このキーワード
友達に教える
URLをコピー

カルロス・バイエガとは?

【基本情報】

【国籍】
アメリカ合衆国
【出身地】
プエルトリコ自治連邦区サンフアン
【生年月日】
(1968-11-04) 1968年11月4日(51歳)
【身長
体重】
5' 11" =約180.3 cm
200 lb =約90.7 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投両打
【ポジション】
二塁手一塁手三塁手
【プロ入り】
1985年 アマチュア・フリーエージェントとしてサンディエゴ・パドレスと契約
【初出場】
MLB / 1990年4月14日
KBO / 2001年
【最終出場】
MLB / 2005年9月30日
KBO / 2001年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


カルロス・オベッド・バイエガ・オーティズ(Carlos Obed Baerga Ortiz , 1968年11月4日 - )は、プエルトリコサンフアン出身の元プロ野球選手(内野手)。右投両打。

インディアンス時代は、強打の二塁手として鳴らした。福音派キリスト教徒である。

経歴

幼少期はプエルトリコ・リーグのサントゥルーセ・クラバーズの選手になることを夢みていたバイエガは、16歳の時にサンディエゴ・パドレスと契約する。

マイナーリーグ時代は、打撃面では好成績を残す一方、二塁・三塁・遊撃守備では毎年30失策前後と不安が残っていた。1989年のオフには、強打者ジョー・カーターとのトレードサンディ・アロマー・ジュニアクリス・ジェームスと共にクリーブランド・インディアンスに移籍する。

インディアンス時代

1990年AAAで開幕をむかえたが、12試合で打率.380の成績で4月12日にメジャー初昇格、最も頼りになる代打となったこの年は三塁手・遊撃手として出場する。

1991年には三塁手・二塁手として158試合に出場しレギュラーの座をつかんだ。

1992年アルバート・ベルに次ぐチーム2位の20本塁打、105打点をあげ中軸選手に成長し、初めてオールスターに選出、オフに開催された日米野球MLB選抜として来日した。

1993年はチーム1位の打率.321、本塁打・打点は前年に引き続きベルに次ぐ2位で、初のシルバースラッガー賞にも選ばれた。また4月8日の対ニューヨーク・ヤンキース戦では、メジャー史上初の1イニング左右打席本塁打も記録している。この記録は、他には2002年マーク・ベルホーン2012年ケンドリス・モラレスだけである。2年連続の200安打、20本塁打、100打点は、1922年ロジャース・ホーンスビー以来の記録となった。

1994年1994年から1995年のMLBストライキの影響で103試合の出場にとどまったが、19本塁打、80打点を記録。

1995年にはチームのア・リーグ中地区優勝に貢献、リーグチャンピオンシップシリーズでは打率.400と活躍したが、2勝4敗で敗れたアトランタ・ブレーブスとのワールドシリーズでは最終打者になった。好成績は残していたものの、しばしばベスト体重をオーバーし、練習中にも携帯電話を使うなど、首脳陣は問題視していた。

1996年のシーズン中にインディアンスの抑え投手ホセ・メサの妻と浮気をしているとの噂が流れた際、メサは「彼が(チームから)出て行くか、もしくは自分が出て行くかだ」と語り、後の放出に繋がった。

メッツ時代

1996年7月26日、ジェフ・ケントホセ・ビスカイーノとのトレードでアルバロ・エスピノーザと共にニューヨーク・メッツへ移籍する。メッツでは主に1・3番を打ったが、移籍後の打率は、.193にとどまった。

1997年は、脇腹の怪我の影響で右打席には立たず、1998年も怪我の影響などで成績が残せず、シーズン終了後の10月28日には再契約を提示されず、フリーエージェントとなった。

現役晩年

1999年の1月にセントルイス・カージナルスと契約するが開幕前に解雇され、3月末にシンシナティ・レッズと契約する。開幕をAAAでむかえ、打率.290を記録していたが6月4日に解雇され、パドレスに移籍する。AAAでの調整後パドレスに昇格し、二塁・三塁の控え選手として出場していたが、8月16日に3年ぶりにインディアンスに移籍する。ファンに愛されていたバイエガはスタンディングオベーションでむかえられた。

2000年タンパベイ・デビルレイズと契約するものの、開幕前に契約が無効となり1シーズンプレーをしなかった。

2001年シアトル・マリナーズと契約するものの開幕前に解雇され、独立リーグであるアトランティックリーグロングアイランド・ダックスでプレー。7月には故障により退団した元阪神ベン・リベラの代役として韓国プロ野球三星ライオンズに入団した。この年は「インディアンスの偉大な選手100人」にも選ばれた。シーズン後にはクラバーズを買収、選手兼監督となり幼少期の夢をかなえた。

メジャーからの引退を決意していたが、12月にボストン・レッドソックスと契約し、2002年は控えの二塁手・指名打者として出場した。

2003年アリゾナ・ダイヤモンドバックスと契約し、控えの一塁・二塁手として好成績を残し、翌年まで在籍する。

2005年ワシントン・ナショナルズに在籍した。

引退後

現在は、ESPNのスペイン語放送の解説者をしている。

詳細情報

年度別打撃成績




【球

団】


































































O
P
S

1990 | CLE | 108 | 338 | 312 | 46 | 81 | 17 | 2 | 7 | 123 | 47 | 0 | 2 | 1 | 5 | 16 | 2 | 4 | 57 | 4 | .260 | .300 | .394 | .694
1991 | 158 | 654 | 593 | 80 | 171 | 28 | 2 | 11 | 236 | 69 | 3 | 2 | 4 | 3 | 48 | 5 | 6 | 74 | 12 | .288 | .346 | .398 | .744
1992 | 161 | 716 | 657 | 92 | 205 | 32 | 1 | 20 | 299 | 105 | 10 | 2 | 2 | 9 | 35 | 10 | 13 | 76 | 15 | .312 | .354 | .455 | .809
1993 | 154 | 680 | 624 | 105 | 200 | 28 | 6 | 21 | 303 | 114 | 15 | 4 | 3 | 13 | 34 | 7 | 6 | 68 | 17 | .321 | .355 | .486 | .841
1994 | 103 | 469 | 442 | 81 | 139 | 32 | 2 | 19 | 232 | 80 | 8 | 2 | 3 | 8 | 10 | 1 | 6 | 45 | 10 | .314 | .333 | .525 | .858
1995 | 135 | 600 | 557 | 87 | 175 | 28 | 2 | 15 | 252 | 90 | 11 | 2 | 0 | 5 | 35 | 6 | 3 | 31 | 15 | .314 | .355 | .452 | .807
1996 | 100 | 453 | 424 | 54 | 113 | 25 | 0 | 10 | 168 | 55 | 1 | 1 | 2 | 4 | 16 | 0 | 7 | 25 | 15 | .267 | .302 | .396 | .698
NYM | 26 | 91 | 83 | 5 | 16 | 3 | 0 | 2 | 25 | 11 | 0 | 0 | 0 | 1 | 5 | 0 | 2 | 2 | 8 | .193 | .253 | .301 | .554
'96計 126 | 544 | 507 | 59 | 129 | 28 | 0 | 12 | 193 | 66 | 1 | 1 | 2 | 5 | 21 | 0 | 9 | 27 | 23 | .254 | .293 | .381 | .674
1997 | 133 | 498 | 467 | 53 | 131 | 25 | 1 | 9 | 185 | 52 | 2 | 6 | 3 | 5 | 20 | 1 | 3 | 54 | 13 | .281 | .311 | .396 | .707
1998 | 147 | 551 | 511 | 46 | 136 | 27 | 1 | 7 | 186 | 53 | 0 | 1 | 3 | 7 | 24 | 6 | 6 | 55 | 21 | .266 | .303 | .364 | .667
1999 | SD | 33 | 89 | 80 | 6 | 20 | 1 | 0 | 2 | 27 | 5 | 1 | 0 | 1 | 0 | 6 | 0 | 2 | 14 | 2 | .250 | .318 | .338 | .656
CLE | 22 | 63 | 57 | 4 | 13 | 0 | 0 | 1 | 16 | 5 | 1 | 1 | 1 | 1 | 4 | 1 | 0 | 10 | 3 | .228 | .274 | .281 | .555
'99計 55 | 152 | 137 | 10 | 33 | 1 | 0 | 3 | 43 | 10 | 2 | 1 | 2 | 1 | 10 | 1 | 2 | 24 | 5 | .241 | .300 | .314 | .614
2001 | サムスン | 39 | 131 | 120 | 18 | 33 | 3 | 2 | 4 | 52 | 17 | 0 | 0 | 0 | 1 | 6 | 1 | 4 | 12 | 5 | .275 | .328 | .433 | .761
2002 | BOS | 73 | 194 | 182 | 17 | 52 | 11 | 0 | 2 | 69 | 19 | 6 | 0 | 1 | 2 | 7 | 1 | 2 | 20 | 6 | .286 | .316 | .379 | .695
2003 | ARI | 105 | 231 | 207 | 31 | 71 | 13 | 0 | 4 | 96 | 39 | 1 | 1 | 1 | 3 | 18 | 1 | 2 | 20 | 6 | .343 | .396 | .464 | .860
2004 | 79 | 94 | 85 | 6 | 20 | 2 | 0 | 2 | 28 | 11 | 0 | 0 | 0 | 0 | 6 | 0 | 3 | 12 | 7 | .235 | .309 | .329 | .638
2005 | WSH | 93 | 174 | 158 | 18 | 40 | 7 | 0 | 2 | 53 | 19 | 0 | 0 | 1 | 0 | 7 | 0 | 8 | 17 | 4 | .253 | .318 | .335 | .653
MLB:14年 1630 | 5895 | 5439 | 731 | 1583 | 279 | 17 | 134 | 2298 | 774 | 59 | 24 | 26 | 66 | 291 | 41 | 73 | 580 | 158 | .291 | .332 | .423 | .755
KBO:1年 39 | 131 | 120 | 18 | 33 | 3 | 2 | 4 | 52 | 17 | 0 | 0 | 0 | 1 | 6 | 1 | 4 | 12 | 5 | .275 | .328 | .433 | .761

年度別守備成績

【年
度】
【球
団】
一塁(1B)
二塁(2B)
三塁(3B)
遊撃(SS)
【試

合】















【試

合】
【刺

殺】
【補

殺】
【失

策】
【併

殺】
【守

率】
【試

合】
【刺

殺】
【補

殺】
【失

策】
【併

殺】
【守

率】
【試

合】
【刺

殺】
【補

殺】
【失

策】
【併

殺】



1990 | CLE | - | 8 | 22 | 22 | 5 | 8 | .898 | 50 | 33 | 101 | 8 | 9 | .994 | 48 | 24 | 41 | 4 | 10 | .942
1991 | - | 75 | 163 | 238 | 12 | 59 | .971 | 89 | 54 | 183 | 14 | 14 | .944 | 2 | 0 | 0 | 1 | 0 | .000
1992 | - | 160 | 400 | 475 | 19 | 138 | .979 | - | -
1993 | - | 150 | 347 | 445 | 17 | 108 | .979 | - | -
1994 | - | 102 | 205 | 335 | 15 | 70 | .973 | - | -
1995 | - | 134 | 231 | 444 | 19 | 99 | .973 | - | -
1996 | - | 100 | 191 | 308 | 15 | 63 | .971 | - | -
NYM | 16 | 98 | 5 | 1 | 8 | .990 | 1 | 3 | 3 | 0 | 1 | 1.000 | 6 | 2 | 4 | 3 | 0 | .667 | -
'96計 16 | 98 | 5 | 1 | 8 | .990 | 101 | 194 | 311 | 15 | 64 | .971 | 6 | 2 | 4 | 3 | 0 | .667 | -
1997 | - | 131 | 244 | 371 | 14 | 88 | .978 | - | -
1998 | - | 144 | 289 | 340 | 9 | 97 | .986 | - | -
1999 | SD | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | 13 | 16 | 20 | 0 | 7 | 1.000 | 13 | 5 | 10 | 2 | 2 | .882 | -
CLE | - | 6 | 5 | 9 | 0 | 3 | 1.000 | 15 | 8 | 19 | 1 | 1 | .964 | -
'99計 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | 19 | 21 | 29 | 0 | 10 | 1.000 | 28 | 13 | 29 | 3 | 3 | .933 | -
2001 | サムスン | - | 29 | 43 | 52 | 7 | 11 | .931 | 1 | 1 | 4 | 0 | 0 | 1.000 | -
2002 | BOS | - | 17 | 25 | 32 | 1 | 4 | .983 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | -
2003 | ARI | 19 | 123 | 8 | 2 | 12 | .985 | 15 | 21 | 40 | 1 | 11 | .984 | 5 | 6 | 7 | 0 | 0 | 1.000 | -
2004 | 6 | 32 | 4 | 0 | 2 | 1.000 | - | - | -
2005 | WSH | 11 | 65 | 2 | 1 | 2 | .985 | 7 | 15 | 19 | 3 | 3 | .919 | 20 | 7 | 16 | 2 | 1 | .920 | -
MLB 54 | 318 | 19 | 4 | 24 | .988 | 1063 | 2177 | 3101 | 130 | 759 | .976 | 199 | 115 | 340 | 30 | 27 | .938 | 50 | 24 | 41 | 5 | 10 | .929
KBO - | 29 | 43 | 52 | 7 | 11 | .931 | 1 | 1 | 4 | 0 | 0 | 1.000 | -

表彰・記録

背番号

脚注

  1. ^ The Ballplayers - Carlos Baerga” (英語). BaseballLibrary.com. 2008年3月18日閲覧。
  2. ^ April 8, 1993 New York Yankees at Cleveland Indians Box Score and Play by Play” (英語). BaseballLibrary.com. 2008年3月18日閲覧。
  3. ^ Carlos Baerga” (英語). BR Bullpen. 2008年3月18日閲覧。

関連項目

外部リンク

アメリカンリーグ シルバースラッガー賞(二塁手)
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】



クリーブランド・インディアンス
【球団】

【歴代本拠地】

【文化】

【永久欠番】

【インディアンス球団殿堂】

【ワールドシリーズ優勝(2回)】

【ワールドシリーズ敗退(4回)】

【リーグ優勝(6回)】

【できごと】

【傘下マイナーチーム】
出典:wikipedia
2020/06/05 08:35

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「カルロス・バイエガ」の意味を投稿しよう
「カルロス・バイエガ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

カルロス・バイエガスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「カルロス・バイエガ」のスレッドを作成する
カルロス・バイエガの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail