このキーワード
友達に教える
URLをコピー

コラールとは?

コラール(:Choral)は、もともとルター派教会にて全会衆によって歌われるための賛美歌である。現代では、これらの賛美歌の典型的な形式や、類似した性格をもつ作品をも含めて呼ぶことが多い。

概要

コラールの旋律は多くの場合単純で、歌うのが容易である。これはもともと、専門の合唱団ではなく、教会に集まった会衆の人々が歌うものとして考えられていたからである。一般に韻を踏んだ詞を持ち、有節形式(同じ旋律に歌詞の違う節をあてて繰り返す形式)で書かれている。歌詞の各連のなかでは、ほとんどのコラールがドイツのバール形式としても知られる、A-A-Bの旋律パターンをとっている。

形式

コラールの形式として最も多く、一般的なのはコラール旋律に対して複数の声部が同じリズムで和声付けを行うものであり、特に『四声コラール』がその主流を占める。そこから各声部が異なるリズムを持つ形式や、コラール旋律に関係無い全く独自の(主に器楽)声部が加わるものが生まれた。

コラールはそもそも歌われるためのものであるが、器楽による演奏も多く行われ、教会で会衆がコラールを歌うための導入として作曲された短いコラール前奏曲という形式も生まれている。そして上記の流れの中でコラールそのものに対して、その細かい音型を活かした、もしくは全く新しい動きをする器楽声部が加わるようになると、元のコラールより遙かに長く、大規模な形式で演奏されるようになった。さらにコラールに対して和声付けを行っていた歌われる声部もコラール旋律に対して自由に動くようになり、複雑な形式へ発展した (この形式の正確な呼び方は決められていないが、音楽学者の磯山雅は『コラール合唱』と書いている。)。こうして一つのコラールをその節によって様々な形式で演奏する『コラール・カンタータ』がヨハン・ゼバスティアン・バッハフェリックス・メンデルスゾーンマックス・レーガーらによって作曲されている。

さらにこの大規模な形式は鍵盤楽器、主にオルガンに採り入れられ、元のコラール旋律さえも多くの装飾が加えられて変形される『ファンタジア(ファンタジー)』の他、『トッカータ』、『パルティータ』などでコラール編曲が生まれた。

歴史

"Ein feste Burg ist unser Gott"のルター自筆譜
各国で歌われている"Ein feste Burg ist unser Gott"
・左下:エストニア "Virsikirja" #170
・右上:日本 賛美歌 #267『神はわがやぐら』
・中央:バッハ カンタータ#80 終曲

マルティン・ルターは、教会でラテン語ではなくドイツ語を用いるべきであると主張した。そのためには、教会音楽にも新たにドイツ語による賛美歌(コラール)が、早急に、また大量に必要であった。ルターは自らも神はわがやぐら(独:Ein' feste Burg ist unser Gott)を代表とするいくつかのコラールを作曲している。またカトリック教会で用いられていたグレゴリオ聖歌にドイツ語の新しい歌詞をあてた転用も行った。その代表的な例は、カトリック教会で復活祭に用いられるセクエンツィアの一つヴィクティマエ・パスカリ・ラウデスを転用したキリストは死の縄目につながれたり(Christ lag in Todesbandenヨハン・ゼバスティアン・バッハカンタータBWV4に用いられる)である。他に新しく書かれたコラールもあり、ヨハン・クリューガーらは1600曲以上の旋律を作曲した。

初期のコラールはモノフォニー(旋律のみ)で書かれていたが、はやくも1524年にはヨハン・ワルターによって4声もしくは5声に編曲されたコラール集が出版されている。教会の会衆はモノフォニーで旋律のみを歌い、聖歌隊はテノール声部にコラール旋律を置いて、他声部が対位旋律を歌うことが普通だった。コラール旋律がソプラノ声部に移ったのは16世紀末頃とされる。また、初期のコラールが複雑なリズムを持っていたのに対して、17世紀初頭の楽譜では、各音符が同じ長さに揃った形への変化が見られる。

今日では、多くのルター派のコラールがプロテスタントの教会で用いられる4声の賛美歌として親しまれている。その和声づけは、しばしばバッハのカンタータの最後に歌われるコラールからとられている。バッハの作品のうち、バッハが新しくコラールの旋律を作曲することは少なく、教会の会衆がすでになじんでいるコラールを用いてカンタータを作曲した。ヨハン・ゼバスティアン・バッハの4声コラール集(BWV.253-438)が1765年から1787年にかけて発行された。

コラールの影響

コラールの有名曲

Aus tiefer Not schrei ich zu Dir
Christ lag in Todesbanden
Ein feste Burg ist unser Gott
Herr Gott, dich loben alle wir
Jesus bleibet meine Freude
Nun ruhen alle Wälder
O Haupt voll Blut und Wunden
Vom Himmel hoch da komm' ich her
Wie schön leuchet der Morgenstern

指導

コラール書式は音楽学校の履修課程では、対位法の講座で副次的に触れられることが多い。パリ音楽院の対位法科は、自由コラールが成績の最終評価になっていた。専門的にコラール書法を教える学校は少なくなったと見られてきたが、2014年度の東京藝術大学の作曲科入試から正式に導入された。日本で唯一コラール書式を音大入試に使う。

脚注

注釈

  1. ^ 例として、エストニアが挙げられる(聖歌集 "Virsikirja" 1986)。

出典

  1. ^ 原 p.95-96
  2. ^ 『賛美歌・賛美歌第二編 ともにうたおう』賛美歌委員会編 日本基督教団出版局 1982年11月 ISBN 4-8184-3014-5
  3. ^ 原 p.89
  4. ^ 原 p.88

参考文献

関連文献

キリスト教音楽
【起源】
 | 

【コンテンポラリー系】

フュージョン

【一覧】

【関連項目】



典拠管理

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/08/03 21:26

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「コラール」の意味を投稿しよう
「コラール」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

コラールスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「コラール」のスレッドを作成する
コラールの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail