このキーワード
友達に教える
URLをコピー

カモメとは?

この記事の内容の信頼性について検証が求められています。
確認のための文献や情報源をご存じの方はご提示ください。出典を明記し、記事の信頼性を高めるためにご協力をお願いします。議論はノートを参照してください。(2017年7月)
カモメ
カモメ(夏羽) Larus canus

保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))

分類
 | : | 動物界 Animalia
 | : | 脊索動物門 Chordata
亜門 | : | 脊椎動物亜門 Vertebrata
 | : | 鳥綱 Aves
 | : | チドリ目 Charadriiformes
 | : | カモメ科 Laridae
 | : | カモメ属 Larus
 | : | カモメ L. canus

学名
Larus canus Linnaeus, 1758
和名
カモメ
英名
Common gull
Mew gull

カモメ(鴎、Larus canus)は、チドリ目カモメ科カモメ属に分類される鳥類

目次

  • 1 分布
  • 2 形態
  • 3 分類
  • 4 生態
  • 5 都道府県・市町村のシンボルとしてのカモメ
  • 6 画像
  • 7 参考文献
  • 8 関連項目

分布

夏季にユーラシア大陸北部やカナダ西部、アラスカ州などで繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部やヨーロッパ、ペルシャ湾沿岸部、アメリカ合衆国西部、中華人民共和国東部などへ南下し越冬する。日本では主に亜種カモメが冬季に越冬のため飛来(冬鳥)するが、亜種コカモメが飛来した例もある。

形態

全長40 - 46センチメートル。翼開張110 - 125センチメートル。頭部や体下面の羽衣は白い。背中や翼上面は青灰色の羽毛で被われる。尾羽の色彩も白い。初列風切の色彩は黒く、先端に白い斑紋が入る。

嘴は小型で細い。後肢は細い。嘴や後肢の色彩は灰黄緑色や黄色で、嘴先端に不明瞭な黒い斑紋が入る個体もいる。

幼鳥は全身が灰褐色の羽毛で被われ、肩を被う羽毛や翼上面の外縁(羽縁)が淡褐色。和名は幼鳥の斑紋が籠の目(かごめ→カモメ)のように見える事が由来とされる。尾羽の先端が黒い。嘴は黒い。後肢の色彩は淡ピンク色。

夏季は頭部から頸部にかけて斑紋が無く(夏羽)、冬季は頭部から頸部にかけて淡褐色の斑点が入る(冬羽)。

分類

以下の分類・分布はIOC World Bird List(v 7.2)、和名は日本鳥類目録 改訂第7版に従う。

Larus canus canus Linnaeus, 1758
アイスランド・ブリテン諸島・白海で繁殖し、アフリカ大陸北部・ヨーロッパ・ペルシャ湾岸で越冬する
Larus canus brachyrhynchus Richardson, 1831 コカモメ
カナダ西部・アラスカ北部で繁殖し、アメリカ合衆国西部で越冬する。
外側から3枚目の初列風切先端に白い斑紋が入らない。
Larus canus kamtschatschensis Bonaparte, 1857 カモメ
シベリア北東部で繁殖し、アジア南東部で越冬する
外側から3枚目の初列風切先端に白い斑紋が入る。
Larus canus heinei Homeyer, 1853 ニシシベリアカモメ
シベリア西部から中部で繁殖し、ヨーロッパ中部や南部・西アジアなどで越冬する。

生態

沿岸部や河口干潟などに生息する。同科他種と混群を形成する事もある。漢字表記は本種の鳴き声に対する当て字で、アメリカ合衆国における英名mewも鳴き声(英語圏でのネコの鳴き声にあたる)に由来する。

食性は雑食で、主に魚類、動物の死骸などを食べるスカベンジャーでもある。

繁殖様式は卵生。集団繁殖地(コロニー)を形成する。沿岸部の岩礁や草原などに巣を作り、卵を産む。生後3年で成鳥羽に生え換わる。

都道府県・市町村のシンボルとしてのカモメ

都道府県:神奈川県

市町村:石狩市、陸前高田市、いわき市、北茨城市、千葉市(千葉ロッテマリーンズ マスコット:マーくん.リーンちゃん.ズーちゃん)、野辺地町、大槌町、八峰町、深浦町

画像

参考文献

  1. ^ BirdLife International. 2016. Larus canus. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T22694308A86717781. http://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2016-3.RLTS.T22694308A86717781.en. Downloaded on 02 July 2017.
  2. ^ Coursers, noddies, gulls, terns, auks & sandgrouse, Gill F. & D. Donsker (Eds). 2017. IOC World Bird List (v 7.2). http://doi.org/10.14344/IOC.ML.7.2 (Retrieved 02 July 2017)
  3. ^ 日本鳥学会「カモメ」『日本鳥類目録 改訂第7版』日本鳥学会(目録編集委員会)編、日本鳥学会、2012年、167-168頁
  4. ^ 安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社2008年、106頁。
  5. ^ 桐原政志 『日本の鳥550 水辺の鳥』、文一総合出版2000年、280-281頁。
  6. ^ 高野伸二 『フィールドガイド 日本の野鳥 増補改訂版』、日本野鳥の会2007年、88-89頁。
  7. ^ 中村登流監修 『原色ワイド図鑑4 鳥』、学習研究社1984年、79、183頁。
  8. ^ 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、304頁。
  9. ^ 『小学館の図鑑NEO 鳥』、小学館2002年、64頁。

関連項目


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/10/18 20:18

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「カモメ」の意味を投稿しよう
「カモメ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

カモメスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「カモメ」のスレッドを作成する
カモメの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail