このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ガリレオ衛星とは?

木星とガリレオ衛星の合成画像。上からイオ、エウロパ、ガニメデ、カリストの順。

ガリレオ衛星(ガリレオえいせい)は、イタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイによって発見された木星の4つの衛星のことを指す。木星の衛星の中でも群を抜いて大きく、ガリレオ手製の低倍率の望遠鏡でも見ることができた。現代でも、双眼鏡などで容易に観測できる。

目次

  • 1 歴史
  • 2 命名者
  • 3 諸元
  • 4 脚注
  • 5 参考文献
  • 6 関連項目
  • 7 外部リンク

歴史

ガリレオが初めて観測を行ったのは1610年1月7日のことである。ガリレオはこれらの天体の動きを数日間観測し、木星の周りを回っていることを確信した。この発見は、ガリレオが信じていたニコラウス・コペルニクス地動説の裏付けの一つとなり、全ての天体地球の周りを回っているという当時のキリスト教の世界観(天動説)に反するものであった。

ドイツのシモン・マリウスは、自分の方がガリレオよりも早く観測していたと主張した。実際、マリウスの観測 記録は1609年12月29日からはじまっているが、当時のドイツはまだユリウス暦を使っており、グレゴリオ暦に換算すると1610年1月8日となって、ガリレオよりも1日遅いことになる。ただし、個々の衛星の名称はマリウスが提案したものが使われている。

中国の天文学史家の席澤宗 (Xi Zezong) によれば、の天文学者・占星術師の甘徳が、紀元前364年に木星近傍の暗い星を記録しており、これがガリレオ衛星ではないかと考えられているという。そうだとすると、ガリレオよりも2000年近くも前に、望遠鏡も使わず裸眼によってガリレオ衛星を視認していたことになる。ガリレオ衛星は視等級が5-6等なので、単独であれば肉眼で見える明るさであるが、すぐ近くにある木星が非常に明るいので視認することは極めて困難である。甘徳の他に、裸眼による観測記録は知られていない。

命名者

ガリレオ・ガリレイ
発表誌 - Sidereus Nuncius(『星界の報告』)1610年
当初、1609年よりトスカーナ大公となったメディチ家コジモ2世に敬意を表して “Cosmica Sidera”(コジモの星々)と命名した。後に大公の提案に従って “Medicea Sidera”(メディチ家の星々)と改名した。大公だけでなく、メディチ家の4兄弟(コジモ、フランチェスコ、カルロ、ロレンツォ)全員に敬意を表したものである。ガリレオはまた、衛星の個々には木星からの距離に応じて内側から I,II,III,IV と番号を振った。これは20世紀の半ばまで引き継がれたが、20世紀の後半になると、それまで無名だった衛星にも固有名が命名されるようになり、以後、固有名で呼ばれるようになっている。
シモン・マリウス
発表誌 - Mundus Jovialis 1614年
衛星が木星(ユーピテルギリシア神話ではゼウス)に付き従っていることから、ゼウスの愛人だった Io(イオ)、Europa(エウロパ)、Ganymede(ガニメデ)、Callisto(カリスト)と命名。これが現在でも使われている。
ジョヴァンニ・バッティスタ・オディエルナ
発表誌 - Medicaeorum Ephemerides 1656年
やはり、メディチ家の4兄弟にちなんで "Principharus"(プリンキファルス)、"Victipharus"(ヴィクティファルス)、"Cosmipharus"(コスミファルス)、"Ferdinandipharus"(フェルディナンディファルス)と命名。
ヨハネス・ヘヴェリウス
“Circulatores Jovis”(木星の周りを回るものたち)あるいは “Jovis Committees”(木星委員会)と命名。
ジャック・オザナン
“Gardes”(衛士)あるいは “Satellites”(従者)と命名。

諸元

木星に近い方の順番から番号が振られている。

なお、イオの公転周期:エウロパの公転周期:ガニメデの公転周期 ≒ 1:2:4 という関係が成り立っているが、これは軌道共鳴という天体力学のメカニズムにより説明されている。またいずれも自転周期は公転と同期している。

ガリレオ衛星:左からイオ、エウロパ、ガニメデ、カリスト
番号 名前 直径 質量 平均軌道半径 公転周期
I | イオ | 3,632 km | 8.92×10 kg | 421,600 km | 1.76 日
II | エウロパ | 3,138 km | 4.8×10 kg | 670,900 km | 3.55 日
III | ガニメデ | 5,262 km | 1.49×10 kg | 1,070,000 km | 7.16 日
IV | カリスト | 4,820 km | 1.08×10 kg | 1,883,000 km | 16.69 日

脚注

  1. ^ Xi Zezong, "The Discovery of Jupiter's Satellite ade by Gan De 2000 years Before Galileo", Chinese Physics 2 (3) (1982): pp.664-667.

参考文献

 | 
この節の加筆が望まれています。

関連項目

 | 
この節の加筆が望まれています。

外部リンク

 | 
この節の加筆が望まれています。

太陽系
太陽水星 金星 月 地球 火星 フォボス・ダイモス ケレス 小惑星帯 木星 木星の衛星 木星の環 土星 土星の衛星 土星の環 天王星 天王星の衛星 天王星の環 海王星 海王星の衛星 海王星の環 冥王星 冥王星の衛星 ハウメア ハウメアの衛星 マケマケ エッジワース・カイパーベルト エリス ディスノミア 散乱円盤天体 ヒルズの雲 オールトの雲

太陽太陽圏 | 
惑星(衛星) | 
地球型惑星 | 

木星型惑星 | 
  • 木星(衛星 - )
  • 土星(衛星 - )
  • 天王星(衛星 - )
  • 海王星(衛星 - )


  • 準惑星 | 
  • ケレス
  • 冥王星型天体 | 


    太陽系小天体 | 
    小惑星 | 

    外縁天体 | 
  • カイパーベルト(冥王星族 - キュビワノ族)
  • 散乱円盤天体
  • 分離天体
    準惑星候補の一覧も参照

  • 彗星 | 
  • 周期彗星
  • 非周期彗星
  • ダモクレス族
  • ヒルズの雲
  • オールトの雲



  • 関連項目 | 
  • 太陽系地球型惑星の地質
  • 太陽系の元素組成
  • 地球外の地形の一覧
  • 太陽系の天体の一覧(静水圧平衡にある太陽系天体の一覧)
  • 太陽系の衛星の一覧
  • 大きさ順の太陽系天体の一覧

  • Portal
  • Project


  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/11/19 16:04

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「ガリレオ衛星」の意味を投稿しよう
    「ガリレオ衛星」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    ガリレオ衛星スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「ガリレオ衛星」のスレッドを作成する
    ガリレオ衛星の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail