このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ケインズとは?

(ケインズから転送)
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年3月)
ジョン・メイナード・ケインズ
ケインズ経済学

ブレトン・ウッズ協定でのケインズ

【生誕】
1883年6月5日
ケンブリッジシャーケンブリッジ
【死没】
(1946-04-21) 1946年4月21日(62歳没)
イースト・サセックス、ティルトン(near Firle)
【国籍】
イギリス
【研究機関】
ケンブリッジ大学
【研究分野】
マクロ経済学,確率論
【母校】
ケンブリッジ大学キングス・カレッジ
【影響を
受けた人物】
アダム・スミスデヴィッド・リカードデイヴィッド・ヒュームジョン・スチュアート・ミルトマス・ロバート・マルサスエドマンド・バークシルビオ・ゲゼルG・E・ムーアアルフレッド・マーシャルクヌート・ウィクセルデニス・ロバートソンミハウ・カレツキ
【論敵】
カール・マルクスフリードリヒ・ハイエクアルフレッド・マーシャルアーサー・ピグー
【影響を
与えた人物】
T・K・ワイテイカーパトリック・リンチサイモン・クズネッツポール・サミュエルソンジョン・ヒックスジョージ・シャックルウィリアム・ヴィクレージョン・ケネス・ガルブレイスハイマン・ミンスキーロバート・シラージョセフ・スティグリッツポール・クルーグマンヌリエル・ルビーニロイ・ハロッドジョーン・ロビンソンオースティン・ロビンソンリチャード・カーンジェイムズ・ミードピエロ・スラッファ
【実績】
マクロ経済学
ケインズ経済学
流動性選好説
支出乗数
総需要・総供給モデル

初代ケインズ男爵、ジョン・メイナード・ケインズ(John Maynard Keynes、1st Baron Keynes、1883年6月5日 - 1946年4月21日)は、イギリス経済学者官僚貴族イングランドケンブリッジ出身。20世紀における最重要人物の一人であり、経済学者の代表的存在である。有効需要に基いてケインズサーカスを率いてマクロ経済学を確立させた。また、戦後の外為体制(ブレトン・ウッズ体制)をめぐりハリー・ホワイトと案を出し合った。

経済学の大家アルフレッド・マーシャルの弟子であり、論敵アーサー・セシル・ピグーとは兄弟弟子であった。また、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインブルームズベリー・グループと交流があったことが有名である。

目次

  • 1 経歴
  • 2 略歴
  • 3 経済学者として
    • 3.1 ケインズ・モデル
    • 3.2 不確実性
    • 3.3 ハイエクとの関係
    • 3.4 社会主義について
  • 4 政治活動
  • 5 ジャーナリズム
  • 6 投資
  • 7 日本語文献
    • 7.1 ケインズ全集
    • 7.2 伝記
  • 8 参考文献
  • 9 脚註
  • 10 関連項目
  • 11 外部リンク

経歴

 | 
この節の加筆が望まれています。

ケインズは、ケンブリッジ大学の経済学者であるジョン・ネヴィル・ケインズと母フローレンスとの間に1883年に生まれた。

ケインズは、名門パブリック・スクールであるイートン・カレッジを経て、ケンブリッジ大学のキングス・カレッジに入学した。ケンブリッジ大学では、数学を専攻した。学生時代は、政治にも関心を持ち、さまざまな活動を行い、学内のサークル「ザ・ソサエティ」では代表を務めた。

ケインズは、ケンブリッジ大学卒業後、公務員試験を通過して、インド省に就職した。その後、二年でインド省を退官し、キングス・カレッジの研究員として学者を志した。その後、大蔵省に移り、役人生活を送る。その後、大蔵省を辞任して、再びケンブリッジ大学に戻る。

略歴

経済学者として

詳細は「ケインズ経済学」を参照

ケインズ・モデル

雇用・利子および貨幣の一般理論』(1935年 - 1936年)では、不完全雇用のもとでも均衡は成立し得るとし、また完全雇用を与えるための理論として、反セイの法則を打ち立てて、「産出高は消費と投資とからなる」とする有効需要の原理を基礎として、有効需要の不足に基づく非自発的な失業の原因を明らかにした。

有効需要は、市場メカニズムに任せた場合には不足することがある。しかし、ケインズは、投資の増加が所得の増加量を決定するという乗数理論に基づいて、減税・公共投資などの政策により投資を増大させるように仕向けることで、有効需要は回復することができるとした。生産者が価格を変えずに、供給量を総需要に応じて調整する。ケインズは総需要の増大させる方法として、財政政策、特に財政支出政策を重視した。

なお、上の議論に対しては、公共投資政策ないし投資の国家管理の本質は、単なる有効需要の付加ではなく、政府による公共投資が企業家のマインドを改善することで経済全体の投資水準が底上げされ得るという点にあり、生産手段の国有化を意味するものではない。

これらの彼の提唱した理論を基礎とする経済学を「ケインズ経済学」(「ケインズ主義」ともいう)と呼ぶ。このケインズの考え方は経済学を古典派経済学者とケインジアンとに真っ二つに分けることとなった。そのため、ケインズ理論の提唱は、のちにケインズ革命と呼ばれるようになった。

ケインズは、大不況下では、金融政策は効果的ではなく、消費を直接的に増やす財政支出政策が最も効果があると主張した。ケインズの有効需要創出の理論は、大恐慌に苦しむアメリカのフランクリン・ルーズベルト大統領によるニューディール政策の強力な後ろ盾となった。

不確実性

『雇用・利子および貨幣の一般理論』の翌年1937年に発表した補足的論文『雇用の一般理論』においては、経済活動における不確実性の影響を強調した。ケインズは元々はケンブリッジ大学には数理学部に入学しており、博士論文でもある最初の著作は『確率論』である。ここにおいてケインズは、確率を数学ではなく論理学の一分野として捉える論理確率主義の立場をとっており、確率や不確実性に関する哲学的問題について広範な考察を行っている。近年のケインズ研究では、この頃の蓋然性や不確実性全般についての考察が、後のケインズの経済学への考え方に関係していると考えられている。有名な「アニマル・スピリッツ(血気)」という言葉は、予測不能な不確実性下であっても投資活動を行う投資家の心理を表したものである。

ハイエクとの関係

詳細は「フリードリヒ・ハイエク#ケインズとの関係」を参照

社会主義について

1925年ソ連を訪問したが、「社会主義には興味がない」と述べ、その意見を『ロシア管見』にまとめている。

政治活動

ケインズは1906年より自由党の活動に積極的に関与し、この活動を通じて自由主義の確立に努めた。

1925年のゼネストに共鳴し、ゼネストの原因を保守党政権財務大臣ウィンストン・チャーチルによる金本位制復帰に求め、『チャーチル氏の経済的帰結』の中でチャーチルをシティの声ばかり聞いて炭鉱労働者を犠牲にする政治家と批判した。

1927年8月に自由党党首デビッド・ロイド・ジョージが自由党産業研究会(Liberal Industrial Inquiry)を創設するとそれに参加し、「大きな政府」志向の新たな経済政策を立案し、ここでケインズ主義の理論を確立した。

ジャーナリズム

ヴェルサイユ会議に大蔵省主席代表として出席し、ドイツ経済からは負担しきれない巨額賠償に反対して辞任。その後ドイツへの莫大な賠償金を課したヴェルサイユ体制に対し「平和の経済的帰結」(全集では2巻、東洋経済新報社)を出版し大反論キャンペーンを行った、このケインズの考えは政策担当者・諸国民から強烈な批判をあびることとなった。しかし、この巨額賠償により台頭したナチス・ドイツとそれに伴う第二次世界大戦の勃発によってヴェルサイユ体制は崩壊した。

投資

ケインズは、投資家としても成功しており、株式価格形成の問題を、当時の新聞で行われていた美人コンテストを例えにして、個々の判断に基づく投資より投資家集団の好みを考慮すべきであると説明した(美人投票)

ケインズは、独自の投資法を行なっていた。それは、インサイダー情報を当てにせず、朝起きてベッドの中で新聞の金融情報を読み、電話取引を行うだけというものであった。当初の投資成績は順調ではなく、1929年の大恐慌までは散々な結果であった。また、1929年の恐慌は、ケインズも予想することはできず、暗黒の木曜日の時点で、金融資産の8割を株式に集中投資していたという。しかし、1933年からのケインズの動きは素晴らしいもので、中小型の割安株に集中投資するバリュー株戦略で成功した。母校キングス・カレッジの事務長に就くと、カレッジの基金3万ポンドを運用し、38万ポンドに増やした。

日本語文献

若き日の信条 自由放任の終焉 私は自由党員か 繁栄への道、アメリカ合衆国とケインズ・プラン(宮崎義一訳)
貨幣改革論 戦費調達論(中内恒夫訳)
新版「貨幣改革論 若き日の信条」 中公クラシックス:中央公論新社, 2005.11

ケインズ全集

1、インドの通貨と金融 則武保夫 片山貞雄訳 1977
2、平和の経済的帰結 早坂忠訳 1977
3、条約の改正 千田純一訳 1977
4、貨幣改革論 中内恒夫訳 1978
5-6、貨幣論 小泉明,長沢惟恭訳 1979
7、雇用・利子および貨幣の一般理論 塩野谷祐一訳 1983
8、確率論 佐藤隆三訳 2010
9、説得論集 宮崎義一訳 1981
10、人物評伝 大野忠男訳 1980
15、インドとケンブリッジ 1906~14年の諸活動 エリザベス・ジョンソン編 三木谷良一,山上宏人訳 2010
18、賠償問題の終結 1922~32年の諸活動 エリザベス・ジョンソン編 武野秀樹,山下正毅訳 1989
19、金本位復帰と産業政策 1922~29年の諸活動 ドナルド・モグリッジ編 西村閑也訳 1998
24、平和への移行 1944~46年の諸活動 モグリッジ編 堀家文吉郎,柴沼武,森映雄訳 2002
26、戦後世界の形成 ブレトン・ウッズと賠償 1941~46年の諸活動 モグリッジ編 石川健一島村高嘉訳 1988
27、戦後世界の形成-雇用と商品 1940~46年の諸活動 モグリッジ編 平井俊顕立脇和夫訳 1996
28、社会・政治・文学論集 モグリッジ編 那須正彦訳 2013

伝記

参考文献

脚註

  1. ^ 着想自体はミハウ・カレツキが先であるとされる。
  2. ^ 橘木俊詔 『朝日おとなの学びなおし 経済学 課題解明の経済学史』 朝日新聞出版、2012年、132頁。
  3. ^ 橘木俊詔 『朝日おとなの学びなおし 経済学 課題解明の経済学史』 朝日新聞出版、2012年、133頁。
  4. ^ 橘木俊詔 『朝日おとなの学びなおし 経済学 課題解明の経済学史』 朝日新聞出版、2012年、134頁。
  5. ^ 岩田規久男 『マクロ経済学を学ぶ』 筑摩書房〈ちくま新書〉、1996年、33頁。
  6. ^ 岩田規久男 『マクロ経済学を学ぶ』 筑摩書房〈ちくま新書〉、1996年、76頁。
  7. ^ 岩田規久男 『マクロ経済学を学ぶ』 筑摩書房〈ちくま新書〉、1996年、76頁。
  8. ^ 伊藤邦武『ケインズの哲学』岩波書店(1999)ISBN 978-4000227032
  9. ^ 河合秀和 1998, pp. 212.
  10. ^ 高橋直樹 1985, pp. 206-207/266.
  11. ^ Keynes: One Mean Money Manager By JASON ZWEIG (WSJ.com 2012.4.2)[1]
  12. ^ Keynes the Stock Market Investor David Chambers(2012.3.5)[2]

関連項目

関連人物

外部リンク

イギリスの爵位
先代:
新設 | 初代ケインズ男爵
1942年-1946年 | 次代:
廃絶
ケインジアン
創始者 | 
ジョン・メイナード・ケインズ

ネオケインジアン | 
アルヴィン・ハンセン - ジョン・ヒックス - ジェイムズ・ミード - アルバン・ウィリアム・フィリップス - トリグヴェ・ホーヴェルモ - ポール・サミュエルソン - ジェームズ・トービン - フランコ・モディリアーニ - ジェームズ・デューゼンベリー - ウィリアム・ボーモル - ドン・パティンキン - ロイド・メッツラー - ロバート・アイスナー - アーサー・オーカン - ロバート・マンデル - ローレンス・クライン - ウィリアム・プール

ポストケインジアン | 
ポール・デヴィッドソン - ジョーン・ロビンソン - リチャード・カーン - ミハウ・カレツキ - アバ・ラーナー - ニコラス・カルドア - ロイ・ハロッド - エブセイ・ドーマー - ハイマン・ミンスキー - en:Jan Kregel - シドニー・ワイントラウプ - en:Geoff Harcourt - en:Victoria Chick - ジョージ・シャックル - アンソニー・サールウォール - en:Steve Keen - en:Wynne Godley - マルク・ラヴォア - マイロン・J・ゴードン - バジル・ムーア

ニューケインジアン | 
エドムンド・フェルプス - ジョージ・アカロフ - スタンレー・フィッシャー - オリヴィエ・ブランチャード - アラン・ブラインダー - ジョン・ブライアン・テイラー - ロバート・J・ゴードン - ジョセフ・E・スティグリッツ - ロバート・シラー - ステファニー・グリフィス=ジョーンズ - マーク・ガートラー - モーリス・オブストフェルド - ポール・クルーグマン - ケネス・ロゴフ - ベン・バーナンキ - ローレンス・サマーズ - en:Julio Rotemberg - マイケル・ウッドフォード - 清滝信宏 - デビッド・ローマー - ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/08/15 02:44

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ケインズ」の意味を投稿しよう
「ケインズ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ケインズスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ケインズ」のスレッドを作成する
ケインズの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail