このキーワード
友達に教える
URLをコピー

コロラド州とは?

コロラド州
State of Colorado



(州旗) | (州章)
州の愛称: 百年祭の州
The Centennial State
州都
デンバー
【最大の都市】
デンバー
州知事
ジャレッド・ポリス
公用語
英語
面積
- 総計
- 陸地
- 水域 全米第8位
269,837 km²
268,875 km²
962 km² (0.36%)
人口(2010年)
- 総計
- 人口密度 全米第22位
5,029,196
18.70人/km²
【合衆国加入
- 順番
- 加入年月日】

38番目
1876年8月1日
時間帯
UTC -7
DST -6
緯度
北緯37° - 41°
経度
西経102°03' - 109°03'
【東西の幅】
451 km
【南北の長さ】
612 km
標高
-最高標高
-平均標高
-最低標高
4,401 m
2,070 m
1,011 m
【略称 (ISO 3166-2:US)】
US-CO
【ウェブサイト】
コロラド州政府
【上院議員】
マイケル・ベネット
コーリー・ガードナー

コロラド州(: State of Colorado [kɒləˈrædoʊ, -ˈrɑːdoʊ] ( 音声ファイル))は、アメリカ合衆国西部にあるである。北側はワイオミング州に接し、北東はネブラスカ州、東側はカンザス州、南側はニューメキシコ州オクラホマ州に、西側はユタ州に接している。南西の隅はフォー・コーナーズと呼ばれる4つの州がその角を接するポイントであり、ここでアリゾナ州とも接していることになる。州の南北にはロッキー山脈が貫いており、州全体の平均標高が全米で一番高い、山岳地帯の州である。州の西部はコロラド高原、東の方はグレートプレーンズ(大平原)西部のハイプレーンズである。面積では50州の中で第8位だが、人口では第22位である。

州都および人口最大都市は、ロッキー山脈の東側にあるデンバー市である。

州の名前はスペイン人探検家が名付けたコロラド川に因んでおり、「コロラド」という言葉は「赤みをおびた」を意味するスペイン語で、コロラド川が山岳部から運ぶ赤い沈泥を表している。

【家庭で話される言語(コロラド州) 2010】

 |  |  |  | 
英語 | 
 | 83.24%
スペイン語 | 
 | 11.92%
【人種構成(コロラド州) 2010】

 |  |  |  | 
白人 | 
 | 70.0%
ヒスパニック | 
 | 20.7%
黒人 | 
 | 4.0%
アジア系 | 
 | 2.8%
インディアン | 
 | 1.1%
混血 | 
 | 3.4%

目次

  • 1 歴史
    • 1.1 領土と領有者の変遷
    • 1.2 パイクスピーク・ゴールドラッシュ
    • 1.3 準州法
    • 1.4 州昇格
  • 2 地理
    • 2.1 山岳部
    • 2.2 平原部
    • 2.3 フロント山脈
    • 2.4 南部
    • 2.5 高峰
    • 2.6 西部斜面
  • 3 気候
    • 3.1 東部平原
    • 3.2 平原と丘陵部の西
    • 3.3 異常気象
    • 3.4 気象の記録
    • 3.5 地震
  • 4 人口動勢
    • 4.1 人種及び祖先
    • 4.2 宗教
    • 4.3 健康管理
  • 5 インディアン部族
    • 5.1 インディアン・カジノ
    • 5.2 インディアンとコロンブス・パレード
  • 6 文化
    • 6.1 美術館・博物館
    • 6.2 オーケストラなど
    • 6.3 料理
    • 6.4 ワイン
  • 7 経済
    • 7.1 慈善事業
    • 7.2 天然資源
  • 8 交通
  • 9 政治と法律
    • 9.1 州政府
    • 9.2 郡
      • 9.2.1 都市圏
    • 9.3 自治体
      • 9.3.1 未編入の町
      • 9.3.2 コロラド州内の25の裕福な地域
    • 9.4 特別区域
    • 9.5 政治
  • 10 州兵
  • 11 治安
  • 12 教育
    • 12.1 単科及び総合大学
    • 12.2 プロスポーツチーム
  • 13 日本との関連
  • 14 その他
    • 14.1 コロラド州出身の有名人
    • 14.2 州の象徴など
    • 14.3 日本の姉妹都市
    • 14.4 事件
  • 15 脚注
  • 16 参考文献
  • 17 関連項目
  • 18 外部リンク

歴史

メサ・ヴェルデ国立公園にある断崖宮殿の廃墟、1891年グスタフ・ノルデンスケルド撮影
主要記事:コロラド州の歴史
スペインによるアメリカ大陸の植民地化」、「フランス領ルイジアナ」、および「メキシコ独立革命」も参照

領土と領有者の変遷

今日コロラド州となっている地域には、13,000年以上前からインディアンが住んでいた。ラリマー郡にあるリンデンマイアー遺跡では紀元前11200年から同3000年と同定できる人工物が出土している。ロッキー山脈の東縁は主要な回遊ルートであり、アメリカ大陸に人類が広がっていくうえで重要だった。古代プエブロ人が、コロラド高原のバレーやメサに住んでいた。ユト族インディアンはロッキー山脈の南部と西部にある山岳部バレーに住んでいた。アラパホ族やシャイアン族は狩猟のためにハイプレーンズ(グレートプレーンズ西部の高原)を横切って西に移動していた。

ロッキー山脈の東にあるコロラド州の東側の部分は1803年ルイジアナ買収のときに、アメリカ合衆国がフランスから獲得した。この時にアメリカ合衆国が得た領土は、スペインサンタフェ・デ・ヌエボ・メヒコ入植地周辺の広大な領土と重なり、紛争が生じた。その地域ではスペインがインディアンと交易を行っていた。1806年、ゼブロン・パイク大佐がアメリカ陸軍の偵察隊を率いて、この論争のあった地域に入った。翌年2月にパイクとその隊員はサンルイス・バレーでスペイン騎兵隊に逮捕されてチワワ州に連行され、7月にはメキシコから追放された。

アーカンザス川沿いのベントズ・オールド・フォート国立史跡、1833年から1849年まで維持された

1819年のアダムズ=オニス条約により、スペインからフロリダを購入した見返りとして、アメリカ合衆国はアーカンザス川の南と西、北緯42度線より南、西経100度線より西の全ての土地を放棄した。この条約は1821年2月22日に執行となった。スペインとの国境問題が解決したことで、1821年8月10日にはミズーリ準州の南東部をミズーリ州として昇格させた。コロラド州の北東部となる所を含んでいたミズーリ準州の残り部分は未編入領土となり、奴隷制問題のために33年間もそのままにされた。スペインは11年間に及んだ戦争の後で、1821年8月24日に結んだコルドバ条約により、メキシコの独立を承認した。メキシコはアダムズ=オニス条約を1831年に批准した。1835年から1836年にかけてのテキサス革命によってアメリカ合衆国とメキシコの間の紛争が加速され、1846年開戦の米墨戦争に繋がった。1848年に戦争を終わらせるために結ばれたグアダルーペ・イダルゴ条約によって、メキシコはその北部領土をアメリカ合衆国に割譲した。

19世紀半ば、オレゴン・カントリーカリフォルニアの新しい金鉱原、およびソルトレイク・バレーのモルモン教徒入植地であるデザレットに陸路向かうアメリカ人開拓者の大半は、岩の多いロッキー山脈の南部を避け、ノース・プラット川とスウィートウォーター川を辿って、ロッキー山脈の南部と中部の間にある大陸分水界では最も低い峠であるサウス・パスを越えて進んだ。1849年、ソルトレイク・バレーのモルモン教徒は超法規的なデザレット州を創設し、グレートベースンの全体と、グリーン川、グランド川、コロラド川の流域全てを領域に含むものと主張した。モルモン教徒は神権政治的であり、複婚を是認していたので、連邦政府はモルモン教徒の新政府を承認することをにべもなくはねつけた。その代わりに1850年妥協によって、メキシコ割譲地テキサス州が領有主張していた北西部を、1つの新州、すなわちカリフォルニア州と、2つの準州、すなわちニューメキシコ準州ユタ準州に分けた。1851年4月9日、ニューメキシコのタオス地域からきたメキシコ系アメリカ人開拓者が、当時ニューメキシコ準州内、後にコロラド州の最初のヨーロッパ系アメリカ人開拓地としてサンルイスの村を設立した。

1854年、アメリカ合衆国上院議員スティーブン・ダグラスが連邦議会を説得して、大陸分水界より東の領土をカンザス準州ネブラスカ準州に分け、さらにその南にインディアン領土と呼ばれる未編入領域を設けた。新しい準州2つはその領域内で奴隷制を採用するかを住民が決定できるものとされたが、この妥協は自由土地派と奴隷制擁護派の間の敵意を増しただけだった。

パイクスピーク・ゴールドラッシュ

デンバー鉱山キャンプの版画、1859年

1858年7月、当時のカンザス準州西部にあるサウス・プラット川沿いで金が発見され、パイクスピーク・ゴールドラッシュが始まった。地域にある川や水流沿いの砂金鉱床は急速に取り尽くされたが、鉱山師達が間もなく近くの山の中でさらに大きな価値のある金鉱脈を発見した。

金の探求者達が1859年8月24日にジェファーソン準州の暫定政府を組織化したが、奴隷制に関する論議の煽りを食ってこの新しい準州に対するアメリカ合衆国議会の承認を得られなかった。1860年11月6日、アメリカ合衆国大統領選挙エイブラハム・リンカーンが大統領に当選し、これが引き金となって南部の奴隷州9州が合衆国からの脱退を宣言し、内乱の脅威が引き起こされた。議会を支配していた共和党は自由州の政治力を補強するために、即座に1861年1月29日、カンザス準州東部を自由州のカンザス州として昇格させ、準州西部の金が探索される地域は未編入領土として残した。

準州法

コロラド準州創設前の領域図。ニューメキシコ、ユタ、カンザスおよびネブラスカの各準州が表示されている

その30日後にあたる1861年2月28日、任期終了間近のジェームズ・ブキャナン大統領が、自由準州としてコロラド準州を創設する法案に署名した。当初定められたコロラドの境界は今日も変わっていない。コロラド川の源流が領域内にあると考えられていたので、準州の名前にコロラドが選ばれた。1776年、スペイン人のシルベストレ・バレス・デ・エスカランテ神父が、地域のインディアンは山から川が運ぶ赤茶色の沈泥故に、この川を「エル・リオ・コロラド」と呼んでいたことを記録していた。1859年、ジョン・マコーム大尉の率いるアメリカ陸軍地形工学遠征隊が、現在のユタ州キャニオンランズ国立公園内で、グリーン川とグランド川の合流する地点を突き止めた。マコーム隊はこの合流点をコロラド川の源流と指定した。

ホリークロス山
コロラド・セントラル鉄道のジョージタウン・ループ、1899年にウィリアム・ヘンリー・ジャクソンが撮影

1861年4月12日、サウスカロライナ州の砲兵隊がサムター砦に砲撃を開始して、南北戦争が始まった。多くの金探求者がアメリカ連合国に同調的だったが、過半数は熱烈に北軍側に忠誠な者達だった。

1862年、テキサス州の騎兵隊がニューメキシコ準州に侵入して、3月10日にサンタフェ市を占領した。アメリカ連合国が西部に侵入した目的はコロラドとカリフォルニアの金鉱原を支配するか妨害するかし、太平洋の港を抑えることだった。このテキサス部隊の動きを遮るために、急拵えで編成されたコロラドの志願兵部隊が、デンバーからニューメキシコ準州のグロリエタ峠に進んだ。3月28日、コロラド部隊とニューメキシコの地元志願兵がグロリエタ峠の戦いでテキサス部隊の進軍を止め、その大砲や物資運搬荷車を破壊し、馬とラバ500頭を逃走させた。テキサス部隊はサンタフェまでの撤退を強いられた。その作戦のための物資を失い、ニューメキシコでもほとんど支援を得られなかったテキサス部隊はサンタフェを放棄してサンアントニオに戻った。その後アメリカ連合国が南西部に進出する試みはなかった。

1864年、コロラド準州知事ジョン・エバンスがジョン・チヴィントン牧師を志願兵部隊の大佐に任命し、牛を盗むと告発されていたシャイアン族やアラパホ族インディアンから開拓者を守るよう命令を出した。チヴィントン大佐はその部隊にサンドクリーク沿いで宿営しているシャイアン族やアラパホ族の集団を攻撃するよう命じた。チヴィントンはこのとき500名以上の戦士を殺したと報告した。この民兵隊はデンバーに凱旋したが、幾人かの役人がこの戦闘と呼ばれているものは、戦う意志の無いインディアンを明らかに虐殺したものだと報告した。殺された者の多くは女子供であり、死体は酷いやり方で損傷されていた。アメリカ陸軍による審問でこの事件を告発し、その後大統領になるアンドリュー・ジョンソンがエバンス知事の辞任を求めたが、結局実行者の誰も罰せられることは無かった。

南北戦争の戦中および戦後、金で財を築けなかった山師の多くが故郷に戻ったが、意志のある少数が準州内に留まり、鉱山、製材所、農園、牧場および町を造った。1864年9月14日、ジェイムズ・ハフがアージェンタイン峠近くで銀を発見し、数多い銀山の最初のものになった。1867年、ユニオン・パシフィック鉄道が準州北東隅のウェア、現在のジュールズバーグまで線路を敷いた。1869年5月10日、ユニオン・パシフィック鉄道はユタ準州プロモントリー・サミットでセントラル・パシフィック鉄道の線路と結合し、最初の大陸横断鉄道が開通した。翌1870年6月にはデンバー・パシフィック鉄道がデンバー市まで伸び、2か月後にはカンザス・パシフィック鉄道が開通して2本目の大陸横断鉄道となった。1872年、準州内南西部にあったユト族居留地内のサンフアン山脈で大きな銀の鉱脈が発見された。翌年ユト族はサンフアン居留地から移動させられた。

州昇格

1875年3月3日、アメリカ合衆国議会はコロラド準州が州に昇格するための要求事項を規定する授権法を成立させた。1876年8月1日(アメリカ合衆国建国100周年から28日後)、ユリシーズ・グラント大統領がコロラドを合衆国第38番目の州として昇格させる宣言書に署名した。このことで、コロラド州は「100周年の州」という渾名がついた。

1878年にリードビル近くで大きな銀の鉱脈が発見され、コロラド・シルバーブームが始まった。1890年のシャーマン銀購入法で銀鉱業が活性化し、その数ヶ月後にはコロラドで最後かつ最大の金の鉱脈がクリップル・クリークで発見されて、金探鉱者の新しい世代を惹き付けた。コロラド州は1893年11月7日から婦人参政権を認めて普通選挙を導入した2番目の州となり、また住民投票を行った最初の州となった。1893年にシャーマン銀購入法が撤廃され、コロラドの不安定な鉱業と農業が崩壊したが、その後は緩りとまた着実に回復していった。

1908年にデンバーで民主党全国大会が開催された。これは西部の州で二大政党の全国大会が開催される初の機会となった。1930年の国勢調査で、州人口は初めて100万人を超えた。世界恐慌と1930年代のダストボウルはコロラドを直撃したが、第二次世界大戦後の移民の大きな波が訪れてコロラドの運命を変えた。観光業が州経済の主幹となり、ハイテクが重要な経済推進力となった。国勢調査局の推計では2009年に州人口が500万人を超えた。

アメリカ海軍の3隻の軍艦がUSSコロラドと名付けられてきた。最初のUSSコロラドはコロラド川に因む命名だった。後の2艦はコロラド州に因むものであり、戦艦USSコロラドは1941年から第二次世界大戦の太平洋戦線で活躍した。真珠湾攻撃のときは、カリフォルニア州サンディエゴの海軍基地にいたので、攻撃を免れた。

地理

コロラド州の立体図
参照:コロラド州の郡一覧List of Colorado riversList of Colorado National Parks

コロラド州は緯線経線のみで囲まれている(州境線がすべて緯線か経線になっている)州であり(このような州は、他にワイオミング州ユタ州がある)、北緯37度から41度まで、西経102度3分から109度3分までの範囲を占めている。南西端の北緯37度及び西経109度3分では、アリゾナ州ニューメキシコ州ユタ州とコロラド州が1点で接しており、そこはフォー・コーナーズと呼ばれている。コロラド準州時代に州境の標識を打つとき、測量のミスで幾つかの小さな歪みができた。その中でも著名なのがユタ準州との境界である。このずれを一旦連邦政府、関係州、準州が認めてしまったので、ずれを含んだままコロラド準州の法的な境界として定められた。 T ロッキー山脈の支脈であるフロント山脈より東に広がる平原は、グレートプレーンズの一部(ハイプレーンズ)となっており、海抜は1,000 から 2,000 mである。東側でカンザス州及びネブラスカ州と隣接している。この平原にはまばらに人が住んでいるのみで、そのほとんどはサウスプラット川、アーカンザス川、州間高速道路70号線道路沿いに定住している。雨量は年平均約15インチ (380 mm) と不足気味である。いくつか灌漑した農場はあるが、農地の多くが乾燥農場または牧場として使われている。秋まき麦がこの地域の典型的な作物であり、ほとんどの町に給水塔や穀物倉庫がそびえ立っている。

主要な都市は、フロント山脈のすぐ東の州間高速道路25号線道路沿いにある。コロラド州の大部分の住民はこの都市化の進んだ一帯に暮らしている。

山岳部

リードビル近くのテンマイル山脈
ロッキー山脈国立公園の最高点ロングスピーク、14,255 フィート (4345 m)
ブレッケンリッジ付近の山脈
デンバーの西にあるフロント山脈の峰々
大陸分水界はラブランド峠で標高11.990フィート (3,655 m) まで低くなっている
コロラド州南部のグレートサンドデューンズ国立公園にある北アメリカで最も標高の高い砂丘
大陸分水界に近いベルフォード山頂上近くからの眺め
エルバート山、ロッキー山脈の最高峰

フロント山脈の西部に大西洋側と太平洋側とを分ける大陸分水界が位置している。それより西は西部斜面と呼ばれ、この一帯のの水はコロラド川を経て太平洋の方向に下っている。

ロッキー山脈の奥地には、大きな谷や高く広々とした盆地がいくつもある。北には、大陸分水界の東側にノースパークがある。このノースパークからは、ノースプラット川が北のワイオミング州に向かって流れる。そのすぐ南は、ミドルパークであるが、ここは大陸分水界の西側になっていて、ここからはコロラド川が流れている。サウスパークはサウスプラット川の水源である。

コロラド州内のロッキー山脈はフォーティーナとして知られる14,000 フィート (4,270 m) 以上の高さの山が54峰もある。コロラド州では、南部で海抜約12,000 フィート (4,000 m)、北部で海抜約10,500 フィート (3,200 m)の高さまでは、針葉樹 やアスペン(ヤマナラシ)などの樹木が生えている(その標高は森林限界と言われ、これより高地では高山植物しか育たない)。ロッキー山脈では冬季は雪に覆われるが、ほとんどの雪は8月中旬までに溶けてしまい、小さな冠雪や氷河が多少残る程度である。南西部のサンフアン山脈からフロント山脈のボルダーセントラルシティまで伸びているコロラド・ミネラルベルトは、かつての金銀採掘が行われていた地域に重なっている。

レイク郡にあるエルバート山の頂点は標高14,440フィート (4,401 m) であり、コロラド州とロッキー山脈の最高地点である。コロラド州は全領域が標高3,300フィート (1,000 m) 以上であることでは全米唯一の州である。アリカリー川がユマ郡からカンザス州シャイアン郡に流れ出る所の標高が3,317フィート (1,011 m) で州内最低地点である。この最低地点が全米の州の最低地点中では最高の数値になっている。

平原部

コロラド州の領域の3分の1強は平原とうねりのある土地である。ロッキー山脈の東側はハイプレーンズのコロラド東部平原であり、標高3,350フィート (1,329 m) から7,360フィート (2,243 m) まで変化するグレートプレーンズの部分である。中西部の平原州であるカンザス州とネブラスカ州がそれぞれ東と北東に境を接している。コロラドの平原は通常プレーリーと見なされるが、実際には落葉性の森林、ビュート(孤立した丘)、および渓谷が散在し、ニューメキシコ州の高原部と似ている。東部は主に農地に使われ小さな農業村や町がある。降水量はそこそこであり、年間15インチ (380 mm) から25インチ (635 mm) 程度である。通常夏は暑くて乾燥し、冬は非常に寒くて、雪が降り、氷が張る。農産物として、トウモロコシ、小麦、干し草、大豆、オート麦が生産されている。牧畜も盛んで牛や豚が飼育されている。灌漑用の水はサウスプラット川、アーカンザス川などの水流から取られており、またアルトワ式井戸など地下水源からも取られている。しかし、灌漑用に地下水を多く使うことで地下水源が減少している。

フロント山脈

コロラド州の人口の大半はロッキー山脈の東端、フロント山脈都市回廊のワイオミング州シャイアンとコロラド州プエブロの間に住んでいる。この地域はコロラド州の中央にあるロッキー山脈によって太平洋からの偏西風から部分的に守られている。他にそこそこの人口がある地域はコロラド州西端のグランドジャンクションとデュランゴである。

南部

州最南部には大きなサンルイス・バレーがあり、ここにリオ・グランデ川の水源がある。このバレーはサングレ・デ・クリスト山脈とサンフアン山脈の間にあり、山脈の間にまで入る大きな砂漠がある。リオ・グランデ川は真南のニューメキシコ州、メキシコ、およびテキサス州に流れる。サンルイス・バレーの東側、サングレ・デ・クリスト山脈の反対側はウェットマウンテン・バレーである。これらの盆地で、特にサンルイス・バレーは、ロッキー山脈とその支脈の地質形成であるリオ・グランデ川リフトにある。

高峰

州内に入るグレートプレーンズの西にはロッキー山脈の東側斜面がある。ロッキー山脈の有名な高峰は、ロングス峰、エバンス山、パイクス峰および南部のワルゼンバーグに近いスパニッシュ峰である。この地域の水は東と南東に流れ、ミシシッピ川あるいはリオ・グランデ川によりメキシコ湾に流れ込む。

コロラド州内には北アメリカの高峰30位までの山が全て入っている。4つの国立公園、6個の国立保護区、2つの国立レクリエーション地域、2つの国立歴史史跡、3つの国立歴史の道、1つの国立シーニックトレイル、11の国有林、2つの国立草原、41の国立原生地、2つの国立保存地域、8個の国立野生生物保護区、44の州立公園、1つの州有林、323の州立野生生物保護区があり、さらに多くの景観、歴史およびレクリエーションでの見所がある。

国立公園

西部斜面

西部斜面のグランド・メサ、世界最大のメサである

コロラドの西側斜面の水はコロラド川とその支流(主にグリーン川とサンフアン川)に流れるか、乾燥地域で蒸発している。西側斜面の南西部で著名なのはグランド・メサと岩がちの高山であるサンフアン山脈であり、その西にはユタ州南部に接する乾燥地帯であるコロラド高原がある。西側斜面で最大の都市グランドジャンクションとデュランゴはラジオ、テレビ、新聞および高等教育の中心になっている。大陸分水界の西のコロラド州では、グランドジャンクションのメサ州立カレッジと、ガニソンの州立ウェスタン・カレッジ、デュランゴのフォートルイス・カレッジのみが、4年制カレッジになっている。

グレンウッドスプリングス近くの峡谷の壁
グレンウッドスプリングス近くのハンギング湖
ダイノソー国立保護区

グランドジャンクションは、州西部では唯一の高規格道路である州間高速道路70号線に沿っている。また唯一の鉄道であるユニオン・パシフィック鉄道も通っており、連続した高規格道路の無いルートでデンバーとグランドジャンクションの間をつなぎ、ロッキー山脈を越えるアムトラックの「カリフォルニア・ゼファー」列車が走っている。

グランドジャンクションの南西にグランド・メサがあり、世界最大の頂部が平らな山だと言われている。西側斜面の他の町として、温泉保養地のグレンウッドスプリングス、スキー場のアスペン、ブレッキンリッジ、ベイル、クレステッドビュート、スティームボートスプリングス、テルリドがある。

州の北西隅はほとんど人の住まない地域であり、著名なダイナソー国立保護区の一部が掛かっている。ここは古生物学的な地域であるだけでなく、高く岩の多い丘、渓谷および水流のある景観地でもある。ここでグリーン川が短区間州内に入っている。

コロラド州は西から東に、砂漠地と砂漠高原、国有林のある高山帯、南部山脈に散開する砂漠地、グレートプレーンズの比較的平らな草原と点在する森林という順に並んでいる。有名なパイクス峰はコロラドスプリングスの直ぐ西に位置している。この孤立峰は晴れた日にはカンザス州境近くからも見ることができ、さらに北や南からも見られる。砂漠地はロイヤルゴージ、プエブロ、キャニアンシティ、フローレンス、グレートサンドデューンズ国立公園、サンルイス・バレー、コルテス、古代国立保護区峡谷群、ホーブンウィープ国立保護区、ユト山、デルタ、グランドジャンクション、コロラド国立保護区、ローン高原などと、アンコンパグレ高原とアンコンパグレ国立の森を取り巻く地域の周辺にある。

気候

ロッキー山脈国立公園にあるベア湖の氷解け
ユマ郡の小麦農園における回転散水
岩がちの山岳部や、平原部の都市および農業地帯に降った雪

コロラド州の気候は、他の州に比べて極めて複雑である。南部が北部より暖かいというわけではない。領域の大半が山岳、丘陵、高原および砂漠地となっている。山岳部とそれを取り巻くバレーが地域の気候に大きく影響する。概して標高が高いと気温が低く、降水量が多い。北東部、東部、南東部は高原であり、北部は高原、丘陵および山岳が混じっている。北西部と西部は圧倒的に山岳部であり、幾らか砂漠地がある。南西部と南部は砂漠と山岳の複雑な混合である。極端に天気が変わりやすく地震などの自然災害も他地域と比べて多い。

東部平原

東部平原の気候は亜乾燥気候( ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2019/07/21 13:54

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「コロラド州」の意味を投稿しよう
「コロラド州」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

コロラド州スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「コロラド州」のスレッドを作成する
コロラド州の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail