このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ゲームボーイカラーとは?

ゲームボーイカラー


【メーカー】
任天堂
【種別】
携帯型ゲーム機
世代
第4世代
【発売日】
1998年10月21日
CPU
LR35902(4MHz/8MHz)
【対応メディア】
ロムカセット
【対応ストレージ】
バッテリーバックアップ
【コントローラ入力】
内蔵
【外部接続】
通信ポート
赤外線
【オンラインサービス】
モバイルアダプタGB
【売上台数】
1,098万台
1,727万台
4,927万台
【互換ハードウェア】
ゲームボーイ
ゲームボーイポケット
ゲームボーイライト
【前世代ハードウェア】
ゲームボーイ
【次世代ハードウェア】
ゲームボーイアドバンス

ゲームボーイカラー(GAMEBOY COLOR)とは、1998年10月21日任天堂が発売した携帯型ゲーム機。同社のゲームボーイ上位互換機。略称はGBC

概要

ゲームボーイの上位互換機として開発され、ゲームボーイ用のソフトも動作する。

画面が4階調モノクロだったゲームボーイに対し、32,768色中最大56色表示可能になった。ただし、56色まで表示されるのはゲームボーイカラー専用もしくはゲームボーイ&カラー共通として発売されたソフトのみで、以前のソフトは4-10色のカラーが割り当てられる(後述)。表示画面として、シャープが開発した反射型カラー液晶「スーパーモバイル液晶」を採用、従来のカラー液晶と比べてバックライトを持たないため省電力化されたほか、屋外での視認性が向上した。

また、追加された機能として、モノクロ用ソフトにおける起動時の配色選択と、赤外線通信機能がある。後者の赤外線通信機能はゲームボーイアドバンスに継承されなかった唯一の機能である。

従来の機種にあったコントラスト調整ダイヤルは液晶の視認性が向上したため、ユーザーが調整する必要がなくなり、ユーザーが触れにくい位置に移動している。

本機では起動画面が変更され、ゲーム開始までにかかる時間が従来より大幅に短縮された。

カラー液晶ディスプレイ搭載の携帯ゲーム機としては、日本国内では1990年セガゲームギアNEC-HEPCエンジンGT以来8年振りのリリースとなる。また、ストラップホールがはじめて実装された任天堂のハードでもある。

ゲームボーイカラー専用ソフトの開発には、CPUの倍速クロックモードが選択可能だが、消費電力も上がり、電池寿命が短くなる為、指定のレジスタに値を書き込む事で、CPUクロックモードをいつでも変更できる仕様になっている。 このクロックは、シリアル通信と赤外線通信の通信機能にも利用されており、通信速度も高速モードが使用できるようになっている。

2020年現在、修理サポートは全て終了している。

カラー選択機能

モノクロ用カートリッジを挿して起動した際に、モノクロ4階調に対してハード側で4-10色のカラーを割り当てる機能がある。

背景配色が4階調、キャラクター表示などに用いられるスプライトが3階調+透過色の配色を2パターン持つため、4+3×2で最大10色である。背景とスプライトの表示色を変えることによって従来背景に埋もれてしまっていたキャラクタが見やすくなる反面、本来意図されていない見え方になることも多い。

配色は12パターンあり、十字キー4方向とA/Bボタンの押し方により選択できる。一般的なソフトでは背景が緑系統でスプライトが赤系統の配色がデフォルトだが、任天堂のソフトは種類によってデフォルト配色は異なり、コマンド入力では出せない特定のソフト専用の配色が用意されている場合がある。例えば『ポケットモンスター 赤・緑』ではそれぞれ赤・緑を基調とした配色が選ばれ、『星のカービィ』では専用の紫調の色彩になる。スーパーファミコン向けのスーパーゲームボーイシリーズの色選択機能の後継ともいえるが、両者に互換性はない。

基本仕様

ステレオ出力可。イヤホン使用時のみステレオ音声。イヤホン未使用時は本体に登載のスピーカーが1つの関係で各チャンネルの音声は合成されてモノラル出力となる。

カラーバリエーション

 | 
この節の加筆が望まれています。

オリジナルカラー
レッド(1998年10月21日 - )
パープル(1998年10月21日 - )
イエロー(1998年10月21日 - )
ブルー(1998年10月21日 - )
クリアパープル(1998年10月21日 - )
クリア(1998年10月21日 - )
トイザらス限定カラー
アイスブルー(1999年7月)
ミッドナイトブルー(1999年11月)
クリアグリーン(2000年11月)
TSUTAYA限定カラー
ウォーターブルー(2000年8月5日)
ローソン限定カラー
アクアブルー&ミルキーホワイト(1999年8月)
福岡ダイエーホークス優勝限定カラー
クリアオレンジ&クリアブラック(1999年10月)
エイデン限定カラー
クリアブラック(2000年12月10日)
カードキャプターさくら限定カラー
ホワイト&ピンク(1999年3月24日)
イトーヨーカドーとメッセサンオーのみの限定販売
本体表面にさくらのイラストとロゴが入った貴重な機種
イマジニア / ハローキティ・スペシャルボックス 限定カラー
(1998年12月)
イマジニア / ハローキティ・スペシャルボックス2 限定カラー
(2000年7月19日)
ポケモンセンター / ポケットモンスター金・銀 記念バージョン 限定カラー
(1999年11月21日)
ジャスコ限定第一弾 限定カラー (JUSCOオリジナル マリオバージョン)
(1999年4月)
ジャスコ限定第二弾 限定カラー (JUSCOオリジナル マリオバージョン)
(1999年8月)
全日空限定 限定カラー
(1999年5月)
ポケモンセンター / ポケットモンスター3周年記念限定モデル
(1999年2月20)
パナソニック / アルカライン限定
(1998年 - 1999年)
サクラ大戦GB限定カラー
クリアチェリーピンク(2000年7月28日)
サクラ大戦GB発売記念モデル。ソフトとのパック販売のみで本体単体での販売はなし

カラー専用ソフト

1998年(全31タイトル)

1999年(全147タイトル)

2000年(全175タイトル)

2010Happy Mail