このキーワード
友達に教える
URLをコピー

オーウェン・デビッドソンとは?

【基本情報】

【フルネーム】
Owen Keir Davidson
【国籍】
オーストラリア
【出身地】
同・メルボルン
【生年月日】
(1943-10-04) 1943年10月4日(75歳)
【身長】
185cm
【体重】
82kg
【利き手】

【バックハンド】
片手打ち
殿堂入り
2010年
【4大大会最高成績・シングルス】

全豪
ベスト8(1962-65・67)
全仏
ベスト8(1967)
全英
ベスト4(1966)
全米
ベスト8(1966・67)
【4大大会最高成績・ダブルス】

全豪
優勝(1972)
全仏
準優勝(1967)
全英
準優勝(1966)
全米
優勝(1973)
【優勝回数】
2(豪1・米1)
【4大大会最高成績・混合ダブルス】

全豪
優勝(1965・67)
全仏
優勝(1967)
全英
優勝(1967・71・73・74)
全米
優勝(1966・67・71・73)
【優勝回数】
11(豪2・仏1・英4・米4)
テンプレート プロジェクト テニス

オーウェン・デビッドソン(Owen Davidson、1943年10月4日 - )は、1960年代から1970年代にかけて活躍したオーストラリアの男子プロ・テニス選手。メルボルン生まれ。

デビッドソンは、ビリー・ジーン・キングとペアを組み、4大国際大会(グランドスラム)の混合ダブルスで8回の優勝を果たした。1967年には、混合ダブルスで全豪オープン全仏オープンウィンブルドン選手権全米オープンをすべて制し、数少ない年間グランドスラム達成者のひとりとなった。この年の全豪オープンではレスリー・ターナー(後のレスリー・ターナー・ボウリー)とペアを組み、残りの3大会ではキングとペアを組んでの達成であった。4大国際大会のシングルスでは、1966年のウィンブルドン選手権における準決勝進出が最高の成績であった。1972年の全豪オープンと1973年の全米オープンでは、それぞれケン・ローズウォールジョン・ニューカムとのペアで、男子ダブルスを制した。

2010年には、アメリカ合衆国ロードアイランド州ニューポートにある国際テニス殿堂の殿堂入りを果たした。2011年1月26日オーストラリアの日には、メルボルンロッド・レーバー・アリーナにあるオーストラリア・テニス殿堂の殿堂入りも果たした。

目次

  • 1 4大国際大会(グランドスラム)男子ダブルス決勝進出(6回)
    • 1.1 優勝(2回)
    • 1.2 準優勝(4回)
  • 2 4大国際大会(グランドスラム)混合ダブルス決勝進出(12回)
    • 2.1 優勝(11回)
    • 2.2 準優勝(1回)
  • 3 オープン化以降の主要大会におけるダブルス決勝進出(20回)
    • 3.1 優勝(10回)
    • 3.2 準優勝(10回)
  • 4 出典・脚注
  • 5 外部リンク

4大国際大会(グランドスラム)男子ダブルス決勝進出(6回)

優勝(2回)

 | 大会 | パートナー | 対戦相手 | 試合結果
1972 | 全豪オープン |  ケン・ローズウォール |  Ross Case
Geoff Masters | 3–6, 7–6, 6–2
1973 | 全米オープン |  ジョン・ニューカム |  ロッド・レーバー
ケン・ローズウォール | 7–5, 2–6, 7–5, 7–5

準優勝(4回)

 | 大会 | パートナー | 対戦相手 | 試合結果
1966 | ウィンブルドン選手権 |  ビル・ボウリー |  ケン・フレッチャー
ジョン・ニューカム | 6–3, 6–4, 3–6, 6–3
1967 | 全豪オープン |  ビル・ボウリー |  ジョン・ニューカム
トニー・ローチ | 3–6, 6–3, 7–5, 6–8, 8–6
1967 | 全米オープン |  ビル・ボウリー |  ジョン・ニューカム
トニー・ローチ | 6–8, 9–7, 6–3, 6–3
1972 | 全米オープン (2) |  ジョン・ニューカム |  Cliff Drysdale
Roger Taylor | 6–4, 7–6, 6–3

4大国際大会(グランドスラム)混合ダブルス決勝進出(12回)

優勝(11回)

 | 大会 | パートナー | 対戦相手 | 試合結果
1965 | 全豪オープン |  Robyn Ebbern |  マーガレット・スミス
ジョン・ニューカム | 両者優勝/決勝戦なし
1966 | 全米オープン |  Donna Floyd Fales |  Carol Hanks Aucamp
Ed Rubinoff | 6–1, 6–3
1967 | 全豪オープン (2) |  レスリー・ターナー |  ジュディ・テガート
トニー・ローチ | 9–7, 6–4
1967 | 全仏オープン |  ビリー・ジーン・キング |  アン・ヘイドン=ジョーンズ
Ion Ţiriac | 6–3, 6–1
1967 | ウィンブルドン選手権 |  ビリー・ジーン・キング |  マリア・ブエノ
ケン・フレッチャー | 7–5, 6–2
1967 | 全米オープン(2) |  ビリー・ジーン・キング |  ロージー・カザルス
スタン・スミス | 6–3, 6–2
1971 | ウィンブルドン選手権 (2) |  ビリー・ジーン・キング |  マーガレット・スミス・コート
Marty Riessen | 3–6, 6–2, 15–13
1971 | 全米オープン(3) |  ビリー・ジーン・キング |  Bob Maud
ベティ・ストーブ | 6–3, 7–5
1973 | ウィンブルドン選手権 (3) |  ビリー・ジーン・キング |  Janet Newberry
ラウル・ラミレス | 6–3, 6–2
1973 | 全米オープン(4) |  ビリー・ジーン・キング |  マーガレット・スミス・コート
Marty Riessen | 6–3, 3–6, 7–6
1974 | ウィンブルドン選手権(4) |  ビリー・ジーン・キング |  Lesley Charles
Mark Farrell | 6–3, 9–7

準優勝(1回)

 | 大会 | パートナー | 対戦相手 | 試合結果
1968 | 全仏オープン |  ビリー・ジーン・キング |  フランソワーズ・デュール
Jean-Claude Barclay | 6–1, 6–4

オープン化以降の主要大会におけるダブルス決勝進出(20回)

優勝(10回)

No. |  | 大会 | サーフェス | パートナー | 対戦相手 | 試合結果
1. | 1969 | モンテカルロ・マスターズ - モナコ | クレイ |  ジョン・ニューカム |  パンチョ・ゴンザレス
デニス・ラルストン | 7–5, 11–13, 6–2, 6–1
2. | 1969 | エイゴン国際 - イングランド ロンドン | グラス |  デニス・ラルストン |  Thomaz Koch
Ove Nils Bengtson | 8–6, 6–3
3. | 1970 | オランダ・オープン - オランダ | ハード |  ビル・ボウリー |  ジョン・アレクサンダー
フィル・デント | 6–3, 6–4, 6–2
4. | 1971 | イングランド ボーンマス | クレイ |  ビル・ボウリー |  Patricio Cornejo
Jaime Fillol | 8–6, 6–2, 3–6, 4–6, 6–3
5. | 1972 | 全豪オープン - メルボルン | グラス |  ケン・ローズウォール |  Ross Case
Geoff Masters | 3–6, 7–6, 6–3
6. | 1973 | 全米オープン - ニューヨーク | グラス |  ジョン・ニューカム |  ロイ・エマーソン
ロッド・レーバー | 7–5, 2–6, 7–5, 7–5
7. | 1973 | アメリカ合衆国 シカゴ | カーペット |  ジョン・ニューカム |  Gerald Battrick
Graham Stilwell | 6–7, 7–6, 7–6
8. | 1973 | イングランド ロンドン | カーペット |  Mark Cox |  Gerald Battrick
Graham Stilwell | 6–4, 8–6
9. | 1974 | 世界テニス選手権(WTC)セントピーターズバーグ大会 - アメリカ合衆国 | ハード |  ジョン・ニューカム |  Clark Graebner
Charlie Pasarell | 4–6, 6–3, 6–4
10. | 1974 | 世界テニス選手権(WTC)オーランド大会 - アメリカ合衆国 | ハード |  ジョン・ニューカム |  ブライアン・ゴットフリート
Dick Stockton | 7–6, 6–3

準優勝(10回)

No. |  | 大会 | サーフェス | パートナー | 対戦相手 | 試合結果
1. | 1970 | ローマ・マスターズ - イタリア | クレイ |  ビル・ボウリー |  イリ・ナスターゼ
Ion Ţiriac | 6–0, 8–10, 3–6, 8–6, 1–6
2. | 1970 | ストックホルム・オープン - スウェーデン | ハード |  Bob Carmichael |  アーサー・アッシュ
スタン・スミス | 0–6, 7–5, 5–7
3. | 1972 | 全米オープン - ニューヨーク | グラス |  ジョン・ニューカム |  Cliff Drysdale
Roger Taylor | 4–6, 6–7, 4–6
4. | 1973 | ロジャーズ・カップ/カナダ・マスターズ - カナダ モントリオール | ハード |  ジョン・ニューカム |  ロッド・レーバー
ケン・ローズウォール | 5–7, 6–7
5. | 1973 | Colonial National Invitational - アメリカ合衆国フォートワース | ハード |  ジョン・ニューカム |  ブライアン・ゴットフリート
Dick Stockton | 6–7, 4–6
6. | 1974 | 世界テニス選手権(WTC)ボルチモア大会(Baltimore WCT) - アメリカ合衆国 | カーペット |  Clark Graebner |  Jürgen Faßbender
Karl Meiler | 6–7, 5–7
7. | 1974 | 世界テニス選手権(WTC)ニューオリンズ大会 - アメリカ合衆国 |  |  ジョン・ニューカム |  Robert Lutz
スタン・スミス | 6–4, 4–6, 6–7
8. | 1974 | Carolinas International Tennis Tournament - アメリカ合衆国 シャーロット | クレイ |  ジョン・ニューカム |  Buster Mottram
ラウル・ラミレス | 3–6, 6–1, 3–6
9. | 1974 | World Doubles WCT - カナダ モントリオール | カーペット |  ジョン・ニューカム |  ボブ・ヒューイット
フルー・マクミラン | 2–6, 7–6, 1–6, 2–6
10. | 1974 | ATP Maui - アメリカ合衆国 マウイ島 | ハード |  ジョン・ニューカム |  Dick Stockton
ロスコー・タナー | 3–6, 6–7

出典・脚注

  1. ^ The Championships, Wimbledon 2007 - Grand Slam Tennis - Official Site by IBM

外部リンク

オーウェン・デビッドソン 獲得タイトル
全豪オープン(オープン化以後)男子ダブルス優勝者
1960年代 | 

1970年代 | 
  • 70 スタン・スミス&ボブ・ルッツ
  • 71 ジョン・ニューカム&トニー・ローチ
  • 72 ケン・ローズウォール&オーウェン・デビッドソン
  • 73 ジョン・ニューカム&マルコム・アンダーソン
  • 74 ロス・ケース&ジェフ・マスターズ
  • 75 ジョン・アレクサンダー&フィル・デント
  • 76 ジョン・ニューカム&トニー・ローチ
  • 77.1 アーサー・アッシュ&トニー・ローチ
  • 77.12 レイ・ラッフェルズ&アラン・ストーン
  • 78 ヴォイチェフ・フィバク&キム・ウォーウィック
  • 79 ピーター・マクナマラ&ポール・マクナミー

  • 1980年代 | 
  • 80 マーク・エドモンドソン&キム・ウォーウィック
  • 81 マーク・エドモンドソン&キム・ウォーウィック
  • 82 ジョン・アレクサンダー&ジョン・フィッツジェラルド
  • 83 マーク・エドモンドソン&ポール・マクナミー
  • 84 マーク・エドモンドソン&シャーウッド・スチュワート
  • 85 ポール・アナコーン&クリスト・バン・レンスバーグ
  • 86 大会開催なし
  • 87 ステファン・エドベリ&アンダース・ヤリード
  • 88 リック・リーチ&ジム・ピュー
  • 89 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2018/12/11 19:31

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「オーウェン・デビッドソン」の意味を投稿しよう
    「オーウェン・デビッドソン」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    オーウェン・デビッドソンスレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「オーウェン・デビッドソン」のスレッドを作成する
    オーウェン・デビッドソンの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail