このキーワード
友達に教える
URLをコピー

オリックス・バファローズ_(ファーム)とは?

オリックス・バファローズ(ORIX Buffaloes)のファームは、日本プロ野球球団・オリックス・バファローズの下部組織として設置されているファームチームである。ウエスタン・リーグの球団のひとつ。

2000年から2005年まで「サーパス神戸(SURPASS KOBE)」、2006年から2008年までは「サーパス(SURPASS)」の名称であった。

目次

  • 1 概要
  • 2 試合球場
  • 3 チームの特徴
  • 4 マスコット
  • 5 監督・コーチ
  • 6 歴代監督
  • 7 脚注
  • 8 外部リンク

概要

1949年に、当時の阪急ブレーブスは、読売ジャイアンツ(巨人)南海ホークスとともに二軍を結成。1950年11月に開催されたプロ野球二軍選手権に参加している。

1952年より関西ファーム・リーグに参加、1955年より同リーグを改組したウエスタン・リーグに参加している。

2000年シーズン前、オリックス・ブルーウェーブが二軍本拠地を神戸総合運動公園サブ球場(グリーンスタジアム神戸サブ球場)から北神戸田園スポーツ公園野球場(あじさいスタジアム北神戸)に移転するのに合わせ、将来的なファーム組織の独立採算化を目指し、チーム名称にスポンサー名を冠することになった。その結果、建設大手の穴吹工務店と3年間総額3億円(推定)で合意し契約。穴吹が建設・販売しているマンションのブランド名「サーパス」と本拠地名と組み合わせた名称、サーパス神戸(サーパスこうべ)に改称した。スポンサー契約を伴う二軍の呼称変更は、日本プロ野球に於いては初めての試みだった。なお、前年まで二軍本拠地だった神戸サブ球場は、2016年シーズンまで練習などで使用していた。

2003年1月に穴吹との契約が満了し、代わって2月より物流関連企業のサイバーファームが新たなスポンサーとなったが、既に「サーパス」の名称が定着しつつあったことから、穴吹側の了承を得てその後も引き続き「サーパス」の名称を使用していた。2005年11月にサイバーファームとの契約が終了した後、穴吹はスポンサーに復帰し2008年まで契約は続いた。2002年より、福岡県テレビ西日本にて福岡ダイエーホークス(現福岡ソフトバンクホークス)二軍とサーパスの福岡での二軍戦が断続的に放送されているが、穴吹工務店は大会の冠スポンサー及び番組の筆頭スポンサーを務めている。

2004年のシーズン終了後、一軍が大阪近鉄バファローズ合併したことに伴い近鉄二軍を実質的に吸収。2006年、都市名を除いたサーパスに改称。2007年、韓国・SKワイバーンズとの混同を避ける為、略号を「SK」から「SU」に変更した。

2009年、穴吹工務店が不況に伴う事業再編の一環として契約の打ち切りを表明し、名称が一軍と同じオリックス・バファローズに変更される。同年6月、ファームの鹿児島移転の誘致が計画されていることが発覚(詳しくは後述で)。なお、穴吹工務店は同年に経営破綻し、現在はオリックス子会社の大京の完全子会社として再生している。

2008年 - 2010年にはフェニックスリーグで3連覇を達成した。2010年からは神戸サブ球場での試合開催を復活させている。

2015年12月7日、神戸市から大阪市此花区舞洲地区に球団トレーニング施設や選手合宿所等を移転・整備する計画を発表した。2017年シーズンからは、上記の新施設を稼働。施設の近隣にある既設の舞洲ベースボールスタジアムと、施設内に新設された舞洲サブ球場(バファローズスタジアム)を、ファームの本拠地球場として使用する。

試合球場

前述したように、2017年シーズンからは、舞洲ベースボールスタジアム(3年間の命名権契約によって6月15日から「大阪シティ信用金庫スタジアム」に改称)と舞洲サブ球場を本拠地として使用。舞洲ベースボールスタジアムは大学・高校野球などとの併用球場であるため、同年のウエスタン・リーグの公式戦については、ナイター照明設備のない球団専用の舞洲サブ球場を本拠地球場として利用していた。2018年シーズンからは、舞洲サブ球場を「舞洲バファローズスタジアム」へ改称する一方で、ナイター照明設備を擁する大阪シティ金庫スタジアムでも一部の公式戦をナイトゲームで開催する。

2016年シーズンまではあじさいスタジアム北神戸、神戸総合運動公園サブ球場(グリーンスタジアムサブ球場)を主に使用。舞洲ベースボールスタジアムでも、ナイトゲームとして年に数試合開催していた。本拠地を舞洲へ移転した2017年シーズン以降も、神戸サブ球場で一部の公式戦を開催するほか、関西圏でのファン開拓を見据えた大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県内の地方球場での開催を続けている。

2000-2009年までは神戸市内での開催は神戸サブ球場での一部の試合を除き、基本的に北神戸のみで開催していたが、2010年から原則として4-6月は神戸サブ、7-9月は北神戸でのナイターをメインとした日程を組んだ。オリックス一軍が神戸球場を正本拠としていた時代(協約上は1991年から2007年。実質2004年まで)には、週末を中心に1軍のデーゲーム試合後に2軍の試合を薄暮開催する「親子ダブルヘッダー」をしたことが度々あった。

過去の本拠地球場
ブレーブス時代の1990年まで使用。当時の一軍本拠地であった阪急西宮球場の近くにあった。

チームの特徴

マスコット

基本的に一軍と同じであるが、「サーパス(神戸)」時代には一軍とは別のマスコットが起用されていた。

フェニックスがモチーフ。二軍に落ちた選手に不死鳥のごとく復活してほしいという願いが込められている。2007年4月1日に結婚。名称と「結婚」の設定は穴吹工務店の創業者夫妻の名前(夏次、キヌエ)に由来する。
チーム名称が一軍と統一された2009年シーズン以降登場せず、2011年以降は球団マスコット自体が一新され、一軍と同じバファローブルバファローベルが就任している。
かつてのスポンサーが穴吹工務店であることから、bjリーグ高松ファイブアローズ(当時)のマスコットを兼任していたが、同社の倒産により2009-2010シーズンからは登場していない。

監督・コーチ

詳細は「オリックス・バファローズの選手一覧#二軍」を参照

歴代監督

 | 
この節の加筆が望まれています。

脚注

  1. ^ オリックス、活動拠点移転 神戸から大阪・舞洲へ
  2. ^ 神戸から撤退!?オリックス側が大阪・舞洲球場を落札…オリ2軍の拠点に
  3. ^ 大阪市舞洲地区への練習拠点移転計画のお知らせ オリックス・バファローズプレスリリース 2015年12月7日付
  4. ^ オリックス大阪舞洲の移転発表、2軍公式戦も舞洲で 日刊スポーツ 2015年12月7日閲覧
  5. ^ オリックス球団、神戸から完全撤退 練習拠点を大阪に
  6. ^ オリックス 神戸から大阪に練習拠点を移転へ
  7. ^ “舞洲スポーツ振興事業(舞洲プロジェクト)を実施します”. イチローの名札残る…オリックス旧選手寮取り壊しへ. (2018年3月12日). https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/201803090000453.html 2018年3月12日閲覧。

外部リンク

オリックス・バファローズ 2018-2019
監督 | 

一軍コーチ | 
  • 76 風岡尚幸(ヘッド)
  • 81 田口壮(野手総合兼打撃)
  • 73 高山郁夫(投手)
  • 72 平井正史(投手)
  • 74 下山真二(打撃)
  • 83 勝呂壽統(内野守備・走塁)
  • 75 佐竹学(外野守備・走塁)
  • 82 鈴木郁洋(バッテリー)
  • 90 別府修作(ブルペン)

  • 二軍監督・コーチ | 
  • 78 中嶋聡(監督)
  • 85 弓岡敬二郎(ヘッド兼育成総括)
  • 86 米村理(チーフ兼打撃)
  • 89 小林宏(投手)
  • 88 小松聖(投手)
  • 71 藤井康雄(打撃)
  • 94 後藤光尊(内野守備走塁)
  • 84 早川大輔(外野守備・走塁)
  • 70 三輪隆(バッテリー)

  • 育成コーチ | 
  • 80 酒井勉
  • 87 齋藤俊雄
  • 79 辻竜太郎

  • 投手 | 
  • 0 山崎福也
  • 11 松葉貴大
  • 13 山岡泰輔
  • 14 吉田一将
  • 15 佐藤達也
  • 17 増井浩俊
  • 18 岸田護
  • 19 金子千尋
  • 20 近藤大亮
  • 21 西勇輝
  • 26 東明大貴
  • 27 アルバース
  • 28 塚原頌平
  • 29 田嶋大樹
  • 30 K-鈴木
  • 32 ディクソン
  • 35 比嘉幹貴
  • 39 小林慶祐
  • 42 ローチ
  • 43 山本由伸
  • 46 本田仁海
  • 47 海田智行
  • 48 齋藤綱記
  • 49 澤田圭佑
  • 54 黒木優太
  • 57 山田修義
  • 58 金田和之
  • 61 榊原翼
  • 63 山崎颯一郎
  • 65 青山大紀
  • 66 吉田凌
  • 67 佐藤世那
  • 68 鈴木優
  • 69 大山暁史
  • 91 岩本輝

  • 捕手 | 
  • 22 高城俊人
  • 23 伏見寅威
  • 25 西村凌
  • 37 若月健矢
  • 45 飯田大祐
  • 62 山崎勝己

  • 内野手 | 
  • 1 中島宏之
  • 2 白崎浩之
  • 3 安達了一
  • 4 福田周平
  • 5 西野真弘
  • 6 宗佑磨
  • 10 大城滉二
  • 12 マレーロ
  • 31 小谷野栄一
  • 33 縞田拓弥
  • 36 山足達也
  • 38 小島脩平
  • 40 鈴木昂平
  • 44 園部聡
  • 52 岡崎大輔
  • 64 廣澤伸哉

  • 外野手 | 
  • 00 西浦颯大
  • 8 後藤駿太
  • 9 ロメロ
  • 24 宮崎祐樹
  • 34 吉田正尚
  • 50 小田裕也
  • 53 吉田雄人
  • 55 T-岡田
  • 56 武田健吾
  • 59 根本薫
  • 93 佐野皓大
  • 99 杉本裕太郎

  • 育成選手 | 
  • 122 張奕(外野手)
  • 123 稲富宏樹(捕手)
  • 125 戸田亮(投手)
  • 126 神戸文也(投手)
  • 127 坂本一将(内野手)
  • 128 東晃平(投手)
  • 129 比屋根彰人(内野手)
  • 130 フェリペ(捕手)


  • 日本野球機構
    現在のシーズン
    一軍リーグ | 
    セントラル・リーグ | 

    パシフィック・リーグ | 
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • オリックス・バファローズ
  • 福岡ソフトバンクホークス


  • 二軍リーグ | 
    イースタン・リーグ | 

    ウエスタン・リーグ | 
  • 中日ドラゴンズ
  • 阪神タイガース
  • オリックス・バファローズ
  • 広島東洋カープ
  • 福岡ソフトバンクホークス


  • 消滅した球団 | 
  • 大阪近鉄バファローズ
  • 大阪近鉄バファローズ二軍
  • 大映ユニオンズ
  • 高橋ユニオンズ
  • 松竹ロビンス
  • 西日本パイレーツ
  • 大和軍
  • 西鉄軍
  • 翼軍
  • 名古屋金鯱軍

  • 関連項目 | 
  • 日本選手権シリーズ
  • オールスターゲーム
  • クライマックスシリーズ
  • セ・パ交流戦
  • ファーム日本選手権
  • フレッシュオールスターゲーム
  • プロ野球ドラフト会議
  • 日本野球連盟(1936-1949)
  • 職業野球東西対抗戦
  • 日本プロ野球選手会
  • 日本プロ野球名球会
  • 日本プロ野球OBクラブ


  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/10/22 19:53

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「オリックス・バファローズ_(フ…」の意味を投稿しよう
    「オリックス・バファローズ_(ファーム)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    オリックス・バファローズ_(ファーム)スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「オリックス・バファローズ_(ファーム)」のスレッドを作成する
    オリックス・バファローズ_(ファーム)の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    無料コミックを探す
    占い・診断
    着メロを探す
    GAMEを探す
    デコメを探す
    きせかえツールを探す
    FLASH待ち受けを探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail