このキーワード
友達に教える
URLをコピー

キリンビバレッジとは?

種類
株式会社
【市場情報】
非上場
東証1部 2595
2006年8月11日上場廃止

【略称】
キリンBV、キリンビバレ
【本社所在地】
日本
164-0001
東京都中野区中野4丁目10番2号
NAKANO CENTRAL PARK SOUTH(中野セントラルパーク南棟)
【本店所在地】
東京都千代田区神田和泉町1番地 神田和泉町ビル
【設立】
1963年(昭和38年)4月15日
業種
食料品
法人番号
6010001014934
【事業内容】
清涼飲料の製造および販売
【代表者】
代表取締役社長 佐藤 章
【資本金】
84億1,650万円(2012年12月31日現在)
【売上高】
3,368億円(2012年12月期)
【従業員数】
単体1,626人(連結3,926人)(2012年12月31日現在)
【決算期】
毎年12月31日
【主要株主】
キリン株式会社:100%
【主要子会社】
小岩井乳業株式会社
キリンMCダノンウォーターズ株式会社 など
【関係する人物】
前田仁(元社長)
首藤由憲(元社長)
【外部リンク】
http://www.kirin.co.jp/company/about/kirinbeverage/
関連商品のリターナブル瓶
左から
1:キリンレモンクレール(1965年 発売当初の瓶)
2:キリンレモン(1958年 初のACL印刷瓶)
3:キリンレモン(1970年代)
4:キリンジュース(1954年 発売当初の瓶)
5:キリンジュース(1960年代)
6:キリンオレンジ(1970年代)
7:チェスタ(1973年 発売当初の瓶)
8:チェスタ(1970年代後半)
9:キリンタンサン(1950年代)

キリンビバレッジ株式会社(Kirin Beverage Company, Limited)は、日本清涼飲料水メーカー。清涼飲料などのRTD(Ready to Drink)製品の製造および販売を行っている。キリングループ内における国内綜合飲料会社であるキリン株式会社(キリンホールディングスの機能子会社、中間持株会社)の機能子会社で、三菱グループに属する。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 キリングループ再編・連携強化
  • 2 販売ラインナップ
    • 2.1 現在販売している商品
    • 2.2 販売を終了した商品
  • 3 事業所
  • 4 グループ企業
    • 4.1 国内
    • 4.2 海外
  • 5 企業広告活動
    • 5.1 提供番組
      • 5.1.1 テレビ
        • 5.1.1.1 現在
        • 5.1.1.2 過去
      • 5.1.2 ラジオ
        • 5.1.2.1 現在
        • 5.1.2.2 過去
    • 5.2 CM
      • 5.2.1 歴代CMソング
      • 5.2.2 CM出演者
        • 5.2.2.1 現在
        • 5.2.2.2 過去
  • 6 脚注
  • 7 外部リンク

概要

1963年(昭和38年)4月15日、麒麟麦酒株式会社(旧制、現・キリンホールディングス)がキリンレモンキリンオレンジ自動販売機で販売する「自動販売サービス株式会社」を設立。1967年(昭和42年)に小売店への販売を始め、キリンレモンサービス株式会社に社名変更。1988年(昭和63年)に創立25周年記念のCI導入によりキリンレモン株式会社に社名変更。1991年(平成3年)、麒麟麦酒(以下「キリンビール」)の清涼飲料事業部門を営業譲受により統合し、現在のキリンビバレッジ株式会社に社名変更している。1995年(平成7年)1月に東京証券取引所第二部に上場。1996年(平成8年)4月には第一部に指定替えした。

キリンレモン・キリンオレンジを除いて大半がキリンビールから承継した商品だったことから、当初は酒屋などでの販売が中心だったが、徐々に販路を拡大していき、近年は他の大手メーカー同様に自動販売機コンビニエンスストアでの販売が中心となっている。紅茶(午後の紅茶)・コーヒー(FIRE)・緑茶(生茶)・炭酸飲料(キリンレモンメッツコーラ等)が収益柱。さらに果実飲料などにも人気商品があり、国内清涼飲料水メーカーの規模としてはコカ・コーラボトラーズジャパンサントリー食品インターナショナル(サントリーフーズ)・アサヒ飲料(同社の機能子会社のカルピスを含む)に次いで業界4位である(2017年現在)。キリングループのマーケティング力を背景に新商品を次々と投入してきたが、2009年(平成21年)3月に就任した社長・前田仁は、新商品の大幅削減と既存商品のテコ入れ強化によってブランド力・収益力を高める戦略を打ち出している。

2003年(平成15年)月にヤクルト本社と自販機部門での提携で合意。同年9月から「蕃爽麗茶」などのヤクルト商品をキリンビバレッジの自販機で、また「午後の紅茶」・「FIRE」・「ボルヴィック」などキリンビバレッジ商品をヤクルトの自販機で相互に販売している。2006年2月からは新たにインターネット通販事業「マーカーズ(markers)」を立ち上げ、飲料以外の商品も取り扱うなど、ネットビジネスの実験を開始した。とりわけマーカーズ限定発売の「生茶パンダ(生茶のマスコットキャラクター)」グッズの人気が高い。

2007年(平成19年)11月、子会社の小岩井乳業から小岩井ブランドの乳飲料を除くチルド製品事業を譲受。事業譲受後も製品の生産・販売は小岩井乳業に委託しているが、販売者はキリンビバレッジ名義となり、パッケージに表記されていた「本製品はキリンビバレッジ(株)との提携により小岩井乳業(株)がお届けしています。」の文言も消滅、小岩井乳業の存在感は薄くなった。

2008年(平成20年)2月から、生茶とキリンレモンのペット飲料にベルマークを付け、運動に協賛している。

キリングループ再編・連携強化

このグループ再編に伴い、経営・商品開発・マーケティングなどあらゆる面において、キリングループ各社(とりわけキリンビール新社)との連携が緊密になっている。

キリンビバレッジの場合は、導入当初は原則として90秒以上でもスローガンは一貫してアナウンスしないスタンスであったが、蒼井優出演のI-Tea「赤いI-Tea」篇・大泉洋出演のFIRE「冬」篇を皮切りに、30秒以上のバージョンではスローガンがアナウンスされるようになった。

販売ラインナップ

現在販売している商品

販売を終了した商品

キリンビール時代の清涼飲料も含む。

2010Happy Mail