このキーワード
友達に教える
URLをコピー

オリンピック_(客船)とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年1月)
【オリンピック】


【基本情報】

【経歴】

【起工】
1908年12月16日
【進水】
1910年10月20日
【就航】
1911年6月14日
【その後】
1935年引退
【要目】

総トン数
45,324トン
全長
269.0 m
【全幅】
28.2 m
喫水
10.5 m
【速力】
21ノット

オリンピック (RMS Olympic) は、1900年代イギリスホワイト・スター・ライン社がイギリスやアイルランドなどヨーロッパ各地とアメリカ東海岸のニューヨークなどの航路に就航した客船。不幸で短命だった姉妹船のタイタニックブリタニックと異なり、24年におよぶ長い就航期間と、第一次世界大戦の徴用輸送船時代に攻撃を加えてきたUボート一騎討ちを演じて返り討ちにする戦果を上げるなどの活躍から「Old Reliable(頼もしいおばあちゃん)」の愛称を持つ。 オリンピックの名はギリシャ神話オリュンポスからとられている。

目次

  • 1 概要
  • 2 姉妹船タイタニック
  • 3 第一次世界大戦
  • 4 再び客船として就役
  • 5 すり替え説
  • 6 脚注
  • 7 外部リンク

概要

1912年4月15日に沈没したタイタニックの姉妹船で、造船業のハーランド・アンド・ウルフ社の会長が、ホワイト・スター・ライン社のイズメイ社長に、ライバル関係にあったキュナード社のルシタニアモーリタニアの姉妹船と対抗すべく3隻の大型客船造船を発案したのが発端である。その先駆けとしてアイルランドベルファストのハーランド・アンド・ウルフで起工し、ほぼ同時期に二番船タイタニックの建造が開始され、少し遅れて三番船のブリタニックが竣工された。

衝突事故の検証写真。右舷側に穴が開いたオリンピックと艦首を粉砕されたホーク。

当時は世界で最も巨大な船で、今でいう巨大クルーズ船と並ぶほどの位置づけであった。それに加え“絶対に沈没しない”という不沈伝説まで生まれたが、処女航海タグボート「O・L・ハーレンベック」を巻き込みそうになったり、1911年9月20日にはイギリス海軍エドガー級防護巡洋艦ホーク」と衝突事故を起したりと、タイタニックの悲劇を暗示するような事故が相次ぎ、ついに妹船のタイタニックの沈没により、その神話はもろくも崩れた。オリンピックはタイタニックからSOSを受信し救難に向かった1隻であるが、両船は800kmも離れており、沈没現場に到着したのは先に到着したカルパチアが遭難者を救助した後であった。

姉妹船タイタニック

姉妹船タイタニック号と並ぶオリンピック号
オリンピック号
タイタニック号

オリンピックは三姉妹船で、タイタニックブリタニックの2隻の妹船が存在し、それら姉妹船をまとめてオリンピッククラスと呼んでいた。沈没事故、その後の映画などでタイタニックが有名になるが、むしろ当時はオリンピックがその代表船であった。

タイタニックとは同時期に造船が開始されたこともあって瓜二つであり、タイタニックの写真としてオリンピックの写真が使われる例がよくあった。しかし一番船として先に竣工したオリンピックの改善点を受けて、タイタニックの設計は多少変更され、2隻とも外観が多少異なっていた。その代表としてAデッキの一等専用プロムナード(遊歩道)の窓が、オリンピックは全体が海に対しベランダ状に吹きさらしになっていたのに対し、タイタニックは前半部がガラス窓が取り付けられた半室内状に変更された。これは北太平洋の寒い強風から乗客を守るためである(後に竣工したブリタニックのプロムナードの窓もタイタニックと同じ作りである)。またオリンピックはBデッキ全体にもプロムナードデッキが設けられていたが、タイタニックではBデッキのプロムナードデッキが廃止され、窓際全体を1等客室に変更された。その為1等客室の数がタイタニックに比べて少なく、総トン数もタイタニックより僅かに軽かった。

タイタニックの沈没後、未だブリタニックの造船も進んでいない中、オリンピックは1隻体制で大西洋を駆け巡っていた。タイタニックの沈没を受け、ホワイト・スター・ライン社はオリンピックの船体側面を2重にするなど船体の強化を図り、保安面においても救命ボートの数を倍以上に増やすなど、乗客の信頼を取り戻すのに必死であった。

第一次世界大戦

1914年に勃発した第一次世界大戦において、オリンピックは当初徴用を免れていた。1914年10月27日アイルランド北方で触雷したイギリスの戦艦オーディシャスの曳航を要請され、救助を行ったが、荒天のために曳航綱が切れ、オーディシャスは沈没した。

1915年9月にオリンピックはイギリス海軍省の命を受けて軍用輸送船として徴用された。12ポンド砲と4.7インチ砲を取り付け、1915年9月24日に輸送船2410として、リバプールからガリポリに向けて部隊を輸送する任務についた。その後、東地中海において輸送任務を続けた。

ほぼ同時期、竣工直後の妹船であるブリタニックも病院船としての徴用を命じられたが、翌年の1916年に地中海でドイツ軍機雷に触れて沈没してしまった。

迷彩塗装を施されたオリンピック

1916年から1917年にかけて、カナダ政府の元で、ハリファクスからイギリスへの部隊輸送を行った。1917年には、6インチ機関銃を装備し、迷彩塗装を施された。 1917年にアメリカが参戦すると、アメリカからイギリスへの大量の部隊輸送を行うことになった。

1918年5月12日にドイツ潜水艦U-103から雷撃を受けたが、船長バートラム・フォックス・ヘイズは、雷撃を回避した後に退避することなく、そのままオリンピックを突っ込ませてU-103へ体当たりを行い、U-103はオリンピックの巨大な船体による体当たりで潜航装置を含む船体構造が破壊されて沈没した。第一次世界大戦中において商船が軍艦を撃沈した唯一の事例と見られる。この行動には批判もあったが、ヘイズはアメリカ政府から殊勲十字勲章を授与されている。

第一次世界大戦を通して、オリンピックは34万7千トンの石炭を消費して、12万人の兵員を輸送し、18万4千マイルを走った。戦後、徴用を解かれて客船となり、点検を受けた際に喫水線の下にへこみが見つかり、調査の結果、不発の魚雷の衝突痕とされた。もし爆発していれば、沈没は免れなかったと考えられる。

再び客船として就役

オリンピックは第一次世界大戦終結後に再び客船として就役し、その後20年近く現役の客船として栄光を保ち続けた。500回もの大西洋横断をこなし、先のUボートとの一騎討ちの逸話も加わって、晩年には「Old Reliable(頼もしいおばあちゃん)」という愛称で親しまれた。1934年に所属船会社のホワイト・スター・ラインがライバルのキュナードに合併してキュナード・ホワイト・スター・ラインとなった際には同社に継承されたが、1935年に引退した。

解体ドックに移されたモーリタニア(右)とオリンピック(左)。両船はキュナードとホワイト・スターを代表して競い合ったライバル船であり、両社合併に相前後して共に引退した

引退後のオリンピックは、そのまま解体される予定であったが、贅を尽くした豪華な内装を持つこの船を処分するのは惜しいという声があがり、内装の一部がオークションにかけられた。そしてダイニングの内装をイギリスの婦人が買い取り、屋敷として使用した。船体は1936-37年にかけて解体処分されている。

婦人の死後、その屋敷もまたオークションに出されていたが、世界有数の船会社であるロイヤル・カリビアン社が落札。自社の船である2000年竣工のミレニアムのレストランに使用することが決定した。そのレストランは「オリンピック・レストラン」という名で呼ばれており、室内はオリンピックのダイニングがそのまま利用されている。オリンピックで使われていた食器類も飾られており、タイタニックとほとんど同じ内装であることから映画『タイタニック』の人気を受け、そのレストランは連日の人気である。

すり替え説

沈没した姉妹船のタイタニックと本船は、すり替えられたという説がある。

この説の『根拠』はいくつかあり、完成時のプロペラ・スクリューを写した写真で、スクリューに書かれている番号がタイタニックの番号であったり(これはタイタニックが建造中に起こったオリンピックと巡洋艦ホークとの衝突事故でスクリューが破損し、タイタニック用に準備されたものを転用したと考えられる)、客船の窓数も“沈没した”タイタニックと同じ数(オリンピックとタイタニックではわずかに異なるが、会社側がオリンピックの宣伝用として、同型船の写真を使用したと考えられる)であったりするなどというもので、いずれも写真の誤った解釈に基づくものである。

たとえ同型船とはいえ、両船にはプロムナード・デッキの造りをはじめとする相違点がいくつか存在し、それらをすべて隠蔽するのは不可能と考えられることから、すり替え説は都市伝説の一種とされる。それでもこの説はただの噂にとどまらず、世間一般に『事実』として広く認知されており、著作物として公刊もされている。それによると、すりかえは保険金詐欺を目的にしたものだというもっともらしい説明がなされている。

脚注

  1. ^ NAZOO. “タイタニック号の悲劇◆本当に事故?<2/3>”. 気になる資料室. 2007年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月24日閲覧。

外部リンク

タイタニック

沈没事故 | 
  • 船体すり替え説
  • 安全対策の見直し
  • 伝説や作り話
  • 救命ボート
  • 1号救命ボート
  • イギリスの調査
  • アメリカの調査
  • 残骸
  • 海事記念物法

  • 甲板部士官 | 
  • エドワード・スミス (船長)
  • ヘンリー・ティングル・ワイルド (航海長)
  • ウィリアム・マクマスター・マードック (一等航海士)
  • チャールズ・ライトラー (二等航海士)
  • ハーバート・ピットマン (三等航海士)
  • ジョセフ・ボックスホール (四等航海士)
  • ハロルド・ロウ (五等航海士)
  • ジェームズ・ポール・ムーディ (六等航海士)
  • ジョセフ・ベル (機関士長)

  • 乗員 | 
  • フレデリック・バレット
  • ハロルド・ブライド
  • ウィリアム・デントン・コックス
  • シド・ダニエルズ
  • アルフレッド・フランク・エヴァンス
  • フレデリック・フリート
  • ルイージ・ガッティ
  • ロバート・ヒッチェンス
  • ヴァイオレット・ジェソップ
  • チャールズ・ジョーキン
  • レジナルド・リー
  • エヴリン・マースデン
  • ウィリアム・ミントラム
  • ジャック・フィリップス
  • ジョージ・サイモンズ

  • 乗客 | 
    犠牲者 | 

    生存者 | 
  • ローザ・アボット
  • トレヴァー・アリソン
  • リリアン・アスプランド
  • マデリン・アスター
  • ルース・ベッカー
  • ローレンス・ビーズリー
  • カール・ベア
  • ディキンソン・ビショップ
  • マウリッツ・ホーカン・ビョルンストロム=ステファンソン
  • エルシー・ボワーマン
  • フランシス・ブラウン
  • マーガレット・ブラウン
  • ダニエル・バックリー
  • オールデン・コールドウェル
  • ヘレン・チャーチル・キャンディー
  • シャーロット・ドレイク・カルデザ
  • ルーシー・カーター
  • グラディス・チェリー
  • ミルヴィナ・ディーン
  • マーガレット・デヴァニー
  • コズモ・ダフ=ゴードン
  • ルーシー・ダフ=ゴードン
  • エセル・フローラ・フォーチュン
  • ドロシー・ギブソン
  • アーチボルド・グレーシー4世
  • フランク・ジョン・ウィリアム・ゴールドスミス
  • エディス・ハイスマン
  • ヘンリー・スリーパー・ハーパー
  • エヴァ・ハート
  • マーガレット・ベヒシュタイン・ヘイズ
  • 細野正文
  • ジョセフ・ブルース・イズメイ
  • エレノア・アイリーン・ジョンソン
  • ルイーズ・ラロッシュ
  • ルイーズ・キンク
  • マーガレット・マニオン
  • ミシェル・ナヴラティル
  • アルフリート・ノウニー
  • アーサー・ゴッドフリー・ペウチェン
  • ウィニフレッド・クイック
  • マージョリー・ニューウェル・ロッブ
  • エディス・ローゼンバウム
  • ノエル・レズリー
  • エミリー・ライアソン
  • ベアトリス・サンドストレーム
  • フレデリック・キンバー・スワード
  • エロイース・ヒューズ・スミス
  • ジャック・セイヤー
  • マリアン・セイヤー
  • バーバラ・ウェスト
  • エラ・ホームズ・ホワイト
  • リチャード・ノリス・ウィリアムズ
  • マリー・グライス・ヤング


  • 記念碑・記念物等 | 
    全般 | 
    • 記念碑・記念物

    オーストラリア | 
  • 野外ステージ (バララット)

  • イギリス | 
  • 機関室の英雄 (リヴァプール)
  • 機関士 (サウサンプトン)
  • 楽団 (サウサンプトン)
  • タイタニック号 (ベルファスト)
  • オーケストラ (リヴァプール)

  • アメリカ | 
  • ストラウス・パーク (ニューヨーク)
  • タイタニック号 (ニューヨーク)
  • タイタニック号 (ワシントンD.C.)
  • バット=ミレット記念噴水 (ワシントンD.C.)


  • 大衆文化 | 
    書籍 | 
    • フューティリティ/タイタン号の遭難 (1898年)
    • 忘れえぬ夜
    • ポーラー タイタニック号にのったぬいぐるみのクマのお話

    映画 | 
  • Saved from the Titanic (1912年)
  • 夜と氷の中で (1912年)
  • アトランティック (1929年)
  • タイタニック (1943年)
  • タイタニックの最期 (1953年)
  • SOSタイタニック 忘れえぬ夜 (1958年)
  • 不沈のモリー・ブラウン (1964年)
  • レイズ・ザ・タイタニック (1980年)
  • シークレット・オブ・ザ・タイタニック (1986年)
  • タイタニック 真実の姿 (1992年)
  • タイタニック (1997年)
  • ザ・レジェンド・オブ・ザ・タイタニック (1999年)
  • タイタニック: ザ・レジェンド・ゴーズ・オン (2000年)
  • ジェームズ・キャメロンのタイタニックの秘密 (2003年)
  • Tentacolino (2004年)
  • タイタニック2012 (2010年)

  • テレビ | 
  • 失われた航海 (1979年)
  • タイタニック: ザ・コンプリート・ストーリー (1994年)
  • ザ・タイタニック (1996年)
  • ダニエル・スティール/タイタニック (1996年)
  • A Flight to Remember (フューチュラマ) (1999年)
  • タイタニック 愛と偽りの航海 (2012年)
  • Titanic: Blood and Steel (2012年)
  • Saving the Titanic (2012年)

  • 音楽 | 
  • ザ・タイタニック (巨大な船が沈没するのは悲しいこと) (フォークソング)
  • タイタニック号の沈没 (作曲)
  • タイタニック (ミュージカル)
  • 不沈のモリー・ブラウン (ミュージカル)
  • マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン (セリーヌ・ディオンの曲)
  • 主よ御許に近づかん (讃美歌)

  • ゲーム | 
  • タイタニック アドベンチャー・アウト・オブ・タイム (1996年)
  • Titanic: Honor and Glory (後日発売)


  • 博物館 | 
  • 海事歴史博物館 (サウサンプトン)
  • タイタニック博物館 (ミズーリ)
  • タイタニック博物館 (テネシー)
  • 大西洋海洋博物館 (ハリファックス)
  • タイタニック・ベルファスト

  • 場所 | 
  • タイタニック
  • タイタニック谷
  • タイタニック・クォーター
  • レース岬
  • フェアビュー墓地
  • マウント・オリベット墓地

  • 関連 | 
    船舶 | 

    その他 | 
  • ホワイト・スター・ライン社
  • デイヴィッド・ブレア
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2018/12/10 17:11

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「オリンピック_(客船)」の意味を投稿しよう
    「オリンピック_(客船)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    オリンピック_(客船)スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「オリンピック_(客船)」のスレッドを作成する
    オリンピック_(客船)の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail