このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ゲーム&ウオッチとは?

ゲーム&ウオッチ

ゲーム&ウオッチ (BALL)

【メーカー】
任天堂
【種別】
携帯型ゲーム機
世代
第2世代
【発売日】
1980年4月28日
ボール
【対応メディア】
内蔵ゲーム
【コントローラ入力】
内蔵
【売上台数】
1,287万個
4,340万個
【次世代ハードウェア】
ゲームボーイ

ゲーム&ウオッチ(ゲームアンドウオッチ、GAME&WATCH)は、任天堂1980年より発売した携帯型液晶ゲーム機(電子ゲーム、LSIゲーム)。CMなど一般での呼称は「ゲームウオッチ」。

概要

任天堂開発による初の携帯型ゲーム機である。ゲームソフトは本体内のROMに書き込まれた「1ハード1ソフト」であり、その後のゲーム機のようにカートリッジ交換で様々なソフトを実行することはできない。タイトルの多くは、難易度が低めのGAME Aと高めのGAME Bの内どちらで遊ぶかを選択できる(一部例外あり)。この選択方法はファミリーコンピュータの初期タイトルにも使用されている。ゲームをしない間は時計として使え、これが商品名「ゲーム&ウオッチ」の由来である。後に、アラーム機能も付くようになった。

第1作は1980年4月28日発売の『ボール』。タイトルにはスヌーピーミッキーマウスポパイなど他社の人気キャラクターを採用したものもあった。手元で遊べる手軽さが受けて社会現象にもなり、日本での売り上げ総数は1287万個、日本国外では3053万個で、合計4340万個。当時の任天堂が抱えていた70億円近くもの莫大な借金を完済し、それでも40億円程の黒字がでるほどの大ヒットを記録、高収益を得る優良企業へと転身を果たしただけでなく、その黒字をファミリーコンピュータの開発に投資したことでも知られる。任天堂のテレビゲーム路線のきっかけを作ったゲームとも言え、任天堂の出石武宏上村雅之らは度々「ゲーム&ウオッチは任天堂のゲームの原点」という発言をしている。

1983年ファミリーコンピュータが発売された事を境にブームは移行し、1985年2月発売の『ブラックジャック』を最後に日本での発売は終了したが、それとほぼ入れ違いで日本国外向けに10年以上に渡り開発が進められた。最後の作品は1991年10月発売『マリオジャグラー』。また『ドンキーコング』などのアーケードゲームやファミリーコンピュータの移植版も開発された。1990年代に入ってから、日本国外のみ発売を含むタイトルが逆輸入版として日本で発売されたことがあり、一部の量販店などで輸入トイのような扱いで売られた例もあった。

発売初期のテレビCMは、「いつでもゲームウオッチ、どこでもゲームウオッチ」というCMソングに合わせて商品で遊ぶ場面やゲーム画面が映し出され、最後に「マイクロコンピューターを使ったゲームウオッチ。ゲームをしない時はデジタル式クォーツ時計です」のナレーションが入るというものだった。

インタフェース

ゲーム&ウオッチ・マルチスクリーン
(『ドンキーコング』)

ディスプレイ

液晶画面自体は単色で、液晶セグメントキャラクター表示の位置や形状ごとに固定されている。

最初期のシリーズ5作品までは完全なモノクロ画面である。続く「ゴールド」シリーズでは液晶の前面に別のスクリーンが置かれ、カラーで背景やオブジェを表現。以降、画面を約1.7倍に広げた「ワイドスクリーン」、2画面の折り畳み式にした「マルチスクリーン」、カラー液晶を採用した「テーブルトップ」と「パノラマスクリーン」、4色に色分けされたカラースクリーンで疑似カラー画面を表現した「スーパーカラー」などへと発展していった。

コントローラ

初期のゲームウオッチは、プレイヤーキャラクタの移動も含め、本体左右に装備された丸ボタンで操作していた。

マルチスクリーン『ドンキーコング』はゲーム機史上初めて十字キー(説明書での呼称は『+ボタン』)を装備した。これまでゲーム機のコントローラといえば丸・角形ボタンかスティック状のレバーなどだったが、十字キーはコンパクトながら親指だけで4方向にキーを押す感覚が伝わる画期的な操作性で、その後のゲーム機の標準となっている。

開発

横井軍平が、新幹線の中で暇潰しに電卓のボタンを押して遊んでいる人を見て、「暇つぶしのできる小さなゲーム機」として発案。その後、横井がたまたま社長車の代理運転手を引き受けたとき、運転中に雑談ながら構想を社長に話したところ、向かった会合先で、液晶生産用の新工場を立ち上げたものの電卓の需要が頭打ちとなり、新たな応用先を探していたシャープ社長の佐伯旭に伝わり、「電卓サイズのゲーム機」を作る事に意気投合して一気に具現化した。

当初はビジネスマンなどが通勤途中に遊べるもの、という目的を念頭に、座った時に手を組んだまま「隠して操作できる」ワイシャツのポケットサイズでデザインが設計された。ゲーム内容も横井が「誰もが説明書を読まなくても遊べるゲーム」を目指し、親指でボタンを押すだけの極力シンプルな操作体系にした「ゲーム付きの時計」というコンセプトで開発した。しかし発売後は小中学生が主な購買層となったため、その後はターゲットを変更し、よりゲーム性が重視されることになった。

なお、時計機能についてはもとは入れる予定はなく、名前も「マイクロゲーム」とする予定だった。3つのボタンに3種類のゲームを入れる予定だったが、1つが面白くなかったこともあり、時計ボタンに変わった。別の理由としては、時計機能を加えてもコストがあまり高くならず、時計を買うためということで大人にも買いやすくなると見込んだこともある。

なお、同時期に上村雅之がほぼゲームボーイに近いスペックのゲームを構想していたが、コスト面などの問題が解消できず、開発の着手に至らなかった。

当時の任天堂には液晶やマイコン関連の技術が不足していたのでシャープと共同開発をした。シャープとは光線銃SP時代からの付き合いであり、その後も親密な関係が続き、ファミリーコンピュータゲームボーイスーパーファミコンなどでも技術面での提携関係にあり、ツインファミコンファミコンテレビC1などのシャープ製ファミコンを発売したり、シャープ製パソコンで採用されていたクイックディスクHu-BASICディスクシステムファミリーベーシックに採用したりしていた。この関係がニンテンドーDSのようなハードウェアの誕生につながっている。

類似品

当時流行した同様の携帯ゲーム機としてカシオの「ゲーム電卓」などがある。ゲーム&ウオッチのヒットにならい、タカトクトイスバンダイトミーなどから多数のLSIゲーム電子ゲームが発売され、増田屋コーポレーションからは「PLAY&TIME」という名前や外観がゲーム&ウオッチに酷似した商品が発売された。他社製品も含めて「ゲームウオッチ」と呼ばれる場合もある。

また、ソビエト連邦ではElektronikaという海賊版が販売されていた。内容は「エッグ」とその書換えがほとんどである。なお、ソ連ではCOCOM規制のため、ゲーム&ウオッチは販売されていなかった。

1998年より、複数メーカー開発によるMini Classicsシリーズが日本国外で販売されている。任天堂よりライセンスを受けたマルチスクリーンを含むゲーム&ウオッチの移植版や、オリジナルタイトルが遊べるキーチェーンサイズの携帯ゲーム機である。電源はボタン型電池(LR44)2個。

シリーズ

シルバー
本体前面が銀色。最初期のシリーズ。定価5,800円。「シルバー」のシリーズ名は発売当時はなく、後から便宜的につけられたもの。
ゴールド
本体前面が金色。アラーム機能・スタンド・一定得点になるとそれまでのミスがすべて帳消しになるルールが追加された。定価5,800円。
ワイドスクリーン
画面サイズを従来の1.7倍に拡大。『タートルブリッジ』以降は一定得点までノーミスの場合、次にミスをするまで(あるいは一定時間)得点が2倍になる「チャンスタイム」というルールが追加された。またモードボタンがそれまでの画面下部から本体右上に変更された(上から「GAME A」「GAME B」「TIME」の順)。定価6,000円。
マルチスクリーン
2画面にした折り畳み式。ミス帳消し・チャンスタイムは300点に達してからとなる。日本国外発売を含め、最もタイトル数が多い。定価6,000円。
カラースクリーン テーブルトップ
据え置き型。自然光を鏡に反射して照明とし、カラー液晶表示を実現した。定価7,800円。
パノラマスクリーン
カラースクリーン テーブルトップを携帯サイズにした改良型。定価6,000円。
ニューワイド
ワイドスクリーンの後期発売シリーズ。定価4,800円。
スーパーカラー
縦長サイズで、カラーフィルムを貼り疑似カラー表示。タイトル数は2つのみと最も少ない。定価6,000円。
マイクロVSシステム
横長サイズで、コントローラー2つが付いており対戦ができる。定価6,000円。
クリスタルスクリーン
日本国外のみ発売。液晶の反射板がなく、画面が透明になっている。

タイトル一覧

発売日欄「※」は日本国外のみ販売タイトル。

【タイトル】
【英語表記】
【型番】
【発売日】
備考
シルバー [SILVER]
ボール | BALL | AC-01 | 1980年04月28日 | 
フラッグマン | FLAGMAN | FL-02 | 1980年06月05日 | 
バーミン | VERMIN | MT-03 | 1980年07月10日 | 
ファイア | FIRE | RC-04 | 1980年07月31日 | 
ジャッジ | JUDGE | IP-05 | 1980年10月04日 | 本体カラーは前期販売品は緑、後期販売品は紫の2種類がある。
ゴールド [GOLD]
マンホール | MANHOLE | MH-06 | 1981年01月27日 | 
ヘルメット | HELMET | CN-07 | 1981年02月21日 | 日本国外のCGL社は「HEADACHE」として発売した。
ライオン | LION | LN-08 | 1981年04月27日 | 
ワイドスクリーン [WIDE SCREEN]
パラシュート | PARACHUTE | PR-21 | 1981年06月19日 | 
オクトパス | OCTOPUS | OC-22 | 1981年07月16日 | 
ポパイ | POPEYE | PP-23 | 1981年08月05日 | 
シェフ | CHEF | FP-24 | 1981年09月08日 | 
ミッキーマウス | MICKEY MOUSE | MC-25 | 1981年10月09日 | 日本国外でもCGL社などにより販売されていた。
エッグ | EGG | EG-26 | 1981年10月09日※ | 内容は『ミッキーマウス』と同一。
ファイア | FIRE | FR-27 | 1981年12月04日 | 前述のシルバー版とは内容が若干異なる。また、本体カラーが青と緑の2種類ある。
タートルブリッジ | TURTLE BRIDGE | TL-28 | 1982年02月01日 | 
ファイアアタック | FIRE ATTACK | ID-29 | 1982年03月26日 | 
スヌーピーテニス | SNOOPY TENNIS | SP-30 | 1982年04月28日 | 
マルチスクリーン [MULTI SCREEN]
オイルパニック | OIL PANIC | OP-51 | 1982年05月28日 | 一部の日本国外版は、下画面の車の位置が逆。
ドンキーコング | DONKEY KONG | DK-52 | 1982年06月03日 | 
ミッキー&ドナルド | MICKEY & DONALD | DM-53 | 1982年11月12日 | 
グリーンハウス | GREEN HOUSE | GH-54 | 1982年12月06日 | 
ドンキーコングII | DONKEY KONG II | JR-55 | 1983年03月07日 | 
マリオブラザーズ | MARIO BROS. | MW-56 | 1983年03月14日 | 画面は左右横開き。
レインシャワー | RAINSHOWER | LP-57 | 1983年08月10日※ | 画面は左右横開き。
ライフボート | LIFEBOAT | TC-58 | 1983年10月25日※ | 画面は左右横開き。
ピンボール | PINBALL | PB-59 | 1983年12月05日 | 
ブラックジャック | BLACK JACK | BJ-60 | 1985年02月15日 | 
スキッシュ | SQUISH | MG-61 | 1986年04月※ | 
ボムスイーパー | BOMB SWEEPER | BD-62 | 1987年06月※ | 
セイフバスター | SAFEBUSTER | JB-63 | 1988年01月※ | 
ゴールドクリフ | GOLD CLIFF | MV-64 | 1988年10月※ | 
ゼルダ | ZELDA | ZL-65 | 1989年08月※ | 
??? | ??? | ??? | 発売中止 | 
カラースクリーン テーブルトップ [COLOR SCREEN TABLETOP]
ドンキーコングJR. | DONKEY KONG JR. | CJ-71 | 1983年04月28日 | 一部の国や地域では、コレコの蛍光表示管ゲームとして発売された。
マリオズ・セメントファクトリー | MARIO'S CEMENT FACTORY | CM-72 | 
スヌーピー | SNOOPY | SM-73 | 1983年07月05日 | 
ポパイ | POPEYE | PG-74 | 1983年08月※ | 
パノラマスクリーン [PANORAMA SCREEN]
スヌーピー | SNOOPY | SM-91 | 1983年08月30日 | 
ポパイ | POPEYE | PG-92 | 
ドンキーコングJR. | DONKEY KONG JR. | CJ-93 | 1983年10月07日 | 
マリオズ・ボンアウェイ | MARIO'S BOMBS AWAY | TB-94 | 1983年11月10日 | 
ミッキーマウス | MICKEY MOUSE | DC-95 | 1984年02月※ | 内容は『ドンキーコングサーカス』と同一。
ドンキーコングサーカス | DONKEY KONG CIRCUS | MK-96 | 1984年09月06日※ | 
ニューワイド [NEW WIDE]
ドンキーコングJR. | DONKEY KONG JR. | DJ-101 | 1982年10月26日 | 
マリオズ・セメントファクトリー | MARIO'S CEMENT FACTORY | ML-102 | 1983年06月16日 | 前述のカラースクリーンテーブルトップ版とは若干内容が異なる。
マンホール | MANHOLE | NH-103 | 1983年08月24日※ | 
トロピカルフィッシュ | TROPICAL FISH | TF-104 | 1985年07月08日※ | 
スーパーマリオブラザーズ | SUPER MARIO BROS. | YM-105 | 1988年03月※ | 
クライマー | CLIMBER | DR-106 | ファミコン『アイスクライマー』のアレンジ。
バルーンファイト | BALLOON FIGHT | BF-107 | 
マリオジャグラー | MARIO THE JUGGLER | MB-108 | 1991年10月※ | 『ボール』のリメイク。
スーパーカラー [SUPER COLOR]
スピットボール スパーキー | SPITBALL SPARKY | BU-201 | 1984年02月07日 | 
クラブグラブ | CRAB GRAB | UD-202 | 1984年02月21日 | 
マイクロVSシステム [MICRO VS SYSTEM]
ボクシング / パンチアウト!! | BOXING / PUNCH-OUT!! | BX-301 | 1984年07月31日 | 「パンチアウト!!」は海外版タイトル。
ドンキーコング3 | DONKEY KONG 3 | AK-302 | 1984年08月20日 | 
ドンキーコングホッケー | DONKEY KONG HOCKEY | HK-303 | 1984年11月13日 | 
クリスタルスクリーン [CRYSTAL SCREEN]
スーパーマリオブラザーズ | SUPER MARIO BROS. | YM-801 | 1986年06月25日※ | 
クライマー | CLIMBER | DR-802 | 1986年07月04日※ | 
バルーンファイト | BALLOON FIGHT | BF-803 | 1986年11月19日※ | 
非売品
スーパーマリオブラザーズ | SUPER MARIO BROS. | YM-901 | 1987年 | ディスクシステムファミコングランプリ F1レース』大会景品。

電源

後に有志により電池フタの3Dプリンター用データが公開された。

他ハードへの移植例

ニンテンドーDSiウェア版

2009年7月15日よりニンテンドーDSiウェアとしてゲーム&ウオッチの9作品が移植、「DSiウェア 200」として販売された。2009年8月19日から配信の3作は、ニューワイド版が元になっている。

上画面にゲームが表示され、下画面にはタイトル等が表示される。タッチ操作は説明書を除いて一切なし。

オリジナル版の内容を忠実に再現し、オリジナル版にはなかったハイスコアのセーブ機能とゲーム開始時のスコアを設定できるスコアセレクトの機能が追加されている。また、効果音は実機のゲーム&ウオッチで実際に使われているものを録音して忠実に再現している。なお、時計機能は使えるがアラーム機能は搭載されていない。

【タイトル】
【発売日】
必要ブロック数
ゲーム&ウオッチ ボール | 2009年7月15日 | 12ブロック
ゲーム&ウオッチ フラッグマン
ゲーム&ウオッチ バーミン
ゲーム&ウオッチ ジャッジ
ゲーム&ウオッチ ヘルメット | 2009年7月29日
ゲーム&ウオッチ シェフ | 13ブロック
ゲーム&ウオッチ ドンキーコングJR. | 2009年8月19日
ゲーム&ウオッチ マリオズセメントファクトリー
ゲーム&ウオッチ マンホール

脚注

注釈

  1. ^ 「ウッチ」のように「オ」を大きく書く。「ウッチ」は誤記。

出典

  1. ^ 『社長が訊く』 ゲーム&ウオッチ
  2. ^ 山崎功『任天堂コンプリートガイド 玩具編』主婦の友社 ISBN 978-4-07-294757-9
  3. ^ 元々ゲーム機本体は英語表記のため、日本版と逆輸入版との違いは外箱や説明書の表記のみで、ゲーム機本体に大きな違いはない。
  4. ^ 【任天堂「ファミコン」はこうして生まれた】第5回:試行錯誤のなかから十字ボタンを見いだす シリーズ展開、十字ボタンが登場”. 日経BP. 2018年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月12日閲覧。
  5. ^ 【講演会だより】(基調講演)新しいビジネスは枯れた技術の水平思考から - 『M&T総合センター情報』No.917より《2019年11月13日閲覧;現在はインターネットアーカイブ内に残存》
  6. ^ 【任天堂「ファミコン」はこうして生まれた】第4回:携帯型ゲーム機を発想 | 新幹線で携帯型ゲーム機を着想”. 日経BP. 2008年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月6日閲覧。
  7. ^ 横井軍平ゲーム館、株式会社アスキー ISBN 4-89366-696-7
  8. ^ 【任天堂「ファミコン」はこうして生まれた】第5回:試行錯誤のなかから十字ボタンを見いだす ゲーム&ウォッチがヒット商品に”. 日経BP. 2018年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月12日閲覧。
  9. ^ 武田亨『イッツ・ザ・ニンテンドウ(It's the Nintendo)』ティーツー出版、2000年。 NCID BA45716825 ISBN 4887497164。
  10. ^ 【任天堂「ファミコン」はこうして生まれた】第5回:試行錯誤のなかから十字ボタンを見いだす シャープを口説き落とす”. 日経BP. 2018年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月6日閲覧。
  11. ^ RUSSIAN Game & Watch clone games 2019年11月13日閲覧《現在はインターネットアーカイブ内に残存》
  12. ^ 「ゲーム&ウオッチ発売詳細リスト」『ゲーム&ウオッチパーフェクトカタログ』ロングランドジェイ、174頁。 ISBN 9784862978035。
  13. ^ intheattic.co.uk - Mickey Mouse
  14. ^ intheattic.co.uk - Fire
  15. ^ LR44用
  16. ^ 単2型乾電池用

関連項目

外部リンク

ゲーム&ウオッチ
【作品】
【シルバー】

【ゴールド】

【ワイドスクリーン】

【マルチスクリーン】

【カラースクリーン】

【パノラマスクリーン】

【ニューワイド】

【スーパーカラー】
  • スピットボール・スパーキー
  • クラブグラブ

【マイクロVSシステム】

【クリスタルスクリーン】


【登場人物】

Mr.ゲーム&ウォッチ


【関連作品】
出典:wikipedia
2020/08/14 05:16

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ゲーム&ウオッチ」の意味を投稿しよう
「ゲーム&ウオッチ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ゲーム&ウオッチスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ゲーム&ウオッチ」のスレッドを作成する
ゲーム&ウオッチの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail