150000000000000♠15 | +7 | 07001583300000000000♠58.33
総通算 7001120000000000000♠12 7000700000000000000♠7 7000200000000000000♠2 7000300000000000000♠3 7001220000000000000♠22 7001150000000000000♠15 +7 7001583300000000000♠58.33

欧州の成績

シーズン 大会 ラウンド 対戦相手 ホーム アウェー 合計
1962-63 |  インターシティーズ・フェアーズカップ  | 1回戦 |  ダンファームリン・アスレティック | 1–0 | 0–2 | 1–2 | 
1963-64 | UEFAチャンピオンズカップ | 予備戦 |  インテル | 0–0 | 0–1 | 0–1 | 
1964-65 |  インターシティーズ・フェアーズカップ  | 1回戦 |  ヴォレレンガ・フォトバル | 5–2 | 4–2 | 9–4 | 
2回戦 |  キルマーノック | 4–1 | 2–0 | 6–1 | 
3回戦 |  マンチェスター・ユナイテッド | 1–2 | 1–1 | 2–3 | 
1965-66 |  インターシティーズ・フェアーズカップ  | 1回戦 |  ニュルンベルク | 1–0 | 1–1 | 2–1 | 
2回戦 |  ウーイペシュト | 2–1 | 0–3 | 2–4 | 
1966-67 | UEFAカップウィナーズカップ | 1回戦 |  オールボーBK | 2–1 | 0–0 | 2–1 | 
2回戦 |  レアル・サラゴサ | 1–0 | 0–2 | 1–2 | 
1970-71 | UEFAチャンピオンズカップ | 1回戦 |  ケフラヴィーク | 6–2 | 3–0 | 9–2 | 
2回戦 |  ボルシアMG | 1–1 | 1–1 | 2–2
(4–3 p)
 | 
準々決勝 |  パナシナイコス | 1–1 | 0–0 | 1–1 (a) | 
1975-76 | UEFAカップ | 1回戦 |  ミラン | 0–0 | 0–1 | 0–1 | 
1978-79 | UEFAカップ | 1回戦 |  フィン・ハープス | 5–0 | 5–0 | 10–0 | 
2回戦 |  デュクラ・プラハ | 2–1 | 0–1 | 2–2 (a) | 
1979-80 | UEFAカップ | 1回戦 |  フェイエノールト | 0–1 | 0–1 | 0–2 | 
1984-85 | UEFAカップウィナーズカップ | 1回戦 |  UCD | 1–0 | 0–0 | 1–0 | 
2回戦 |  インテル・ブラチスラヴァ | 1–0 | 3–0 | 4–0 | 
準々決勝 |  フォルトゥナ・シッタート | 3–0 | 2–0 | 5–0 | 
準決勝 |  バイエルン・ミュンヘン | 3–1 | 0–0 | 3–1 | 
決勝 |  ラピード・ウィーン | N/A | 3–1 | 
1995-96 | UEFAカップウィナーズカップ | 1回戦 |  レイキャヴィーク | 3–1 | 3–2 | 6–3 | 
2回戦 |  フェイエノールト | 0–0 | 0–1 | 0–1 | 
2005-06 | UEFAチャンピオンズリーグ | 予選3回戦 |  ビジャレアル | 1–2 | 1–2 | 2–4 | 
UEFAカップ | 1回戦 |  ディナモ・ブカレスト | 1–5 | 1–0 | 2–5 | 
2007-08 | UEFAカップ | 1回戦 |  メタリスト・ハルキウ | 1–1 | 3–2 | 4–3 | 
グループA |  ニュルンベルク | N/A | 2-0 | 1位 | 
ゼニト | 1-0 | N/A
AZ | N/A | 3-2
AEL | 3-1 | N/A
ラウンド32 |  ブラン | 6–1 | 2–0 | 8–1 | 
ラウンド16 |  フィオレンティーナ | 2–0 | 0–2 | 2–2
(2–4 p)
 | 
2008-09 | UEFAカップ | 1回戦 |  スタンダール・リエージュ | 2–2 | 1–2 | 3–4 | 
2009-10 | UEFAヨーロッパリーグ | プレーオフ |  シグマ・オロモウツ | 4–0 | 1–1 | 5–1 | 
グループI |  ベンフィカ | 0–2 | 0–5 | 2位 | 
BATEボリソフ | 0–1 | 2–1
AEKアテネ | 4–0 | 1–0
ラウンド32 |  スポルティングCP | 2–1 | 0–3 | 2–4 | 
2014-15 | UEFAヨーロッパリーグ | グループH |  ヴォルフスブルク | 4–1 | 2–0 | 1位 | 
クラスノダール | 0–1 | 1–1
リール | 3–0 | 0–0
ラウンド32 |  ヤングボーイズ | 3–1 | 4–1 | 7–2 | 
ラウンド16 |  ディナモ・キエフ | 2–1 | 2–5 | 4–6 | 
2017-18 | UEFAヨーロッパリーグ | 予選3回戦 |  ルジョムベロク | 1–0 | 1–0 | 2–0 | 
プレーオフ |  ハイドゥク・スプリト | 2–0 | 1–1 | 3–1 | 
グループE |  アタランタ | 1-5 | 0-3 | 3位 | 
アポロン・リマソール | 2-2 | 3-0
リヨン | 1-2 | 0-3

現所属メンバー

2018-19シーズン前半 基本フォーメーション (4-2-3-1)

ピックフォード
# 1
コールマン
# 23
ズマ
# 5
キーン
# 4
ディニュ
# 12
ゴメス
# 8
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/06/19 23:51

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「エヴァートンFC」の意味を投稿しよう
「エヴァートンFC」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

エヴァートンFCスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「エヴァートンFC」のスレッドを作成する
エヴァートンFCの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail