このキーワード
友達に教える
URLをコピー

キリスト教とは?

【備考】
世界宗教のひとつ

キリスト教(キリストきょう、基督教、ギリシア語: Χριστιανισμόςラテン語: Religio Christiana英語: Christianity)は、ナザレのイエスキリスト(救い主)として信じる宗教イエス・キリストが、神の国の福音を説き、罪ある人間を救済するために自ら十字架にかけられ、復活したものと信じる。その多く(カトリック教会聖公会プロテスタント正教会東方諸教会など)は「父なる神」と「その子キリスト」と「聖霊」を唯一の神(三位一体至聖三者)として信仰する。

世界における信者数は23億人を超えており、すべての宗教の中で最も多い。

概要

キリスト教は、イエス・キリスト[『イエス』はヤハウェ(ヤフア)が救うという意味で、『キリスト』は油注がれたという意味]を旧約聖書で預言された罪のない人間であると受け入れる宗教であり、自らをキリスト教徒と呼ぶすべての人々を包含するものである。キリスト教には、その歴史的経緯から様々な教派教団、組織、信条が存在している。キリスト教は普遍的な宗教(世界宗教)であり、特定の民族や人種あるいは限定された身分や社会階層のためのものではなく、すべての人に向けられたものである。実際、キリスト教は、異なる文化・多くの民族の様々な人々に広く受け入れられて、政治構造や社会状況および科学知識や哲学思想、世界観の歴史的な変化、移り変わりがあった地域で何世紀にもわたって教団や組織を維持してきた。

日本でも多く使われる西暦が、救世主とされるナザレのイエスの生まれたとされた年を元年(紀元)としているように、キリスト教は中世ー近代から推移してきた現代文明の根幹の形成に関与している。

中世における国教化されたキリスト教は宗教の自由を認めなかったため、異教との戦いによって支配域を拡大し、土着の宗教に変えてキリストの福音を説いた。異教・異端であるかどうかの判別の基準としては、三位一体の教義が確立していること、イエスの復活信仰が確立していること、ナザレのイエスの死を通しての贖罪信仰が確立していること、主イエスが旧約のキリストであるとの信仰が確立していること等が規定されている。そうしたキリスト信仰に加え、聖書全体を神よりの霊感を受けて書かれた神の言葉として絶対的に受け止めることもある。 また、異教との対話時にもキリスト者本人に、聖霊による神の言葉が具体的に顕現することが言われている福音書もある。福音書が作られた当時、聖霊は世の終わりに神から与えられると信じられていた救いの霊とされている聖霊現象と深いかかわりのあるイエス派運動成立の上で、黙示思想はその重要な背景として存在した。

キリスト教は、「旧約聖書」を聖典としていることから、ヤハウェ (ヤフア)による天地創造から始まり、原罪とその救済が教義の中心にある。「旧約聖書」という呼び方はキリスト教において「新約聖書」と対応して名づけたもので、ユダヤ教の聖典の名称を旧(ふる)い約束の意味に変えて用いているものである。

歴史

 | 
この節は、一覧または箇条書き方式となっていますが、散文形式のほうが読みやすい場合があります。(2020年5月)

 | 
この節の加筆が望まれています。 (2020年5月)

詳細は「キリスト教の歴史」および「日本のキリスト教史」を参照

古代

詳細は「原始キリスト教」および「初期キリスト教」を参照

キリスト教はユダヤ教の預言と律法を引き継ぐ。イエスの死後、弟子たちはイエスの教えを当時のローマ世界へと広めていった。

詳細は「ナザレのイエス」を参照

イエスの復活信仰の確立

ナザレのイエスの死を通しての贖罪信仰の確立

主イエス・キリスト信仰の確立

終末信仰の確立

ユダヤ教からのキリスト教の自立

このように国教となったキリスト教は、キリスト教以外の宗教、およびキリスト教の異端教派の異端説を切り捨てることにより、キリスト教における一神教的世界観での正統派信仰を確立した。ここより、キリスト教の信者は正統派信仰を始めることとなる。

古代異教由来の事物の取り込みと一神教の変容

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。
出典検索: "キリスト教"ニュース 書籍 スカラー CiNii J-STAGE NDL dlib.jp ジャパンサーチ TWL
(2020年5月)

正統派とされるキリスト教では、多神教世界に布教する際、他の宗教の神殿の場所に教会を建立することを奨励した。この結果、多く女神の神殿が聖母マリアに捧げられる教会に変えられた。そのような女神の例としてミネルウァイシスなどがある。時には異教の神像をそのまま流用することもあった。その例として、イシスとオシリスの像をマリアとイエスの聖母子像へ転用したことなどが指摘される。

中世

近世

キリスト教のメッセージ

キリスト教のメッセージは、イエス・キリストが旧約聖書に預言された救いであると教えている。新約聖書ではパウロは次のように述べる:「時が満ちると、神は、その御子を女から、しかも律法のもとに生まれた者としてお遣わしになりました。それは、律法の支配下にある者を購い出して、わたしたちを神の子となさるためでした」(ガラテヤ4,4-5)。イエスは神がいかなる方であるかをまったく新し方法で、それまでのイスラエル人の理解をより深く掘り下げて示したのであり、イエスは神ヤハウェ (ヤフア)を自分の父として示した、という。

キリスト教の中心メッセージは「神の国」の教えである(マルコ1,15)。イエスはこの象徴的な表現を豊かな内容で満たした。「神の国」は、人間の歴史の中に、そして歴史の終りにおいても神が現存なさることを教えている。また、「神の国」は、神が人間と一つになってくれたことも教えている。

教義

プロテスタントにおける教義が全宗派にだいたい共通している。

おとめマリアより生まれたイエス

ナザレのイエスは死んだけれども、よみがえった

ナザレのイエスは天に昇って行ってから、神の右に座った

聖書は神の言葉だと信じる

指導者が聖霊に満たされて語る言葉は、神の言葉とされているので、聖霊に満たされて書かれた聖書は、神の言葉である。

教えの源泉(特徴)

キリスト教における教えの源泉は、教派によって共通するものと異なるものとがある。全教派(カトリック教会聖公会プロテスタント正教会非カルケドン派アナバプテスト)に共通する教えは聖書(旧約聖書新約聖書)である。しかしながら、聖書以外に教えの源泉を認めるかどうかについては教派ごとに違いがある。

正教会・非カルケドン派・カトリック教会・聖公会は聖伝(「聖伝」とは言わず「伝統」とのみ言う場合もある)を認める。カトリック教会では、聖書と聖伝が教えの共通の源泉であるとされ、聖伝は「(聖書と)同じ謙遜と敬意をもって尊敬されるべきもの」とされる。正教会でも「聖書と聖伝」と述べられることはあるが、むしろ「聖伝がただ一つの源泉であり、聖伝の中に聖書が含まれるのであり、分離や対比は両者の価値を減じる」とし、「聖伝の中に聖書」という捉え方もされる。

聖伝を認める教会の場合、教会の中にある全てのものが聖伝とされるのではない。カトリック教会では使徒たちに由来する聖伝と、神学・おきて・典礼・信心上の「諸伝承」が区別される。諸伝承の中から異なる場所、異なる時代にも適応した表現を大伝承(聖伝)が受け取り、その大伝承に照合され、教会の教導権の指導のもとで、諸伝承は維持・修正・放棄される。正教会では、「天上の永遠なる神の国に属する真の『聖伝』と、地上の人間的な暫定的な単なる伝統」が区別される。

一方、プロテスタントには、聖伝(伝統・伝承)を認める者と認めない者とがいる(「プロテスタント」は様々な教派の総称であり、内実は様々である)。後者を表す宗教改革の原則の一つに「聖書のみ」がある。ただし、聖書に優越する、あるいは並び立つ、ないし聖書を包含するといった意味での聖伝(伝統)を認めないプロテスタントであっても、「宗教改革の伝統」「改革派教会の伝統」といった用語がプロテスタントで使われる場合はある。

教えの源泉の、教派別対照表
西方教会 | 東方教会
カトリック教会 | 聖公会 | プロテスタント | 正教会
聖書聖伝において解釈・理解されるべきである | 聖書と伝統を大切にする | ◆ 聖書のみ
◆ 聖書のほかに、伝統も認める
以上二類型の混在 | 聖伝の中に聖書が含まれ、聖書は聖伝の中で第一の位置を占める

ニカイア・コンスタンティノポリス信条にみる信仰内容

ニカイア・コンスタンティノポリス信条の位置付け

ニカイア・コンスタンティノポリス信条は、381年に、第1コンスタンティノポリス公会議で定められたキリスト教の信条(教えを要約した定型文)である。東方教会西方教会のいずれでも、最も広く普遍的に、共通して使われる信条である。「ニカイア信条」「ニケヤ信経」「ニケア信条」「信経」とも呼ばれる。一方、西方教会では広く使われている使徒信条は、東方教会はその内容は否定しないものの、信条としては使っていない。このため、東西教会の両方に言及する本記事では、ニカイア・コンスタンティノポリス信条を骨格としつつも、必要な箇所では使徒信条の内容も必要に応じて補足して、信仰内容を詳述する。

なお、西方教会の一角を占めるプロテスタント諸教派の間では信条の使用に差異があり、ルーテル教会改革派教会メソジストはニカイア・コンスタンティノポリス信条を使用するが、バプテスト教会では信条の使用自体に議論が発生する。しかしバプテスト教会内にも、信条の強制は否定するものの、その使用の意義は認める見解も存在する。

ニカイア・コンスタンティノポリス信条の全文

ニカイア・コンスタンティノポリス信条教派別対照表
西方教会 | 東方教会
カトリック教会
(日本カトリック司教協議会認可) | 聖公会
(日本聖公会 祈祷書より) | プロテスタントの一例(日本基督教団
改革長老教会協議会教会研究所訳) | 正教会
(日本正教会 時課経145頁より)
わたしは信じます。唯一の神、全能の父、天と地、見えるもの、見えないもの、すべてのものの造り主を。

わたしは信じます。唯一の主イエス・キリストを。 主は神のひとり子、すべてに先立って父より生まれ、神よりの神、光よりの光、 まことの神よりのまことの神、造られることなく生まれ、父と一体。 すべては主によって造られました。主は、わたしたち人類のため、わたしたちの救いのために天からくだり、聖霊によって、おとめマリアよりからだを受け、人となられました。ポンティオ・ピラトのもとで、わたしたちのために十字架につけられ、苦しみを受け、葬られ、聖書にあるとおり三日目に復活し、天に昇り、父の右の座に着いておられます。主は、生者(せいしゃ)と死者を裁くために栄光のうちに再び来られます。その国は終わることがありません。わたしは信じます。主であり、いのちの与え主である聖霊を。聖霊は、父と子から出て、父と子とともに礼拝され、栄光を受け、また預言者をとおして語られました。わたしは、聖なる、普遍の、使徒的、唯一の教会を信じます。罪のゆるしをもたらす唯一の洗礼を認め、死者の復活と来世のいのちを待ち望みます。アーメン。

 | わたしたちは、唯一の神、全能の父、天地とすべて見えるものと見えないものの造り主を信じます。また、世々の先に父から生まれた独り子、主イエス・キリストを信じます。主は神よりの神、光よりの光、まことの神よりのまことの神、造られず、生まれ、父と一体です。すべてのものは主によって造られました。主はわたしたち人類のため、またわたしたちを救うために天から降り、聖霊によっておとめマリヤから肉体を受け、人となり、ポンテオ・ピラトのもとで、わたしたちのために十字架につけられ、苦しみを受け、死んで葬られ、聖書にあるとおり三日目によみがえり、天に昇り、父の右に座しておられます。また、生きている人と死んだ人とを審(さば)くため、光のうちに再び来られます。その国は終わることがありません。また、主なる聖霊を信じます。聖霊は命の与え主、父と子から出られ、父と子とともに拝みあがめられ、預言者によって語られた主です。また、使徒たちからの唯一の聖なる公会を信じます。罪の赦しのための唯一の洗礼を信認し、死者のよみがえりと来世の命を待ち望みます。アーメン。 | 

わたしたちは、唯一の神、全能の父、天と地と、見えるものと見えないものすべての造り主を信じます。わたしたちは、唯一の主、神の独り子、イエス・キリストを信じます。主はすべての時に先立って、父より生まれ、光よりの光、まことの神よりのまことの神、造られずに生まれ、父と同質であり、すべてのものはこの方によって造られました。主は、わたしたち人間のため、またわたしたちの救いのために、天より降り、聖霊によって、おとめマリアより肉体を取って、人となり、わたしたちのためにポンティオ・ピラトのもとで十字架につけられ、苦しみを受け、葬られ、聖書に従って、三日目によみがえり、天に昇られました。そして父の右に座し、生きている者と死んだ者とをさばくために、栄光をもって再び来られます。その御国は終わることがありません。わたしたちは、主であり、命を与える聖霊を信じます。聖霊は、父と子から出て、父と子とともに礼拝され、あがめられ、預言者を通して語ってこられました。わたしたちは、唯一の、聖なる、公同の、使徒的教会を信じます。わたしたちは、罪のゆるしのための唯一の洗礼を、信じ告白します。わたしたちは、死人のよみがえりと来るべき世の命を待ち望みます。アーメン

 | われしん(ひとつ)(かみ)(ちち)(ぜん)(のう)(しゃ)(てん)()()ゆると()えざる(ばん)(ぶつ)(つく)りし(しゅ)を。(また)(しん)(ひとつ)(しゅ)イイススハリストス・(かみ)(どく)(せい)()(よろづ)()(さき)(ちち)より()まれ・(ひかり)よりの(ひかり)(まこと)(かみ)よりの(まこと)(かみ)(うま)れし(もの)にて(つく)られしに(あら)ず、(ちち)(いつ)(たい)にして(ばん)(ぶつ)(かれ)(つく)られ(われ)人々(ひとびと)(ため)又我(またわれ)()(すく)ひの(ため)(てん)より(くだ)り、聖神及(せいしんおよ)童貞女(どうていぢよ)マリヤより()()(ひと)()(われ)()(ため)にポンティイピラトの時十(ときじふ)字架(じか)(くぎ)うたれ(くるしみ)()(はうむ)られ第三日(だいさんじつ)聖書(せいしょ)(かな)ふて(ふく)(くわつ)(てん)(のぼ)(ちち)(みぎ)()(くわう)(えい)(あら)はして()ける(もの)()せし(もの)審判(しんぱん)する(ため)()(きた)其國終(そのくにをは)りなからんを。

又信(またしん)聖神(せいしん)(しゅ)(いのち)(ほどこ)(もの)(ちち)より()父及(ちちおよ)()(とも)(おが)まれ()められ()言者(げんしゃ)(もつ)(かつ)()ひしを。又信(またしん)(ひとつ)(せい)なる(おほやけ)なる使徒(しと)(けう)(くわい)を。我認(われみと)(ひとつ)洗禮以(せんれいもつ)(つみ)(ゆるし)()るを。我望(われのぞ)()(しや)(ふく)(くわつ)(ならび)來世(らいせい)生命(いのち)を。「アミン」。


ギリシア語: Πιστεύω εἰς ἕνα Θεόν, Πατέρα, Παντοκράτορα, ποιητὴν οὐρανοῦ καὶ γῆς, ὁρατῶν τε πάντων καὶ ἀοράτων. Καὶ εἰς ἕνα Κύριον Ἰησοῦν Χριστόν, τὸν Υἱόν τοῦ Θεοῦ τὸν Μονογενῆ, τὸν ἐκ τοῦ Πατρὸς γεννηθέντα πρὸ πάντων τῶν αἰώνων. Φῶς ἐκ φωτός, Θεὸν ἀληθινὸν ἐκ Θεοῦ ἀληθινοῦ γεννηθέντα, οὐ ποιηθέντα, ὁμοούσιον τῷ Πατρί, δι' οὗ τὰ πάντα ἐγένετο. Τον δι' ἡμᾶς τοὺς ἀνθρώπους καὶ διὰ τὴν ἡμετέραν σωτηρίαν κατελθόντα ἐκ τῶν οὐρανῶν καὶ σαρκωθέντα ἐκ Πνεύματος Ἁγίου καὶ Μαρίας τῆς Παρθένου καὶ ἐνανθρωπήσαντα. Σταυρωθέντα τε ὑπὲρ ἡμῶν ἐπὶ Ποντίου Πιλάτου καὶ παθόντα καὶ ταφέντα. Καὶ ἀναστάντα τῇ τρίτῃ ἡμέρᾳ κατὰ τὰς Γραφάς. Καὶ ἀνελθόντα εἰς τοὺς Οὐρανοὺς καὶ καθεζόμενον ἐκ δεξιῶν τοῦ Πατρός. Καὶ πάλιν ἐρχόμενον μετὰ δόξης κρῖναι ζῶντας καὶ νεκρούς, οὗ τῆς βασιλείας οὐκ ἔσται τέλος. Καὶ εἰς τὸ Πνεῦμα τὸ Ἅγιον, τὸ Κύριον, τὸ Ζωοποιόν, τὸ ἐκ τοῦ Πατρὸς ἐκπορευόμενον, τὸ σὺν Πατρὶ καὶ Υἱῷ συμπροσκυνούμενον καὶ συνδοξαζόμενον, τὸ λαλῆσαν διά τῶν Προφητῶν. Εἰς Μίαν, Ἁγίαν, Καθολικὴν καὶ Ἀποστολικὴν Ἐκκλησίαν. Ὁμολογῶ ἕν Βάπτισμα εἰς ἄφεσιν ἁμαρτιῶν. Προσδοκῶ ἀνάστασιν νεκρῶν. Καὶ ζωήν τοῦ μέλλοντος αἰῶνος. Ἀμήν.

三位一体の神

左側は1210年頃に描かれた図式を抽出したもの。右側は20世紀末のプロテスタントの書籍に使われた図式。

ニカイア・コンスタンティノポリス信条は(そして使徒信条も)、父、子、聖霊の順に、三位一体について言及している。

キリスト教において、神は一つであり、かつ父・子・聖霊(聖神)と呼ばれる三つの位格があるとされる。このことから、キリスト教において神は三位一体(正教会では至聖三者)と呼ばれる(あるいはこうした理解をする教理を三位一体と呼ぶ)。

「父・子・聖霊」のうち、「子」が受肉(藉身)して、まことの神・まことの人(神人)となったのが、イエス・キリストであるとされる。

三位一体論が難解であることはキリスト教会においても前提となっている。例えばカトリック教会においては、神は自身が三位一体である事を啓示・暗示してきたが、神自身が三位一体であることは理性のみでは知り得ないだけでなく、神の御子受肉聖霊の派遣以前には、イスラエルの民の信仰でも知り得なかった神秘であるとされる。正教会においては、「三つが一つであり、一つが三つというのは理解を超えていること」とし、三位一体についても「理解する」対象ではなく「信じる」対象としての神秘であると強調される。

難解な三位一体論を説明するにあたり、「(いわゆる正統派における)三位一体論ではないもの」を説明する、いわば消去法のような形で、(いわゆる正統派における)三位一体論に接近する手法がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2021/02/25 23:04

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「キリスト教」の意味を投稿しよう
「キリスト教」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

キリスト教スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「キリスト教」のスレッドを作成する
キリスト教の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS

2010Happy Mail