このキーワード
友達に教える
URLをコピー

カルロス・モヤとは?

移動先: 案内検索
 | この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の姓)はモヤ第二姓(母方の姓)はリョンパルトです。
 | カルロス・モヤ
Carlos Moya
 | 

カルロス・モヤ

【基本情報】

【フルネーム】
Carlos Moyá Llompart
【国籍】
スペイン
【出身地】
バレアレス諸島パルマ・デ・マヨルカ
【生年月日】
(1976-08-27) 1976年8月27日(41歳)
【身長】
190cm
【体重】
86kg
【利き手】

【バックハンド】
両手打ち
【ツアー経歴】

【デビュー年】
1995年
【引退年】
2010年
【ツアー通算】
20勝
【シングルス】
20勝
【ダブルス】
0勝
【生涯通算成績】
599勝369敗
【シングルス】
575勝319敗
【ダブルス】
24勝50敗
【生涯獲得賞金】
$13,443,970
【4大大会最高成績・シングルス】

全豪
準優勝(1997)
全仏
優勝(1998)
全英
4回戦(2004)
全米
ベスト4(1998)
【優勝回数】
1(仏1)
【4大大会最高成績・ダブルス】

全豪
ベスト8(2001)
【国別対抗戦最高成績】

デビス杯
優勝(2004)
【キャリア自己最高ランキング】

【シングルス】
1位(1999年3月15日)
【ダブルス】
108位(2001年10月29日)
テンプレート プロジェクト テニス

カルロス・モヤ・リョンパルト(Carlos Moyá Llompart, 1976年8月27日 - )は、スペインパルマ・デ・マヨルカ出身のプロテニス選手。1998年全仏オープン男子シングルス優勝者である。ATPツアーツアーシングルス20勝を挙げた。ダブルス優勝はない。身長190cm、体重86kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。非常に強力なストロークを武器にした。

目次

  • 1 選手経歴
  • 2 プレースタイル
  • 3 ATPツアー決勝進出結果
    • 3.1 シングルス: 44回 (20勝24敗)
  • 4 4大大会優勝
  • 5 4大大会シングルス成績
  • 6 脚注
  • 7 外部リンク

選手経歴

1995年にプロ転向。1997年全豪オープン1回戦で大会前年優勝者のボリス・ベッカーを破る大波乱を演じ、勢いに乗って決勝まで勝ち進んだが、ピート・サンプラスに完敗して準優勝になる。当時20歳だったモヤはロック歌手を思わせる長髪とダイナミックなプレーで一躍大会の人気者になり、"ヨーロッパのアガシ"とまで呼ばれたという。

1998年全仏オープン決勝で、アレックス・コレチャとのスペイン対決を制して4大大会初優勝を達成。この年は全米オープンでもベスト4進出を果たしたが、準決勝でマーク・フィリプーシスに敗れる。

大会前年優勝者として臨んだ1999年全仏オープンでは、4回戦で第13シードのアンドレ・アガシに敗れた。その後モヤの4大大会での活躍は少ないが、2004年度にはATPツアーのシングルスで3勝を挙げ、世界トップ10選手の座を維持した。またこの年はオリンピックスペイン選手団の一員として2004年アテネ五輪に単複両部門で出場。後輩選手のラファエル・ナダルと組んで出場したダブルスは1回戦でアンドレ・サ/フラビオ・サレッタ組に敗れたが、第3シードで出場したシングルスでは同大会優勝者となるニコラス・マスーとの準々決勝まで進出した。デビスカップ決勝でも、アメリカ代表マーディ・フィッシュアンディ・ロディックを破りデビスカップスペイン代表の優勝に貢献した。

2010年に足の故障を理由に現役を引退した。私生活では2010年に女優のカロリナ・セレスエラとの間に女児が誕生。2011年7月に結婚している。

2016年はミロシュ・ラオニッチのコーチを務め、ラオニッチの世界ランキング3位への躍進に貢献した。2017年からラファエル・ナダルのコーチを務めている。

プレースタイル

強力なストローク力、リターン力をいかしたストロークプレイヤーで、ストローカーとしてはサーブも強力であった。

スペインを代表するプレイヤーの一人。1993年全仏オープン1994年全仏オープンで2連覇したセルジ・ブルゲラの後を受けて、1990年後半に、 1998年全仏オープン優勝、1997年全豪オープン準優勝、1998年全米オープンベスト4等と活躍。

スペインにはクレーコートが最も多いため、回転量の多いトップスピンでひたすらボールをつなげ続ける、守備的スタイルが主流であったが、モヤは、ヘビー・トップスピンはそのままに、より激しくボールを叩くことで、攻撃性を増したテニスを実現。クレーコートだけでなく「ハードコートでも通用するスペインテニス」に進化させたモヤの功績は大きい。

ATPツアー決勝進出結果

シングルス: 44回 (20勝24敗)

大会グレード
グランドスラム (1-1)
テニス・マスターズ・カップ (0-1)
ATPマスターズシリーズ (3-3)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (3-4)
ATPインターナショナルシリーズ (13–15)
 | 
サーフェス別タイトル
ハード (4-12)
クレー (16-12)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)

【結果】
【No.】
【決勝日】
【大会】
【サーフェス】
【対戦相手】
【スコア】

優勝 | 1. | 1995年11月13日 |  ブエノスアイレス | クレー |  フェリックス・マンティーリャ | 6–0, 6–3
準優勝 | 1. | 1996年5月6日 |  ミュンヘン | クレー |  スラバ・ドセデル | 4–6, 6–4, 3–6
優勝 | 2. | 1996年8月19日 |  ウマグ | クレー |  フェリックス・マンティーリャ | 6–0, 7–6
準優勝 | 2. | 1996年9月16日 |  ブカレスト | クレー |  アルベルト・ベラサテギ | 1–6, 6–7
準優勝 | 3. | 1997年1月13日 |  シドニー | ハード |  ティム・ヘンマン | 3–6, 1–6
準優勝 | 4. | 1997年1月27日 |  全豪オープン | ハード |  ピート・サンプラス | 2–6, 3–6, 3–6
準優勝 | 5. | 1997年8月4日 |  アメルスフォールト | クレー |  スラバ・ドセデル | 6–7, 6–7, 7–6, 2–6
準優勝 | 6. | 1997年8月18日 |  インディアナポリス | ハード |  ヨナス・ビョルクマン | 3–6, 6–7
優勝 | 3. | 1997年8月25日 |  ロングアイランド | ハード |  パトリック・ラフター | 6–4, 7–6
準優勝 | 7. | 1997年9月15日 |  ボーンマス | クレー |  フェリックス・マンティーリャ | 2–6, 2–6
優勝 | 4. | 1998年5月27日 |  モンテカルロ | クレー |  セドリック・ピオリーン | 6–3, 6–0, 7–5
優勝 | 5. | 1998年6月8日 |  全仏オープン | クレー |  アレックス・コレチャ | 6–3, 7–5, 6–3
準優勝 | 8. | 1998年10月5日 |  マヨルカ | クレー |  グスタボ・クエルテン | 7–6, 2–6, 3–6
準優勝 | 9. | 1998年11月30日 |  ハノーファー | ハード |  アレックス・コレチャ | 6–3, 6–3, 5–7, 3–6, 5–7
準優勝 | 10. | 1999年3月8日 |  インディアンウェルズ | ハード |  マーク・フィリプーシス | 7–5, 4–6, 4–6, 6–4, 2–6
優勝 | 6. | 2000年4月17日 |  エストリル | クレー |  フランシスコ・クラベット | 6–3, 6–2
準優勝 | 11. | 2000年10月23日 |  トゥールーズ | ハード (室内) |  アレックス・コレチャ | 3–6, 2–6
準優勝 | 12. | 2001年4月30日 |  バルセロナ | クレー |  フアン・カルロス・フェレーロ | 6–4, 5–7, 6–3, 3–6, 5–7
優勝 | 7. | 2001年7月23日 |  ウマグ | クレー |  ジェローム・ゴルマール | 6–4, 3–6, 7–6
優勝 | 8. | 2002年3月4日 |  アカプルコ | クレー |  フェルナンド・メリジェニ | 7–6, 7–6
準優勝 | 13. | 2002年4月22日 |  モンテカルロ | クレー |  フアン・カルロス・フェレーロ | 5–7, 3–6, 4–6
優勝 | 9. | 2002年7月15日 |  ボースタード | クレー |  ユーネス・エル・アイナウイ | 6–3, 2–6, 7–5
優勝 | 10. | 2002年7月22日 |  ウマグ | クレー |  ダビド・フェレール | 6–2, 6–3
優勝 | 11. | 2002年8月12日 |  シンシナティ | ハード |  レイトン・ヒューイット | 7–5, 7–6
準優勝 | 14. | 2002年9月30日 |  香港 | ハード |  フアン・カルロス・フェレーロ | 3–6, 6–1, 6–7
優勝 | 12. | 2003年2月17日 |  ブエノスアイレス | クレー |  ギリェルモ・コリア | 6–3, 4–6, 6–4
準優勝 | 15. | 2003年3月31日 |  マイアミ | ハード |  アンドレ・アガシ | 3–6, 3–6
優勝 | 13. | 2003年4月21日 |  バルセロナ | クレー |  マラト・サフィン | 5–7, 6–2, 6–2, 3–0 途中棄権
優勝 | 14. | 2003年7月21日 |  ウマグ | クレー |  フィリッポ・ボランドリ | 6–4, 3–6, 7–5
準優勝 | 16. | 2003年10月13日 |  ウィーン | ハード (室内) |  ロジャー・フェデラー | 3–6, 3–6, 3–6
優勝 | 15. | 2004年1月5日 |  チェンナイ | ハード |  パラドーン・スリチャパン | 6–4, 3–6, 7–6
準優勝 | 17. | 2004年1月19日 |  シドニー | ハード |  レイトン・ヒューイット | 3–4 途中棄権
優勝 | 16. | 2004年5月1日 |  アカプルコ | クレー |  フェルナンド・ベルダスコ | 6–3, 6–0
優勝 | 17. | 2004年5月3日 |  ローマ | クレー |  ダビド・ナルバンディアン | 6–3, 6–3, 6–1
準優勝 | 18. | 2004年2月16日 |  ブエノスアイレス | クレー |  ギリェルモ・コリア | 4–6, 1–6
優勝 | 18. | 2005年1月3日 |  チェンナイ | ハード |  パラドーン・スリチャパン | 3–6, 6–4, 7–6
準優勝 | 19. | 2005年8月1日 |  ウマグ | クレー |  ギリェルモ・コリア | 2–6, 6–4, 2–6
準優勝 | 20. | 2006年1月9日 |  チェンナイ | ハード |  イワン・リュビチッチ | 6–7, 2–6
優勝 | 19. | 2006年2月13日 |  ブエノスアイレス | クレー |  フィリッポ・ボランドリ | 7–6, 6–4
準優勝 | 21. | 2007年1月15日 |  シドニー | ハード |  ジェームズ・ブレーク | 3–6, 7–5, 1–6
準優勝 | 22. | 2007年3月5日 |  アカプルコ | クレー |  フアン・イグナシオ・チェラ | 3–6, 6–7
優勝 | 20. | 2007年7月29日 |  ウマグ | クレー |  アンドレイ・パベル | 6–4, 6–2
準優勝 | 23. | 2008年2月17日 |  コスタ・ド・サイペ | クレー |  ニコラス・アルマグロ | 6–7, 6–3, 5–7
準優勝 | 24. | 2008年9月14日 |  ブカレスト | クレー |  ジル・シモン | 3–6, 4–6

4大大会優勝

(全豪オープン準優勝:1997年)
【年】
【大会】
【対戦相手】
【試合結果】

1998年 | 全仏オープン |  アレックス・コレチャ | 6-3, 7-5, 6-3

4大大会シングルス成績

略語の説明
W | F | SF | QF | #R | RR | Q# | LQ | A | WG | Z# | PO | SF-B | S | G | NMS | NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

【大会】
【1996】
【1997】
【1998】
【1999】
【2000】
【2001】
【2002】
【2003】
【2004】
【2005】
【2006】
【2007】
【2008】
2009
2010
【通算成績】

全豪オープン | 1R | F | 2R | 1R | A | QF | 2R | 2R | A | 1R | 1R | 1R | 1R | 1R | 1R | 13–13
全仏オープン | 2R | 2R | W | 4R | 1R | 2R | 3R | QF | QF | 4R | 3R | QF | 1R | A | A | 32–12
ウィンブルドン | 1R | 2R | 2R | 2R | 1R | 2R | A | A | 4R | A | A | 1R | A | A | A | 7–8
全米オープン | 2R | 1R | SF | 2R | 4R | 3R | 2R | 4R | 3R | 2R | 3R | QF | 2R | A | A | 26–13

脚注

  1. ^ “テニス=元世界ランク1位モヤ、今季限りでの引退表明”. Reuters. (2010年11月18日). http://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-18235820101118

外部リンク

【タイトル】

先代:
ピート・サンプラス | 世界ランキング1位
1999年5月15日 – 1999年5月28日 | 次代:
ピート・サンプラス
男子テニス世界ランキング1位
2010Happy Mail