このキーワード
友達に教える
URLをコピー

オルフェーヴルとは?

【欧字表記】
Orfevre
【香港表記】
黄金巨匠
【品種】
サラブレッド
【性別】

毛色
栗毛
【生誕】
2008年5月14日(12歳)
【登録日】
2010年5月5日
【抹消日】
2013年12月23日
【父】
ステイゴールド
【母】
オリエンタルアート
母の父
メジロマックイーン
【生国】
日本(北海道白老町)
【生産】
社台コーポレーション白老ファーム
馬主
(有)サンデーレーシング
調教師
池江泰寿(栗東)
調教助手
森澤光晴
川合達彦
【競走成績】

【タイトル】
JRA賞年度代表馬(2011年)
最優秀3歳牡馬(2011年)
最優秀4歳以上牡馬(2012年・2013年)
顕彰馬
【生涯成績】
21戦12勝
(中央競馬)17戦10勝
(フランス)4戦2勝
【獲得賞金】
(中央競馬)13億4408万4000円
(フランス)215万9880ユーロ
WTRR
123L-122E / 2011年
127L-118E / 2012年
129L / 2013年
勝ち鞍
GI | 皐月賞 | 2011年
GI | 東京優駿 | 2011年
GI | 菊花賞 | 2011年
GI | 有馬記念 | 2011年・2013年
GI | 宝塚記念 | 2012年
GII | スプリングS | 2011年
GII | 神戸新聞杯 | 2011年
GII | フォワ賞 | 2012年・2013年
GII | 大阪杯 | 2013年


オルフェーヴル(: Orfevre2008年5月14日 - )は、日本競走馬

2010年に中央競馬(JRA)でデビュー。主な勝ち鞍は皐月賞東京優駿菊花賞(2011年)、宝塚記念(2012年)、有馬記念(2011年、2013年)。2011年に史上7頭目となる牡馬クラシック三冠を制し、同年のJRA賞年度代表馬JRA賞最優秀3歳牡馬に選出された。2012年・2013年にはフランス凱旋門賞に出走し、敗れはしたものの2年連続で2着と好走、それぞれの年にJRA賞最優秀4歳以上牡馬に選出された。競走馬時代は中央競馬での全17戦に池添謙一、フランスでの全4戦にクリストフ・スミヨンが騎乗した。現役引退後は種牡馬となり、2014年6月に日本馬として初めて「ロンジンワールドベストレースホース」を受賞し、2015年9月14日、31頭目のJRA顕彰馬に選定された。

馬名はフランス語で「金細工師」の意(:Orfèvre)。

目次

  • 1 競走馬時代
    • 1.1 誕生 - 生い立ち
    • 1.2 戦績
      • 1.2.1 2歳(2010年)
      • 1.2.2 3歳(2011年)
        • 1.2.2.1 シンザン記念からスプリングステークスまで
        • 1.2.2.2 皐月賞・東京優駿
        • 1.2.2.3 神戸新聞杯・菊花賞
        • 1.2.2.4 有馬記念
      • 1.2.3 4歳(2012年)
        • 1.2.3.1 阪神大賞典
        • 1.2.3.2 天皇賞(春)
        • 1.2.3.3 宝塚記念
        • 1.2.3.4 フランス遠征
        • 1.2.3.5 ジャパンカップ
      • 1.2.4 5歳(2013年)
        • 1.2.4.1 大阪杯から宝塚記念回避まで
        • 1.2.4.2 フランス遠征
        • 1.2.4.3 有馬記念
  • 2 競走成績
  • 3 引退後
    • 3.1 種牡馬成績
      • 3.1.1 重賞勝利産駒
  • 4 血統表
  • 5 脚注
    • 5.1 注釈
    • 5.2 出典
  • 6 参考文献
  • 7 外部リンク

競走馬時代

誕生 - 生い立ち

2007年の繁殖シーズン、オルフェーヴルの母・オリエンタルアートは、前年末の朝日杯フューチュリティステークスを制した自身の初年度産駒・ドリームジャーニーの管理調教師である池江泰寿から、自身が繋養されていた社台コーポレーション白老ファームへのリクエストでこの年から種牡馬デビューして注目を集めていたディープインパクトとの交配が行われた。しかし、オリエンタルアートは3度に渡って行われたディープインパクトの交配においてすべて不受胎に終わってしまう。空胎を避けるためとの理由で白老ファームに繁養されている繁殖牝馬の配合責任者を務める角田修男は、オリエンタルアートが四度目の発情期を迎えたときにディープインパクトからステイゴールドへの配合変更を決断し、交配されると一度で受胎した。

2008年5月14日、父・母の生産牧場でもある社台コーポレーション白老ファームで誕生。5月14日と競走馬としては遅生まれとなった。白老ファームスタッフの石垣節雄によると本馬は「自分の想像とはかけ離れた」姿かたちをしていたといい、「(ステイゴールドは)自身の特徴を反映した産駒を出していたので、こちらとしては今度も(全兄の)ドリームジャーニーのような馬、さすがにあそこまでは小さくなくても、ステイゴールドっぽい馬を生むのかなと思っていた。ところが出てきたのは、毛色は栗毛、サイズも平均的というお母さんにそっくりの馬だった(笑)。ドリームジャーニーの全弟ですから期待感は持っていましたが、特別にずば抜けているという印象まではなかったし、正直、(母親似に出たことを)どう評価すればいいのかわからなかったですね」と述べている。

当歳の10月から1歳の10月までの間、社台コーポレーション早来ファームで育成された後、ノーザンファーム空港牧場で競走馬となるための訓練を受けた。全兄のドリームジャーニーと同様にサンデーサラブレッドクラブ一口馬主が募集され、募集価格は兄の3倍となる総額6000万(一口150万円)に設定された。

戦績

2歳(2010年)

ドリームジャーニーと同じく栗東トレーニングセンターの池江泰寿厩舎に入厩し、8月14日に新潟競馬場の芝1600メートルで行われた新馬戦でデビューした。ドリームジャーニーと同じく新潟デビューとなり、兄の当時の主戦騎手である池添謙一が夏の主戦場である北海道からオルフェーヴルに騎乗するために新潟まで遠征してのデビュー戦だった。レースは中団の位置から直線に入り、出走メンバー最速タイの上がり3ハロン33秒4の末脚を繰り出して早めに先頭に立つと勢いを保ったままゴールに飛び込み初勝利を挙げる。しかし、直線では内ラチまで切れ込み、ゴール後には池添を振り落として放馬、ウイナーズサークルでの記念撮影が中止となるなど暴れん坊ぶりを発揮した。

10月3日に行われた2戦目の芙蓉ステークスでは、スローの展開の中、第4コーナーまで我慢し直線で前が開くと豪快な伸び脚を見せたが、逃げるホエールキャプチャクビ差捉えきれず2着に惜敗した。続く3戦目、当初は東京スポーツ杯2歳ステークスを使う予定であったが、主戦の池添のお手馬であったイイデタイガーが同レースへの出走を予定していたため使い分けるべく、初重賞となる11月13日の京王杯2歳ステークスに矛先を向けた。このレースでは単勝1番人気に推されたが、ゲート内で啼き、やや遅れ気味のスタートから追走のため騎手に気合をつけられると今度は一転して引っ掛かるなど、幼さを露呈して10着大敗となった。

この敗戦を受け、ドリームジャーニーとの兄弟制覇が掛かっており当面の目標として出走を予定していた朝日杯フューチュリティステークスを諦め、成長を促すべくオープンして間もないノーザンファームしがらきへ放牧に出された。放牧中や帰厩後の調教では、敗戦の内容を踏まえ自立心を養うために集団から離れて1頭で行うなどの工夫が施された。その結果、京王杯での敗戦がオルフェーヴルのターニングポイントとなり、翌年の大活躍に繋がることとなる。

3歳(2011年)

シンザン記念からスプリングステークスまで
2011年きさらぎ賞

これまでの経験を踏まえ、陣営はオルフェーヴルに競馬を教えることに徹し、折り合いを教えていった。1月9日に行われた初戦のシンザン記念では、後方から最後の直線だけの競馬となり上がり3ハロン33秒5の豪脚で前に迫ったが、早めに抜け出したレッドデイヴィスの2着。2月6日のきさらぎ賞では、まずまずのスタートを切った後、中位からの差しに徹し、最後は上がり3ハロン33秒2の豪脚を繰り出すが、先に動いたトーセンラーの3着に終わった。もどかしいレースが続く中、池江は鞍上の池添に対し「(勝つのは)ダービーでいいから」との言葉を掛け、これにより池添はオルフェーヴルに競馬を教えることに専念することができた。

2011年スプリングS

その後、クラシックの権利取りのため出走を予定していたスプリングステークスは、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)に伴う中山競馬場の開催中止により、3月26日に地元の阪神競馬場で行われた。このレースでは道中後方に控えると第4コーナーまでに早めに進出し、大外から内に切れ込みながらもベルシャザール以下を一気に差し切って重賞初制覇を飾った。生来の競走能力に加え、これまで教えられてきたことがようやく花開き始め、池添は勝利騎手インタビューで「普段の調教やレースで教えてきたことが身についてきたし、本番も楽しみになりました」と答えている。また、池江は「かわすときの脚はドリームジャーニーを見ているようだったね」と切れ味を信条とする兄になぞらえたコメントを残している。

皐月賞・東京優駿
2011年皐月賞
表彰式

4月24日に開催された牡馬クラシック第1弾の皐月賞は、中山競馬開催中止の影響で舞台が東京競馬場に変更され、当初の予定より1週遅れで行われた。前哨戦に勝利したオルフェーヴルだったが、戦前の評価はそれほど高くはなく単勝10.8倍の4番人気に甘んじた。しかし、レースでは不利とされる外枠を上手く克服し、道中中団やや後方で折り合い良く待機、左回りのコーナーも難なくこなすと、最後の直線では馬群を割って先頭に立ち、1番人気のサダムパテックを3馬身引き離して圧勝。クラシック一冠目を獲得した。ゴールに向かって他馬を突き放す勝ち方に、池添は「初めて府中の直線が短く感じた」と振り返っている。この勝利により兄の果たせなかったクラシック制覇を果たし、池添は「兄貴が取れなかったクラシックを取れてめっちゃ嬉しいです!」と喜びを表現すると、池江も「競馬はブラッドスポーツ。ドリームジャーニーがクラシックで結果が出なかったのはいい勉強になった」と語っている。

2011年東京優駿

5月29日の牡馬クラシック第2弾東京優駿(日本ダービー)は、台風2号の影響により不良馬場での開催となり不確定要素の多いレースであったが、オルフェーヴルは単勝3.0倍の1番人気に支持された。当日の東京競馬場の芝コースは、午前中は内側が伸びるコンディションであったが、午後に入ってからは第8レースの青嵐賞で勝ち馬が馬場の外側から追込みを決めたように外が伸びる状態へと変化していった。レースでは良いスタートを決めると作戦通り道中は中団やや後ろにつけて折り合いに専念。迎えた第3コーナーで大外に持ち出そうとするも内側にささったため、馬群の真後ろのポジションで最後の直線を迎える。直線の入り口で外から被せてきたナカヤマナイトと馬体を接触し鞍上の池添がバランスを崩すも、そこで引くことなくサダムパテックとの間にできたわずかな隙間を見逃さず一気の脚で抜け出し、2着のウインバリアシオンの追撃も振り切って、1馬身4分の3差をつけて優勝を飾った。3着にはさらに7馬身差をつけての快勝で、極悪馬場という試練も乗り越えクラシックニ冠目を獲得。2008年に生まれたサラブレッド7458頭の頂点に立った。デビュー以来コンビを組み絆を紡いできた池添は、「ずっと乗ってきた強みがある。テン乗りの馬にだけは負けたくないと思っていた」とのコメントを残している。なお、新潟デビュー馬が東京優駿を制したのは1984年シンボリルドルフ以来、27年ぶり2頭目となった。また、皐月賞東京優駿ともに東京競馬場で行われての二冠は1964年シンザン以来47年ぶり3頭目である。

神戸新聞杯・菊花賞

夏場は涼しい北海道ではなく、栗東近郊のノーザンファームしがらきへ放牧に出された。この意図について池江は、8月下旬に北海道から戻ってきたときの大きな気温差により馬に負担がかかるのを避けたかったとしている。

2011年神戸新聞杯

秋初戦、陣営は菊花賞に向けてのステップレースとして9月25日に地元の阪神競馬場で行われる神戸新聞杯を選択した。無事に夏を越し成長した姿を見せたオルフェーヴルは単勝1.7倍の圧倒的な支持を受けた。レースでは好スタートを決めた後、先行集団に付けるという今までにない競馬を見せた。最初の1000メートルが63秒5というスローな流れの中、道中は何とか折り合いをつけてじっと動かずに進み、迎えた第3コーナーで外から蓋をしにかかったウインバリアシオンに呼応して一気に捲る。最後の直線で上がり3ハロン32秒8という切れ味を発揮して早めに抜け出すと、池添がほとんど鞭を使うことなく2着ウインバリアシオンに2馬身半差をつけて勝利、重賞4連勝で秋初戦を飾った。 馬体重が前走から16キログラム増の460キログラムと馬体が逞しくなっただけでなく、パドックでは外側を堂々と周回し、レースでは先行して折り合って見せるなど、あらゆる面で成長を感じさせる内容であった。これに関し勝利騎手インタビューで池添は「まだ粗削りだけど反応の速さがすごい。体の緩さがなくなりトモがしっかりしてきた。どこまで強くなっていくのか」とオルフェーヴルの成長ぶりを表した。また、スローペースの中、先行し早めに抜け出すという横綱競馬を見せたことについて、池江は「(オルフェーヴルの母の父である)メジロマックイーンみたいだったね」と顔をほころばせ、池江の父である池江泰郎元調教師も「こんなに楽に勝てるとは思わなかった。何もかもがいい経験になった」と目を細めていた。なお、このレースは2007年にドリームジャーニーも制しており兄弟制覇となった。

2011年菊花賞
表彰式
記念撮影

三冠をかけて臨んだ10月23日の牡馬クラシック第3弾・第72回菊花賞では、およそ6万8000人の大観衆が京都競馬場に駆け付ける中、単勝支持率58.28%、単勝オッズ1.4倍の圧倒的な1番人気に支持された。この競走に向けた追い切りの後に、池添が「乗り味は今までで一番だったデュランダル以上」と語るなど、オルフェーヴルの乗り味はドリームジャーニーやデュランダル、スイープトウショウといった多くの名馬の背中を知る池添をもってしても、今までに経験したことのないレベルに達していた。三冠がかかったレース前、緊張する池添に対し、池江は具体的な作戦ではなく「謙一とオルフェーヴルを信じている」と、また担当厩務員である森澤は「自信をもって乗ってきてください」と声をかけた。

レースでは、外目の14番枠に入り隣の枠のサンビームがゲート内で暴れるも影響を受けることなく好スタートを切ると上手く内側に進路を取ったが、最初の第3コーナーで次々と他馬が外から擦っていったこともありスタンド前にかけて行きたがる気配を見せた。しかし、池添が馬群に入れて落ち着かせながら中団好位をキープして進むと、向正面では長手綱にするほど折り合いがつき、2周目の第3コーナーから徐々に進出を開始。最後の直線に入った所で早めに先頭に立つとそのまま独走態勢に入り、最後方から追い込むという奇襲に出たウインバリアシオンの追撃も2馬身半差退けて、栄光のゴールを駆け抜けた。この勝利によりオルフェーヴルは、2005年のディープインパクト以来6年ぶり史上7頭目のクラシック三冠馬に輝いた。

自ら動いて早々とセーフティーリードを築き、最後は手綱を抑える余裕を見せたにも関わらずコースレコードに0.1秒と迫る好タイムを残すという、強い競馬であったが、早めに先頭に立ったことに関して池添は「この馬が後ろから差されるイメージはなかった」と勝利騎手インタビューで明かしている。ゴール後には、池添がガッツポーズをせずに警戒していたにもかかわらず、1頭になったオルフェーヴルが外ラチに向かって逸走しデビュー戦同様に池添を振り落とすという珍事もあった。これにより森澤に引かれる形でのウイニングランとなったが、これについて池添は勝利騎手インタビューにおいて「僕とオルフェーヴルらしい」と苦笑いを浮かべながら答えていた。この勝利を受け、池江は「目標は、ボクの夢である凱旋門賞です」と述べ、翌年の凱旋門賞挑戦を表明した。なお、父・母・および母の父のすべてが内国産馬の三冠馬は史上初である。池添は1964年にシンザンで三冠を達成した栗田勝の32歳8ヶ月5日を更新する32歳3か月1日で最年少三冠ジョッキーとなり、池江の父である池江泰郎は2005年にディープインパクトで三冠を達成しているため史上初めて親子で三冠トレーナーとなった。

有馬記念
2011年有馬記念
口取式

三冠達成後はノーザンファームしがらきへ短期放牧に出された。次走には菊花賞からのレース間隔を考慮して第56回有馬記念を選択。12月25日、6年ぶりのクリスマス・グランプリとなった有馬記念に出走した。ファン投票こそ、この競走での引退を発表しており最初で最後の対決として注目されたブエナビスタに次ぐ2位であったが、単勝では2.2倍の1番人気に支持された。この競走の出走メンバーは、ブエナビスタに加えて当年のドバイワールドカップを制したヴィクトワールピサなど本馬を含めGI馬9頭、計19冠という稀に見る豪華なメンバーであったが、追い切り後に池添は「(再戦の機会が無いブエナビスタに)負けたら(負けたと)言い続けられる」と述べ、池江も「(池添と)一番強いところを見せようと話していた」と語るなど、陣営は現役最強の称号獲得に並々ならぬ意欲を燃やしていた。

レースではスタートでやや立ち遅れ、前半1000メートルの通過が63秒8という超スローペースの中、最後方付近の内ラチ沿いという苦しい位置取りであったが、第2コーナーで鞍上の池添に導かれ馬群の外へ出すことに成功すると、残り700メートル付近から徐々にポジションを上げ大外を捲っていく。最後の直線、トーセンジョーダンらを交わして外から抜け出すとエイシンフラッシュトゥザグローリーらの追撃を4分の3馬身差封じ、究極の瞬発力勝負となったグランプリを制覇し、「四冠馬」となった。

当日の中山競馬場は朝から好天に恵まれていたが、オルフェーヴルが先頭でゴール板を駆け抜ける前後から雪がちらつき始め、表彰式は幻想的な雰囲気の中で行われた。 直線が短く小回りで先行有利とされる中山競馬場において豪華メンバー相手にスローペースの中、大外を捲って勝利したことに対し、勝利騎手インタビューで池添は「強かったという言葉しか出てこない」と答えていた。また池添はオルフェーヴルの乗り味について「スピードの乗りは抜群で沈むように走りました。ちょっと仕掛けたら沈むようにハミを取って進んで行ってくれて、ねじ伏せるように直線は伸びてくれましたからね。すごい馬です」と興奮気味に答えていた。なお、同レースは2009年にドリームジャーニーも制しており、史上初の兄弟制覇となった。また、同一年のクラシック三冠と有馬記念制覇はナリタブライアン以来17年ぶり3頭目である。

有馬記念後は厩舎で状態をチェックされた後、翌2012年1月4日にノーザンファームしがらきへ放牧に出された。池江が「意識的にゆっくりさせた」と言うように、この年の疲れを癒すべく本格的なリフレッシュが図られた。

当年は8戦6勝。スプリングステークス以降は破竹の重賞6連勝、牡馬クラシック三冠を含むGI4勝という好成績を残し、JRA賞年度代表馬および最優秀3歳牡馬に選出された。また、2011年のワールド・サラブレッド・ランキングにおいて、有馬記念のパフォーマンスが123ポンドと評価され、2011年の日本調教馬では最高の第17位タイにランクされた。菊花賞でのパフォーマンスは122ポンドと評価された。

4歳(2012年)

阪神大賞典
単勝1.1倍を示すオッズボード
2012年阪神大賞典

3月18日、明け4歳初戦として第60回阪神大賞典に出走。オルフェーヴルの折り合い面を考えれば同じく関西で行われる大阪杯を使うことも考えられたが、秋のフランス遠征を見据え折り合いに対するリスクを承知の上でスローペースが見込まれる3000メートルの長丁場のレースが選択された。四冠馬がどのような走りを見せるのか競馬ファンの注目度は高く、同レース史上最高の単勝支持率75.9%、オッズ1.1倍という圧倒的な1番人気に支持された。レース選択も含め「凱旋門賞を勝つためには、厳しい試練を与えることが必要」と考えていた池江が池添に対し「有馬記念のようなウルトラC的な競馬はしないようにしよう。普通の競馬をしよう」と話すなど、陣営は後方から早めに捲っていく競馬ではなく、神戸新聞杯や菊花賞で見せた好位から抜け出す正攻法の競馬で再び勝利することを、このレースでの課題とした。しかし、本格的なリフレッシュ明けのオルフェーヴルは、これまでの休み明けと比較してもイレ込んでおり、パドックや返し馬でもチャカつく素振りを見せていた。このような状態で大外枠からスタートしなければならず、折り合いに対する不安を抱えながら発走の時を迎えることとなった。

レースでは五分のスタートを切ると最初の第3コーナー付近で引っ掛かる様子を見せたが、池添が何とかなだめながら追走し作戦通りに好位のポジションを取り、そのまま3番手の位置で折り合いがつくかに見えた。しかし、最初の1000メートルの通過が64秒9のスローペースを早めに察したナムラクレセントがオルフェーヴルの外を一気に捲っていくと、前に壁を作れずにいたオルフェーヴルは口を割るなど再び掛かるような素振りを見せ、1周目のホームストレッチでは我慢が利かずに2番手までポジションを上げる。ここで池添が何とか折り合いを付けるべく他の馬から離す形で第1・2コーナーを回ったにもかかわらず、なおオルフェーヴルは行きたがり、遂に向正面の入口付近では先頭に立つ形となった。その結果、1頭になり競馬を止めようとしたオルフェーヴルは、2周目の第3コーナー入口でコーナーを曲がろうとせずに外ラチギリギリの所まで真っ直ぐに逸走し始め、池添が手綱を急激に引っ張り減速すると故障を疑わせるほどの勢いで後方3番手までズルズル後退するというアクシデントが発生。 しかし、その直後、内側に他馬を見つけたオルフェーヴルは再びハミをとって加速しコースへ復帰すると、第4コーナーにかけて馬群に取り付き大外から一気の捲りを見せる。勢いを保ったまま最後の直線に入ったオルフェーヴルは、それまでのロスをものともせずに大外から先頭に並びかける。しかし、最後は最内枠からロスのない競馬をし直線で内ラチ沿いを抜け出したギュスターヴクライ半馬身差捉えきれずに2着敗戦となった。

ほぼ1周の間掛かり通しであっただけでなく、池添が「100メートルは余分に走っていた」というほどの大逸走、さらに手綱を締め大きく減速してしまいながらも、そこから再加速し出走メンバー最速となる上がり3ハロン36秒7の末脚を繰り出して勝ち負けにまで持ち込むという型破りな走りに、レース後、池添は「化け物だと思う」と振り返っている。このように同競走でオルフェーヴルは折り合い面での脆さを露呈する形で敗れたが、その一方でロスが大きかったために却ってファンや競馬関係者に能力の高さを印象づけることにもなった。なお、この逸走により平地調教再審査の制裁が与えられることになったため、次走に予定している天皇賞(春)への出走は、その結果次第となった。

天皇賞(春)

4月11日、天皇賞(春)の2週前追い切りも兼ね、平地調教再審査(以下「再審査」という)が栗東トレーニングセンターのEコースで実施された。前走の阪神大賞典において第3コーナーで逸走したことについての再審査であったため、裁決委員3名、ハンデキャッパー5名の計8名が第3コーナーから第4コーナーにかけての走行振りを注視する中で審査が行われた。その結果、逃避癖やタイムを含めた走行状態に問題はないと判断され、合格の判定が下された。これにより天皇賞(春)への出走が可能となった。前年のクラシック三冠を制し年度代表馬にも輝いたトップホースの再審査は異例とあって、関係者や記者らの視線が集中する中での再審査となったが、無事に合格を果たし、池添が「やっと競走馬に戻れました。ホッとしました」と述べると、池江も「GIの1番人気より緊張しました」と当時の心境を明かしている。このように阪神大賞典での逸走のアクシデントはオルフェーヴルおよび陣営に試練をもたらしたが、結果として池添が付きっきりでオルフェーヴルの調教に携わることになった。これについて池添は「受かったからといって、折り合いが大丈夫になったわけじゃない。でも、普段からコミュニケーションを取ることができたのはよかった」と述べている。

天皇賞(春)
レース後、引揚げるオルフェーヴル

迎えた4月29日の天皇賞(春)では、前走と同様に大外枠(18番枠)からの発走となった。再び逸走することも心配されたが、単勝1.3倍の圧倒的1番人気に推された。 レースでは、横一線のスタートを切るとすぐに位置取りを下げ、前に壁をつくるようにして後方2、3番手に控えた。その後レースは、前方でゴールデンハインドとビートブラックが大逃げを打ち、少し離れた3番手にナムラクレセントが控え、4番手以下のグループが牽制し合う展開となり、2周目の向正面まで進んでいく。第3コーナー手前からようやく4番手以下も差を詰めにかかり、オルフェーヴルも外に持ち出して追い上げようとするが、近走のように手応え良くポジションを上げていくことはできず、池添の手が激しく動いたまま迎えた第4コーナーでは大きく外に膨らんだ。結局メンバー3位タイとなる上がり3ハロン34秒0の末脚は使ったものの前も止まらず、ビートブラックが後続を4馬身突き放して優勝、オルフェーヴルは勝ち馬から1.8秒遅れての入線となり、見せ場なく生涯最低着順の11着(ヒルノダムールとの同着)に敗れた。

敗因については、レース直後の時点でははっきり判明しなかったものの、池添が「(最後の)直線でもだいぶ脚をとられて、4、5回くらいつまずくような感じになった」として故障も疑ったほどだったと振り返るなど、池江・池添は共に馬場の可能性を挙げた。また、池添はオルフェーヴルの状態について、「3コーナーの下りを利用して動かしていったんですけど、いつもの伸びがなかった」「返し馬で、いつもの柔らかいフットワークではなかった」と語っている。さらに、展開の不向きにも触れ、前が逃げていてもオルフェーヴルの折り合いを重視すると動くに動けず、「嫌な展開だと思っていた」としている。後にこの敗戦を振り返った池江は、「返し馬が全然良い頃とは違いました」と述べるなど上記の敗因に改めて言及したほか、「ひょっとしてオルフェーヴルの場合、体の違和感とか、馬場が硬くて合わないと感じたら、レースを投げてしまうところがあるのかも知れませんね。兄弟もそういうところがありましたから」と述べ、異なる可能性についても示唆した。また調教再審査について「段々、前捌きが硬くなって、コズミもでて、調教中に躓くこともありました。あの馬にはあり得ないことですからね」として影響があったことを認めた。さらに、中間に下痢を起こしていたことを明かしたうえで、調教の動きを見て「ベストの状態ではないけれど、競馬に行けばキッチリ走ってくれると思ったのですが」と当時の心境を回顧している。ただ、最終的には池江も明確な敗因を突き止めるまでには至らず、「理由はひとつだけではなかったように思います。位置取りが悪かったとか、メンコ(覆面)をしていたとか、調教再審査で負担が掛かったとか、馬場が向かなかったとか、展開に泣かされたとか、色々な要素が複雑に絡み合っている」「正直今でも手探りの状態で、これが明確な敗因だという理由を突きとめられていない」と明かしている。 この敗戦により、レース直後に池江が「この着順では凱旋門賞を目指すとは大きな声では言えない」と述べるなど、前年から目標として掲げていた凱旋門賞挑戦について大きくトーンダウンすることとなった。

宝塚記念

5月2日、凱旋門賞の一次登録は行ったものの、次走の宝塚記念の結果及び内容次第で遠征を行うかを決めるとした。翌5月3日、オルフェーヴルは立て直しを図るべくノーザンファームしがらきへ短期放牧に出された。5月31日に帰厩した後も陣営は慎重な姿勢を崩さず、池江は宝塚記念の2週前追い切り後に「息遣いが荒く、中身ができていない。正直時間が欲しい」と、1週前追い切り後には「上がり運動でのトモの踏み込みに満足できない」と語るなど、宝塚記念への出走について明言を避けた。その一方で、2週前追い切り当日の6月7日に発表された第53回宝塚記念ファン投票の最終結果でオルフェーヴルは7万2253票を集め、2位以下に約2万4000票差をつけて1位に支持された。こうして迎えた6月20日、坂路で行われた最終追い切りでエアラフォンと併せ馬を行い4ハロン52秒5-1ハロン12秒5の時計を出したのを受け、池江は「当日までに7割程度には戻せると思っている。前走より確実に良くなっている」との評価を下し、「今日の動きと上がり運動を見て、出走を決意した」として正式に宝塚記念への出走を表明した。同時に「1位の重みを感じています。今回、もし2位や3位だったら、早々に“秋に備えて(回避)”と考えていたところでした」と心中を明かすなど、ファンの支持を後押しにサマーグランプリ出走へ踏み切ることとなった。

6月24日の第53回宝塚記念では、2走続けてファンの期待を裏切ったうえに万全の体調ではなかったにも関わらず、単勝3.2倍の1番人気に支持された。レースでは、11番枠から五分のスタートを決めると、大外から勢いよく飛ばしていったネコパンチが1000メートル通過58秒4のハイペースで引っ張る展開の中、後方5番手付近に待機する作戦を取った。この日は阪神大賞典で見せた気の悪さも影を潜め、道中は池添の手綱に反応良く歩を進めた。迎えた第3コーナーで近走のように外からポジションを上げていこうとはせずに、ルーラーシップら余力を残していたライバルが捲っていくのとは対照的に第4コーナーでは後方4番手あたりまで位置取りを下げた。しかし、ここで池添が進路を内に取り、前が開けたとみるや手綱を動かして勢い良くスパート、直線入口では先頭を射程圏に捉えるほどの一気の追い上げを見せる。そのまま馬場の内から3、4頭目を駆けたオルフェーヴルは、最終週の荒れた馬場をものともせず鞍上の右鞭に応え残り約150メートルで先頭に立つと、追いすがるルーラーシップ以下を2馬身差抑えて1着となり、当年初勝利を5度目のGI制覇で飾った。

確定直後の勝利騎手インタビューは通例の検量室前ではなく、観客のいるスタンドの前で行われた。この中で池添は涙を見せ、「ほんとにきつくて…ほんとに良かったなって思います」「この馬の強さって言うのをやっとね。一番強いと思っていたし、やっと見せることができて。本当にありがとうございます」と語った。また、オルフェーヴルのファンに対して、「ファン投票を、ここ2走不甲斐ないレースだったんですけど、1位に選んでいただいて本当にありがとうございます。1番人気でしたし、その期待に応えたいと思って一生懸命乗りました」と感謝の気持ちを伝え、「これからもオルフェーヴルを追い続けて下さい」と最後は笑顔で締めくくった。このレースは2009年にドリームジャーニーが同じく池江・池添のコンビで制しており、史上初の兄弟制覇となった。なお、オルフェーヴルのこの競走でのパフォーマンスはワールド・サラブレッド・ランキングで127ポンドと評価された。

フランス遠征

7月15日、フォワ賞をステップレースとするプランが発表され、凱旋門賞挑戦が正式に表明された。また、鞍上がこれまで出走した全レースでパートナーを務めた池添から凱旋門賞に優勝経験のあるクリストフ・スミヨンに乗り替わることも併せて発表された。これについて、池江は「苦渋の選択だった」と述べた。一方池添はこのときの心境を、「いつもだったら絶対潰れてるくらいの量の酒を飲んでも全然酔えないくらい、本当にショックだった」と語っている。

8月25日午前8時18分、オルフェーヴルは帯同馬のアヴェンティーノと共に成田国際空港から出発。韓国仁川国際空港を経由して現地時間(以下同)8月25日午後5時47分にフランスシャルル・ド・ゴール国際空港に到着し、その後、現地で調教師として開業している小林智厩舎に入厩した。8月26日に曳き運動を行い、8月27日からは調教を開始。9月3日にはスミヨンが騎乗して感触を確かめ、9月5日にはフォワ賞に向けた1週間前追い切りが行われた。

9月16日のフォワ賞は、5頭と少頭数での競馬となった。レースではペースメーカーとして出走したアヴェンティーノが逃げる展開を最後方で待機。超スローペースとなったことで道中で行きたがる素振りも見せたが、スミヨンが抑え込む。最後の直線ではアヴェンティーノが開けた最内を追い上げ、G1を3勝しているミアンドルらを突き放し優勝した。 この結果について、スミヨンは「前哨戦として、本番に繋がる良いレースが出来ました」「本番に向けて、余力を残すようなレースができました」とコメントした。 池江は「勝たせてもらいましたが、世界の壁の高さを感じました」と述べ、後には「もっと楽に勝てると思っていた。2着馬(ミアンドル)は次走を見据えて仕上げていなかったし、その馬を引き離せなかったのはショック」と語っている。 前半に折り合いに苦労した点については、池江は「(スミヨンが)調教でスムーズに折り合ったので、コントロールし易いと言っていましたが、必ずしもそうではないところを身をもって感じてもらえたと思います」「馬だけでなく騎手にとっても、本番に向けてよい経験になったと思います」と語っている。そして、池江、スミヨンとも、凱旋門賞には「さらに良い状態での出走」を望むコメントを残している。 この勝利を受け、イギリスの大手ブックメーカーの中にはオルフェーヴルに対する凱旋門賞における前売りオッズを、前年の覇者であり当年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスにも優勝したデインドリームと並ぶ1番人気に支持するところも現れ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/02/18 13:09

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「オルフェーヴル」の意味を投稿しよう
「オルフェーヴル」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

オルフェーヴルスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「オルフェーヴル」のスレッドを作成する
オルフェーヴルの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail