このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ケルト人とは?

 | 
この記事には参考文献や外部リンクの一覧が含まれていますが、脚注による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。適切な位置に脚注を追加して、記事の信頼性向上にご協力ください。(2019年6月)

ケルト人の分布
- 紀元前1500年から紀元前1000年
- 紀元前400年

ケルト人(ケルトじん、英語: Celt, Kelt [ˈkɛlt], Celt では [ˈsɛlt] とも)は、中央アジアの草原から車輪付きの乗り物(戦車馬車)を持ってヨーロッパに渡来したインド・ヨーロッパ語族ケルト語派の言語を用いていた民族である。

現在のケルトという言葉は、言語・文化の区分を示すための近現代になってから作られた用語であり、古代から中世において右図で表されている地域の住民が「ケルト人」として一体的な民族意識を持っていたとは考えられていない。そのため歴史学などでは、「ケルト人(Celts)」という言葉は使わず、「ケルト系(Celtic)」という言葉を便宜的に使っている。

古代ローマ人からはガリア人とも呼ばれていたが、「ケルト人」と「ガリア人」は必ずしも同義ではなく、ガリア地域に居住してガリア語またはゴール語を話した人々のみが「ガリア人」なのだとも考えられる。

ブリテン諸島アイルランドスコットランドウェールズコーンウォール、コーンウォールから移住したブルターニュブルトン人などにその民族と言語が現存している。

大陸のケルト

ケルト人はおそらく青銅器時代中部ヨーロッパに広がり、その後期から鉄器時代初期にかけて、ハルシュタット文化(紀元前1200年 - 紀元前500年)を発展させた。当時欧州の文明の中心地であったギリシャエトルリアからの圧倒的な影響の下、ハルシュタット文化はラ・テーヌ文化(紀元前500年 - 紀元前200年)に発展する。ちなみに、イギリスの世界遺産であるストーンヘンジはより古い新石器時代~青銅器時代(紀元前3千年~2千年) の建造と考えられている。

ケルトの社会は鋭利な鉄製武器を身に付け、馬に引かれた戦車に乗った戦士階級に支配され、欧州各地に分立した。彼らは南欧の文明社会としきりに交易を行い、その武力によって傭兵として雇われることもあり、ギリシャ・ローマの文献に記録が残されている。紀元前400年頃にはマケドニア金貨に影響されて、各地でケルト金貨を製造するようになった。また、ケルト人の一部はバルカン半島へ進出し、マケドニア、テッサリアなどを征服。ギリシャ人は彼らをガラティア人と呼んだ。紀元前3世紀に入ると、さらにダーダネルス海峡を経由して小アジアへ侵入し、現在のアンカラ付近を中心に小アジア各地を席巻した。

やがて紀元前1世紀頃に入ると、各地のケルト人は他民族の支配下に入るようになる。ゲルマン人の圧迫を受けたケルト人は、西のフランススペインに移動し、紀元前1世紀にはローマのガイウス・ユリウス・カエサルらによって征服される。カエサルの『ガリア戦記』はガリア(ゴール)のケルト社会に関する貴重な文献である。やがて500年にわたってローマ帝国の支配を受けたガリアのケルト人(フランス語ではゴール人)は、被支配層として俗ラテン語を話すようになり、ローマ文化に従い、中世にはゲルマン系のフランク人に吸収されフランス人に変質していく。

島のケルト

ケルト人がいつブリテン諸島に渡来したかははっきりせず、通説では鉄製武器をもつケルト戦士集団によって征服されたとされるが、遺伝子などの研究から新石器時代の先住民(ケルト以前の巨石文化の担い手)が大陸ケルトの文化的影響によって変質したとする説もある。いずれにしてもローマ帝国に征服される以前のブリテン島には戦車に乗り、鉄製武器をもつケルト部族社会が展開していた。

西暦1世紀にイングランドウェールズはローマの支配を受け、この地方のケルト人はローマ化するが、5世紀ゲルマン人ガリアに侵入すると、ローマ帝国ブリタンニアの支配を放棄し、ローマ軍団を大陸に引き上げた。この間隙を突いてアングロ・サクソン人が海を渡ってイングランドに侵入し、アングロサクソンの支配の下でローマ文明は忘れ去られた。

しかし、同じブリテン島でも西部のウェールズはアングロサクソンの征服が及ばず、ケルトの言語が残存した。スコットランドアイルランドはもともとローマの支配すら受けなかった地域である。またイングランド西端、コーンウォールのケルト人はアングロサクソンの圧迫を受け、海を渡って大陸のブルターニュ半島(現・フランス北西部。当時、ローマ領アルモリカ)に移住、ブルトン人となった。

ギリシャ人とローマ人は、大陸のケルト人を「背が高く金髪あるいは赤みのかかった髪で肌が白い」と表現していた。しかし、現代の島のケルト人はどちらかというと背が低く浅黒い肌の人が多い。これは大陸のケルトと島のケルトが同じ文化と言語を共有しているものの生物学的には同一ではないことを示している。

「島のケルト」は存在するか

 | 
この節は中立的な観点に基づく疑問が提出されているか、議論中ですそのため、中立的でない偏った観点から記事が構成されているおそれがあり、場合によっては記事の修正が必要です。議論はノートを参照してください。(2015年11月)

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。
出典検索: "ケルト人"ニュース 書籍 スカラー CiNii J-STAGE NDL dlib.jp ジャパンサーチ TWL
(2018年9月)

上記の通り、ローマ征服までのブリテン島の先住民は初めからケルト系に属すか、「大陸のケルト」から文化的な影響を受けたケルト系住民であるという従来の定説に対し、考古学の研究成果などからその妥当性が問われつつある。

通俗的に「島のケルト」として扱われるアイルランド、スコットランド、ウェールズ、あるいはフランスのブルターニュ地方の人々や文化に対して「ケルト」という言葉が適用されるようになったのは、近代以降であり、前近代の諸文献においては、これらの地域に対して「ケルト」という言葉も概念も不在であった。

第一に行われる批判は大陸のケルトとの血縁関係が存在しないという点である。遺伝子研究によって飛躍的な進歩を遂げた現代の考古学は「島のケルト」と称されていた人々が、ガリア北部や沿岸部のどの部族からも遠い遺伝子を持つこと、そしてむしろイベリア人からの影響が存在していることをつきとめた。 これは少なくとも彼ら「島のケルト」に「大陸のケルト」との混血は見られない(大規模な移民は行われていない)という事実を示している。根拠の一つであった貨幣鋳造の普及に関しても、ケルト人がもたらしたとされる他の文化の渡来時期と明らかに食い違うことが判明している。「大陸のケルト」の移民がなかったということが真実だとするなら、なぜケルトの鉄器文化の継承があったのかについては、次の批判と密接に関連している。

第二の批判は、ブリテン島の鉄器文明と大陸のケルト鉄器文明(ラ・テーヌ文明)は異なるとするものである。一例を挙げれば、ケルト美術と称される装飾品文化はブリテン島ではさほど見られず、ラ・テーヌ文明の埋葬法とも全く違う手法で遺体を葬っていたことが分かっている。これ以外にも家屋の形状など建築に関する部分など至る所に相違点があり、とても「大陸のケルト」とブリテンの文明を同一視することはできないとされる。こうした論に立つ学者は、これまでの学者達は文明の発達を単一の源のみに求め、ブリテン島で独自に発達したという可能性を恣意的に排除していたと批判している。ちなみに、アイルランドについても僅かな関連性のみでラ・テーヌ文化の流入を決定付けていたことが分かり、アイルランド南部に至ってはラ・テーヌ文化の渡来は痕跡すら見られない。

近年ではこれらの批判に加え、ラ・テーヌ文明と「ケルト」がさほど関連していなかったという学説や、そもそもケルトという区分け自体を疑問視する声も挙がりつつある。こうした批判は古代ブリテン史をいわば自国の歴史に書き換えようとする動きとしてフランスなどの学者からは批判に晒されているが、それに対してイギリスの学者からは古代ケルトを統合欧州の象徴に据える作為だとする反駁がなされるなど、国家間の政治問題と化している感がある。

ケルトと宗教

当初の宗教自然崇拝多神教であり、ドルイドと呼ばれる神官がそれを司っていた。 初期のドルイドは、祭祀のみでなく、政治や司法などにも関わっていた。 ドルイドの予言の儀式では人身供犠が行われていることを、多くの古典古代の著述家たちが記述している。ドルイドの教義では現世と来世は連続的であるとされ、ケルト人は輪廻転生と霊魂の不滅を信じていた。ポンポニウス・メラやユリウス・カエサルは、ケルト人の戦いにおける勇敢さや人命への軽視とケルト人の死生観を結びつけて考えた。

また、ケルト人には人頭崇拝の風習があった。ケルト人は人の頭部は魂の住処となる神性を帯びた部位であり、独自に存在し得るものと考えた。敵の首級を所有することでその人物の人格や魂を支配できると信じ、戦争で得られた首級は門などの晴れがましい場所に飾られたり、神殿への供物や家宝として扱われた。ケルト芸術には人頭のモチーフが多くみられ、アイルランドではキリスト教改宗後も教会や聖所の装飾に多くの人頭があしらわれている。

ブリテン島のケルト人の間では、4世紀にはキリスト教が根づいた(ケルト系キリスト教)。5世紀になると、アングロ・サクソンなどのゲルマン人が侵入したため、ケルト人キリスト教徒はウェールズコーンウォルに移った。その後、ヴァイキングの侵入やノルマン・コンクエストの影響で、ケルト人キリスト教はしだいに衰退していった。

アイルランドでは、6世紀末~8世紀初めに、ゲルマン人をキリスト教化する方針が取られた。アイルランドでのケルト・キリスト教は、9~10世紀のヴァイキングの侵入によって衰退した。

ケルト・キリスト教独特の制度は、12世紀までにヨーロッパからほとんど姿を消した。しかし近年、現代風に調和されたケルト系キリスト教は息を吹き返しつつある。

ケルトの文化

鉄器時代のケルトの銀器 (グンデストルブの大鍋)

神官であったドルイドたちは、教えを文字にすることは正しくないと考えた。そのため全てが口承で伝えられ、全てを暗記するために二十年かかった者もいた、と言われている。それ以外の記録のためには、ギリシア文字を借用していた。

碑文などの言記表記をする際に後にギリシア語ラテン語を参考にして、ケルト人独自のオガム文字が生まれた。これは4世紀から7世紀頃まで碑文等に表記をする際に使用されたが、基本的には文字を持たない文化であった。後世にケルト人がキリスト教化すると、オガム文字はラテン文字に取って代わられた。

キリスト教化したあとも、ケルト人独特の文化はまったく消滅したわけではない。現代でもウェールズスコットランドアイルランドには、イングランドとは異なる独自の文化がいくらか残っている。(各項を参照。)

「Category:ウェールズの文化」、「Category:スコットランドの文化」、および「Category:アイルランドの文化」も参照

現代のケルト人とケルト系諸言語

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。
出典検索: "ケルト人"ニュース 書籍 スカラー CiNii J-STAGE NDL dlib.jp ジャパンサーチ TWL
(2014年8月)

ケルト人の分布の変化。
紀元前6世紀頃の、ハルシュタット文明として栄えたケルト人のいた地域
紀元前3世紀頃、ケルト人の最大分布
ケルト人がいた可能性がある、イベリア半島中のルシタニア人のいた地域
近世にある程度のケルト人がいたとされる6つの国からなるケルト国家群 (en)
現在ケルト系の言語が広く使われている地域

現代におけるいわゆる「ケルト人」とは、残存するケルト語派の言語が話される国であるアイルランド、スコットランド、マン島、ウェールズ、及びブルターニュの人々である(これにコーンウォールを加えることもある)。しかし、その5ヶ国の人々の中で、まだケルト系言語を使って日常的生活を送る人の数は30%程度を超えない。またアイルランド以外のケルト人の国は、より大きい異民族の国家に併合された上、本来の母語の話者が次第に減少していった。

しかし近年、様々なケルト語再生運動がそれらの言語の衰退を止めることを目的として行われている。この再生運動の有効例として、ウェールズにおいてウェールズ語を教える学校が政府から公金を受け、その学校数が増えて来たということが挙げられる。

また文化面では、エンヤの楽曲やリバーダンスなどは世界的に高い評価を受けている。

現存するケルト語派の言語とそれぞれの話者人口は、以下の通りである。

遺伝子

ケルト人に関連する遺伝子としてハプログループR-S116が挙げられる。ハプログループR-S116はイタリック語派とも関連しており、イタロ・ケルト語派仮説を支持するものである。

脚注

  1. ^ 「図説ケルト」p111 サイモン・ジェームズ著 東京書籍 2000年6月第一刷発行
  2. ^ 田中, 美穂「研究動向:「島のケルト」再考」『史学雑誌』111(10)、2002年、 p.1646-1668。
  3. ^ 月川 1997, pp. 41-50.
  4. ^ 月川 1997, pp. 37-41.
  5. ^ カンリフ 1998, pp. 133-145.

参考文献

 | 
出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2017年1月)

関連項目

ケルト
古代ケルト
ケルト研究
民族

【地域】

【宗教】

神話

【社会】
  • 軍事(ゲールの軍事)
  • 硬貨

芸術
  • インシュラー
  • ピクティッシュ
  • ブローチ
  • カルニクス
  • ハイクロス
  • インターレース
  • ノットワーク
  • 迷路
  • トリプルスパイラル
  • 車輪

 | 
現代のケルト
ケルト復興
  • ケルト諸語圏
  • ケルト主義(ケルト協議会
  • ケルト連盟)
  • 音楽(ロック)
  • ネオペイガニズム
    • レコンストラクショニスト
    • ネオドルイディズム

言語

【祝日】


ケルト諸語圏
地域
ケルト連盟による定義

他の主張地域

 | 

言語
ブリソン諸語

ゲール語

混合


民族

【文化】
  • コーンウォール
  • アイルランド
  • マン島
  • スコットランド
  • ウェールズ
  • ケルト芸術

音楽
  • ブルターニュ
  • コーンウォール
  • アイルランド
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/10/23 17:34

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ケルト人」の意味を投稿しよう
「ケルト人」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ケルト人スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ケルト人」のスレッドを作成する
ケルト人の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail