このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ガオガエンとは?

(ガオガエンから転送)

ポケモンの一覧(ポケモンのいちらん)は、ゲームソフト『ポケットモンスターシリーズ』に登場する架空の生物「ポケットモンスター(ポケモン)」の一覧。本項では全896種のうち、『ポケットモンスター サン・ムーン』から登場し、シリーズ共通の全国ポケモン図鑑において722から807までの番号を付与されている種と、『Pokémon GO』および『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』から登場し、同じく808から809までの番号を付与されている種を掲載する。

目次

【No.】
名前
722 | モクロー
723 | フクスロー
724 | ジュナイパー
725 | ニャビー
726 | ニャヒート
727 | ガオガエン
728 | アシマリ
729 | オシャマリ
730 | アシレーヌ
731 | ツツケラ
 | 
【No.】
名前
732 | ケララッパ
733 | ドデカバシ
734 | ヤングース
735 | デカグース
736 | アゴジムシ
737 | デンヂムシ
738 | クワガノン
739 | マケンカニ
740 | ケケンカニ
741 | オドリドリ
 | 
【No.】
名前
742 | アブリー
743 | アブリボン
744 | イワンコ
745 | ルガルガン
746 | ヨワシ
747 | ヒドイデ
748 | ドヒドイデ
749 | ドロバンコ
750 | バンバドロ
751 | シズクモ
 | 
【No.】
名前
752 | オニシズクモ
753 | カリキリ
754 | ラランテス
755 | ネマシュ
756 | マシェード
757 | ヤトウモリ
758 | エンニュート
759 | ヌイコグマ
760 | キテルグマ
761 | アマカジ
 | 
【No.】
名前
762 | アママイコ
763 | アマージョ
764 | キュワワー
765 | ヤレユータン
766 | ナゲツケサル
767 | コソクムシ
768 | グソクムシャ
769 | スナバァ
770 | シロデスナ
771 | ナマコブシ

【No.】
名前
772 | タイプ:ヌル
773 | シルヴァディ
774 | メテノ
775 | ネッコアラ
776 | バクガメス
777 | トゲデマル
778 | ミミッキュ
779 | ハギギシリ
780 | ジジーロン
781 | ダダリン
 | 
【No.】
名前
782 | ジャラコ
783 | ジャランゴ
784 | ジャラランガ
785 | カプ・コケコ
786 | カプ・テテフ
787 | カプ・ブルル
788 | カプ・レヒレ
789 | コスモッグ
790 | コスモウム
791 | ソルガレオ
 | 
【No.】
名前
792 | ルナアーラ
793 | ウツロイド
794 | マッシブーン
795 | フェローチェ
796 | デンジュモク
797 | テッカグヤ
798 | カミツルギ
799 | アクジキング
800 | ネクロズマ
801 | マギアナ
 | 
【No.】
名前
802 | マーシャドー
803 | べベノム
804 | アーゴヨン
805 | ツンデツンデ
806 | ズガドーン
807 | ゼラオラ
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
【No.】
名前
808 | メルタン
809 | メルメタル
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 脚注
 | 

モクロー

モクロー No. 722
分類: くさばねポケモン | タイプ: くさ/ ひこう | 高さ: 0.3m | 重さ: 1.5kg
特性: しんりょく | かくれ特性: えんかく | 進化前: なし | 進化後: フクスロー

アローラ地方で最初にもらえる3匹のうちの1匹。丸いフクロウの姿をしたポケモン。

夜行性であり昼間は光合成をする事で力を溜めている。羽音を立てずに空を飛び、気づかれずに相手に接近して攻撃する。鳥がモチーフであるため飛ぶことができるが、「そらをとぶ」を習得できない。

アニメ『サン&ムーン』ではサトシの手持ちとして登場。声優は林原めぐみ

フクスロー

フクスロー No. 723
分類: はばねポケモン | タイプ: くさ/ ひこう | 高さ: 0.7m | 重さ: 16.0kg
特性: しんりょく | かくれ特性: えんかく | 進化前: モクロー | 進化後: ジュナイパー

モクローの進化形。進化してよりフクロウに近いシルエットになった。

モクローより周囲の気配に敏感になり、後ろの相手を察知して相手を見ずに攻撃を命中させることができる。普段は気取り屋であり、暇があれば翼の手入れを欠かさず、羽毛の汚れが気になりすぎて戦えないこともあるという。

アニメ『サン&ムーン』では、ハウのポケモンとして登場。声優は三木眞一郎。ゲーム版でもハウのモクローが進化した形として登場している(主人公がニャビーを選んだ場合のみ)。

ジュナイパー

ジュナイパー No. 724
分類: やばねポケモン | タイプ: くさ/ ゴースト | 高さ: 1.6m | 重さ: 36.6kg
特性: しんりょく | かくれ特性: えんかく | 進化前: フクスロー | 進化後: なし

フクスローの進化形。進化する事でタイプ2がひこうからゴーストに変更される。名前の由来は「樹木」と「スナイパー」。ロビン・フッドを彷彿とさせる容姿をしている。

自分の気配を完全に消して行動できる。翼に仕込まれた矢羽を放ち、1km先の的も貫く。矢を抜いてから撃つまでの時間は僅か0.1ほどとも言われている。一方で不意討ちに弱く、パニックに陥ってしまう事もある。専用技「かげぬい」は攻撃と同時に、放った矢で相手の影を縫いつけることで交代・逃走をさせなくする。専用Zワザは「シャドーアローズストライク」。

アニメ『サン&ムーン』では、バトルロイヤルに出場している男性トレーナーのポケモンとして登場している。後にハウのフクスローが進化して登場。声優は進化前と同様三木眞一郎

ニャビー

ニャビー No. 725
分類: ひねこポケモン | タイプ: ほのお | 高さ: 0.4m | 重さ: 4.3kg
特性: もうか | かくれ特性: いかく | 進化前: なし | 進化後: ニャヒート

アローラ地方で最初にもらえる3匹のうちの1匹。の姿をしたポケモン。黒い身体に赤い模様が入っている。

冷静で感情を出さないが、仲間やトレーナーのピンチには全力で助けるなど熱い一面もある。常に毛繕いをして、自分の毛を集めている。この毛を燃やして相手に当てて攻撃する。

アニメでは老ムーランドと暮らす野生のポケモンとして登場。第1話でのんびりしていたところをサトシに尻尾を踏まれた怒りでサトシに火の玉を浴びせた。ニャビーの事情を知ったサトシにより一度はゲットを諦められる事になったが、ムーランドとの悲しい別れを経てサトシにゲットされる事になった。63話でニャヒートに進化する。声優は西村ちなみ(ニャヒートも担当)。

2017年12月にポケモンだいすきクラブに掲載されたUSUMのプレイ日記に、主人公の家で飼っているニャース(もとのすがた)と猫ポケモンとして立場が重複することを示した挿絵がある。

ニャヒート

ニャヒート No. 726
分類: ひねこポケモン | タイプ: ほのお | 高さ: 0.7m | 重さ: 25.0kg
特性: もうか | かくれ特性: いかく | 進化前: ニャビー | 進化後: ガオガエン

ニャビーの進化形。細めだったニャビーと比べがっしりとした体格に変わった。

首の付け根に鈴のような器官「炎袋」を持ち、ここから火を放って攻撃する。また前足の力が強く、パンチの一撃で鉄の棒すらへし曲げる。

アニメではSMの63話にて、サトシのニャビーがロイヤルマスク(ククイ)のガオガエンの戦闘の途中の際に進化した。声優は進化前同様西村ちなみ

ガオガエン

ガオガエン No. 727
分類: ヒールポケモン | タイプ: ほのお/ あく | 高さ: 1.8m | 重さ: 83.0kg
特性: もうか | かくれ特性: いかく | 進化前: ニャヒート | 進化後: なし

ニャヒートの進化形。進化してあくタイプが追加された。ニャヒートと比べてさらに強靭な肉体と化し二足歩行ができるようになった一方、ニャヒートの時に備えていた俊敏さは失われてしまった。進化して防御力が上がっている。黒と赤のツートンカラーで色違いの個体は黒い部分が白い。

虎を擬人化させたプロレスラーのような外見をしている。ヘソの周囲から炎を放ち、ベルトのように見える。粗暴かつ極端な気分屋で、気が乗らなければトレーナーの命令も平気で無視してしまう。一方で幼いポケモンや子供には親切。強烈なパンチやキックを喰らわせ、へその部分から噴き出す炎で止めを刺す。専用技「DDラリアット」は回転しながら両腕を広げてそのまま殴りかかる攻撃技だが、相手の能力変化を無視してダメージを与える「なしくずし」のあく版。専用Zワザは「ハイパーダーククラッシャー」。なおハイパーダーククラッシャーは『ウルトラサン・ウルトラムーン』から技「ちいさくなる」に対して倍のダメージを与えられるようになった。なお、『ソード・シールド』ではわざレコードによって覚えるポケモン(カイリキーヨノワールゴロンダゴリランダーオーロンゲなど)が増えたため、専用技ではなくなった。

アニメでは『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』にて、クロスのポケモンとして初登場。声優は石塚運昇。後に『サン&ムーン』でロイヤルマスク(正体はククイ博士)のポケモンとして登場し、サトシのニャビー(途中でニャヒートに進化)と対戦した。こちらの声優は櫻井トオルが務めた。また、ゲーム版でもククイのポケモンとして登場する(主人公がモクローを選んだ場合のみ)。サトシのニャビーもガオガエンに最終進化している。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』ではファイターとして登場。攻撃を決めるたび自動でアピールする点と投げワザが強い点が特徴。通常必殺ワザは「DDラリアット」相手の攻撃を受け流しつつ、ダメージを与える。横必殺ワザは相手を投げ飛ばす(ボタンを押すタイミングで効果が変わる)。上必殺ワザは「クロスチョップ」威力は高いが、自滅しやすい。下必殺ワザは「リベンジ」相手から攻撃を受けて次の攻撃の威力を上げる、カウンター技。最後の切りふだはZワザ「ハイパーダーククラッシャー」をスピーディーなものにした「ハイパーダーククラッシャー改」。声優は劇場版『キミにきめた』でのガオガエンを演じた石塚運昇(没後の発売)。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズの登場キャラクター
マリオシリーズ

クッパ7人衆


ドンキーコングシリーズ

ゼルダの伝説シリーズ

メトロイドシリーズ

星のカービィシリーズ

スターフォックスシリーズ

ポケットモンスターシリーズ

ポケモントレーナー所持ポケモン


MOTHERシリーズ

ファイアーエムブレムシリーズ

パルテナの鏡シリーズ

ピクミンシリーズ

どうぶつの森シリーズ

【その他の任天堂キャラクター】

【ゲストキャラクター】

【オリジナルキャラクター】



アシマリ

アシマリ No. 728
分類: あしかポケモン | タイプ: みず | 高さ: 0.4m | 重さ: 100kg
特性: げきりゅう | かくれ特性: うるおいボイス | 進化前: なし | 進化後: オシャマリ

アローラ地方で最初にもらえる3匹のうちの1匹。アシカの姿をしたポケモン。

鼻先で水のバルーンを作るのが得意。クッションにしたり、相手の近くで炸裂させて攻撃もできる。頑張り屋な性格で有名。

主人公(主人公がモクローを選んだ際はハウ)のポケモンとして登場するが、アニメ『サン&ムーン』ではスイレンのポケモンとして登場している。サトシのモクローとは仲が悪く、しばしばツッコミを入れている。その一方でサトシのニャビー(初対面時点では野生だったが、のちにサトシのポケモンとなる)に対しては憧れを抱いている。性別は♀。声優は愛河里花子

オシャマリ

オシャマリ No. 729
分類: アイドルポケモン | タイプ: みず | 高さ: 0.6m | 重さ: 17.5kg
特性: げきりゅう | かくれ特性: うるおいボイス | 進化前: アシマリ | 進化後: アシレーヌ

アシマリの進化形。進化前のアシマリと比べると女性的な外見となったが、オスの比率の方が高い。

ダンスが得意であり踊りながらバルーンを作り出して攻撃する。また、仲間想いでありトレーナーが落ち込んでいる時には踊って励ましてくれる。

アニメ『サン&ムーン』では、イアのポケモンとして登場し(声優は西村ちなみ)、106話ではスイレンのアシマリが進化した(こちらの声優は清水理沙、アシレーヌに進化後も担当)。

アシレーヌ

アシレーヌ No. 730
分類: ソリストポケモン | タイプ: みず/ フェアリー | 高さ: 1.8m | 重さ: 44.0kg
特性: げきりゅう | かくれ特性: うるおいボイス | 進化前: オシャマリ | 進化後: なし

オシャマリの進化形。進化してフェアリータイプが追加された。人魚のような姿になった。進化前に比べさらに女性的な姿になったが進化前同様オスのほうが多い。フェアリータイプの御三家はこのアシレーヌが初。女性的な容姿の為、進化前を含めゲームやアニメではメスとして登場する事が多く、実際にククイ(主人公がニャビー(ガオガエン)を選んだ場合のみ)、ウルトラサン・ウルトラムーンでハウが使用するアシレーヌ(主人公がモクロ―(ジュナイパー)を選んだ場合のみ)、アニメのスイレンのアシレーヌはメスの個体である。

歌声で大量のバルーンを制御する。その姿から大海原の歌姫と称される。髪を結っている泡はリミッターであり、このシュシュが外れ髪が解かれた時、専用技「うたかたのアリア」と「わだつみのシンフォニア」が放たれる。戦闘では破裂しないバルーンで飛び上がって、破裂するバルーンを投げつけて攻撃する。歌やバルーンは仲間同士で教え合い子孫へと受け継がれ、群れごとに異なる。専用技は「うたかたのアリア」。無数のバルーンを周囲に浮かべ、後に破裂させて周囲を攻撃し、同時に攻撃対象のやけど状態を治す。『ソード・シールド』ではラプラスがタマゴ技として習得可能となったが、ポケモンHOME解禁前までは「ポケモンの巣」でゲットするしか覚えさせる方法がない。専用Zワザは「わだつみのシンフォニア」。

アニメ『サン&ムーン』では、バトルロイヤルに出場している女性トレーナーのポケモンとして登場している。後に106話ではイアのオシャマリが進化し、120話ではスイレンのオシャマリも進化した。

ツツケラ

ツツケラ No. 731
分類: きつつきポケモン | タイプ: ノーマル/ ひこう | 高さ: 0.3m | 重さ: 1.2kg
特性: するどいめ/ スキルリンク | かくれ特性: ものひろい | 進化前: なし | 進化後: ケララッパ

キツツキのような姿をしたポケモン。

16連打毎秒で木をつつき、開けた穴に木の実を貯蔵する。木の実は大好物であり、その種を利用して相手を攻撃する。

アニメ『サン&ムーン』第4話にて群れで登場した。声優は金魚わかな國立幸など。

ケララッパ

ケララッパ No. 732
分類: ラッパぐちポケモン | タイプ: ノーマル/ ひこう | 高さ: 0.6m | 重さ: 14.8kg
特性: するどいめ/ スキルリンク | かくれ特性: ものひろい | 進化前: ツツケラ | 進化後: ドデカバシ

ツツケラの進化形。進化して嘴が長くなった。

口内にためた種をマシンガンのように発射する。クチバシを反り返せる事で様々な鳴き声を出せるが、基本的にうるさい為周囲の家から顰蹙を買っている。

アニメ『サン&ムーン』第4話にてツツケラ達の群れのサブリーダーとして登場。

ドデカバシ

ドデカバシ No. 733
分類: おおづつポケモン | タイプ: ノーマル/ ひこう | 高さ: 1.1m | 重さ: 26.0kg
特性: するどいめ/ スキルリンク | かくれ特性: ちからずく | 進化前: ケララッパ | 進化後: なし

ケララッパの進化形。オオハシのような外見となった。

嘴を加熱して戦う。その温度は摂氏100度を超え、うかつに触ると大火傷してしまう。また、体内のガスを爆発させ発射する木の種は大岩をも粉々にする事が出来、専用技「くちばしキャノン」もこの原理を応用した技となっている。嘴をたたき合わせて仲間とコミュニケーションをとる。また、つがいが中睦まじいことで知られているため、縁起ものの代わりに結婚式に連れて来られることもある。

本編では四天王のカヒリが使用する。

アニメ『サン&ムーン』第4話ではツツケラやケララッパの群れのリーダーとして登場。声優は石塚運昇(石塚死去後はライブラリ出演)。他にも四天王・カヒリ(声 - 優希知冴)のポケモンとしても登場、ニックネームは「カツオ」。こちらの声優はサンシャイン池崎

ヤングース

ヤングース No. 734
分類: うろつきポケモン | タイプ: ノーマル | 高さ: 0.4m | 重さ: 6.0kg
特性: はりこみ/ がんじょうあご | かくれ特性: てきおうりょく | 進化前: なし | 進化後: デカグース

マングースの姿をしたポケモン。

鋭い牙でなんでも噛み砕く習性を持つ。体色が茶色で上下の毛皮が黄色いのが特徴。元々、アローラには住んでおらず、ある時にコラッタが大量発生したため、別の地方から連れて来られた。餌を探してうろつく習性があるが、日が暮れる頃には疲れ果ててそのまま眠ってしまう。

アニメ『サン&ムーン』第1話にてスカル団のポケモンとして登場。その後、第9話にも登場。声優はかないみか。

デカグース

デカグース No. 735
分類: はりこみポケモン | タイプ: ノーマル | 高さ: 0.7m | 重さ: 14.2kg
特性: はりこみ/ がんじょうあご | かくれ特性: てきおうりょく | 進化前: ヤングース | 進化後: なし

ヤングースの進化形。進化して四足歩行から二足歩行になった。

獲物の通り道に張り込んで狙う。昼行性で、日が暮れると体力が尽きて眠ってしまう。コラッタやラッタが好物だが、活動時間が異なるためありつけていない。

『サン』で登場する最初のぬしポケモンである(『ムーン』ではリージョンフォームのラッタが登場)。

アニメ『サン&ムーン』ではゲーム版同様、ぬしポケモンおよびその仲間として通常の個体が登場。通常の個体はその後、ジュンサーの相棒となる。また、コラッタやラッタを追い払ったというイメージ画像はガンバの冒険のノロイを彷彿とさせる。声優は通常サイズは石川界人、ぬしポケモンのデカグースは石塚運昇。

アゴジムシ

アゴジムシ No. 736
分類: ようちゅうポケモン | タイプ: むし | 高さ: 0.4m | 重さ: 4.4kg
特性: むしのしらせ | かくれ特性: なし | 進化前: なし | 進化後: デンヂムシ

クワガタムシの幼虫のような外見。

天敵である鳥ポケモンに襲われないように電気タイプの住処を生息地にしており、普段は地面の中で暮らして進化の時を待つ。巣穴に人間の手や他所のポケモンが侵入してくると、顎で反撃する。主食は樹液であり、その丈夫な顎で樹木を削って啜り出す。

アニメ『サン&ムーン』第1話にて野生で登場した。初期のエピソードではサトシにゲットされかけるシーンがあった。

デンヂムシ

デンヂムシ No. 737
分類: バッテリーポケモン | タイプ: むし/ でんき | 高さ: 0.5 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/03 03:46

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ガオガエン」の意味を投稿しよう
「ガオガエン」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ガオガエンスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ガオガエン」のスレッドを作成する
ガオガエンの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail