このキーワード
友達に教える
URLをコピー

オールスターゲーム最終投票とは?

移動先: 案内検索
オールスターゲーム最終投票
All-Star Game Final Vote
2007年のナショナルリーグオールスター最終投票の勝者クリス・ヤング

【受賞対象】
MLBに出場の全選手
【国】
アメリカ合衆国
カナダ
【授与者】
MLB & Esurance(2015年)
【初回】
2002
【最新回】
2015
【最新受賞者】
マイク・ムスターカス (AL)
カルロス・マルティネス (NL)

オールスターゲーム最終投票(オールスターゲームさいしゅうとうひょう、All-Star Game Final Vote)は、MLBオールスターゲームにおける出場選手の最後の一枠を争う投票。別称「34番目の男」。各リーグから選出される34名(2002年までは30名、2009年までは33名)のうち最初の33名の選出選手はファンによる投票とチームの監督・コーチによる推薦で選出される。その選出に漏れた選手から各リーグ5名が選出され、MLB公式ウェブサイト上で最後の一人を決めるオンライン投票が行われる。

目次

  • 1 歴史
  • 2 選出者
    • 2.1 凡例
  • 3 各年の候補者
    • 3.1 2002年
    • 3.2 2003年
    • 3.3 2004年
    • 3.4 2005年
    • 3.5 2006年
    • 3.6 2007年
    • 3.7 2008年
    • 3.8 2009年
    • 3.9 2010年
    • 3.10 2011年
    • 3.11 2012年
    • 3.12 2013年
    • 3.13 2014年
    • 3.14 2015年
    • 3.15 2016年
    • 3.16 2017年
  • 4 チームの候補者と選出者
  • 5 脚注
  • 6 外部リンク

歴史

オールスターゲームの選手の選出は、1933から1946年まで全ての選出選手を各チームの監督が選出していた。1947年より先発選手の選出のみファンの投票に変更された。これは1957年まで続いたが、この年シンシナティレッズのファンが大量の組織票を投じレッズの選手が先発に7人も選出される事態が起こった。当時のコミッショナーであったフォード・フリックは、選出されたワリー・ポストガス・ベルウィリー・メイズハンク・アーロンに強制的に入れ替える処置をとった。さらに以降の数シーズン先発メンバーの選任者を選手、コーチと監督に引き渡すことを強制した。1970年から再びファンが各リーグの先発選手(投手以外)を投票によって選出し、先発投手およびロースターメンバーを監督・コーチ陣が選出する方式になった。

2003年から5人の先発投手と3人の救援投手と各ポジションの控えを選手による投票により選ぶ方式となった。現在は各リーグごとに8人の投手と8人の控え選手が選出されており、その投票には両リーグの監督、コーチ、選手が参加する形になった。各チームには少なくとも1人の代表がいることが決められており、最終投票による1人を除いた選出枠の残りと、投票によってすでに選ばれた投手の中から先発投手を監督が選出する。その後、コミッショナーのオフィスによって選出されたオールスターゲーム監督は、オールスター最終投票にノミネートされる5人の候補者を選出する。

オールスターゲームが行われる9日前の日曜日の夕方に、全国放送によってオールスター最終投票の候補者が発表される。投票は放送終盤ノミネート候補者の発表の後開始され定められた数日間行われる。投票中に中間発表が一度行われ、投票終了後選出者が発表される。

最初のオールスター最終投票は2002年に行われた。2002年のMLBオールスターゲームは30人が選出され、その最後の1人がファンによって選ばれた。2003年からオールスターゲーム選出枠が32人に拡大され、その結果ファンは32人目の選手を選出した。その後も選出枠は2009年に33人に、2010年には34人となった。2003年からスポンサー会社がつく形となった。

これまでシアトル・マリナーズを除く全チームから候補者が出された。シカゴ・ホワイトソックスから最多の10名が候補者に挙げられ、最多の4人が選出された。次いでボストン・レッドソックスフィラデルフィア・フィリーズから3人づつが選出された。2015年の時点で、ビリー・ワグナーが唯一3度候補者に挙げられた。選出者では、シェーン・ビクトリーノが唯一2度選出された。ポジションでは遊撃手二塁手指名打者以外のポジションの選手が選出されている。これまで多くの選出者が試合に出場したが、エバン・ロンゴリアが唯一、長打で打点1を挙げて試合に貢献した。クリス・ヤング2007年のMLBオールスターゲームで1イニングを投げ2失点で初の敗戦投手となった。ジョニー・デイモンは初安打、初盗塁、初得点を記録した。

選出者

アメリカンリーグ
【年度】
ナショナルリーグ

【選手(チーム)】
【守備】
【選出】
【選手(チーム)】
【守備】
【選出】

ジョニー・デイモン (BOS) | CF | 初 | 2002 | アンドリュー・ジョーンズ (ATL) | CF | 2
ジェイソン・バリテック (BOS) | C | 初 | 2003 | ジェフ・ジェンキンス (MIL) | LF | 初
松井秀喜 (NYY) | LF | 2 | 2004 | ボビー・アブレイユ (PHI) | RF | 初
スコット・ポドセドニック (CWS) | LF | 初 | 2005 | ロイ・オズワルト (HOU) | SP | 初
A.J.ピアジンスキー (CWS) | C | 2 | 2006 | ノマー・ガルシアパーラ (LAD) | 1B | 6
岡島秀樹 (BOS) | RP | 初 | 2007 | クリス・ヤング (SD) | SP | 初
エバン・ロンゴリア (TB) | 3B | 初 | 2008 | コーリー・ハート (MIL) | OF | 初
ブランドン・インジ (DET) | 3B | 初 | 2009 | シェーン・ビクトリーノ (PHI) | CF | 初
ニック・スウィッシャー (NYY) | RF | 初 | 2010 | ジョーイ・ボット (CIN) | 1B | 初
ポール・コネルコ (CWS) | 1B | 5 | 2011 | シェーン・ビクトリーノ (PHI) | OF | 2
ダルビッシュ有 (TEX) | SP | 初 | 2012 | デビッド・フリース (STL) | 3B | 初
スティーブ・デラバー (TOR) | RP | 初 | 2013 | フレディ・フリーマン (ATL) | 1B | 初
クリス・セール (CWS) | SP | 3 | 2014 | アンソニー・リゾ (CHC) | 1B | 初
マイク・ムスターカス (KC) | 3B | 初 | 2015 | カルロス・マルティネス (STL) | SP | 初

凡例

  • 表中の守備の項は守備位置を示し以下の略記で示す。
【SP】
先発投手 【C】
捕手 【2B】
二塁手 【SS】
遊撃手 【LF】
左翼手 【RF】
右翼手
【RP】
救援投手 【1B】
一塁手 【3B】
三塁手 【OF】
外野手 【CF】
中堅手 【DH】
指名打者
* | 最終投票の選出者 | ‡ | 出場辞退者が出たため代替選出
  • 表中のチーム名の略称についてはチームの表記参照。

各年の候補者

2002年

2002年に初めての最終投票が実施され、オールスター登録枠30人の30番目の選手がファン投票によって選出された。この年の正式名称は「オールスター30番目の男(The All-Star 30th Man)」投票と名付けられ、30チームおよびMLBの公式ウェブサイトとESPN.com等のオンライン投票だけで開催された。投票は6月30日から始まり、7月2日に結果発表された。選出者は、アメリカンリーグは692,989票を集めたジョニー・デイモンが、ナショナルリーグは559,752票を集めたアンドリュー・ジョーンズが初の選出者となった。試合では両者とも3打席に立ちデイモンが1安打1得点を記録した。

アメリカンリーグ

【選手(チーム)】
【守備】
【選出】

ジョニー・デイモン (BOS) * | CF | 初
ジム・トーミ (CLE) | 1B | 3
エリック・チャベス (OAK) | 3B | 0
マグリオ・オルドニェス (CWS) | RF | 3
ダリン・アースタッド (ANA) | CF | 2
 |  | 
ナショナルリーグ

【選手(チーム)】
【守備】
【選出】

アンドリュー・ジョーンズ (ATL) * | CF | 2
ブライアン・ジャイルズ (PIT) | RF | 2
ラリー・ウォーカー (COL) | RF | 5
アルバート・プホルス (STL) | 1B | 1
ライアン・クレスコ (SD) | 1B | 1

2003年

2003年は登録選手枠が32人に拡大され、この年からスポンサーが付いた。ベースボールカードのメーカーのトップス社がスポンサーに付き正式名称は「トップスオールスター最終投票」として実施された。ナショナルリーグの候補者には当初シカゴ・カブスコーリー・パターソンがいたが、7月7日に負傷してしまったため代替でケニー・ロフトンが加えられた。投票は7月6日午後8時から始まり、7月9日午後6時まで3日間行われた。この年から投票結果は選出者の得票と最終順位のみで選出者以外の得票は発表されなかった。総得票1080万票のうちアメリカンリーグは3,210,509票を獲得したジェイソン・バリテックが、ナショナルリーグは2,872,200票を獲得したジェフ・ジェンキンスが選出された。試合には両者とも出場はなかった。候補者の中から出場辞退したマイク・スウィーニーの代替としてジェイソン・ジアンビが、マーカス・ジャイルズの代替でルイス・カスティーヨが選出者に加えられた。

アメリカンリーグ

【選手(チーム)】
【守備】
【選出】

ジェイソン・バリテック (BOS) * | C | 初
フランク・トーマス (CWS) | DH | 5
ジェイソン・ジアンビ (NYY) ‡ | 1B | 3
エリック・バーンズ (OAK) | OF | 0
ベンジー・モリーナ (ANA) | C | 0
 |  | 
ナショナルリーグ

【選手(チーム)】
【守備】
【選出】

ジェフ・ジェンキンス (MIL) * | LF | 初
ベニート・サンティアゴ (SF) | C | 5
ケニー・ロフトン (PIT) | CF | 6
オーランド・カブレラ (MON) | SS | 0
ルイス・カスティーヨ (FLA) ‡ | 2B | 2

2004年

2004年は「Ameriquestオールスター最終投票」の名で、2004年7月4日から2004年7月7日までの3日間投票が行われた。 総得票950万票以上のうち、アメリカンリーグは120万票を獲得した松井秀喜が、ナショナルリーグは200万票を獲得したボビー・アブレイユが選出された。 アブレイユは代打で出場し、松井は代打の後、左翼の守備についた。

アメリカンリーグ

【選手(チーム)】
【守備】
【選出】

松井秀喜 (NYY) * | LF | 2
フランク・トーマス (CWS) | DH | 5
ポール・コネルコ (CWS) | 1B | 1
ルー・フォード (MIN) | OF | 0
トラビス・ハフナー (CLE) | DH | 0
 |  | 
ナショナルリーグ

【選手(チーム)】
【守備】
【選出】

ボビー・アブレイユ (PHI) * | RF | 初
アラミス・ラミレス (CHC) | DH | 0
スティーブ・フィンリー (ARI) | 3B | 2
ジェイソン・ケンドール (PIT) | C | 3
フアン・ピエール (FLA) | CF | 0

2005年

2005年は再び「Ameriquestオールスター最終投票」の名で、2005年7月3日から2005年7月6日までの3日間投票が行われた。この年の候補者は、アメリカンリーグは全員野手、ナショナルリーグは全て投手で構成された。2005年より携帯電話からの投票が可能となった。投票初日はデレク・ジーターロイ・オズワルトが優勢だったが、2日目にスコット・ポドセドニックがジーターを抜き選出者となった。投票総数1500万票の内、ポドセドニックは3,965,473票、オズワルトは2,652,549票を獲得した。オズワルトは1イニングを投げ2安打2失点、ポドセドニックは外野の守備についたが打席は廻ってこなかった。候補者の中から出場辞退したペドロ・マルチネスの代替でビリー・ワグナーが選出者に加えられたが試合への出場はなかった。

アメリカンリーグ

【選手(チーム)】
【守備】
【選出】

スコット・ポドセドニック (CWS) * | LF | 初
デレク・ジーター (NYY) | SS | 6
トリー・ハンター (MIN) | CF | 1
松井秀喜 (NYY) | LF | 2
カール・クロフォード (TB) | LF | 1
 |  | 
ナショナルリーグ

【選手(チーム)】
【守備】
【選出】

ロイ・オズワルト (HOU) * | SP | 初
トレバー・ホフマン (SD) | RP | 4
ブランドン・ウェブ (ARI) | SP | 0
ビリー・ワグナー (PHI) ‡ | RP | 4
ブレット・マイヤーズ (PHI) | SP | 0

2006年

2006年は、スポンサーが代わり「Monsterオールスター最終投票」と呼ばれた。2006年7月2日から2006年7月5日まで3日間行われた。投票総数1860万票の内、ノマー・ガルシアパーラが400万票、A.J.ピアジンスキーが360万票を獲得して選出されたことがMLBによって発表された。

出場辞退となったホセ・コントレラスの代替でフランシスコ・リリアーノが、トム・グラビンの代替でクリス・カプアーノが選出された。4人は選出されたものの試合への出場はなかった。

アメリカンリーグ

【選手(チーム)】
【守備】
【選出】

A.J.ピアジンスキー (CWS) * | C | 2
フランシスコ・リリアーノ (MIN) ‡ | C | 2
トラビス・ハフナー (CLE) | DH | 0
ジャスティン・バーランダー (DET) | SP | 0
ラモン・ヘルナンデス ( ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/05/24 07:30

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「オールスターゲーム最終投票」の意味を投稿しよう
「オールスターゲーム最終投票」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

オールスターゲーム最終投票スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「オールスターゲーム最終投票」のスレッドを作成する
オールスターゲーム最終投票の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail