このキーワード
友達に教える
URLをコピー

サイバーエージェントとは?

この記事は語句の内部リンク、見出しのマークアップなどスタイルマニュアルに沿った修正が必要です。ウィキペディアの体裁への修正にご協力ください(ヘルプ)。(2019年2月)
 | 
この記事に雑多な内容を羅列した節があります。事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または整理・除去する必要があります。(2019年2月)

株式会社サイバーエージェント
CyberAgent, Inc.

サイバーエージェントの広告事業の移転が予定されている渋谷スクランブルスクエア

種類
株式会社
【市場情報】
東証1部 4751
2000年3月上場

【略称】
CA
【本社所在地】
日本
150-0042
東京都渋谷区宇田川町40-1
Abema Towers
【設立】
1998年(平成10年)3月18日
業種
サービス業
法人番号
4011001034156
【事業内容】
メディア事業
インターネット広告代理事業
ゲーム事業
投資育成事業
【代表者】
藤田晋(代表取締役社長CEO)
【資本金】
72億300万円
(2015年9月末現在)
【発行済株式総数】
1億2,642万6,600株
(2016年10月1日現在)
【売上高】
連結:4,195億12百万円
単独:2,282億48百万円
(2018年9月期)
【営業利益】
連結:301億63万円
単独:144億40百万円
(2018年9月期)
【経常利益】
連結:285億65百万円
単独:253億61百万円
(2018年9月期)
【純利益】
連結:48億49百万円
単独:155億14百万円
(2018年9月期)
【純資産】
連結:1,092億25百万円
単独:757億55百万円
(2018年9月期)
【総資産】
連結:2,263億51百万円
単独:1547億69百万円
(2018年9月期)
【従業員数】
4,988人
(2018年9月)
【決算期】
毎年9月30日
【主要株主】
藤田晋 20.50%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口)6.1%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 3.8%
NORTHERN TRUST CO.(AVFC)SUB A/C NON TREATY 3.3%
JP MORGAN CHASE BANK 385632 3.3%
STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY 505001 2.6%
MSIP CLIENT SECURITIES 2.1%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口5) 1.9%
THE BANK OF NEW YORK 133524 1.8%
GOLDMAN,SACHS& CO.REG 1.5%
(2017年9月末現在)
【主要子会社】
子会社・関連会社の項目を参照
【関係する人物】
日高裕介(取締役副社長)
西條晋一(元専務取締役COO)
【外部リンク】
https://www.cyberagent.co.jp/
特記事項:
  1. ^ 本社機能とメディア事業、ゲーム事業は2019年3月Abema Towersに移転済み

株式会社サイバーエージェント(英称:CyberAgent, Inc.)は、Ameba(アメーバブログ)関連事業とインターネット広告事業を主とする企業である。本社は東京都渋谷区に所在。日経平均株価の構成銘柄の一つ。

目次

  • 1 概要
  • 2 沿革
  • 3 不祥事
  • 4 子会社・関連会社
    • 4.1 現存する会社
    • 4.2 かつて存在し、解散・清算された主な会社
    • 4.3 他社へ売却、あるいはMBOにより独立した主な会社
    • 4.4 関連会社
  • 5 投資育成事業
    • 5.1 投資先
    • 5.2 過去の投資先
  • 6 加盟団体
  • 7 各種認定
  • 8 社員・元社員
  • 9 脚注
    • 9.1 注釈
    • 9.2 出典
  • 10 関連項目
  • 11 外部リンク

概要

人材派遣会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア)社員だった藤田晋が、宇野康秀の支援を受けて日高裕介と1998年3月に創業。その関係で会社設立時はインテリジェンス(現:パーソルキャリア)社内に間借りでオフィスを構えていた。

1998年7月、バリュークリックの売れ行きが好調なことからクリック保証型バナー広告「サイバークリック」のサービスをオン・ザ・エッヂとの協業で開始し、インターネット広告事業に進出。広告事業単体で売上高2081億円(2017年9月期)のインターネット広告国内最大手である。

メディア事業として、著名人ブログの「アメーバブログ」やコミュニティサービスの「アメーバピグ」、ゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」、有料会員制ライブ動画配信サービス「FRESH LIVE」、インターネットテレビ局「AbemaTV」など時代の変化に対応したソーシャルメディアサービスを提供している。

2009年5月からゲーム事業に参入し、「グランブルーファンタジー」のCygamesを筆頭に、ゲーム制作子会社が人気コンテンツを提供している。

2018年10月17日CAAnimation(シーエーアニメーション)を設立し、アニメ制作事業に本格参入することを決定した。オリジナルアニメなどを制作していき、それを元にゲーム化していく方針。また、AbemaTVとの連動も検討しているという。

沿革

不祥事

まとめサイト」も参照

サイバーエージェントが運営するキュレーションサイト(まとめサイト)では、記事や画像の無断盗用・不適切な引用、ステルスマーケティングがしばしば指摘されていた。BuzzFeed Japanも記事を盗用されたと述べている。

2016年秋に、DeNAのヘルスケア情報キュレーションサイト「WELQ」が、不適切な内容や不適切な引用で問題になり、他社のキュレーションサイトにも厳しい目が向けられるようになった。2016年12月1日-2日、「Spotlight(スポットライト)」の医療・健康関係の数千件の記事、「by.S」の約3万5000件の内数パーセントにあたる記事を非公開にした。サイバーエージェントは、非公開にした記事は登録ライターによって書かれたもので、十分に確認できない情報の可能性があるものであると説明している。さらに8日には非公開の範囲を拡大し、両サイトで登録ライターが投稿した記事をすべて非公開にした。取り下げられた記事は合計で10万件弱。

またサイバーエージェントとテレビ朝日の共同出資により設立されたAbemaTVでは、いくつかの番組にヤラセ要素が見られたことで問題視されている。特にその内の一つであるリアルカイジGPでは、内容の過激さだけでなく随所にヤラセと見られる要素があった事から、一般人を巻き込んだマネーロンダリング目的の出来レースであった可能性があると指摘された事もある。

子会社・関連会社

2018年9月30日末現在、連結子会社109社及び関連会社13社によって構成されている。

現存する会社

こちらの項を参照

かつて存在し、解散・清算された主な会社

他社へ売却、あるいはMBOにより独立した主な会社

関連会社

子会社の関連会社

投資育成事業

投資先

過去の投資先

加盟団体

各種認定

社員・元社員

脚注

注釈

  1. ^ 持分法適用関連会社。その後株式会社ユーズモバイル(現: サミーネットワークス)に吸収合併
  2. ^ 40%以上50%以下の連結子会社
  3. ^ 吸収合併
  4. ^ 音声コミュニティーサイトの運営、本体に吸収合併の後サービス終了
  5. ^ 本体に吸収合併
  6. ^ 本体に吸収合併
  7. ^ 本体に吸収合併
  8. ^ 博報堂DYメディアパートナーズとの合弁会社
  9. ^ エコールアッシュに営業資産を譲渡して清算。その後、同社はスーパースイーツ(2代目)に社名変更。
  10. ^ 出版事業
  11. ^ ファッションコミュニティ事業
  12. ^ 旧社名TMN、女性向けソーシャルアプリ事業。
  13. ^ 女性向けメディアエージェンシー
  14. ^ 主にLINE向けに供給していた。LINE株式会社も資本参加していた。
  15. ^ シーエー・モバイルの子会社
  16. ^ ウエディングパークの子会社、恋愛・結婚におけるマッチングサービス
  17. ^ CCPRの子会社、旧BIJIN&CCPR
  18. ^ 楽天株式会社に売却。その後、インフォシークに吸収合併。
  19. ^ 楽天株式会社に売却。その後、楽天リサーチ株式会社と社名変更した。
  20. ^ 楽天株式会社に売却。その後、リンクシェア・ジャパンに吸収合併。
  21. ^ 2001年9月29日に合弁先のグローバルメディアオンライン株式会社の株式と交換。
  22. ^ 2001年6月5日付けで株式をGAROSU.COM,INCに譲渡。
  23. ^ 合弁先の三井物産株式会社に売却。
  24. ^ サイボウズに売却。その後、サイボウズがアイテック阪急阪神に売却。
  25. ^ フィスコに全株式を譲渡、社名をフィスコプレイスに変更。その後、フィスコ本体に吸収合併され解散。
  26. ^ スパイアへ売却。その後、親会社のスパイアは博報堂グループのモーションビートと合併、ユナイテッドと社名を改める。
  27. ^ ブランド衣料品の買い取りと中古販売を行う『ZOZOUSED(ゾゾユーズド)』を手掛ける。2011年6月にスタートトゥデイへ全株売却。
    詳細は「スタートトゥデイ#沿革」を参照
  28. ^ 外国為替証拠金取引を柱とする金融サービス事業。2013年1月にヤフーに売却、ワイジェイFXと社名変更した。
  29. ^ eコマース支援サイト『ECナビ』、市場調査サイト『リサーチパネル』などを運営。2012年(平成24年)5月にMBOを行い独立 - VOYAGE GROUPの株式売却 - 藤田の公式ブログ『渋谷ではたらく社長のアメブロ』、2012年5月14日更新。
    詳細は「VOYAGE GROUP#沿革」を参照
  30. ^ ポイントサイトなどが発行する共通ポイントの交換・換金を行う。VOYAGE GROUPとの合弁だったが、2013年(平成25年)6月に持分を売却してVOYAGEの完全子会社となり、VOYAGE MARKETINGに社名変更した。
  31. ^ ビジネスパーソン向けポータルサイト運営、2011年にサイボウズに吸収合併
  32. ^ 女性をターゲットとしたマーケティング事業
  33. ^ オンラインショッピングポータル、旧ネットプライスドットコム
  34. ^ モバイルゲームプラットフォームの運営・広告配信
  35. ^ AI によるクリエイティブ・ソリューションの研究開発・提供
  36. ^ 動画アドネットワーク事業を中心としたアドテクノロジー関連事業
  37. ^ 広告クリエイティブ自動生成システムの研究開発・販売、小売向けAIプラットフォームの開発・販売
  38. ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/06/04 17:46

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「サイバーエージェント」の意味を投稿しよう
「サイバーエージェント」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

サイバーエージェントスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「サイバーエージェント」のスレッドを作成する
サイバーエージェントの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail