このキーワード
友達に教える
URLをコピー

オランダとは?

 | 
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年4月)

オランダ王国 > オランダ
オランダ
Nederland



(国旗) | (国章)

国の標語:
Je Maintiendrai(フランス語)
Ik zal handhaven(オランダ語)
(邦訳: 我、守り続けん)

国歌:Wilhelmus van Nassouwe(オランダ語)
ヴィルヘルムス・ファン・ナッソウエ

公用語 オランダ語
首都 アムステルダム
最大の都市 アムステルダム
政府

国王 ウィレム=アレクサンダー
首相 マルク・ルッテ

面積

総計 41,864km(131位)
水面積率 18.4%

人口

総計(2009年) 16,485,787人(60位)
人口密度 397人/km
GDP(自国通貨表示)

【合計(2014年)】
6,628億ユーロ (€)
GDP (MER)

【合計(2014年)】
8,807億ドル(17位)
GDP (PPP)

合計(2014年) 8,088億ドル(27位)
【1人あたり】
xxxドル
独立
スペイン・ハプスブルクネーデルラントより

ユトレヒト同盟結成 1579年1月23日
【宣言】
1581年7月26日
【承認】
1648年10月24日
フランス帝国より 1815年3月16日

通貨 ユーロ (€) (EUR)
時間帯 UTC +1(DST:+2)
ISO 3166-1 NL / NLD
ccTLD .nl
国際電話番号 31

  1. ^ フリースラント州ではフリジア語(西フリジア語)も公用語
  2. ^ 事実上の首都はデン・ハーグ
  3. ^ 1999年以前の通貨はギルダー
  4. ^ オランダのユーロ硬貨も参照。

オランダ(オランダ語: Nederland [ˈneːdə(r)lɑnt][ˈneɪ̯də(r)lɑnt] ( 音声ファイル); 西フリジア語: Nederlân; パピアメント語: Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上首都アムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。

カリブ海アルバキュラソーシント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。他、カリブ海に海外特別自治領としてボネール島シント・ユースタティウス島サバ島(BES諸島)がある。

目次

  • 1 国名
  • 2 歴史
    • 2.1 カルヴァン帝国
    • 2.2 旧教徒の百年一揆
    • 2.3 第二次名誉革命
    • 2.4 オランダとアジア植民地
  • 3 政治
  • 4 軍事
  • 5 国際関係
    • 5.1 日本との関係
  • 6 地方行政区分
    • 6.1 主要都市
  • 7 地理
  • 8 経済
    • 8.1 経済動向
    • 8.2 漁業
    • 8.3 農業
    • 8.4 エネルギー
    • 8.5 工業
    • 8.6 交通
    • 8.7 通信・放送
  • 9 社会
    • 9.1 保健
    • 9.2 教育
  • 10 国民
    • 10.1 言語
    • 10.2 人名
    • 10.3 宗教
  • 11 文化
    • 11.1 芸術
    • 11.2 文学
    • 11.3 音楽
    • 11.4 映画
    • 11.5 スポーツ
    • 11.6 食文化
    • 11.7 建築
    • 11.8 世界遺産
    • 11.9 祝祭日
  • 12 著名な出身者
  • 13 脚注
    • 13.1 注釈
    • 13.2 出典
  • 14 参考文献
  • 15 関連項目
  • 16 外部リンク

国名

詳細は「オランダの国名」を参照

国名および通称はオランダ語でNederland(ネーデルラント)。これは「低地の国」「低地地方」を意味する普通名詞に由来するため、基本的に定冠詞をつける必要がある。通称の "Nederland" は、オランダ王国の欧州における国土を意味するため単数形で、正式名称に使われている「de Nederlanden」は、海外領土を含めた概念のため複数形である。

俗称の「Holland(ホラント)」もよく使われるが、これはスペインの支配に対して起こした八十年戦争で重要な役割を果たしたホラント州(現在は南北2州に分かれる)の名に由来し、固有名詞であるため冠詞が付かない。ゲルマン系言語ではドイツ語die Niederlandeラテン系言語ではフランス語les Pays-Basスペイン語los Países Bajosイタリア語i Paesi Bassi。いずれも複数形であるのは、伝統的に現在のベネルクス三国のある低地地域一帯の領邦群の歴史的総称を受け継いでいるからである(「ネーデルラント」の項も参照)。なお、複数形ではあるものの、英語やスペイン語など言語によっては、しばしば集合名詞あるいは「王国」を略したものとして単数扱いされる。

公式の英語表記は、the Netherlands(ザ・ネザーランズ)。形容詞および名詞形のDutch(ダッチ)は、元来ドイツ(Duitsch)を指し、支配から脱した17世紀以降オランダ(人、語)を意味するものに変わっていったことに由来する。ただし、歴史的に英蘭間で貿易や海外進出を巡って激しい競争と対立が発生したことから、侮蔑の意味合いが含まれることもある。

日本語の表記はオランダ漢字表記は、和蘭和蘭陀阿蘭陀荷蘭陀荷蘭尼徳蘭(ネーデルラントの音訳)と表記され、と略される。由来はポルトガル語表記の「Holanda [ɔˈlɐ̃dɐ]」が、戦国時代ポルトガル人宣教師によってもたらされたことによる。

歴史

オランダの歴史

古代
ローマ帝国 58-476
民族大移動時代
中世
フランク王国 481-950
神聖ローマ帝国 962-1648
ブルゴーニュ公爵領ネーデルラント 1384-1482
ネーデルラント17州 1477-1556
ハプスブルク領ネーデルラント 1482-1581
ネーデルラント連邦共和国 1581-1795
近代
バタヴィア共和国 1795-1806
ホラント王国 1806-1810
フランス第一帝政 1810-1815
ネーデルラント連合王国 1815-1830
現代
ネーデルラント王国 1830-現在
詳細は「オランダの歴史」および「オランダ君主一覧」を参照

カルヴァン帝国

元来、現在のベネルクス地方は神聖ローマ帝国の領域の一部で、毛織物産業や海上貿易により栄えていた。14世紀ギヨーム1世イギリスドイツとの間に閨閥をつくった。15世紀末からスペインを本拠とするハプスブルク家の領土(家領)となった。宗主国スペインによる重税政策に対する反発とともに、主に現在のオランダ地域を中心とするネーデルランド北部地方の宗教は利潤追求を求めるカルヴァン派が多数を占めていたため、カトリックを強制する宗主国スペインとの間で1568年にオランダ独立戦争が勃発した。しかし、戦争の長期化により、カトリック教徒の多かった南部10州(現在のベルギールクセンブルク)は、独立戦争から脱落した。この八十年戦争の結果、1648年のヴェストファーレン条約で独立を承認された。

17世紀初頭以来、ネーデルラント連邦共和国東インドを侵略してポルトガルから香料貿易を奪い、オランダ海上帝国を築いて黄金時代を迎えた。英蘭戦争に重なってオランダ侵略戦争がおこり、本土へ災禍をもたらした。しかしウィレム3世総督時代に、ルイ14世の出したフォンテーヌブローの勅令が中産ユグノーを共和国へ大挙亡命させた。彼らの力により、独立戦争からすでに卓越していた繊維・染料産業がさらに進歩した。くわえデルフトの陶器とアムステルダムのダイヤモンド加工も世界に知られた。なかんずくザーネ川の造船場は1697年にピョートル大帝が滞在し、東方問題の前線たるサンクトペテルブルクの建設につなげ著名となった。ユグノーに留守を任せたウィレム3世は名誉革命でイギリスへ渡り、第二回無総督時代に共和国はジョン・ローフランスから資本を引き上げ再輸出した。

フランス革命が勃発すると、革命軍が侵入しバタヴィア共和国が成立した。バタヴィアは1796年にユダヤ人へ市民権を与えた。バタヴィアは1806年、ナポレオンの弟ルイ・ボナパルトを国王とするホラント(オランダ)王国に変えられた。さらに1810年フランスの直轄領として併合された。ユグノー資本は対仏大同盟に投下され、物量戦によりナポレオン体制を打破した。

一方、アメリカ独立戦争終盤の1782年6月、オランダは満期5年の5%利付き米国債を引受けた。これをはじめとしてアメリカはオランダで次々と5%利付きの中期外債を発行した。アムステルダムアントワープで利払いが行われた国債の残高は1800年に1千万ドルに達した。償還は1809年に終了した。1803年の非居住者保有額4870万ドルは、米国債発行残高の56%であった。

旧教徒の百年一揆

ナポレオン戦争後のウィーン会議ではこれまでオーストリア領であった南ネーデルラント(現在のベルギー・ルクセンブルク)を含むネーデルラント王国が成立し、オラニエ=ナッサウ家が王位に就いた。

オランダ全土の労働者人口と南ネーデルラント農民の大部分はカトリック信者であった。南ネーデルラントを統合しようとするとき、王に対しカトリックの聖職者はウィレム1世と憲法に反対した。彼が大規模な振興事業を始めたので、ユグノーが大いに潤い海上覇権をイギリスで握った。オランダは残された東インド植民地(オランダ領東インド、今日のインドネシア)で過酷な搾取を行った。

1830年、カトリックとリベラルによる独立戦争が起きて、1839年オランダはベルギーの独立を承認した。するとフランスがナポレオン3世を担ぎ出して、オランダにおける商業活動の主導権を握り牽制した。

1847年、オランダは単一銀本位制を採用した。1874年に本位銀貨の鋳造を永久停止した。銀本位制の採用から停止までにヨハン・ルドルフ・トルベッケが三度首相を務めた。また、彼と交代した首相の多くが神聖同盟の関係者だった。ライン川の上にドイツ統一が成ると、北ドイツの工業力と南ドイツの金融力がトリクルダウンしてきて再び栄えた。1873年(明治6年)には岩倉使節団がオランダを訪問しており、当時のロッテルダムハーグアムステルダムなどの様子が『米欧回覧実記』に、一部イラスト付きで詳しく記されている。使節団はカトリックの再興を目の当たりにした。オスマン債務管理局からイギリスを駆逐せんとするドイツは、英仏からオランダを会計上分離してしまった(三国同盟を参照)。二度のボーア戦争で、オランダ勢はドイツの下支えによって最初の攻撃を防ぎ、しかし英仏の海底ケーブルを使った追撃に倒れた。カトリック派の首相アブラハム・カイパーは1903年に鉄道・ドックのストライキに遭い、やがて新旧各宗派の連立政権に交代した。宗教戦争としての第一次世界大戦が迫っていた。

19世紀後半から20世紀初頭のオランダ社会は、政治的にはカトリック・プロテスタント社会主義自由主義という4つの柱で組み立てられていった。オランダは第一次世界大戦で中立を維持したが、そのときから1960年代まで存在していたオランダの社会システムは「柱状化verzuiling」社会と呼ばれた。政党を中心として、企業・労組・農民・大学・銀行・マスメディアその他にわたり、徹底的に4つの柱で住み分けと縦割りがなされた。たとえばフィリップスは旧教で、ロイヤル・ダッチ・シェルユニリーバが新教勢力である。

1921年、ハーグに国際司法裁判所が設置された。相対的安定期、オランダのゾイデル海開発ヴァイマル共和政の合理化景気を一部支えた。ドイツの羊毛業ノルトヴォレは1927年から資本金を倍増、さらにアムステルダムの子会社を通じて秘密裏に外資を調達した。原毛投機などに失敗して、1931年に破綻しメインバンクのダナート銀行を巻き込んだ。

第二次名誉革命

第二次世界大戦では中立を宣言するも1940年5月ナチス・ドイツに奇襲され、1週間余りの戦いで敗北し、王族はイギリスに亡命した。その後1941年に中立を破棄し日本に宣戦布告するが、東インド植民地はまもなく日本軍に占領されている。オランダ本国はナチスによる軍政が敷かれた。この時期に、「アンネの日記」で有名となるフランク一家など多くのユダヤ人がホロコーストに遭い、強制収容所へ送られている。オランダ本土については、1944年9月に連合軍マーケット・ガーデン作戦を実施してアイントホーフェンおよびその周辺地域を解放するが、アムステルダムを含めた多くの地域の解放は、1945年春にドイツが降伏してからである。

戦後に日本軍が撤退した後は再びインドネシアに侵攻してインドネシア独立戦争を戦った。戦後国力が低下していた上に、これまでの過酷な植民地支配に憤慨した独立勢力を抑えることは出来なかった。国際世論の支持も得られず、アメリカや国際連合の圧力もあって独立承認せざるを得なくなり、結果として国際的地位の低下を招いた。戦争の終盤、ウィレム・ドレースが首相を務めていた。この地域では現在、中国オーストラリアの門閥とロスチャイルド投資活動を展開している。

1952年10月、ベネルクス閣僚理事会は、目下オランダの経済力が突出しており経済同盟は格差を解消してから結ぶと宣言した。この年からオランダの国際収支が改善され、ベネルクス内部で非関税障壁が除去されていった。そのとき、一部のベルギー工業がオランダから輸出攻勢を受けて危機に陥った。レーヨン・紙・皮革・陶器・タバコ等の分野が被害を受けた。ベルギー政府は同年の議定書でセーフガードに訴えたが救いきれず、オランダに対しベルギー工業連盟が団体交渉に臨んだ。オランダからの輸出は、戦前主に英国向けであったのが、戦後ベルギー・ルクセンブルク経済同盟(1949年10月発足)に出荷先の比重がシフトした。この傾向は欧州経済共同体ができた1957年も変わっていなかった。1960年から水路問題が段階的に解決された。

1964年、王女イレーネがカルロス・ウゴ・デ・ボルボン=パルマと結婚し、王位継承権を放棄した。2年後、ベアトリクス王女クラウス・フォン・アムスベルクと結婚し、国民から怒りを買った。1967年、アントウェルペンが運河でライン川と結ばれた。

1973年からの労働党連立政権において新旧両宗派が支持を失い、1980年に大合同してキリスト教民主アピールとなった。

ユーロ債市場が隆盛する中、1986年イングランド内戦を原因とする三百三十五年戦争が終結した。

1992年、ベネルクス3国として欧州共同体の創設メンバーとなり、欧州連合に発展させた。

オランダとアジア植民地

オランダ海上帝国の最大版図。

オランダは現在もカリブ海に海外領土を保有する上、インドネシア政府から長年の植民地支配に対しての謝罪要求が来るものの、これを無視し続けている。

オランダは早くから世界進出し、アジアとも関わりが深い。オランダによるジャワ島を中心とするオランダ領東インド支配においては、1825-30年におきた民衆反乱を弾圧したのち、「強制栽培制度」を1830年に実施した。これは、ジャワ農民に対し、土地の一定割合で稲作など食用の栽培を禁止し、コーヒーサトウキビといったヨーロッパ輸出用の高級作物の栽培を強制する制度で、ナポレオン戦争後のオランダ本国がおかれた経済的苦境を、打破するためのものであった。この制度により、ジャワから強制栽培品を安く買い上げ転売したオランダは経済が好転、鉄道建設をはじめ、産業革命と近代化のための資本蓄積に成功した。

厳罰によって実施されたこの制度で、ジャワ農民は稲や麦という自給食料を失い、1843-48年には飢饉に苦しみ多数の餓死者を出したと言われている。強制栽培制度は中断を伴い形を変えて20世紀まで続けられ、第二次世界大戦中の日本軍のオランダ領ジャワへの侵攻とその撤退後も解決されず、インドネシアとオランダとの独立戦争の終戦まで続いた。オランダはインドネシアに賠償をするどころか、インドネシアの独立を認めるに際しては、オランダによって建設され管理されたインドネシア内のインフラ設備の譲渡料の名目で60億ドルの補償金をインドネシアに要求している。

インドネシア側はこうした被支配の歴史に対し、これまでオランダ女王のインドネシア訪問、2000年インドネシア大統領の訪蘭などで謝罪を要求した。しかし2005年のインドネシア独立記念日にインドネシアを訪問したオランダ外相は、わずかに1945年以降の植民地支配と独立戦争についてしか謝罪していない。

政治

詳細は「オランダの政治」を参照
デン・ハーグの国会議事堂

政体立憲君主制で、国家元首2013年4月30日に即位したウィレム=アレクサンダー

議会であるスターテン・ヘネラール二院制で、第二院150名、第一院75名から構成され、議院内閣制を採る。

2010年2月20日、キリスト教民主アピール労働党キリスト教同盟の3党連立から労働党が離脱したことで第4次バルケネンデ政権が崩壊した。これを受けて同年6月9日に第二院の総選挙が実施され、マルク・ルッテ率いる自由民主国民党が31議席を得て第1党となった。しかしながら複数の政党との間で協議が難航し、連立の枠組みがなかなか定まらなかった。最終的には21議席を得たキリスト教民主アピールと組み、同年10月14日にルッテを首班として、少数与党による中道右派連立政権を発足させることとなった。この連立政権は24議席を持つ極右政党の自由党閣外協力を受けた。その後、2012年に再度総選挙が行われ、第1党を維持した自由民主国民党と第2党となった労働党との連立による第2次ルッテ内閣が成立した。

第二次世界大戦後、オランダは寛容な福祉国家を築きあげたが、1970年代のオイルショックの後はオランダ病と呼ばれた不況と財政の悪化に苦しんだ。その対策として1982年にワッセナー合意が結ばれ、雇用の確保に努めながら企業の国際競争力の向上を図ったことで、1990年代には経済成長失業率の低下が実現し、「オランダ・モデル」として注目を集めた。しかし、リーマン・ショックに端を発した経済危機を受けて、さらなる財政の緊縮が求められている。

軍事

詳細は「オランダ軍」および「欧州連合の軍事」を参照

オランダ軍は陸海空三軍および国家憲兵隊(オランダ王立保安隊)の4軍種からなる。人員は約61,000名。冷戦期は徴兵制を取っていたが、1996年に廃止された。現在は完全志願制の軍隊になっている。北大西洋条約機構に加盟しており、近年は欧州連合による地域紛争解決のための欧州連合部隊にも加わるなど、集団安全保障体制を構築している。また、アメリカニュークリア・シェアリングをしており、独自の核戦力は保持していないが核抑止力をもっている。

国際関係

詳細は「オランダの国際関係」を参照
詳細は「日本とオランダの関係」を参照

日本との関係

出島における日蘭貿易
詳細は「日蘭関係」を参照

オランダは、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2018/07/19 18:34

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「オランダ」の意味を投稿しよう
「オランダ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

オランダスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「オランダ」のスレッドを作成する
オランダの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail